2012年3月28日のニュース一覧

2012年3月28日(水) 23:31 [ペン遊・ペン楽]

直なる心/近角 敏通

2012.3.29 ペン遊ペン楽

 

 「直なる心は明けく輝く心ぞ」(『宮古史伝』11頁 慶世村恒任著)風水のよい地に天の岩柱が投げられ成った宮古島に、人の世を建てる命を受けた古意角の神が天下るとき、行く手に立ち塞がる鬼共に言い放った言葉である。神は鬼共を護衛の神共が力で征伐することも「悪」とした。と、鬼共は、神の心をあらわしたので、「皆うごなわり(集まり)て天下りましました」とある。宮古島の元々に、明るく輝く直なる心があることは、誠にありがたいことである。その心を自然の内に、人の内に、食の内に感じてきた14年間であった。

(全文を表示…)

2012年3月28日(水) 23:03 [行雲流水]

「修学旅行」(行雲流水)

 宮古地区の高校で「修学旅行」という言葉を耳にすることはほとんどない。修学旅行の修学は言葉どおり学を修めることで修学旅行は宿泊を伴う遠隔地においてその地の文化や歴史や風習等を見学研修する旅行と解釈されている

(全文を表示…)

2012年3月28日(水) 09:00 [政治・行政]

介護保険料引き上げ可決/市議会3月定例会が閉会

一般会計予算 346億円も


介護保険条例の一部改正条例について挙手による採決を行う市議会3月定例会最終本会議=27日、市議会議場

介護保険条例の一部改正条例について挙手による採決を行う市議会3月定例会最終本会議=27日、市議会議場

 宮古島市議会(平良隆議長)3月定例会は27日、最終本会議を開いた。市町村合併後最大規模となる総額345億600万円の2012年度一般会計予算案や、継続審査となっていた景観条例など、市当局から提案された全議案を可決した。保険料を現行から約1・3倍に引き上げる介護保険条例の一部改正条例など4議案については賛否が分かれたことから挙手による採決が行われたが、いずれも賛成多数で可決した。

(全文を表示…)

2012年3月28日(水) 09:00 [産業・経済]

航空運賃4割減へ/宮古―石垣

「交通コスト負担軽減」来月開始


交通コスト負担軽減事業について説明する古堅宗和企画政策部長(左から3人目)ら=27日、市役所平良庁舎

交通コスト負担軽減事業について説明する古堅宗和企画政策部長(左から3人目)ら=27日、市役所平良庁舎

 離島の航空路と航路の交通コストを低減する「沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業」が4月1日からスタートする。宮古地区で対象路線となる宮古―石垣の航空運賃は、現行の片道8200円(離島割引運賃)から約4割減の4900円になる。多良間―宮古の航空路や航路もそれぞれ軽減される。同事業および現行の離島割引の適用を受ける場合でも、現行の離島割引カードを「県離島住民割引運賃カード」(離島住民カード)に切り替える必要がある。現行の離島割引カードは4月1日以降使用することができない。

(全文を表示…)

2012年3月28日(水) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 社会・全般]

56カ所の電柱に海抜表示/市が津波対策で

「日ごろから確認を」


海抜表示を設置する下地市長(右)と安谷屋政秀総務部長=27日、平良港第2埠頭入り口交差点

海抜表示を設置する下地市長(右)と安谷屋政秀総務部長=27日、平良港第2埠頭入り口交差点

 宮古島市は27日、平良港第2埠頭入り口交差点の信号機支柱に海抜表示を設置した。この地点の海抜は2㍍。市は海岸沿いなどを中心に56カ所に海抜表示を設置する。設置完了は28日の予定。12年度はさらに69カ所の設置を予定している。

(全文を表示…)

2012年3月28日(水) 09:00 [地域・暮らし]

花いっぱいの観光地に/西平安名崎

狩俣住民と子どもたちが植樹


「大きく育ってね」。植え付け作業を行う子どもたち=27日、平良狩俣の西平安名崎公園

「大きく育ってね」。植え付け作業を行う子どもたち=27日、平良狩俣の西平安名崎公園

 「んみゃーち!あぱらぎ西平安名崎緑化運動」(主催・狩俣ボランティアクリーンアップ21)が27日、平良狩俣の西平安名崎公園で行われた。狩俣地区の住民で構成する同団体のメンバーと狩俣小学校の子どもたちがハイビスカスやブーゲンビレアなど花木の苗約1600本を植え付け、地域の緑化推進に貢献した。

(全文を表示…)

2012年3月28日(水) 09:00 [政治・行政]

危機管理対策本部を設置/市、北朝鮮ミサイル発射で

危機管理対策本部を設置し各部局長に説明を行う下地市長=27日、市長室

危機管理対策本部を設置し各部局長に説明を行う下地市長=27日、市長室

 宮古島市は27日、北朝鮮による長距離弾道ミサイル発射に伴う対策として、市役所平良庁舎に危機管理対策本部を設置した。本部長に就いた下地敏彦市長は「行政チャンネルや市のホームページなどを通して市民に情報提供していきたい」と述べ、情報収集に努める方針を示した。

(全文を表示…)

2012年3月28日(水) 09:00 [産業・経済]

農家総手取額44億円/宮古地区キビ終了

前期比30億円の大幅減/搬入量20万㌧余で大不作


 宮古地区の2011~12年期製糖操業の原料搬入は27日、宮古製糖伊良部工場と同多良間工場を最後に終了した。沖糖宮古工場、宮糖城辺、同伊良部、同多良間4工場の合計搬入量は、昨年5月の生育旺盛期に襲来した台風2号の影響などにより、前期を万1854㌧(37・6%)下回る20万2343㌧。宮古本島は大干ばつに見舞われた1971~72年期に次ぐ、不作となった。農家総手取額は44億1469万円で、前期より30億円余(40・5%)減った。

(全文を表示…)