2012年2月18日のニュース一覧

2012年2月18日(土) 23:00 [ニュースウィークリー]

2月12日~2月18日

ニュースウィークリー
2月12日~2月18日


高次脳機能傷害支援方法など学ぶ/障害者支援講演会

 県障害者就労支援ネットワーク強化・充実事業「障害者支援講演会」が11日、県宮古福祉保健所で行われた。名古屋市総合リハビリテーション事業団就労支援課に勤務する稲葉健太郎さんが「高次脳機能傷害者への支え方を学ぼう」の演題で講話。同障害に対する正しい理解と生活面のサポートなどについて紹介した。(2月12日掲載)

(全文を表示…)

2012年2月18日(土) 22:50 [美ぎ島net]

シリーズ 島のくらしと環境<11>

宮古の自然を考えるワークショップ


土壌を再生させる農業を始めた川平さん(下地)

土壌を再生させる農業を始めた川平さん(下地)

 先日、県環境生活部自然保護課によって、宮古の自然を考えるワークショップ(下地公民館)が行われた。約20人の市民が参加して今後、宮古の自然はどうなってほしいか、そのためには何を行えば良いかなどを考えた。この企画は沖縄21世紀ビジョンの中で、生物多様性基本法を自然環境共生型社会の実現に向けて基本計画につなげていこうというもの。

(全文を表示…)

2012年2月18日(土) 22:50 [美ぎ島net]

地域と学校 音楽で一つに/西辺中学校

活かそう!地域の教育力


「リズム deコミュニケーション」で学校と地域が一体となった=2月12日、西辺中体育館

「リズム deコミュニケーション」で学校と地域が一体となった=2月12日、西辺中体育館

 西辺中学校(饒平名和枝校長)は、1999年から地域に根ざしたふるさと教育の推進で「たまうつ先生」を中心にした活動に取り組んでいる。「たまうつ」とは、知恵の分配という島言葉で、地域のお年寄りや知識人から生徒たちに体験を通した講話で知恵を分けようというもの。川上哲也校長時代に考案され今に至っている。2002年からは地域と共に創る音楽活動として「たまうつ音楽祭」も定着し12日、第10回記念たまうつ音楽祭が同校の体育館で開催された。

(全文を表示…)

2012年2月18日(土) 09:00 [政治・行政]

成虫から蛹放飼に変更/ウリミバエ不妊虫

県が再侵入防止で


ウリミバエ放飼用のカゴを前に不妊虫放飼方法の変更内容が説明された=17日、県宮古合同庁舎

ウリミバエ放飼用のカゴを前に不妊虫放飼方法の変更内容が説明された=17日、県宮古合同庁舎

 1987年に宮古圏域での根絶が確認された野生ウリミバエの発生地域からの再侵入防止を目的に、根絶当初から宮古で実施されているウリミバエ不妊虫の放飼方法が、現在の「成虫地上放飼」から「蛹のカゴ放飼」に変更される。県宮古農林水産振興センターの仲宗根盛和所長らが17日、記者会見し説明した。

(全文を表示…)

2012年2月18日(土) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

16団体、34個人に感謝状/宮古島署

警察行政への協力で


感謝状を受賞した団体・個人の皆さん=17日、宮古島警察署

感謝状を受賞した団体・個人の皆さん=17日、宮古島警察署

 宮古島警察署(島袋令署長)で17日、警察行政に協力した16団体と個人34人に感謝状を贈呈する「2012年功労感謝状贈呈式」が行われた。

(全文を表示…)

2012年2月18日(土) 09:00 [スポーツ]

宮古島キャンプ打ち上げ/オリックス1軍

岡田監督「収穫あった」


1軍キャンプを1本締めで打ち上げた=17日、市民球場

1軍キャンプを1本締めで打ち上げた=17日、市民球場

 オリックス・バファローズ1軍が17日、宮古島春季キャンプを打ち上げた。鈴木郁洋選手会長の1本締めで締めくくった。1日から調整を行ってきた野手のT-岡田や大引啓次、投手の比嘉幹貴らは同日午後、練習試合のため沖縄本島に向け宮古島を出発した。岡田彰布監督は宮古島キャンプについて「みんな順調に仕上がった。収穫のあるキャンプだった」と評価した。

(全文を表示…)

2012年2月18日(土) 09:00 [産業・経済]

「宮古島シティ」のみ入札/マリン社ホテル棟売却

保証金4150万円入金/24日の取締役会で決定


公募で売却される予定の宮古島マリンターミナルのホテル棟。1社が入札して買い取りの意思を示した

公募で売却される予定の宮古島マリンターミナルのホテル棟。1社が入札して買い取りの意思を示した

 宮古島市などが出資する第3セクター宮古島マリンターミナル(社長・下地敏彦市長)は17日、同社内でホテル棟売却処分に伴う入札を行った。この結果、宮古島シティーアンドリゾート(西里秀徳社長)1社が入札した。入札保証金4150万円の納金も確認された。マリンターミナル社は今月24日に取締役会を開いて買受人(落札者)を最終決定する。来月上旬には売買契約を締結し、今年度中に残代金の決済と引き渡しを完了する方針だ。

(全文を表示…)

2012年2月18日(土) 09:00 [社会・全般]

宮古でシンポと交流会/日本ウエザリングテストセンター

試験場開設20周年記念で


全国から関係者約80人がシンポジウムに参加し、宮古島試験場の見学も行った=17日、日本ウエザリングテストセンターの宮古島試験場

全国から関係者約80人がシンポジウムに参加し、宮古島試験場の見学も行った=17日、日本ウエザリングテストセンターの宮古島試験場

 日本ウエザリングテストセンター(屋良秀夫会長)の宮古島試験場開設20周年を記念した「ウエザリング技術シンポジウム」が17日、上野字宮国の同試験場で行われた。全国から関係者約80人が参加し、宮古島における取り組み状況を確認するとともに、さらなるデータの蓄積に期待を寄せた。

(全文を表示…)

2012年2月18日(土) 09:00 [地域・暮らし]

五穀豊穣を祈念/踊り奉納 宮古神社で大祭

伊野波宮司が退任


クイチャーで五穀豊穣を祈念した大祭=17日、宮古神社

クイチャーで五穀豊穣を祈念した大祭=17日、宮古神社

 宮古神社の大祭「祈年祭」が17日午前10時から、同神社で行われた。舞踊家たちが、新年を寿ぎ踊りを奉納。大勢の市民が訪れ、五穀豊穣や島の繁栄を祈念した。

(全文を表示…)