「環境・エコ」 2012年5月のニュース一覧

2012年5月31日(木) 09:00 [政治・行政, 環境・エコ]

海と陸から現状確認/不法投棄パトロール

不法ごみ10トン収集/投棄者の特定作業も実施


畑地に集められた不法投棄ごみから投棄者の特定作業をする関係者=30日、上野字上野の畑地

畑地に集められた不法投棄ごみから投棄者の特定作業をする関係者=30日、上野字上野の畑地

 県宮古福祉保健所は30日、市や消防、宮古島海上保安署など関係機関の協力を得て2012年度のごみ不法投棄等県下一斉パトロールを実施した。陸上と海上から不法投棄の実態を確認すると共に、不法投棄現場でごみの種類の確認や収集を行い、不法投棄者が特定できるものが混入していないかも探した。この日約10㌧の不法投棄のごみを収集した。

(全文を表示…)

2012年5月31日(木) 09:00 [政治・行政, 環境・エコ]

被災地からの漂着物調査へ/海岸清掃連絡会議

活動計画を確認


今年度の活動計画などを確認する海岸清掃連絡調整会議=30日、県宮古合同庁舎

今年度の活動計画などを確認する海岸清掃連絡調整会議=30日、県宮古合同庁舎

 2012年度第1回宮古諸島地域における海岸清掃連絡調整会議が30日、県宮古合同庁舎で開かれた。県と宮古島市、多良間村の担当職員や漁協組合長、ボランティア清掃を行うダイビングショップの代表らが参加。今年度は、東日本大震災の津波により被災地から海に流出したがれきなどの漂着状況把握調査を実施することなどを確認した。

(全文を表示…)

2012年5月29日(火) 09:00 [環境・エコ]

テレビ、冷蔵庫など23トン撤去/上野宮国防風林帯

初の「美化清掃の日」/100人参加し美ぎ島創出


草刈りごみ拾いなどの清掃活動を行った=27日、上野宮国

草刈りごみ拾いなどの清掃活動を行った=27日、上野宮国

 宮古島市の環境を守り育てる市民協議会(議長・市福祉保健部国仲清正部長)が主催する「宮古島市美化清掃の日」の活動が27日、同協議会のメンバーや下地敏彦市長、地元の住民ら約100人が参加して行われた。上野宮国の県道235号線(保良上地線)沿いの防風林の枝打ちや草刈り、空き缶、ペットボトルなどのごみを拾った。集められたごみは、刈り取られた草や枝などを含み約23㌧。空き缶やペットボトルのほか、古タイヤや冷蔵庫、テレビなども含まれていた。

(全文を表示…)

2012年5月26日(土) 08:59 [教育・文化, 環境・エコ]

宮古の味と文化を堪能/第6回太平洋・島サミット

県知事主催で昼食会


宮古島の食材を使った料理を楽しみながら交流を深めた昼食会=25日、宮古島東急リゾート

宮古島の食材を使った料理を楽しみながら交流を深めた昼食会=25日、宮古島東急リゾート

 第6回太平洋・島サミットの県知事主催昼食会が25日、宮古島東急リゾートで行われた。同サミットに参加する各国首脳や島内外の著名人が参加し、宮古島の味と文化を堪能しながら同サミットの成功を願った。

(全文を表示…)

2012年5月26日(土) 08:59 [教育・文化, 環境・エコ]

書道パフォーマンスで「絆」/高校生島サミット

宮高で体験交流/日本の武道や文化紹介


交流会で「絆」の文字を大書した書道部のパフォーマンス=25日、宮高体育館

交流会で「絆」の文字を大書した書道部のパフォーマンス=25日、宮高体育館

 高校生太平洋・島サミットに参加している国内外の高校生と宮古高校の生徒たちの体験交流会が25日、同校体育館で行われた。柔道や剣道、書道など日本の武道や文化を紹介、体験させたりして、同世代の生徒同士で相互理解を深めた。

(全文を表示…)

2012年5月26日(土) 08:58 [教育・文化, 環境・エコ]

安全な水の確保を/高校生島サミット

各国首脳へ提言/「豊かな自然未来へ」訴え


太平洋島しょ国など14カ国1地域と国内の高校生62人が集まり自国の首脳や代表向け提言を読み上げた=25日、マティダ市民劇場

太平洋島しょ国など14カ国1地域と国内の高校生62人が集まり自国の首脳や代表向け提言を読み上げた=25日、マティダ市民劇場

 高校生太平洋・島サミット(主催・沖縄県)は25日、マティダ市民劇場に日本を含む太平洋島しょ国など15カ国1地域の首脳や代表を迎え「提言式」が行われた。参加高校生たちは、水にまつわる環境問題とその解決に向けた成果を提言として発表し、自国の首脳らに手渡した。政府に対し水の保全、水資源の管理において国際的信頼を得られる政策の実施を訴え。全ての人が安全な水を得られる世界や汚染されていない豊かな自然を未来への展望として示した。

(全文を表示…)

2012年5月25日(金) 09:00 [環境・エコ]

エコアイランドを精力取材/パプアニューギニアテレビ局

宮古島に興味津々



エコアイランドとしての取り組みについて下地市長にインタビューした=24日、市役所平良庁舎

エコアイランドとしての取り組みについて下地市長にインタビューした=24日、市役所平良庁舎

 パプアニューギニアのテレビ局EMTVの取材班が24日に来島し、高校生太平洋・島サミットやエコアイランド宣言を行い、CO2削減に向け各種取り組みを展開している宮古島について精力的に取材活動を行った。



(全文を表示…)

2012年5月24日(木) 09:00 [教育・文化, 環境・エコ]

袖山浄水場を見学/高校生太平洋・島サミット

水道水ろ過方法に質問


緩速ろ過池の浄水方法などについて説明を聞く参加高校生たち=23日、袖山浄水場

緩速ろ過池の浄水方法などについて説明を聞く参加高校生たち=23日、袖山浄水場

 高校生太平洋・島サミット参加のため来島した参加各国の高校生らは23日午後、宮古島の水環境などを学ぶため袖山浄水場を見学。宮古島が水道水のろ過方法として採用している緩速ろ過方式などについて、市の担当職員から説明を受けた。参加高校生たちは職員の話を熱心に聞いたほか、疑問点などを積極的に質問した。

(全文を表示…)

2012年5月24日(木) 09:00 [教育・文化, 環境・エコ]

高校生島サミットが開幕/国内外から62人参加

26日まで討論、体験、交流など


太平洋島しょ国など14カ国・1地域と国内の高校生計人が集まって行われた開会式=23日、平良港ターミナルビル

太平洋島しょ国など14カ国・1地域と国内の高校生計人が集まって行われた開会式=23日、平良港ターミナルビル

 高校生太平洋・島サミット(主催・沖縄県)が23日、宮古島市で開幕した。太平洋島しょ国など14カ国と1地域から30人、国内からは宮古島の3人を含む32人の高校生計62人が集まり、水にまつわる環境問題とその解決に向けた提言を取りまとめる。成果は第6回太平洋・島サミット(25、26日、名護市)参加国首脳へ提言を行う。初日は平良港ターミナルビルで開会式が行われ、歓迎スピーチや宮古島市の紹介などが行われた。サミットは26日まで。期間中、環境問題についての討論や地元高校への体験入学、交流会、ホームステイなど多彩な企画が予定されている。

(全文を表示…)

2012年5月23日(水) 09:00 [環境・エコ]

高校生島サミット きょう開幕

環境テーマに提言発表へ


英語での発表の練習などを行う高校生事務局のメンバーたち=22日夕、市役所平良庁舎

英語での発表の練習などを行う高校生事務局のメンバーたち=22日夕、市役所平良庁舎

 高校生太平洋・島サミット(主催・沖縄県)がきょう23日、宮古島で開幕。太平洋島しょ国など14カ国と1地域から30人、国内からは宮古島の3人を含む32人の計62人が宮古島に集い、環境をテーマとしたグループディスカッションと提言発表、市民交流会などを行う。会期は26日までで、初日は平良港ターミナルビルで開会式が開かれる。開幕前日の22日、地元高校生事務局のメンバーは最後の確認作業に追われた。

(全文を表示…)

2012年5月19日(土) 09:00 [環境・エコ]

「大きくなってね」/伊良部小

タイワンガザミ 稚ガニ1万匹放流



子どもたちは、バケツの中から稚ガニをすくい上げて放流した=18日、伊良部の佐和田の浜

子どもたちは、バケツの中から稚ガニをすくい上げて放流した=18日、伊良部の佐和田の浜

 市水産課(亀濱正博課長)は伊良部小学校(知念智行校長)の協力を得て18日、佐和田の浜でタイワンガザミ(方言名ツヌガン)放流体験学習会を実施した。児童58人が稚ガニ1万匹を放流。子どもたちは「早く大きくなってね」と願った。



(全文を表示…)

2012年5月15日(火) 09:00 [政治・行政, 環境・エコ]

排ガスの自主規制値設定/宮古島市

新ごみ処理施設整備で/環境評価書を住民説明


新ごみ処理施設整備に向け環境影響評価準備書の概要が説明された=12日、平良港ターミナルビル

新ごみ処理施設整備に向け環境影響評価準備書の概要が説明された=12日、平良港ターミナルビル

 宮古島市は、新ごみ処理施設整備に向けて作成した環境影響評価準備書の概要を12日、住民に説明した。調査は現施設の周辺で2010年1月から1年間、大気や水環境などの19項目について実施。その結果、工事中や新施設完成後の予測値がすべての項目で国の基準などを下回ったと報告した。新施設の排ガスについては、規制基準値よりかなり低い「自主基準値」を設けたことを明らかにした。

(全文を表示…)

2012年5月13日(日) 09:00 [教育・文化, 環境・エコ]

高野海岸で清掃作業/宮古青少年の家

野外活動少年団始まる


漂着ゴミを回収する参加者ら=12日、平良の高野漁港海岸

漂着ゴミを回収する参加者ら=12日、平良の高野漁港海岸

 宮古青少年の家(安慶田昌宏所長)主催の第31回野外活動少年団が12日、2日間の日程で始まった。小学3~6年生29人が参加。平良の高野海岸清掃では環境美化に貢献し、シーカヤック体験では歓声を上げていた。きょう13日は、終わりの集いが開かれる。

(全文を表示…)

2012年5月12日(土) 09:00 [環境・エコ]

電気自動車を体験/エコハウス講座

カーシェアリング事業を学ぶ


参加者は電気自動車を試乗した=11日、平良字西里

参加者は電気自動車を試乗した=11日、平良字西里

 市エコアイランド推進課が主催する2012年度の第1回エコハウス暮らし講座が11日、平良字西里にある市街地型エコハウスで行われ、市民ら約10人が電気自動車(EV)の試乗を体験した。またカーシェアリング事業について学んだ。

(全文を表示…)

2012年5月11日(金) 09:00 [環境・エコ]

与那覇湾の推薦決定/環境省

ラムサール条約登録へ/7月にルーマニアで認証式


与那覇湾の登録地推薦が決まったことを発表する長濱副市長(右)=10日、市平良庁舎

与那覇湾の登録地推薦が決まったことを発表する長濱副市長(右)=10日、市平良庁舎

 長濱政治副市長は10日、市平良庁舎で会見を開き、国指定の与那覇湾鳥獣保護区内の特別保護地区をラムサール条約に日本の登録湿地候補として推薦することが決まったと発表した。7月にラムサール条約事務局で登録される見通しで、同月7日にルーマニアのブカレストで認証式も行われる予定。この日環境省で開かれた中央環境審議会野生生物部会(山岸哲部会長)で正式に報告、公表された。登録により、県内のラムサール条約湿地は5カ所になる。

(全文を表示…)

2012年5月10日(木) 09:00 [地域・暮らし, 環境・エコ]

グリーンネット 2万本を植樹

発足7年 延べ3200人参加/緑のボランティアとして定着


緑づくりのボランティア組織として定着した「美ぎ島宮古グリーンネット」の活動(写真は2011年10月に行われた宮原小児童らによる育林作業)

緑づくりのボランティア組織として定着した「美ぎ島宮古グリーンネット」の活動(写真は2011年10月に行われた宮原小児童らによる育林作業)

 緑づくりのボランティア組織「美ぎ島宮古グリーンネット」(会長・下地敏彦市長)の発足以来2011年度まで7年間の活動実績が、このほどまとまった。植樹本数は、1万9879本(新植1万6030本、補植3849本)に上った。活動は37回行われ、延べ3276人が参加した。植樹や育林(下草刈り)などの活動が畑の防風林帯などで行われ、その面積は5万5000平方㍍を超えた。

(全文を表示…)

2012年5月9日(水) 09:00 [環境・エコ]

与那覇湾特別保護区 ラムサール登録確実

7月7日に認証式


ラムサール条約登録が確実な見通しとなった与那覇湾の特別保護地区=8日、サニツ浜

ラムサール条約登録が確実な見通しとなった与那覇湾の特別保護地区=8日、サニツ浜

 環境省中央環境審議会野生生物部会は、10日に行われる会議で、与那覇湾特別保護地区を最終的にラムサール登録湿地として推薦することを確認する。7月7日にルーマニアのブカレストで開かれるラムサール条約締結国会議COP11で認証され、同日認証式が行われる。下地敏彦市長も認証式に出席する予定で、与那覇湾特別保護地区のラムサール登録が確実な見通しとなった。

(全文を表示…)

2012年5月3日(木) 09:00 [環境・エコ]

23日から「島サミット」

高校生らが残暦板設置


 23日から宮古島市で開かれる高校生太平洋・島サミットの開催日をカウントする残暦板が1日、市役所平良庁舎前に設置された。地元高校生事務局のメンバーや下地敏彦市長らが参加し、残暦板に数字をはめ込んで「開催日まであと22日」をアピールした。

(全文を表示…)