2012年3月27日のニュース一覧

2012年3月27日(火) 09:00 [教育・文化]

宮古上布の発展誓う/織物協同組合

総務大臣賞、産業大賞受賞祝う


宮古上布に携わる関係者が出席し総務大臣賞受賞と下地さんの伝統的工芸品産業大賞の受賞を祝った祝賀会=24日、ホテルニュー丸勝

宮古上布に携わる関係者が出席し総務大臣賞受賞と下地さんの伝統的工芸品産業大賞の受賞を祝った祝賀会=24日、ホテルニュー丸勝

 宮古織物事業協同組合(理事長・長濱政治副市長)は24日、地域づくり総務大臣賞受賞と下地ミツさん(97)の伝統的工芸品産業大賞(作り手部門功労賞)の受賞祝賀会を市内ホテルで開催した。組合員や県、市の幹部らが出席。二つの受賞を喜ぶとともに宮古上布を振興、発展させていくため人材育成や生産量の拡大などに連携して取り組んでいくことを再確認した。

(全文を表示…)

2012年3月27日(火) 09:00 [地域・暮らし]

海開き向け前浜清掃/宮古島観光協

「東洋一」アピールへ


ボランティアらが参加して行われたビーチクリーンアップ活動=25日、与那覇前浜ビーチ

ボランティアらが参加して行われたビーチクリーンアップ活動=25日、与那覇前浜ビーチ

 与那覇前浜ビーチクリーンアップ活動(主催・宮古島観光協会)が25日、ボランティア約150人が参加して行われた。与那覇前浜の桟橋から北に約1㌔の砂浜のごみを拾い、ビーチを清掃した。収集したごみの量はボランティア用ごみ袋(大)で約60袋。

(全文を表示…)

2012年3月27日(火) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

PAC3宮古に配備/北朝鮮ミサイル迎撃

防衛省が市長に説明/市、対策本部を設置へ


下地市長に説明を終え退室する防衛省の職員=26日、市平良庁舎

下地市長に説明を終え退室する防衛省の職員=26日、市平良庁舎

 防衛省は26日、北朝鮮による長距離弾道ミサイルが先島諸島およびその近海に落下する事態に備え、宮古島市に地対空誘導弾パトリオットミサイル(PAC3)を配備する方針を下地敏彦市長に伝えた。同省国民保護・災害対策室の町田一仁室長が市長に直接伝えた。配備先は上野野原の航空自衛隊宮古島分屯基地で、今月末までに田中直紀防衛相が「破壊措置命令」を発令し、同分屯基地での迎撃態勢を整える。市は防衛相の発令を受けた後、「国民保護法」に基づいて対策本部を設置する。同日、防衛省は県に対してもPAC3配備手続きのための説明を行った。

(全文を表示…)

2012年3月27日(火) 09:00 [政治・行政]

目的外使用の可能性/トロピカルフルーツパーク

市、変更届けせず/一般質問で長崎氏が指摘


 上野トロピカルフルーツパーク内の「生産物直売食材供給施設」が国の補助事業で建設され、その使用目的が決められているにもかかわらず同施設を賃貸借していたパラダイスプランが昨年、菓子工場としての利用変更し、それを承認した市が県に対して利用計画の変更の届け出を行っていなかったことが26日までに分かった。開会中の市議会一般質問で長崎富夫市議が菓子工場としての利用は目的外使用にあたるとして、当局の見解をただした。

(全文を表示…)

2012年3月27日(火) 09:00 [政治・行政]

9割が平良に集中/待機児童

市議会一般質問で明らかに


 宮古島市の待機児童数は2月末現在、150人いて、そのうち約9割、133人が平良地区に集中、約7割、109人は民間法人保育所入所を希望し待機児童となっていることが分かった。開会中の宮古島市議会3月定例会一般質問で26日、国仲清正福祉保健部長が新城元吉氏からの質問に対し答えた。

(全文を表示…)

2012年3月27日(火) 09:00 [地域・暮らし]

「あたらかシーサー」を序幕/宮古空港

牛山さん「幸せな制作活動だった」


牛山さんの「あたらかシーサー」が完成し除幕式が行われた=26日、宮古空港

牛山さんの「あたらかシーサー」が完成し除幕式が行われた=26日、宮古空港

 造形美術家の牛山リコさんが2年4カ月の歳月を掛けて制作した琉球漆喰と琉球赤瓦、宮古島の貝などを材料としたシーサーが完成し26日、宮古空港で関係者が集い除幕式が行われた。宮古方言で「大切な、もったいない」という意味の「あたらかシーサー」と命名された。

(全文を表示…)