2011年12月のニュース一覧

2011年12月15日(木) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

TPP参加 断固反対

「島の農業、経済崩壊」/農家500人結集、宣言文採択


500人の農業関係者がTPP交渉参加阻止に向けてガンバロー三唱で気勢を上げた=14日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

500人の農業関係者がTPP交渉参加阻止に向けてガンバロー三唱で気勢を上げた=14日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

 TPP(環太平洋連携協定)交渉参加阻止宮古地区農業者大会(主催・宮古地区農業振興会)が14日、JAおきなわ宮古地区本部ホールで行われ、農業関係者500人(主催者発表)が結集して同交渉参加阻止に向けて気勢を上げた。農業者の総意として、同交渉参加阻止まで一致団結して運動を継続していくとする大会宣言文や大会スローガンを全会一致で採択した。

(全文を表示…)

2011年12月15日(木) 09:00 [政治・行政]

年間に牛200頭が死亡/多良間

一般質問で村の対策ただす


6氏が登壇し当局をただした一般質問=14日、多良間村議会議場

6氏が登壇し当局をただした一般質問=14日、多良間村議会議場

 【多良間】多良間村議会(西平幹議長)12月定例会は14日、一般質問が行われた。豊見城玄淳氏は、年間に200頭程度の牛が死亡している問題を取り上げ、これが生活環境を損ねる不法投棄に結びついていると指摘。防止対策や死骸処理方法をただしたのに対し、下地昌明村長は、死亡の主な要因となっている下痢や肺炎の予防強化を農家に求め、処理方法は焼却が望ましいと考えを示した。

(全文を表示…)

2011年12月15日(木) 09:00 [イベント]

南小金管8重奏が金賞/県吹奏楽コンテスト

九州へ、初の快挙に学校沸く


金賞と銅賞に輝いた金管バンドの部員たち=14日、南小校長室

金賞と銅賞に輝いた金管バンドの部員たち=14日、南小校長室

 南小学校金管バンドの金管8重奏Aチームが第36回県吹奏楽アンサンブルコンテストの小学校の部(11日、南城市文化センターシュガーホール)で、金賞を受賞し、九州大会への切符を手にした。同校金管バンドの金賞と九州大会出場は、学校創立以来初めて。初の快挙に在校生や職員、保護者らは喜びに沸いている。Bチームは銅賞だった。

(全文を表示…)

2011年12月15日(木) 09:00 [スポーツ]

優勝の男子バスケ協に報奨金/市体育協会

県民上位入賞5団体たたえる


本村会長(右から4人目)から5団体に報奨金が贈呈された=13日、市陸上競技場

本村会長(右から4人目)から5団体に報奨金が贈呈された=13日、市陸上競技場

 宮古島市体育協会(本村博昭会長)は13日夕、市陸上競技場で第5回理事会を開いた。県民体育大会で3位以上の成績を残した5団体に報奨金を贈呈。来年の先島地区大会の課題について意見を交わした。

(全文を表示…)

2011年12月15日(木) 09:00 [地域・暮らし]

宮古農業のけん引者に/新規就農サポート講座

21人に修了証書


下地課長(左)が一人一人に修了証書を授与した=14日、県宮古合同庁舎

下地課長(左)が一人一人に修了証書を授与した=14日、県宮古合同庁舎

 新規就農者の早期の経営確立と認定農業者への誘導を図ることを目的とした宮古地区新規就農サポート講座(主催・宮古地区でグッジョブ推進会議、宮古農林水産振興センター)の閉講式が14日、県宮古合同庁舎で開かれた。同会議会長の下地秀一同センター農業改良普及課長が21人に修了証書を授与した。修了書を手にした一人一人は晴れ晴れとした表情を見せていた。

(全文を表示…)

2011年12月15日(木) 09:00 [イベント]

入選作品54点を展示/JTA図画コンクール

宮古空港で21日まで


観光客や訪れた市民らが子どもたちの力作に見入っていた=14日、宮古空港

観光客や訪れた市民らが子どもたちの力作に見入っていた=14日、宮古空港

 日本トランスオーシャン航空(JTA)の第29回あおぞら図画コンクール入選作品展示会が14日、宮古空港の1階中央アメニティーでスタートした。21日まで。

(全文を表示…)

2011年12月14日(水) 23:19 [お母さんと一緒]

「おてんば娘」

▽大城 サラちゃん(おおしろ さら)(1つ)
▽お母さん・麻美さん


大城 サラちゃん(おおしろ さら)(1つ)お母さん・麻美さん

大城 サラちゃん(おおしろ さら)(1つ)お母さん・麻美さん

 どこでも活発に動き回るおてんば娘のサラちゃん。たんこぶとすり傷が絶えず、転んでも、ごっつんこしてもなんのその。お母さんが抱っこすると、力強く手足をばたばたさせ、下ろすと自由にどこにでも走っていく。「目が離せません」とお母さん。

(全文を表示…)

2011年12月14日(水) 22:48 [行雲流水]

「師走雑感」(行雲流水)

 師走も中日。きょうから年賀郵便の特別扱いが始まる。歳末たすけあい、未成年者の飲酒防止、防災・防犯・安全キャンペーンなども展開中だ。師走も後半になると、対数グラフの目盛の間隔が押し詰まって行くような切迫感がある

(全文を表示…)

2011年12月14日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

全校児童に年賀はがき寄贈/郵便事業宮古島支店

14社からプレゼント 手紙文化の普及目指す



協賛社から全校児童に年賀はがきが寄贈された=13日、市役所城辺庁舎

協賛社から全校児童に年賀はがきが寄贈された=13日、市役所城辺庁舎

 手紙文化の普及と子どもたちの豊かな情操と人材育成などを目的に宮古島市と多良間村の全児童に対する年賀はがきの贈呈式が13日、市役所城辺庁舎で行われた。

(全文を表示…)

2011年12月14日(水) 09:00 [イベント, 環境・エコ]

平良彩華さん(砂川中3年)最優秀賞/愛鳥週間ポスター原画コン

県最優秀賞を受賞した平良さんと全国審査に送付された作品=13日、県庁環境生活部長室

県最優秀賞を受賞した平良さんと全国審査に送付された作品=13日、県庁環境生活部長室

 【那覇支社】2012年度愛鳥週間用ポスター原画コンクール(主催・日本鳥類保護連盟、県)の最優秀賞受賞者表彰式が13日、県庁で行われ、平良彩華さん(砂川中3年)が同コンクールの最優秀賞に選ばれ表彰された。同コンクールは、県内の小学、中学、高校から応募のあった作品を県で審査選抜し、最優秀作品9点を日本鳥類保護連盟に送付して全国審査を行い、来年度の愛鳥週間用ポスターの審査選考を行うもの。

(全文を表示…)

2011年12月14日(水) 09:00 [地域・暮らし]

来年2月まで10頭誕生か/宮古馬

荷川取さん 保存訴え乗馬で島一周


宮古馬2頭で島をほぼ一周した荷川取さん(左)と井上さん=13日、平良狩俣地区

宮古馬2頭で島をほぼ一周した荷川取さん(左)と井上さん=13日、平良狩俣地区

 宮古馬の飼養頭数が来年2月にも40頭に達する可能性が出てきた。現状30頭の宮古馬だが、年末から2月にかけて最高10頭の子馬が誕生する見通しで、保存のために最低必要とされている50頭も見えてくる。増頭運動に関連し、荷川取牧場の荷川取明弘さんは13日までに、宮古馬に乗馬して宮古本島をほぼ一周。宮古馬の飼養を始めてから10年来の夢を実現させた。各地で宮古馬の保存を訴えた荷川取さんは「目標を達成することができた」と感無量の様子で話すとともに、さらなる増頭に期待を込めた。

(全文を表示…)

2011年12月14日(水) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化, 社会・全般]

入学生確保が急務/伊良部高校を存続させる会

住民の対応など協議


伊良部高校廃校回避に向けて話し合った=13日、伊良部公民館

伊良部高校廃校回避に向けて話し合った=13日、伊良部公民館

 県教育委員会が2020年度の卒業生をもって伊良部高校を廃校にする計画を示していることについて、伊良部高校を存続させる会(佐久本洋介会長)は13日、伊良部公民館で会合を開いた。伊良部高校の砂川明校長をはじめ、佐久本会長、嘉手納学副会長ら約20人が参加し、廃校回避に向けて意見交換をした。

(全文を表示…)

2011年12月14日(水) 09:00 [地域・暮らし]

店舗面積など概要発表/ヤマダ電機

7527・60平方㍍、駐車場収容535台


ヤマダ電機の堀内課長(奥左から2人目)ら関係者が出席して行われた説明会=13日夜、久松地区公民館

ヤマダ電機の堀内課長(奥左から2人目)ら関係者が出席して行われた説明会=13日夜、久松地区公民館

 宮古島市字松原のイオンタウン宮古南ショッピングセンターへの出店を決めている家電量販店国内最大手のヤマダ電機(本社・群馬県高崎市)は13日夜、久松地区公民館で説明会を開催。店舗面積や駐車場収容台数、営業時間などを説明した。

(全文を表示…)

2011年12月14日(水) 09:00 [政治・行政]

景観条例の可決見送る/市議会経済工務委

「慎重な審査を」と継続審査に


 宮古島市議会の常任3委員会が13日、市役所平良庁舎で開かれ、議会から付託された議案の審議を行った。市景観条例案の付託を受けた経済工務委員会(嵩原弘委員長)では協議の結果、「慎重な審査を行いたい」との判断から継続審査とすることを決めた。各委員会での審議結果は21日の市議会最終本会議で各委員長が報告する。

(全文を表示…)

2011年12月13日(火) 09:00 [政治・行政]

市の働き掛け要請/奥平氏

中国チャーター便就航で


奥平氏(左手前から2人目)らが中国便就航について、市の積極的な協力を要請した=12日、市平良庁舎

奥平氏(左手前から2人目)らが中国便就航について、市の積極的な協力を要請した=12日、市平良庁舎

 宮古島市区選出県議の奥平一夫氏らは12日、市平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、宮古空港への中国チャーター便就航と下地島空港での国際線機能整備について、市側からも県や関係機関に対して積極的に働き掛けを行ってほしいと要請した。要請には市議の長崎富夫氏、山里雅彦氏、前里光恵氏が同席した。

(全文を表示…)

2011年12月13日(火) 09:00 [教育・文化]

一貫教育の向上を祈念/池間小中学校

新校舎落成で記念式典


さらなる発展を祈念して乾杯する関係者ら=11日、池間小中学校の体育館

さらなる発展を祈念して乾杯する関係者ら=11日、池間小中学校の体育館

 池間小中学校新校舎落成記念式典・祝賀会(同落成記念事業実行委員会)が11日、同校の体育館で行われた。下地敏彦市長や教育関係者、PTA役員、地域住民らが参加。4月から新たに出発した幼小中一貫教育の向上とさらなる発展を祈念した。

(全文を表示…)

2011年12月13日(火) 09:00 [政治・行政]

保護区域の設定で質疑/市議会常任委

ヤシガニ条例で経工委


条例案など付託議案の審議をした経済工務委員会=12日、市役所平良庁舎

条例案など付託議案の審議をした経済工務委員会=12日、市役所平良庁舎

 宮古島市議会の総務財政、経済工務、文教社会の常任委員会が12日、市役所平良庁舎で開かれ、それぞれ2011年度補正予算や条例案など付託された議案の審議を行った。経済工務委員会(嵩原弘委員長)では、今議会に新たに上程された「ヤシガニ保護条例」の審議が行われた。委員からは「保護区域はどのように設定するのか」「ヤシガニ保護監視員の数は何人か」などの質問が出た。

(全文を表示…)

2011年12月13日(火) 09:00 [イベント]

サックス八重奏が九州大会へ/宮高吹奏楽部

県アンサンブルコン フルート六重奏も金賞


金賞を獲得した吹奏楽部の生徒たちと下地秀樹顧問(後列左)=12日、宮古高校

金賞を獲得した吹奏楽部の生徒たちと下地秀樹顧問(後列左)=12日、宮古高校

 南城市で10日に開催された第36回県吹奏楽アンサンブルコンテストで、宮古高校吹奏楽部の「サクソフォン八重奏」と「フルート六重奏」が金賞を獲得。「サクソフォン八重奏」は県代表として推薦を受け、九州大会への出場を決めた。生徒らは12日、同校で会見を開き受賞の喜びを報告した。

(全文を表示…)

2011年12月13日(火) 09:00 [イベント]

人形に息吹き吹き込み30年/んまだいしょうが記念公演

ワクワクドキドキを演出


宮古の民話を題材にした人形劇団んまだいしょう結成30周年記念公演=11日、市中央公民館

宮古の民話を題材にした人形劇団んまだいしょう結成30周年記念公演=11日、市中央公民館

 人形劇団んまだいしょう(奥平久乃代表)の結成30周年記念公演が11日、市中央公民館で開かれた。宮古の民話を題材にした創作民話人形劇「川の種~川をつくった少年のはなし~」を披露。親孝行の大切さや先人たちの教えを盛り込んだ筋書きに、団員たちが人形に息吹きを吹き込んだ舞台は子どもたちの目を引き付けた。

(全文を表示…)

2011年12月13日(火) 09:00 [イベント]

松原さん地区大会で銀、全国へ/ショパン国際ピアノコンクール

ショパン国際ピアノコンクール沖縄地区大会で銀賞に輝いた松原優里子さん=11日、平良西里・前泊ピアノ教室

ショパン国際ピアノコンクール沖縄地区大会で銀賞に輝いた松原優里子さん=11日、平良西里・前泊ピアノ教室

 ショパン国際ピアノコンクールinASIA沖縄地区大会中学生の部(11月27日、南城市文化センター・シュガーホール)で松原優里子さん(久松中1年)が銀賞に輝いた。松原さんは来年1月4~6日に東京で開かれる全国大会に出場する。地区大会には10人が出場したが金賞の該当者がいなかったため、松原さんが事実上の1位。「全国大会では自分自身が満足できるような演奏を心掛けたい」と抱負を語った。

(全文を表示…)

2011年12月12日(月) 22:29 [フレッシュ・ホープさん]

寄川 清香さん(23歳)/おみずやさん宮古店

「仕事頑張ります」


寄川 清香さん

寄川 清香さん

 沖国大法学部地域行政学科を卒業。今年4月に入社した寄川さん。担当はウォーターディスペンサーの契約、案内、受付。入社してから水のことを勉強するようになり、種類の多さに驚きの連続。会社で培った知識をプライベートでも活用して、料理に役立てている。

(全文を表示…)

2011年12月12日(月) 22:15 [行雲流水]

「光るもの」(行雲流水)

 一日、幾つかの印象に残る話を見聞きした

(全文を表示…)

2011年12月11日(日) 09:00 [教育・文化]

さらなる発展祈念/平良中新校舎の落成祝う

新校舎の完成を祝い乾杯する関係者ら=10日、平良中学校体育館

新校舎の完成を祝い乾杯する関係者ら=10日、平良中学校体育館

 平良中学校新校舎落成祝賀会(主催・同校PTA)が10日夕、同校体育館で開かれた。PTAや教育関係者らが多数出席し、新校舎の完成と同校のさらなる発展を願った。

(全文を表示…)

2011年12月11日(日) 09:00 [イベント]

育てたサルビアなど即売/みやこ福祉会まつり

10回の節目で交流深める


飛ぶように売れていた草花=10日、みやこ学園

飛ぶように売れていた草花=10日、みやこ学園

 みやこ福祉会(伊志嶺博司理事長)主催の第10回みやこ福祉会まつりが10日、みやこ学園で行われた。鮮やかに咲いたベゴニアやサルビア、サラダホウレンソウ、宮古そば、カレーライス、焼き立てパンなどが飛ぶように売れ、同学園の利用者らを喜ばせた。来場者らは趣向を凝らしたイベントを満喫した。

(全文を表示…)

2011年12月11日(日) 09:00 [産業・経済]

「子のため考え行動を」/宮古島気象台主催

地球温暖化テーマに講演会


講話に聞き入る参加者たち=10日、県宮古合同庁舎講堂

講話に聞き入る参加者たち=10日、県宮古合同庁舎講堂

 2011年度気候講演会(主催・宮古島地方気象台)が10日、県宮古合同庁舎講堂で開かれた。沖縄気象台の浅見幸宏地球温暖化情報官が地球温暖化の現実と将来について、宮古島市上下水道部の梶原健次課長補佐は温暖化がサンゴ礁に与える影響などについて講話。浅見氏は子どもたちの将来のために、できることを考え、行動するよう訴えた。

(全文を表示…)

2011年12月11日(日) 09:00 [社会・全般]

背景に高失業率や離婚/児童虐待

早期発見、援助訴え/防止推進月間で講演会


児童虐待の未然防止に向け、勇気を持った通告を呼び掛けた講演会=10日、市働く女性の家ゆいみなぁ

児童虐待の未然防止に向け、勇気を持った通告を呼び掛けた講演会=10日、市働く女性の家ゆいみなぁ

 児童虐待防止推進月間に伴う「児童虐待防止推進講演会~守るのは 気づいたあなたの その勇気~」(主催・宮古島市)が10日市働く女性の家(ゆいみなぁ)で行われ、沖縄大学の山内優子非常勤講師が「児童虐待防止に向けて~子どもたちを守るため、私たちにできること」の演題で講話した。山内さんは、沖縄の児童虐待の背景には高い失業率や離婚率、全国最下位の県民所得など沖縄社会の「貧困」があることを指摘した。

(全文を表示…)

2011年12月11日(日) 09:00 [教育・文化]

優秀児童、生徒25人を表彰/宮古教育振興会

勉強やスポーツ両立


勉学やスポーツ、ボランティア活動などで活躍した児童生徒25人が表彰された=10日、宮古島市中央公民館

勉学やスポーツ、ボランティア活動などで活躍した児童生徒25人が表彰された=10日、宮古島市中央公民館

 学習面やスポーツ、ボランティア、文化活動などで優秀な成績を収めた児童生徒を表彰する宮古教育振興会(下地邦雄理事長)の表彰式が10日午後、市中央公民館で開かれた。小学生10人、中学生15人の計25人を表彰し、日ごろの活動と成果をたたえた。下地理事長は「世界に羽ばたいてほしい」と受賞者を激励。次代を担う子どもたちの一層の活躍に期待を込めた。

(全文を表示…)

2011年12月11日(日) 09:00 [イベント]

和太鼓の連打など披露/市子連子ども祭りに13団体

和太鼓の連打を披露する新風太鼓子ども会=10日、下地農村環境改善センター

和太鼓の連打を披露する新風太鼓子ども会=10日、下地農村環境改善センター

 第5回市子連子ども祭り(主催・市子ども会育成連絡協議会、共催・市教育委員会)が10日、下地農村環境改善センターで行われた。子ども会13団体、総勢140人余が出演。力強い太鼓の連打や踊りなどを披露し、観客らに感動を与えた。

(全文を表示…)

2011年12月10日(土) 23:04 [まちからむらから]

初の「秋まつり」に沸く/伊良部島

島活性のイベント目白押し


 合併して6年が経つ。2年後に開通する伊良部大橋も視野に入れて、いま伊良部地区として何ができるかを模索するイベントが盛んに行われている。先月5・6日は初めての「秋まつり」が伊良部地域づくり協議会(比嘉巨雄会長)の事業推進部会を中心に行われ、物産即売会や舞台発表など多彩な取り組みで島が一つになった。また、20日には「元気な島づくりフォーラム」が宮古島市と同協議会の主催で開かれた。大橋開通後の環境の変化をふまえ、地域住民が時代の変化を柔軟に受け止めながら、もろもろの課題に主体的に取り組むことが大事だとして中高校生をはじめ、あらゆる団体の参加で今後の島の活性を考えた。

(全文を表示…)

2011年12月10日(土) 22:25 [私見公論]

そなえよつねに/池城 かおり

私見公論⑩


 私は5歳のときにガールスカウトに入団し、毎週日曜日に中央公民館に通っていた。活動のとき必ず皆で唱えていたこの言葉を数十年ぶりに思い出したのは、3月日に仙台で地震に遭った時。私は内陸側にある天文台を見学していたが、急遽閉館となり、被害状況を全く把握できないまま宿泊先のある市街地へバスで向かった。バスの窓越しに強く降り始めた雪や余震でぐらぐら揺れる電柱を眺めていた。パニックは起こさなかったが、これから自分が置かれる状況が全く想定できず、頭の中は真っ白になっていた。突然、この言葉が内側から聞こえてきて、子供の頃に唱えていた平仮名の並びが「備えよ常に」であることに気づき、初めてその意味が体の中に入ってきた。しかし命令形であるはずのこの言葉は、心の中で繰り返し唱えられることによって次第に質問の意を帯び始め、災害への備えが心身共に何も無い自分に黙るほか無かった。3日後、山形空港から関西を経由し宮古島に帰ったが、しばらくは現地との緊張感の差になかなか馴染めずにいた。家にいるときも、外にいるときも「もし今ここで何かあったら」と考えずにいられなかった。義捐金の呼びかけは日に日に高まっていても、津波の話題には「宮古に逃げるところは無いよ」と笑って返され、危機感を誰とも共有できずにいた。しかし私もまた、少しずつ日常へ還っていった。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成31年3月1日現在

    宮古島市 54,225 人
    27,176 人
    27,049 人
    世帯数 26,929 軒
    多良間村 1,169 人
    628 人
    541 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2011年12月
    « 11月   1月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2