「地域・暮らし」 2011年12月のニュース一覧

2011年12月29日(木) 09:00 [地域・暮らし]

年賀状仕分けピークに/郵便事業宮古島支店

35万6000通を元旦配達


正月に向け、社員やアルバイトが年賀状の仕分け作業に追われている=28日、郵便事業宮古支店

正月に向け、社員やアルバイトが年賀状の仕分け作業に追われている=28日、郵便事業宮古支店

 郵便事業宮古島支店で年賀状の仕分けがピークを迎えている。

(全文を表示…)

2011年12月29日(木) 09:00 [地域・暮らし]

暖かい宮古で年末年始/帰省客と観光客

宮古空港にぎわう


帰省客や観光客でにぎわう到着ロビー=28日、宮古空港

帰省客や観光客でにぎわう到着ロビー=28日、宮古空港

 年末年始の休みを暖かい宮古で過ごそうと帰省客や観光客で宮古空港は28日、にぎわった。大きな旅行カバンや土産を手にした家族連れや学生らの姿が見られ、出迎えた祖父母や両親との再会を喜んでいた。

(全文を表示…)

2011年12月29日(木) 09:00 [地域・暮らし]

歳末商戦が本格化/市内スーパー

正月用品など販売好調/きょう、あすピーク


多種類のお歳暮セットが陳列されている特設コーナー=28日、市内のスーパー

多種類のお歳暮セットが陳列されている特設コーナー=28日、市内のスーパー

 年の瀬も迫った28日、市内の商店で歳末商戦が本格化した。スーパーではお歳暮や、鏡もち、しめ縄などの正月用品が豊富にそろい、好調に売れている。きょう29日と30日が、人出のピークになる。

(全文を表示…)

2011年12月27日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

危険箇所に看板設置/交通安全協下地学区

各自治会に配布


看板を受け取った各自治会の関係者ら=26日、市役所下地庁舎

看板を受け取った各自治会の関係者ら=26日、市役所下地庁舎

 宮古島地区交通安全協会下地学区自治会は26日、市役所下地庁舎で交通安全看板の設置式を行った。各自治会の関係者らが看板を受け取った。集落の交差点など危険箇所に設置され、ドライバーに注意を促す。

(全文を表示…)

2011年12月25日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

サンタが乗客にプレゼント/Xマスでサービス実施

JTA宮古支社


搭乗する子どもに菓子をプレゼントするサンタクロースとトナカイの着ぐるみを着た社員=24日、宮古空港

搭乗する子どもに菓子をプレゼントするサンタクロースとトナカイの着ぐるみを着た社員=24日、宮古空港

 日本トランスオーシャン航空宮古支社(平一浩支社長)は搭乗者にクリスマスムードを楽しんでもらおうと、24、25の2日間、荷物の積み降ろし作業を行う社員がサンタクロースのふん装をするほか、宮古空港を出発する子どもらに菓子をプレゼントするサービスを行っている。

(全文を表示…)

2011年12月25日(日) 09:00 [地域・暮らし]

鮮やかな赤花咲かす/

ヤブツバキ、樹齢推定300年


来間さんが「樹齢300年」と推定するヤブツバキと赤色の花=24日、城辺吉田地区

来間さんが「樹齢300年」と推定するヤブツバキと赤色の花=24日、城辺吉田地区

 宮古に生えているツバキの仲間では最も古木とされるヤブツバキ(ツバキ科)が、城辺の吉田地区で鮮やかな赤色の花を咲かせ始めている。地上からの高さ約4㍍、根元の最大幹周り1・65㍍。宮古島椿の会の来間清典会長は「このヤブツバキの樹齢は約300年と推定されている」と語った。

(全文を表示…)

2011年12月25日(日) 09:00 [地域・暮らし, 環境・エコ]

イモ事業、本格スタート/苗の植え付け始まる

来年3月、無償で配布


来年3月にも配布を開始するイモの苗を植え付ける農政課職員=平良東仲宗根添

来年3月にも配布を開始するイモの苗を植え付ける農政課職員=平良東仲宗根添

 宮古島産イモを戦略的品目に位置付ける宮古島市はこのほど、イモの苗の植え付け作業を開始した。今後7㌶相当分の苗を作り、来年3~4月には希望農家に無償で配布する。宮古島産イモの島内における普及拡大を図り、島内外に売り出しながら宮古島産ブランドの確立を目指す。

(全文を表示…)

2011年12月25日(日) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

トウガン出荷本格化/主産地のJA上野集荷場



出荷を待つトウガンがずらりと並ぶ=24日、JAおきなわ上野集荷場

出荷を待つトウガンがずらりと並ぶ=24日、JAおきなわ上野集荷場

  JAが取り扱うトウガンの出荷が、本格化した。地区全体の約8割を占める主産地の上野地区では、週に約20㌧を出荷している。出荷は4月にピークに入り、6月上旬ごろ終了する。

(全文を表示…)

2011年12月24日(土) 09:00 [地域・暮らし]

「来年もいい年に」

もちつきで子どもたちと交流/市社協下地支所


笑顔でもちをつく子どもたち=23日、宮古島市社会福祉協議会下地支所

笑顔でもちをつく子どもたち=23日、宮古島市社会福祉協議会下地支所

 宮古島市社会福祉協議会下地支所で23日、下地に住む住民や子どもたちを招いて「ふれあいもちつき大会」が行われた。

(全文を表示…)

2011年12月24日(土) 09:00 [地域・暮らし]

2代目「へいぞー君」登場/城辺砂川

年明けにもお披露目


2代目のへいぞー君=23日、城辺砂川

2代目のへいぞー君=23日、城辺砂川

 城辺砂川の県道沿いの空き地に威風堂々とした姿で立ち、観光客や市民に愛されたヤギ「平三君」(へいぞー君)の2代目が年明けにも登場する。初代へいぞー君と同様、力強い立派な角と風格あるひげは2代目にぴったり。お披露目後は再び人気を集めそうだ。

(全文を表示…)

2011年12月24日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

お年寄りが外国語レッスン/池間島

海外からの民泊に備え


ダリッシュさん(中央)と妻の景子さん(右)が中心になって外国語を指導した=23日、池間島離島振興総合センター

ダリッシュさん(中央)と妻の景子さん(右)が中心になって外国語を指導した=23日、池間島離島振興総合センター

 欧米・中国・台湾からの修学旅行民泊の受け入れに備えようと、宮古島観光協会(豊見山健児会長)といけま福祉支援センター(前泊博美理事長)は23日、池間島離島振興総合センターで外国語勉強会・クリスマス会を開いた。70歳以上の年寄り約60人が参加し、英語のハロー(こんにちは)や中国語のニーハオ(同)をレッスン。来年3月に台湾基隆の中学校・高校の教諭や旅行会社の関係者らが池間島で修学旅行民泊の状況を視察する計画があることから、今後年寄りに外国語を指導していく。

(全文を表示…)

2011年12月23日(金) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

10周年の節目祝う/みやこ福祉会が創立記念式典

施設利用者や家族の会、地域住民、関係者らに向け伊志嶺理事長が謝辞を述べる記念式典=22日、ホテルアトールエメラルド宮古島

施設利用者や家族の会、地域住民、関係者らに向け伊志嶺理事長が謝辞を述べる記念式典=22日、ホテルアトールエメラルド宮古島

 みやこ学園などを運営する社会福祉法人みやこ福祉会(伊志嶺博司理事長)の創立10周年記念式典が22日、市内のホテルで開かれた。施設利用者や家族の会、地域住民、関係者らが多数、出席し、10年の節目を盛大に祝った。伊志嶺理事長が関係者に向け10年間の支援に感謝の思いを述べたほか、4団体に感謝状が贈られた。

(全文を表示…)

2011年12月23日(金) 09:00 [地域・暮らし]

きょうから冬休み/市内

各小中高校で終業式


「よい子のあゆみ」を受け取る児童=22日、北小学校1年2組

「よい子のあゆみ」を受け取る児童=22日、北小学校1年2組

 きょう23日から、市内の小・中学校と高校は冬休み。22日には各校で2学期の終業式が行われた。北小学校(平良隆校長)では終業式終了後、児童たちは全員で学校の清掃を行い、各クラスでは担任教諭から「よい子のあゆみ」を受け取ったほか、休み期間中も過ごし方についての留意点などを聞いた。

(全文を表示…)

2011年12月23日(金) 09:00 [地域・暮らし]

伝統の「冬至正月」/池間島

先祖に五穀豊穣を感謝


先祖に感謝する上原光雄・キワ子夫妻=22日、池間島

先祖に感謝する上原光雄・キワ子夫妻=22日、池間島

 冬至に当たる22日、池間島では伝統の冬至正月が行われた。住民らは、先祖に海の幸などを供え、旧年中の大漁、航海安全、五穀豊穣に感謝し、向こう1年間の豊漁、豊作を願った。

(全文を表示…)

2011年12月22日(木) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

「家族愛」で飲酒運転根絶/交通安全運動出発式

交通安全宣言を読み上げる狩俣駐在所駐在員の赤嶺勝さんと息子の湊海君=21日、市中央公民館

交通安全宣言を読み上げる狩俣駐在所駐在員の赤嶺勝さんと息子の湊海君=21日、市中央公民館

 「飲酒運転させない 家族の愛 仲間の絆 地域の輪」をスローガンとした2011年度年末・年始の交通安全県民運動(主催・市交通安全推進協議会)の出発式が21日、市中央公民館で開かれた。宮古島地区交通安全協会や宮古島署などの関係機関が一堂に集い、運動の重点となる①飲酒運転の根絶(飲酒運転を許さない環境づくり)②交差点の交通事故防止③子どもと高齢者の交通事故防止-に取り組んでいくことを確認した。

(全文を表示…)

2011年12月22日(木) 09:00 [地域・暮らし]

「情報交換を大切に」/さるかの会講習会

農家民泊の課題を共有


さるかの会の約21人が参加して農家民泊の課題を共有した=21日、城辺農村環境改善センター

さるかの会の約21人が参加して農家民泊の課題を共有した=21日、城辺農村環境改善センター

 ぐすくべグリーンツーリズムさるかの会(仲間寛安代表社員)は21日、城辺公民館で農家民泊に関する講習会を開いた。地域づくりプロデューサーの木谷敏雄さんと、NPO地域再生研究機構の理事を務める山口保さんを講師に迎え、会員約70人が農家民泊に関する課題を共有した。木谷さんは「情報交換が大切。ほかの農家がどのように受け入れているのかを知り体感することも必要」と話した。

(全文を表示…)

2011年12月21日(水) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

最優秀賞5人を表彰/高校生健全育成標語

のぼり制作し各校に掲示


各校の最優秀賞を受賞した(左2人目から)平山君、池間君、尾仲さん、伊波君、根間君。右は山里会長、左は川満校長=20日、宮古高校

各校の最優秀賞を受賞した(左2人目から)平山君、池間君、尾仲さん、伊波君、根間君。右は山里会長、左は川満校長=20日、宮古高校

 宮古地区県立学校PTA連合会と宮古地区高等学校生徒指導連絡協議会は20日午後、高校生の健全育成を推進する標語審査で、最優秀賞を受賞した生徒5人を表彰した。両団体は最優秀賞作品を書いたのぼり約30本を制作、5高校を中心に掲示する。PTA連合会の山里直人会長は「素晴らしい標語。この標語をすべての高校生が見て自分自身の行動を見つめ直す」と標語の完成度をたたえた。

(全文を表示…)

2011年12月20日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

白紙撤回求め要望書/西辺小中統廃合

学校規模適正化住民説明会


活発な意見交換が行われた住民説明会=17日、西原地区公民館

活発な意見交換が行われた住民説明会=17日、西原地区公民館

 宮古島市立学校規模適正化基本方針の住民説明会(市教育委員会)が17日、西原地区公民館で行われた。開会前に西原、福山、大浦各自治会と西辺小中学校PTA、西原みどり会など9組織の連名で、基本計画の白紙撤回を求める要望書が宮国博教育委員長に、同書を読み上げた西原の佐久田盛光字長が手渡した。受領した宮国委員長は「持ち帰り検討する」と述べた。

(全文を表示…)

2011年12月18日(日) 09:00 [地域・暮らし]

「日本一安全な島に」/来間小中の児童生徒

交通安全看板を贈呈


児童生徒が手作りした交通安全看板が贈呈された=17日、来間島振興総合センター

児童生徒が手作りした交通安全看板が贈呈された=17日、来間島振興総合センター

 来間幼稚園、同小・中学校の児童生徒が17日、手作りの交通安全看板を来間部落会(来間得良会長)に贈呈した。その上で「私たちは来間島を日本一安全な島にします」と宣言した。

(全文を表示…)

2011年12月18日(日) 09:00 [地域・暮らし]

これからも良書と出会って/読書感想文コンクール

入賞した児童生徒を表彰


入賞した児童生徒に表彰状と記念品が贈られた=17日、市中央公民

入賞した児童生徒に表彰状と記念品が贈られた=17日、市中央公民

 宮古地区「読書感想文・感想画コンクール」の表彰式(主催・宮古地区学校図書館協議会)が17日、市中央公民館で行われ、入賞した小中学生が表彰された。

(全文を表示…)

2011年12月18日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

「優しい心を分けて」/歳末たすけあい

中高生が街頭活動


募金への協力を呼び掛ける伊良部高校の生徒たち=17日、サンエーショッピングタウン宮古衣料館

募金への協力を呼び掛ける伊良部高校の生徒たち=17日、サンエーショッピングタウン宮古衣料館

 2011年度「NHK海外たすけあい」義援金街頭募金が17日、市内5カ所のスーパー前で行われた。

(全文を表示…)

2011年12月18日(日) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

「廃校の文字消して」/県教育庁

参加者に動揺広がる/伊良部高廃校の素案説明


参加者らが活発な意見・提言を述べた=17日、伊良部高校の体育館

参加者らが活発な意見・提言を述べた=17日、伊良部高校の体育館

 県教育庁は県立高校編成整備実施計画」(素案)に伊良部高校を後期(2017~21年)に廃校することを盛り込んだことに伴い17日、同校で説明・意見交換会を開いた。住民や教育関係者など約60人が参加したが、全員に動揺が広がっていた。伊良部高校の元PTA会長の中村雅弘さんは「素案に書かれている伊良部高校の『廃校』の文字を消して『伊良部大橋開通後に考えていく』に置き換えてほしい」と要望した。教育庁側は「持ち帰って検討したい。皆さんの意見は反映させたい」と理解を求めた。来年3月に開催される県教育委員会会議で同計画は決定される。

(全文を表示…)

2011年12月18日(日) 09:00 [地域・暮らし]

高齢者の大腿部骨折多い/宮古、全国の2倍

琉大が調査報告 「元気さが災い?」


宮古における高齢者骨折の発生状況が示された報告会=16日、宮古病院

宮古における高齢者骨折の発生状況が示された報告会=16日、宮古病院

 高齢者に多い大腿骨骨折の宮古での発生率が際立って高いことが、琉球大学医学部高次機能医科学講座の実態調査で分かった。宮古の発生率は、全国平均の約2倍、北海道浦河町の6倍だった。宮古がなぜ高いのか、明確な理由はつかめていない。同講座の大湾一郎琉大准教授が16日、調査に協力した医師らを対象に報告した。

(全文を表示…)

2011年12月17日(土) 09:00 [地域・暮らし]

珠算最高位10段に合格/下地君(北中2年)

「全国優勝目指す」


珠算最高位の10段に合格した下地君=15日、宮古珠算学校

珠算最高位の10段に合格した下地君=15日、宮古珠算学校

 9月に市中央公民館で行われた第345回珠算検定試験(主催・全国珠算教育連盟)で、宮古珠算学校に通う北中学校2年の下地智也君が珠算最高位の10段に合格した。宮古で10段取得は下地君で9人目。

(全文を表示…)

2011年12月17日(土) 09:00 [地域・暮らし]

菓子4000個プレゼント/ピータイムが特別支援学校に

「感激でいっぱい」


伊良部マネジャー(右から2人目)と安里マネジャー(同3人目)が伊波校長に菓子を寄贈した=16日、宮古特別支援学校

伊良部マネジャー(右から2人目)と安里マネジャー(同3人目)が伊波校長に菓子を寄贈した=16日、宮古特別支援学校

 ピータイム宮古(伊良部真一マネジャー)とピータイムⅡ(安里多加志マネジャー)は16日、宮古特別支援学校(伊波満校長)にクリスマスプレゼントとして菓子4000個を寄贈し、児童・生徒71人を喜ばせた。

(全文を表示…)

2011年12月17日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

花壇の花引き抜かれる/盛加越公園

植えたみやこ学園 「心ない行為やめて」


花が引き抜かれた花壇を前に肩を落とすみやこ学園の利用者ら=16日、盛加越公園

花が引き抜かれた花壇を前に肩を落とすみやこ学園の利用者ら=16日、盛加越公園

 平良にある盛加越公園の花壇が何者かに荒らされているのが16日までに市民からの連絡で分かった。きれいな花を咲かせていたダリアなど数十本が根本から引き抜かれ、周囲に投げ捨てられている。市から同公園の清掃などの管理を委託されているみやこ学園では「学園の利用者が丹精込めて育て栽培している。心ない行為はやめてほしい」と話している。

(全文を表示…)

2011年12月16日(金) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

教育長に大臣賞受賞報告/10RUN実行委

まちかどのフィランソロピスト賞


大城教育長に受賞を報告する生徒ら=15日、県教育庁

大城教育長に受賞を報告する生徒ら=15日、県教育庁

 第14回まちかどのフィランソロピスト賞で文部科学大臣賞を受賞した10RUN実行委員会は15日、県教育庁に大城浩教育長を訪ね、受賞を報告した。宮古高校3年の亀濱美香さんは「地域の皆さんの理解により、スムーズに企画運営できたので感謝している。大きな賞を受賞し、とてもうれしい」と喜びを表現した。

(全文を表示…)

2011年12月15日(木) 09:00 [地域・暮らし]

宮古農業のけん引者に/新規就農サポート講座

21人に修了証書


下地課長(左)が一人一人に修了証書を授与した=14日、県宮古合同庁舎

下地課長(左)が一人一人に修了証書を授与した=14日、県宮古合同庁舎

 新規就農者の早期の経営確立と認定農業者への誘導を図ることを目的とした宮古地区新規就農サポート講座(主催・宮古地区でグッジョブ推進会議、宮古農林水産振興センター)の閉講式が14日、県宮古合同庁舎で開かれた。同会議会長の下地秀一同センター農業改良普及課長が21人に修了証書を授与した。修了書を手にした一人一人は晴れ晴れとした表情を見せていた。

(全文を表示…)

2011年12月14日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

全校児童に年賀はがき寄贈/郵便事業宮古島支店

14社からプレゼント 手紙文化の普及目指す



協賛社から全校児童に年賀はがきが寄贈された=13日、市役所城辺庁舎

協賛社から全校児童に年賀はがきが寄贈された=13日、市役所城辺庁舎

 手紙文化の普及と子どもたちの豊かな情操と人材育成などを目的に宮古島市と多良間村の全児童に対する年賀はがきの贈呈式が13日、市役所城辺庁舎で行われた。

(全文を表示…)

2011年12月14日(水) 09:00 [地域・暮らし]

来年2月まで10頭誕生か/宮古馬

荷川取さん 保存訴え乗馬で島一周


宮古馬2頭で島をほぼ一周した荷川取さん(左)と井上さん=13日、平良狩俣地区

宮古馬2頭で島をほぼ一周した荷川取さん(左)と井上さん=13日、平良狩俣地区

 宮古馬の飼養頭数が来年2月にも40頭に達する可能性が出てきた。現状30頭の宮古馬だが、年末から2月にかけて最高10頭の子馬が誕生する見通しで、保存のために最低必要とされている50頭も見えてくる。増頭運動に関連し、荷川取牧場の荷川取明弘さんは13日までに、宮古馬に乗馬して宮古本島をほぼ一周。宮古馬の飼養を始めてから10年来の夢を実現させた。各地で宮古馬の保存を訴えた荷川取さんは「目標を達成することができた」と感無量の様子で話すとともに、さらなる増頭に期待を込めた。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2011年12月
    « 11月   1月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2