「美ぎ島net」 2012年1月のニュース一覧

2012年1月21日(土) 23:01 [美ぎ島net]

書で磨こう心の時代/麗泉サークル(ゆいみなぁ)

書を通し親子の会話はずむ


年明け2度目の教室で、お手本は新年にふさわしい「正月」や「元旦」。みんな真剣な様子で画仙紙に向かっていた

年明け2度目の教室で、お手本は新年にふさわしい「正月」や「元旦」。みんな真剣な様子で画仙紙に向かっていた

 世はまさに活字社会。ほとんどの人が普段、書く作業はすべて機械の力を借りて行っている。それでも日本の伝統文化である書道の人気は、たしなみとして衰えを知らない。宮古でもさまざまな流派の書道教室があり、幼児から大人までそれぞれのテーマに沿って書に励んでいる。姿勢を正し、真っ白な和紙に筆をおろしていくその姿は、伝統文化の神々しささえ醸す。

(全文を表示…)

2012年1月21日(土) 22:59 [美ぎ島net]

シリーズ 島のくらしと環境<9>

「周辺の海は自分の庭先」の意識で


釣り場に放置され散乱するごみ

釣り場に放置され散乱するごみ

 四方を海に囲まれた島の生活は、その海にどれだけの恩恵を被っているかわからない。ところが自然の恵みを当たり前として感謝を忘れ、そのため良くない環境に追いやっている現状がある。北海岸は急勾配の道路が多く、安全のためにアスファルトの道路が整備されるが、直接砂浜に向けられる道路は地上の汚水を運ぶことになり、今では白い砂浜が黄ばんできている。

(全文を表示…)

2012年1月7日(土) 22:45 [美ぎ島net]

子どもたちに夢与えて30年/人形劇団「んまだいしょう」

記念公演は宮古民話の「川の種」


公演を終えて、それぞれの人形と共に満面の笑顔のスタッフ

公演を終えて、それぞれの人形と共に満面の笑顔のスタッフ

 人形たちの動きに食い入るように目を輝かせる子どもたち。宮古の民話や創作話を人形劇に託し子どもたちに夢を与え続けてきた人形劇団「んまだいしょう」(奥平久乃代表)。昨年暮れ、結成30年を迎え、記念公演が市中央公民館で開かれた。宮古民話を題材にした「川の種」が披露され、会場に詰めかけた多くの親子連れをメルヘンの世界へと誘った。

(全文を表示…)

2012年1月7日(土) 22:40 [美ぎ島net]

シリーズ 島のくらしと環境<8>

日本初の「地下水保護管理条例」
「命の水」を守るための手だて


 宮古島市は昨年暮れ、水道事業の将来像策定を発表した。それによると、安全良質・安定・災害に強い・持続可能・環境に配慮など6項目にわたり水道事業の構築を今後8年間かけて実施していく。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成31年1月1日現在

    宮古島市 54,229 人
    27,165 人
    27,064 人
    世帯数 26,857 軒
    多良間村 1,172 人
    628 人
    544 人
    世帯数 523 軒
  • 天気


  •  

    2012年1月
    « 12月   2月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2