2012年1月28日のニュース一覧

2012年1月28日(土) 22:30 [ニュースウィークリー]

1月22日~1月28日

ニュースウィークリー
1月22日~1月28日


約300人集い激励会を催す/伊志嶺選手の活躍願う

 プロ野球、千葉ロッテマリーンズの伊志嶺翔大選手の昨年1年間の活躍をねぎらい、来シーズンのさらなる活躍を願って激励会が21日夕、市内のホテルで催された。故郷のファン約300人が集い励ました。伊志嶺選手は「故郷の応援に応えるため勝負の年にしたい」と力を込めてあいさつ。会場から大きな拍手と声援が送られた。(1月22日掲載)

(全文を表示…)

2012年1月28日(土) 22:30 [まちからむらから]

活気あふれる池間島に/平良地区

世代を超えた交流会に意見沸騰/沖縄大学・高大連携教育改革「宮古シマおこし」


8団体が池間島の未来を考えた「シマおこし」フォーラム(1月21日=池間島八重干瀬センター)

8団体が池間島の未来を考えた「シマおこし」フォーラム(1月21日=池間島八重干瀬センター)

 池間島で21日、中高大学生から老人クラブまで八つの団体が交流し、島の福祉や自然環境、文化継承のことなど今後のあるべき姿を描いた。この地域交流プログラムは沖縄大学地域研究所の主催で「南西諸島清ら島づくり高大連携プログラム」(文部科学省)の中で実施されるもので、沖縄大学の西尾敦史准教授(人文学部福祉文化学科)が8人の学生を引率して昨年から宮古に入っている。

(全文を表示…)

2012年1月28日(土) 09:00 [政治・行政]

NPO法人ばんずが指定管理へ/宮古青少年の家

12年度から3年間


 県はこのほど、県立宮古青少年の家の指定管理者候補に、特定非営利活動法人(NPO)ばんず(市平良字久貝、安慶田昌宏理事長)を選定。県議会11月定例会で承認を受け、同団体による指定管理が決定した。指定期間は2012年4月1日から15年3月31日まで。

(全文を表示…)

2012年1月28日(土) 09:00 [スポーツ]

今年は9月29、30日に開催/ツール・ド・宮古島

県議会議員選で当初予定変更


 第5回ツール・ド・宮古島2012(主催・宮古島市ほか)の実行委員会総会が27日、市陸上競技場内会議室で開かれた。同大会は例年、6月に開催していたが、今年は予定していた日程と県議会議員選挙投票日が重なってしまったため、当初予定を変更し9月29日にサイクリング、同30日にロードレースを行うことが決まった。

(全文を表示…)

2012年1月28日(土) 09:00 [政治・行政]

芋のスイーツに挑戦/かんしょプロジェクト

普及へクッキング教室/市農政課


若林さんの手ほどきを受けながらクッキングを頑張った参加者たち=27日、市下地保健福祉センター

若林さんの手ほどきを受けながらクッキングを頑張った参加者たち=27日、市下地保健福祉センター

 宮古島市農林水産部農政課が進める宮古島産かんしょプロジェクト推進事業の一環として27日、「宮古島産紫芋スイーツクッキングスクール」が開催された。講師は東京都在で、フランス大使賞を受賞したこともあるフランス料理家の若林昌英さん。芋のスイーツを試食した参加者らは「甘さと香り、とろける食感がいい。さすがにプロの味」と感嘆の様子だった。

(全文を表示…)

2012年1月28日(土) 09:00 [地域・暮らし]

まもる君、まる子ちゃんに交付/市が特別住民登録

さらなる活躍に期待


「宮古島まもる君」と「宮古島まる子ちゃん」に特別住民票が交付された=27日、市役所平良庁舎

「宮古島まもる君」と「宮古島まる子ちゃん」に特別住民票が交付された=27日、市役所平良庁舎

 宮古島の交通安全に対する多大な貢献が認められ「宮古島まもる君」と「宮古島まる子ちゃん」に宮古島市(下地敏彦市長)は27日、特別住民登録を行い住民票を交付した。

(全文を表示…)

2012年1月28日(土) 09:00 [産業・経済]

一元出荷体制確立へ/マンゴー

品質格差解消が柱/関係団体が意見交換


マンゴーの生産振興について意見を交換する関係団体の代表=27日、市役所上野庁舎

マンゴーの生産振興について意見を交換する関係団体の代表=27日、市役所上野庁舎

 宮古島市、県、JAの三者代表は27日午後、市役所上野庁舎で、宮古島産マンゴーの生産振興と販路拡大に向けての意見交換会を開いた。宮古島産マンゴーの品質格差が大きく市場の評価が低下しつつある現状を懸念、三者が連携を強化してマンゴーの系統一元的な生産・出荷体制を確立する方針を確認した。具体的な取り組みとして、品質格差の解消を図る全農家対象の目揃え会を開催する。

(全文を表示…)

2012年1月28日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

「学校統廃合は白紙に」/西城学区

規模説明会で住民ら反発


フロアからは学校統廃合に反対する意見が相次いだ=26日、西城中学校体育館

フロアからは学校統廃合に反対する意見が相次いだ=26日、西城中学校体育館

 市教育委員会(宮國博委員長)は26日、城辺の西城中学校の体育館で「宮古島市立学校規模適正化(基本方針)説明会」を開いた。園児・児童・生徒の保護者や住民ら約60人が参加。委員会は「西城中学校、福嶺中学校、城辺中学校、砂川中学校を2016年度をめどに1校に統合する。また幼稚園を含む西城小学校、福嶺小学校、城辺小学校、砂川小学校を16年度までに統合する。適正規模の実行期間は、2011年度から18年度までの8年間を基本とする」との方針を示した。フロアからは「統廃合したら西城学区の名称が消え地域が廃れる」「西城学区は白紙に戻してほしい」などの意見があった。

(全文を表示…)