2012年2月15日のニュース一覧

2012年2月15日(水) 22:38 [行雲流水]

台湾台北の郊外を行く(行雲流水)

 台湾台北の郊外を行く観光バスでのこと。快適に走っていたバスが急に亀の歩みとなった。車列の渋滞にでくわしたのである。そんな中車窓に身を寄せていた乗客の一人が唐突に「台湾にはユンボー(掘削機)はないのか」と言った

(全文を表示…)

2012年2月15日(水) 22:38 [お母さんと一緒]

「人なつっこい女の子」

▽鈴木 怜(すずき れい)ちゃん(2つ)
▽お母さん・智美さん


鈴木 怜(すずき れい)ちゃん(2つ)お母さん・智美さん

鈴木 怜(すずき れい)ちゃん(2つ)お母さん・智美さん

 好奇心旺盛で人なつっこい怜ちゃん。会う人みんなに愛嬌(あいきょう)を振りまいて、行く先々で抱っこされたり、頭をなでなでされたりして、「かわいいね」といろいろな人にかわいいがられる。

(全文を表示…)

2012年2月15日(水) 22:31 [オリックスキャンプ便り, 特集]

オリックスキャンプ便り⑨ 大引 啓次内野手(27)

フル出場が第一の目標


大引 啓次内野手

大引 啓次内野手

 「毎日、自分の体を限界までいじめ抜く練習をこなし、充実している」と話す。「今シーズンはプレーでチームを引っ張りたい」と副キャプテンとしての決意をにじませた。

(全文を表示…)

2012年2月15日(水) 09:20 [地域・暮らし, 社会・全般]

2個人2団体を表彰/ちゅらうちなー安全推進会議

功労、貢献たたえる


表彰を受けた(前列左から)根間さん、山内代表、松川さん、仲里代表=14日、市役所平良庁舎

表彰を受けた(前列左から)根間さん、山内代表、松川さん、仲里代表=14日、市役所平良庁舎

 「2011年度ちゅらうちなー安全なまちづくり推進会議」(会長・仲井真弘多知事)が7日、県庁で開かれ、功労・貢献のあった個人・団体への表彰で宮古からは2個人、2団体が受賞した。当日、会議に出席できなかった2団体への表彰状伝達式が14日、市役所平良庁舎で行われ、下地敏彦市長から受賞団体代表に賞状が手渡された。

(全文を表示…)

2012年2月15日(水) 09:00 [産業・経済]

宮古代表に平良玄序さん(伊良部)/サトウキビ優良事例

反収19㌧、糖度14・35度/手取り総額42万円


宮古地区代表に選ばれて喜ぶ平良玄序さん=14日、伊良部

宮古地区代表に選ばれて喜ぶ平良玄序さん=14日、伊良部

 県糖業振興協会主催の2011-12年期サトウキビ優良事例調査(競作会)宮古地区全刈り作業が14日、宮古地区代表に選ばれた平良玄序さん(62)=伊良部字仲地=のほ場で実施された。収穫後、宮古製糖伊良部工場で計測した結果、反収19・5㌧、糖度14・35度。トン当たりの手取り価格は約2万1700円で、手取り総額約42万円。最終審査は今月下旬から3月上旬にかけて行われ、表彰式は4月下旬に開催される。伊良部から宮古代表になったのは1989年以来、23年ぶり2人目。

(全文を表示…)

2012年2月15日(水) 09:00 [スポーツ]

岸田、平野両投手が泡盛貯蔵/オリックス

木札に「日本一」記す


岸田(左)、平野両投手が14升壺を貯蔵した=14日、多良川蔵元

岸田(左)、平野両投手が14升壺を貯蔵した=14日、多良川蔵元

 オリックス・バファローズの平野佳寿、岸田護両投手がキャンプ休日の14日、多良川蔵元を訪れ、それぞれが貯蔵酒の14升壺(約25㍑)を同蔵元敷地内の洞窟「ウィピャーウプウス蔵」に貯蔵した。

(全文を表示…)

2012年2月15日(水) 09:00 [地域・暮らし]

池間大橋が開通20周年/島のさらなる発展願う

関係者集い盛大に祝賀会


参加者らは、今後の池間島の発展を祈念し乾杯した=14日、池間島離島振興総合センター

参加者らは、今後の池間島の発展を祈念し乾杯した=14日、池間島離島振興総合センター

 池間大橋開通20周年記念祝賀会(主催・同祝賀会実行委員会)が14日、池間島離島振興総合センターで開かれた。開通当時の下地米一元平良市長、下地敏彦宮古島市長、県宮古事務所の黒島師範所長、池間島の住民などが集い、大橋の二十歳を盛大に祝うとともに池間島のさらなる発展を祈念した。

(全文を表示…)

2012年2月15日(水) 09:00 [政治・行政]

給食食材の産地公表/公立保育所

市ホームページで/市民団体の要請受け


 市児童家庭課では14日から、公立保育所の給食に使用した食材の産地について市ホームページ上での公表をスタート。市民団体の要請に応えての公表で、今後は2週間ごとに公立10保育所での使用食材情報を更新していく。

(全文を表示…)

2012年2月15日(水) 09:00 [産業・経済]

糖度13・5度、品質伸びず/宮糖多良間工場キビ操業1カ月

出荷黒糖の仕上がり良好


操業1カ月を迎えた宮糖多良間工場。約5800㌧のサトウキビを搬入した=14日、多良間村塩川

操業1カ月を迎えた宮糖多良間工場。約5800㌧のサトウキビを搬入した=14日、多良間村塩川

 宮古製糖多良間工場の2011-12年産サトウキビの製糖操業は15日、開始から1カ月を迎えた。13日現在の累計で計5834㌧のサトウキビが搬入され、平均糖度は13・5度。基準糖度(13・2~14・4度)を維持しているが、品質は上がらない状況が続く。ただ、黒糖の品質は「これまでにない良い仕上がり」(仲間時次工場長)としている。

(全文を表示…)