2012年4月19日のニュース一覧

2012年4月19日(木) 23:00 [はばたけあすの顔]

弁当大好き/入江保育園

男子10人・女子10人


入江保育園

入江保育園

 園児たち全員が楽しみにしていた月に1度の「おべんとう会」が17日に行われた。登園して早々、「早く弁当が食べたい」と先生におねだり。先生たちが「いっぱい遊んでからね」と答えると、素直に思い思いの遊びに夢中になった。

(全文を表示…)

2012年4月19日(木) 09:00 [イベント]

音楽と絵画コラボに歓声/島サミットライブⅡ

モンパチ上江洌さんら出演


モンゴル800のボーカル上江洌清作さん(右)とオブジェ創作アーティストの大城英天さんがコラボした舞台=17日、響和楽器2階

モンゴル800のボーカル上江洌清作さん(右)とオブジェ創作アーティストの大城英天さんがコラボした舞台=17日、響和楽器2階

 宮古島市で5月開催予定の高校生太平洋・島サミットに向けた広報活動の一環として島サミットライブⅡが17日、市内の響和楽器2階で開かれた。モンゴル800(モンパチ)のボーカリスト上江洌清作さんがウクレレを片手に「ラブレター」「デイ・ドリーム・ビリーバー」などの歌を披露。その横でオブジェ創作アーティストの大城英天さんが絵を描き、音楽と絵画がコラボレーションする舞台を繰り広げた。集まった高校生らは「音楽と絵画」のコラボに歓声を挙げた。

(全文を表示…)

2012年4月19日(木) 09:00 [産業・経済]

ゴーヤー 2億6400万円過去最高/JA11年度野菜・果樹販売実績

カボチャ日照不足で不調/総額は前期比増6億9000万円


過去最高の実績となったゴーヤー=JAおきなわ上野集荷場

過去最高の実績となったゴーヤー=JAおきなわ上野集荷場

 JAおきなわ宮古地区営農振興センター農産部が2011年度に取り扱った島外出荷野菜・果樹の販売額は、前期と比べ952万円(1・4%)増の6億9044万円となった。品目別にはゴーヤー(宮古方言名・ゴーラなど)が過去最高の2億6408万円(同比6757万円、34%増)を記録した。カボチャは日照不足が影響し、同比1881万円(13%)減の1億2694万円と不調だった。

(全文を表示…)

2012年4月19日(木) 09:00 [政治・行政]

医師、市民320人に1人/11年統計みやこじま

大学などへの進学4割


 宮古島市(下地敏彦市長)はこのほど、2011年度版「統計みやこじま」7号を発行した。それによると、11年の人口は5万5052人(男子2万7434人、女子2万7618人)で前年と比べ16人増えた。世帯数は2万4512世帯で、前年より414世帯増加した。

(全文を表示…)

2012年4月19日(木) 09:00 [社会・全般]

器物損壊、新たに3件/「官公庁狙い」被害拡大

宮古島署 情報提供呼び掛け


 宮古島市内で16日から17日にかけて9件の器物損壊事件があったが、18日にも新たに3件の同様な事件が発生し被害が拡大している。被害は昼夜を問わず発生しているが目撃者がおらず、現場に遺留品も無いことから、18日午後10時現在も犯人逮捕に至っていない。宮古島署では官公庁施設を狙った連続器物損壊事件と見て捜査体制を強化。市民にも情報提供を呼び掛けている。

(全文を表示…)

2012年4月19日(木) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

福嶺中で方言講話

「桃源郷プロジェクト」始まる/下地智さん講師


全校生徒18人が地元の方言を学んだ=18日、福嶺中

全校生徒18人が地元の方言を学んだ=18日、福嶺中

 福嶺中学校(宮国敏弘校長)は総合的な学習の時間を「桃源郷(ユートピア)プロジェクト」と称して18日からスタートさせた。第1回目は、下地智さんを講師に招き「城辺地区の方言」について全校生徒18人が学んだ。1学期間全10回にわたり、地元の有識者を招いて地域の文化や歴史、芸能、産業などを学ぶ。

(全文を表示…)

2012年4月19日(木) 09:00 [政治・行政]

PAC3機材撤収完了

市の危機管理対策室も解散


チャーター船に積み込まれるPAC3の台車=18日、平良港

チャーター船に積み込まれるPAC3の台車=18日、平良港

 北朝鮮の「衛星」と称する弾道ミサイル打ち上げに備えて配備されていた地対空誘導弾パトリオット(PAC3)と、関連車両が18日までに宮古島から撤収し、作業はほぼ完了した。それに伴い、市に設置されていた危機管理対策室(室長・安谷屋政秀総務部長)は同日午後2時に解散した。自衛隊員は19日に移動の予定。

(全文を表示…)

2012年4月19日(木) 00:09 [トライアスロン宮古島大会, 特集]

【特集】第28回全日本トライアスロン宮古島大会

熱き闘い 感動共有


大漁旗がはためく池間大橋を通るバイクの列。漁業の島ならではの演出で選手たちを歓迎

大漁旗がはためく池間大橋を通るバイクの列。漁業の島ならではの演出で選手たちを歓迎



「バナナをどうぞ」。エイドステーションでは選手と子どもたちの笑顔の交流が広がった

「バナナをどうぞ」。エイドステーションでは選手と子どもたちの笑顔の交流が広がった



スイム会場の前浜ビーチには知人や仲間、家族などを応援しようと大勢の人が訪れ声援を送った

スイム会場の前浜ビーチには知人や仲間、家族などを応援しようと大勢の人が訪れ声援を送った



前浜ビーチでスイム競技の安全を願い海に向かって手を合わすツカサンマたち

前浜ビーチでスイム競技の安全を願い海に向かって手を合わすツカサンマたち



スイムをフィニッシュしバイクに移る選手たちに沿道から大声援が送られた

スイムをフィニッシュしバイクに移る選手たちに沿道から大声援が送られた



潮風を受けながら池間大橋を自転車で渡る選手たち

潮風を受けながら池間大橋を自転車で渡る選手たち



そろいのTシャツを着て息の合った踊りを繰り広げた西原みどり会のメンバー

そろいのTシャツを着て息の合った踊りを繰り広げた西原みどり会のメンバー



商工会議所と高校生たち約100人で構成する食料部は早朝5時から始動。ボランティアの人たちの弁当7000食を 現場に届けた。写真は、選手たちが食べやすいようにと果物を水洗いし一口サイズに切る女性たち

商工会議所と高校生たち約100人で構成する食料部は早朝5時から始動。ボランティアの人たちの弁当7000食を 現場に届けた。写真は、選手たちが食べやすいようにと果物を水洗いし一口サイズに切る女性たち



冷たい水やスポンジを手渡すボランティアたち。エイドステーションは選手たちのオアシスに

冷たい水やスポンジを手渡すボランティアたち。エイドステーションは選手たちのオアシスに



「水」「コーラ」と書かれたボードを掛け選手たちの注文に即応じるエイドステーションのボランティアの皆さん

「水」「コーラ」と書かれたボードを掛け選手たちの注文に即応じるエイドステーションのボランティアの皆さん



市民らが沿道から水を差し出し選手たちをゴールへと導いた

市民らが沿道から水を差し出し選手たちをゴールへと導いた



ゴールを目指し力走する選手たちを見守る宮古島まもる君

ゴールを目指し力走する選手たちを見守る宮古島まもる君



炎天下、ひたすらゴールを目指す

炎天下、ひたすらゴールを目指す



気温もぐんぐん上昇。汗だくの選手たちにうれしいシャワーのプレゼント

気温もぐんぐん上昇。汗だくの選手たちにうれしいシャワーのプレゼント



子どもたちも選手たちの力走をバックアップ。エイドステーションでは可愛らしい姿が多く見られた

子どもたちも選手たちの力走をバックアップ。エイドステーションでは可愛らしい姿が多く見られた



ランコースの市公設市場前交差点で選手たちの気を奮い立たせる演奏を繰り広げた宮古高校、平良中、北中の各吹奏楽部と吹奏楽部OB。写真は宮古高校吹奏楽部

ランコースの市公設市場前交差点で選手たちの気を奮い立たせる演奏を繰り広げた宮古高校、平良中、北中の各吹奏楽部と吹奏楽部OB。写真は宮古高校吹奏楽部



前浜ビーチで三線と太鼓演奏を披露する民謡愛好家たち

前浜ビーチで三線と太鼓演奏を披露する民謡愛好家たち



踊りで選手たちを元気づけるお年寄りたち

踊りで選手たちを元気づけるお年寄りたち



パーランクーをたたきながら応援する池間幼小中の児童生徒たち

パーランクーをたたきながら応援する池間幼小中の児童生徒たち



約5000人のボランティアが選手たちを支えた。写真は選手に飲み物を手渡す男性ボランティア

約5000人のボランティアが選手たちを支えた。写真は選手に飲み物を手渡す男性ボランティア


  • 宮古島の人口

    平成31年4月1日現在

    宮古島市 54,060 人
    26,868 人
    27,192 人
    世帯数 27,148 軒
    多良間村 1,164 人
    626 人
    538 人
    世帯数 523 軒
  • 天気


  •  

    2012年4月
    « 3月   5月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2