「社会・全般」 2012年2月のニュース一覧

2012年2月29日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

迅速救助へ連携確認/宮古空港

航空機事故消火救難訓練


救助班らが重傷の乗客らを搬送した航空機事故消火救難総合訓練=28日、宮古空港

救助班らが重傷の乗客らを搬送した航空機事故消火救難総合訓練=28日、宮古空港

 2011年度年度航空機事故消火救難総合訓練(主催・宮古空港緊急計画連絡協議会)が28日、宮古空港で行われた。総勢166人が本番さながらの訓練を展開。参加した各関係機関が消火・救助・医療活動の連携を再確認した。

(全文を表示…)

2012年2月28日(火) 09:00 [社会・全般]

体操や健康レシピ学ぶ/厚生園で介護予防教室

ボールを使った体操をする参加者たち=26日、宮古厚生園

ボールを使った体操をする参加者たち=26日、宮古厚生園

 宮古厚生園(平良洋治園長)主催の介護予防教室が26日、同園で開かれた。地域住民ら約20人が参加。園職員から筋力を鍛える体操や、健康に良いおやつの調理法などを学んだ。

(全文を表示…)

2012年2月26日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

「考え方で物事は変わる」/産業カウンセリングフォーラム

心の健康づくりで講演会


フォーラムを熱心に聞く参加者=25日、市中央公民館

フォーラムを熱心に聞く参加者=25日、市中央公民館

 産業カウンセリング・フォーラムin宮古島(主催・日本産業カウンセラー協会沖縄支部)が「人生のドラマづくり~こころの筋肉を鍛えよう~」と題して日、市中央公民館で開かれ、同協会の島仲ルミ子副会長が心の健康づくりについて講演した。

(全文を表示…)

2012年2月25日(土) 09:00 [社会・全般]

災害時の開示方法で要望/個人情報保護法

下地さんが市長に


災害時における障害者の安全確保のために個人情報の取り扱いについて対応の検討をするよう呼び掛ける下地さん(奥左)=23日、市役所平良庁舎

災害時における障害者の安全確保のために個人情報の取り扱いについて対応の検討をするよう呼び掛ける下地さん(奥左)=23日、市役所平良庁舎

 就労移行支援事業所「くこりもや」の下地克子所長は23日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、災害時に障害者の安否情報などを確認する上で、個人情報保護法の情報開示のあり方を宮古島市としても事前に検討し、対策を練るよう呼び掛けた。

(全文を表示…)

2012年2月25日(土) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

施策案などで意見交わす/高齢者福祉計画・介護保険事業計画

新たな計画の施策案などについて意見を交わす委員たち=24日、市役所平良庁舎

新たな計画の施策案などについて意見を交わす委員たち=24日、市役所平良庁舎

 宮古島市高齢者福祉計画並びに第5期介護保険事業計画の第4回策定委員会(委員長・仲宗根正宮古福祉保健所長)が24日、市役所平良庁舎で開かれた。委員は2012年度から新たに始まる計画の基本的な考え方や施策案について意見を交わした。

(全文を表示…)

2012年2月24日(金) 09:00 [教育・文化, 社会・全般]

松川、下地さんの活動評価/厚労大臣から感謝状伝達

下地市長(中央)から厚生労働大臣感謝状の伝達を受けた松川さん(左から2人目)と下地さん(同4人目)=23日、市役所平良庁舎

下地市長(中央)から厚生労働大臣感謝状の伝達を受けた松川さん(左から2人目)と下地さん(同4人目)=23日、市役所平良庁舎

 6年以上にわたり民生委員・児童委員を務めたとして、松川盛榮さん(担当地区・城辺吉野地区)と下地克子さん(同・平良狩俣地区)に対する厚生労働大臣感謝状伝達式が23日、市役所平良庁舎で行われ、下地敏彦市長から2人に感謝状が伝達された。

(全文を表示…)

2012年2月24日(金) 09:00 [地域・暮らし, 未分類, 社会・全般]

宮古馬ベビーラッシュ/今年3頭目、総数最高34頭に

22日未明に誕生した子馬(左)。飼い主の荷川取さんに抱かれながら母馬とじゃれ合う=23日、宮古馬ふれあい広場(市熱帯植物園内)

22日未明に誕生した子馬(左)。飼い主の荷川取さんに抱かれながら母馬とじゃれ合う=23日、宮古馬ふれあい広場(市熱帯植物園内)

 宮古島市熱帯植物園にある宮古馬ふれあい広場で23日午前、雌の宮古馬1頭が誕生した。島内では今年3頭目の誕生で1985年に本格的な増頭計画が開始されて以来、最高の34頭に達した。北海道十勝牧場で飼育されている宮古馬を合わせると38頭。宮古馬は今後4月にかけて6~7頭産まれる予定で年度内にも40頭に到達する可能性がある。




(全文を表示…)

2012年2月24日(金) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

建物建設工事に入る/新宮古病院

大型クレーン使い急ピッチ


建物建築工事が着々と進められている=23日、新宮古病院建築現場(旧宮古農林高校グランド跡地)

建物建築工事が着々と進められている=23日、新宮古病院建築現場(旧宮古農林高校グランド跡地)

 昨年5月に起工式が行われた新宮古病院の建設工事は、先月中旬までに基礎工事が終わり現在、建物建設工事に入っている。工事現場に100人以上、現場事務所に30人が働く。建物、電気、空調、衛生施設の工事は今年11月末までに終わり、屋外の整備を経て、来年5月の開院を予定している。


 工事現場には、大きなクレーンが立ち、鉄筋や型枠材をつり上げて、必要な所に降ろしている。アームの最大高さが97㍍、73㍍の高さまで巻き上げる能力を持つ。新病院は6階建てで、最も高い所が33㍍。同クレーンは、余裕をもって建築資材を高所に運べるという。



 現在の宮古病院は駐車スペースが狭く、本館と管理棟は築30年以上、新館と精神科病棟も約25年が経過している。新病院は、そうした長年の課題解決や地域医療の充実を目的に建設する。駐車スペースは350台分を確保し、現在の240台より110台分広くする。総事業費は、約68億円。うち建物や電気、空調、衛生施設を合わせた工事費は約58億円を見込む。敷地面積が、2万3040平方㍍。建築面積6183平方㍍、延床面積が受水槽などの付属棟含め2万409平方㍍。建物は、耐震構造の設計になっている。



 診療科は20科目で、合計病床数は277床を予定。院内は、低層部(1、2階)が外来・中央診療ブロック、高層部(3階以上)が病棟と、二つの部分から構成される。
 1階には外来診察室や放射線検査室、救急などのほか、市夜間診療所も設置される。55の個室を新設。NICU(新生児特定集中治療室)は、現在の8床を10床に増やす。

(全文を表示…)

2012年2月22日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

「環境と子どもと脳」で講演/脳科学者・茂木さん

島外体験勧める


講演を熱心に聞く参加者ら=21日、市中央公民館

講演を熱心に聞く参加者ら=21日、市中央公民館

 脳科学者・茂木健一郎さんの「茂木塾in宮古島『環境と子どもと脳』」と題した講演が20日夜、市中央公民館で開催された。茂木さんは「環境は子どもに大きな影響がある。生まれるまでは子どもにとって母親の胎内が環境の全てであり、4歳ごろから別の人を認識し、母親を客観的に見始める」と述べた。環境も同様で一度離れることによって客観的に見ることができ、その良さが分かると指摘した。

(全文を表示…)

2012年2月21日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

宮古病院に感謝状/8000回空輸謝恩会

離島の急患搬送に貢献


宮古病院を代表して安谷屋院長(右)が感謝状を受け取った=17日、自治会館

宮古病院を代表して安谷屋院長(右)が感謝状を受け取った=17日、自治会館

 【那覇支社】緊急患者8000回空輸謝恩会(主催・県離島振興協議会、鹿児島県市町村総合事務組合)が17日、那覇市の自治会館で開かれ、離島の急患搬送に貢献のあった陸上自衛隊第15旅団第15飛行隊と同搬送協力9病院、那覇市消防本部に感謝状が贈られた。宮古病院を代表して安谷屋正明病院長が感謝状を受け取った。


 同謝恩会は、沖縄、鹿児島の離島からの自衛隊機による急患空輸が8000回を超えたことに伴い、県離島振興協議会(会長・外間守吉与那国町長)が主体となって開いたもの。


 自衛隊、消防のほか、添乗当番病院として協力貢献のあった9病院に感謝状が贈られた。同病院は離島の救急患者要請に昼夜を問わず輪番体制で対応し、離島住民の人命救助と民生安定に尽力した功績が高く評価された。

2012年2月19日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

小禄・豊見城補導員と合同パト/宮古島地区少年補導員協

研修会で意見交換も


小禄・豊見城地区の少年補導員たちと合同で行われたパトロール=18日、西里通り

小禄・豊見城地区の少年補導員たちと合同で行われたパトロール=18日、西里通り

 宮古島地区少年補導員協議会(與那覇敏一会長)と小禄・豊見城地区少年補導員協議会(狩俣稔会長)の合同パトロールおよび研修会が18日に行われ、パトロールは市街地を2班に分かれて実施した。

(全文を表示…)

2012年2月19日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

トマトジュース消える/市内スーパー

メタボ予防報道受け


陳列棚からトマトジュースが消えた=18日、市内のスーパー

陳列棚からトマトジュースが消えた=18日、市内のスーパー

 「トマト、メタボ予防に効果」などとの報道を受け、市内のスーパーからもトマトジュースが消えた。報道は今月11日にあり、あるスーパーでは同日中に在庫が底を突いたという。店員らは「健康づくりに対する、市民の関心の高さの表れ」と話していた。

(全文を表示…)

2012年2月18日(土) 09:00 [社会・全般]

宮古でシンポと交流会/日本ウエザリングテストセンター

試験場開設20周年記念で


全国から関係者約80人がシンポジウムに参加し、宮古島試験場の見学も行った=17日、日本ウエザリングテストセンターの宮古島試験場

全国から関係者約80人がシンポジウムに参加し、宮古島試験場の見学も行った=17日、日本ウエザリングテストセンターの宮古島試験場

 日本ウエザリングテストセンター(屋良秀夫会長)の宮古島試験場開設20周年を記念した「ウエザリング技術シンポジウム」が17日、上野字宮国の同試験場で行われた。全国から関係者約80人が参加し、宮古島における取り組み状況を確認するとともに、さらなるデータの蓄積に期待を寄せた。

(全文を表示…)

2012年2月17日(金) 09:00 [社会・全般]

永年優良90人を表彰/商工会議所

奥間さん(宮古港運)勤続40年/「圏域振興に尽力」と期待


下地会頭(左)が優秀な従業員一人一人に表彰状を手渡した=16日、ホテルアトールエメラルド宮古島

下地会頭(左)が優秀な従業員一人一人に表彰状を手渡した=16日、ホテルアトールエメラルド宮古島

 宮古島商工会議所(下地義治会頭)の第37回会員大会が16日、市内のホテルで開かれ、永年勤続優良従業員表彰式が行われた。下地会頭が、奥間春美さん(勤続年数40年1カ月、宮古港運)ら90人に表彰状を贈り功績をたたえた。表彰状を手にした全員が栄誉ある賞に晴れ晴れとした表情を見せていた。会場から大きな拍手が送られた。

(全文を表示…)

2012年2月17日(金) 09:00 [社会・全般]

確定申告がスタート/宮古島税務署

初日103人が手続き


申告者は職員の助言を受けながら書類を作成=16日、宮古島税務署

申告者は職員の助言を受けながら書類を作成=16日、宮古島税務署

 2011年度分所得税の確定申告受け付けが16日から始まった。宮古島税務署には初日に103人が訪れ、手続きを行った。期間は3月15日まで。同税務署では、締め切り間際は混み合うことから余裕を持っての申告と、パソコンを使った国税電子申告・納税システム(e-Tax)の活用を呼び掛ける。

(全文を表示…)

2012年2月16日(木) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

収益金を社協に贈呈/福祉資金協力チャリティー

活動費に役立てて


川満会長(右から2人目)に目録を手渡す与那覇委員長(左)=15日、平良老人福祉センター

川満会長(右から2人目)に目録を手渡す与那覇委員長(左)=15日、平良老人福祉センター

 1月15日にマティダ市民劇場で行われた「第15回宮古島市社会福祉資金協力 芸能チャリティー公演」(主催・同実行委員会、市社会福祉協議会)の収益金贈呈式が15日、平良老人福祉センターで行われた。実行委員会の与那覇寛仁委員長から収益金56万4000円の目録が社会福祉協議会の川満省三会長に贈られた。

(全文を表示…)

2012年2月16日(木) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

振り込め詐欺に注意を/宮古島署など

年金支給日に呼び掛け


振り込め詐欺防止のチラシを配布する参加者ら=15日、琉球銀行宮古支店前

振り込め詐欺防止のチラシを配布する参加者ら=15日、琉球銀行宮古支店前

 今年に入ってから初めての年金支給日となった15日、宮古島署(島袋令署長)と宮古島地区防犯協会(前川尚誼会長)などは琉球銀行宮古支店、沖縄銀行宮古支店、海邦銀行宮古支店、宮古郵便局で振り込め詐欺防止を呼び掛けるチラシを配布した。宮古では、昨年は振り込め詐欺はなかった。

(全文を表示…)

2012年2月15日(水) 09:20 [地域・暮らし, 社会・全般]

2個人2団体を表彰/ちゅらうちなー安全推進会議

功労、貢献たたえる


表彰を受けた(前列左から)根間さん、山内代表、松川さん、仲里代表=14日、市役所平良庁舎

表彰を受けた(前列左から)根間さん、山内代表、松川さん、仲里代表=14日、市役所平良庁舎

 「2011年度ちゅらうちなー安全なまちづくり推進会議」(会長・仲井真弘多知事)が7日、県庁で開かれ、功労・貢献のあった個人・団体への表彰で宮古からは2個人、2団体が受賞した。当日、会議に出席できなかった2団体への表彰状伝達式が14日、市役所平良庁舎で行われ、下地敏彦市長から受賞団体代表に賞状が手渡された。

(全文を表示…)

2012年2月12日(日) 09:00 [社会・全般]

脳機能障害者支援など学ぶ

就労強化充実事業/稲葉氏が講話


講話に聞き入る参加者たち=11日、県宮古福祉保健所

講話に聞き入る参加者たち=11日、県宮古福祉保健所

 県障害者就労支援ネットワーク強化・充実事業「障害者支援講演会」(主催・みやこ福祉会)が11日、県宮古福祉保健所で行われた。名古屋市総合リハビリテーション事業団就労支援課に勤務する稲葉健太郎さんが「高次脳機能障害者への支え方を学ぼう」の演題で講話。同障害に対する正しい理解と生活面のサポートなどについて紹介した。

(全文を表示…)

2012年2月11日(土) 09:00 [社会・全般]

みやこ福祉会にトラック導入/競輪補助事業

利用者大喜び


競輪補助事業により新しいトラックが導入され喜ぶ利用者たち=平良字下里のみやこ学園

競輪補助事業により新しいトラックが導入され喜ぶ利用者たち=平良字下里のみやこ学園

 財団法人JKA(競輪補助事業)でこのほど、社会福祉法人みやこ福祉会(伊志嶺博司理事長)に新しいトラックが導入された。

(全文を表示…)

2012年2月11日(土) 09:00 [社会・全般]

銀行の財務診断など学ぶ/会計セミナー&相談会

神谷さん(中小企業診断士)が講話


セミナーには50人余りの企業経営者らが出席した=10日、平良港ターミナルビル

セミナーには50人余りの企業経営者らが出席した=10日、平良港ターミナルビル

 中小企業の経営者や企業の総務・財務担当者を対象にした「会計セミナー&経営ワンストップ相談会」(主催・宮古島商工会議所、独立行政法人中小企業基盤整備機構)の講演会と相談会が10日、平良港ターミナルビルで催された。中小企業診断士で中小機構沖縄で事業継承コーディネーターを務める神谷繁さんが「銀行から見た決算書の読み方、使い方」と題して講演した。同セミナーには50人余りの企業経営者らが出席した。

(全文を表示…)

2012年2月10日(金) 09:00 [社会・全般]

最多は債務整理110件/法テラス宮古島事務所11年相談

刑事は窃盗、道交法違反多い


 日本司法支援センター・法テラス宮古島法律事務所(所長・新畑康弁護士)の2011年の民事と刑事を合わせた相談件数は、495件となった。内訳は民事が448件、刑事が47件。民事では家事や債務整理に関する相談が多い。刑事は窃盗と道交法違反が半数以上を占めた。弁護士が法的トラブル解決の依頼を受け入れた受任件数は176件で、民事が129件(73・3%)、刑事が47件(26・7%)だった。

(全文を表示…)

2012年2月10日(金) 09:00 [社会・全般]

JALが下地島から撤退

県、賠償求め民事調停へ


JALの訓練機=下地島空港(資料写真)

JALの訓練機=下地島空港(資料写真)

 【那覇支社】日本航空(JAL)は7日、下地島空港での同グループ航空会社の訓練を全て取り止め、これまで拠出していた同空港維持管理費の同社負担分、年間約2億3000万円を支払わないことを県に文書で伝えた。県は同社を民事調停に申し立てる方針で、申し立てに関する議案を15日開会の県議会2月定例会に提出する。

(全文を表示…)

2012年2月9日(木) 09:00 [社会・全般]

震災起因の状況把握へ/海岸漂着物で対策地域協

新年度事業実施計画案の説明や漂着物の回収処理に係る調査報告などが行われた第3回協議会=8日、ホテルアトールエメラルド宮古島

新年度事業実施計画案の説明や漂着物の回収処理に係る調査報告などが行われた第3回協議会=8日、ホテルアトールエメラルド宮古島

 2011年度第3回県海岸漂着物対策推進宮古諸島地域協議会が8日、市内のホテルで開かれた。来年度の県海岸漂着物対策事業実施計画案などついて協議され、同案では東日本大震災に起因すると思われる海岸漂着物の漂着状況把握などに取り組むことなどが確認された。同協議は9日に八重山でも行われ意見を集約し、3月末の県海岸漂着物対策推進協議会で同案などを最終決定する。

(全文を表示…)

2012年2月9日(木) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

平和な社会に連携を/暴力団排除条例説明会

市と宮古島署が開催


安全、安心な社会づくりを目指して開催された暴力団排除条例説明会=8日、市中央公民館

安全、安心な社会づくりを目指して開催された暴力団排除条例説明会=8日、市中央公民館

 宮古島市と宮古島警察署は8日、市中央公民館でホテルやゴルフ場などの施設を対象にした暴力団排除条例説明会を開催し、市民の生活活動に暴力団が入り込まない安全で安心な社会づくりを行政、警察、民間が一体となって取り組むことなどを呼び掛けた。

(全文を表示…)

2012年2月7日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

きょうジュウルクニツ/カマボコ店も大忙し

一族そろって墓参りへ


ジュウルクニツを前日に控え大忙しとなったカマボコ製造事業所=6日、平良下里

ジュウルクニツを前日に控え大忙しとなったカマボコ製造事業所=6日、平良下里

 きょう旧暦の1月16日(新暦2月7日)は、あの世の正月とされるジュウルクニツ。一大行事を前にした6日、定番食品の紅白カマボコを製造する事業所は大忙しとなった。スーパーは、料理の材料を買い出す客で混雑した。ジュウルクニツは一族がそろって午後から墓参りをする習わし。小、中、高校は午後から授業を休む。市役所の職員は、午前と午後に分けて出勤する。

(全文を表示…)

2012年2月7日(火) 09:00 [社会・全般]

被告側、口頭弁論に姿現さず/アトール前事故賠償請求訴訟

次回欠席の場合は結審


 2008年にホテルアトールエメラルド宮古島前で軽自動車と2人乗りオートバイが衝突した死亡事故に関する損害賠償請求訴訟の第1回口頭弁論が6日、那覇地方裁判所平良支部で開かれた。しかし、被告側は誰も法定に姿を現さずこの日は原告側に対する陳述書の提出期限や次回以降の日程について確認。次回は3月19日に弁論準備手続きを行い、そのときも被告側が今回と同じように法廷に現れない場合は結審することとなり後日、判決言い渡しとなる。

(全文を表示…)

2012年2月1日(水) 09:00 [社会・全般]

災害時応急対策で連携/土木事務所と建設業協宮古支部

細目協定書を締結



災害時の応急対策に関する細目協定書を締結した(左から)伊敷所長、豊見山支部長、平良所長=31日、宮古土木事務所

災害時の応急対策に関する細目協定書を締結した(左から)伊敷所長、豊見山支部長、平良所長=31日、宮古土木事務所

 県宮古土木事務所と下地島空港管理事務所は31日午後、県建設業協会宮古支部と災害時の応急対策に関する細目協定書を締結した。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成29年2月1日現在

    宮古島市 54,102 人
    26,994 人
    27,108人
    世帯数 25,898軒
    多良間村 1,189 人
    640 人
    549 人
    世帯数 530 軒
  • 天気


  •  

    2012年2月
    « 1月   3月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2