2012年3月3日のニュース一覧

2012年3月3日(土) 22:52 [ニュースウィークリー]

2月26日~3月3日

ニュースウィークリー
2月26日~3月3日


宮古島市に11億5000万円/一括交付金

 沖縄振興一括交付金(仮称)のソフト分野で交付される「沖縄振興特別推進交付金(仮称)」の割り当て額が25日、沖縄振興市町村協議会で決定した。宮古島市へは11億5000万円、多良間村には2億7000万円を配分することを決めた。(2月26日掲載)


東10年ぶり優勝、下地連覇ならず/第30回小学駅伝

 第30回全宮古小学校駅伝競走大会は25日、市陸上競技場を発着のコースで行われ、東Aが10年ぶり2度目の優勝を飾った。連覇を狙った下地は2位、3位は南Aだった。前回タイムを約7分縮めた池間が躍進賞に輝いた。(2月26日掲載)


921人が自然を満喫/伊良部島マラソン

 第13回ロマン海道・伊良部島マラソンが26日、同島と下地島で開催された。4コースに計921人が出場し28日掲載)


イモ計画本格始動、6次産業化目指す/甘藷推進協発足

 宮古島産甘藷(プロジェクト推進協議会が27日、発足した。行政、かんしょ研究会、観光業、菓子店、経済界の代表らが委員に委嘱され、会長には万国医療津梁促進事業事務局プロジェクトマネージャーの洲鎌孝さんが就いた。(2月28日掲載)


事業化に向け課題など確認/低炭素型自転車活用協

 低炭素型自転車活用協議会の第3回会合が28日、市役所平良庁舎で開かれた。昨年10月から行われてきた自転車の利用促進に向けた社会実験終了を踏まえ、次年度以降の取り組みについて確認した。宮古島市では、今回の実験で得られたデータや結果、協議会で出た意見等を踏まえた自転車利用促進のガイドラインを作成し、新規参入者に提供する。(2月29日掲載)


南国の魚、木や花を巧みに表現/トライポスター決定

 4月15日開催の第28回全日本トライアスロン宮古島大会の公式ポスターが決まり、28日午前、大会長の下地敏彦市長、選考委員会の宮里敏彦委員長らが発表した=写真。見方を変えると南国の魚や木、花が浮かび上がる工夫を凝らしたデザインで、東京都の黒坂秀行さん(39)=たき工房=が制作した。(2月29日掲載)


新年度予算案など計55議案上程へ/市議会議案説明会

 宮古島市は2月29日、市議会全員協議会で、2012年度一般会計当初予算案など3月定例会に提出する55議案の説明を行った。一般会計当初予算案の総額は前年度比18億2600万円増の345億600万円。(3月1日掲載)


出場者募集開始、ギネスに申請も/ビーチバレー実行委

 第13回ビーチバレー宮古島大会の出場者募集会見が2月29日、市平良庁舎であった。募集は3月1日から4月30日まで。大会は5月19、20の両日に与那覇前浜ビーチで開催される。今大会は競技のほか、コートを横一列に並べ、その距離をギネスに登録申請した。(3月1日掲載)


県営広域公園整備実行前提に進める/県議会2月定例会

 県議会の2月定例会は1日、一般質問最終日を迎え、与党2会派7人と無所属1人が質問に立った。宮古島市区選出の座喜味一幸氏(自民)は、宮古島の県営公園整備に関連し、実施計画と建設までのスケジュールについて質問した。再質問で仲井真知事が答弁し、「総合運動公園」の整備の方針について、防災公園としての機能強化の必要性も踏まえ「実行することを前提に検討する」と明言した。(3月2日掲載)


565人が新たな門出/4高校で卒業式

 宮古地区の4高校で1日、2011年度の卒業式が行われた。4高校の卒業生は合わせて565人(男子293人、女子372人)。卒業証書を受け取った卒業生らは恩師や後輩、父母らの祝福を受け、通い慣れた学びやを後にした。(3月2日掲載)


下地島空港利活用、国際線の受け入れ/下地市長ら要請

 下地島空港の利活用について下地敏彦市長は2日、県庁で仲井真弘多知事に、同空港を国際空港として活用することなどを含む要請書を提出し、国際線受け入れの整備に着手するよう求めた。要請には下地義治宮古島商工会議所会頭、豊見山健児宮古島観光協会会長と宮古島市区選出、出身の4県議らが同行した。要請を受けた仲井真知事は一定の理解を示した。(3月3日掲載)


長濱真理奈さん商業検定で7冠/宮総実3年

 宮古総合実業高校の長濱真理奈さん(商業科3年)が、全国商業高等学校協会の1級検定試験で7種目に合格し、同協会から表彰を受けた。7冠は以前商業科があった宮高時代を含めても過去最高という。長濱さんは1日、同校で表彰を報告した。(3月3日掲載)

2012年3月3日(土) 09:00 [教育・文化]

絵と作文の交流継続を

日韓女性親善協が教育長を訪問


川満弘志教育長(左から5人目)を訪問し日韓芸術交流の発展を求めた女性親善協会の皆さん=2日、市役所城辺庁舎

川満弘志教育長(左から5人目)を訪問し日韓芸術交流の発展を求めた女性親善協会の皆さん=2日、市役所城辺庁舎

 日韓女性親善協会のメンバー8人が2日、宮古島市役所城辺庁舎に川満弘志教育長を訪ね、宮古島と韓国で暮らす子どもたちの絵画や作文による日韓文化交流の継続と発展を求めた。

(全文を表示…)

2012年3月3日(土) 09:00 [地域・暮らし]

桃の花きれいだね/きょう「ひな祭り」

JTAが保育園などに届ける


大城所長(奥右)から桃の花のプレゼントを受ける園児たち=2日、ひばり保育園

大城所長(奥右)から桃の花のプレゼントを受ける園児たち=2日、ひばり保育園

 きょう3日はひな祭り-。日本トランスオーシャン航空(JTA)宮古支社宮古営業所は2日、「桃の節句」(3日)にちなみ、岡山県西大寺観光協会から贈られた桃の花を、市内の事業所や関係各所に配布した。そのうち、ひばり保育園(下地宏幸園長)に桃の花が届けられると、園児たちは大喜びで、感謝の気持ちを込めて歌や踊りを披露した。

(全文を表示…)

2012年3月3日(土) 09:00 [教育・文化]

177人が職業観養う/11年度ジョブシャドウイング

65事業所が協力


今年度のジョブシャドウイング事業について意見を交わすメンバーたち=2日、市役所平良庁舎

今年度のジョブシャドウイング事業について意見を交わすメンバーたち=2日、市役所平良庁舎

 第2回宮古島市グッジョブ連携協議会(会長・長濱政治副市長)が2日、市役所平良庁舎で開かれた。協議会メンバーらは2011年度に平良第一、鏡原、狩俣の3小学校と鏡原中学校の計4校で行われたジョブシャドウイングの取り組み実績を確認し、成果や課題について意見を交わした。


(全文を表示…)

2012年3月3日(土) 09:00 [教育・文化]

快挙 長濱真理奈さん/宮総実

3年間で7種目に合格


7種目で1級に合格した長濱さん(中央)=1日、宮古総合実業高校

7種目で1級に合格した長濱さん(中央)=1日、宮古総合実業高校

 宮古総合実業高校を1日に卒業した長濱真理奈さん(商業科)が、全国商業高等学校協会主催の1級検定試験で7種目に合格し、同協会から表彰を受けた。7冠は以前商業科があった宮高時代を含めても過去最高という。長濱さんは1日、同校で表彰を報告し「うれしいです。取れるだけ取りたいと思っていた。充実した3年間だった」と笑顔で話した。

(全文を表示…)

2012年3月3日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

沖糖宮古工場が全国表彰

交通安全活動の取り組み評価


沖糖宮古工場の砂川専務(左から2人目)に表彰状が伝達された=2日、宮古島署

沖糖宮古工場の砂川専務(左から2人目)に表彰状が伝達された=2日、宮古島署

 全日本交通安全協会会長表彰を受けた沖縄製糖宮古工場に対する表彰伝達式が2日、宮古島警察署で行われ、同工場の砂川玄悠専務に宮古地区交通安全協会の新里孝行副会長から表彰状が伝達された。

(全文を表示…)

2012年3月3日(土) 09:00 [政治・行政]

下地島空港に国際線整備を/下地市長ら知事に要請

JAL訓練撤退後の活用で


仲井真知事(右から4人目)に下地島の国際化活用の要請書を提出した下地市長(同5人目)=2日、県庁知事応接室

仲井真知事(右から4人目)に下地島の国際化活用の要請書を提出した下地市長(同5人目)=2日、県庁知事応接室

 【那覇支社】下地島空港の今後の利活用について下地敏彦市長は2日、県庁に仲井真弘多知事を訪ね、同空港を国際空港として活用することなどを含む要請書を提出し、国際線受け入れの整備に着手するよう求めた。要請には下地義治宮古島商工会議所会頭、豊見山健児宮古島観光協会会長と宮古島市区選出、出身の4県議らが同行した。要請を受けた仲井真知事は同空港の地理的条件や、来年3月開港予定の新石垣空港と連携できることで、「良い国際空港になる可能性がある」と述べ、同要請に対し一定の理解を示した。

(全文を表示…)