「私見公論」 2012年6月のニュース一覧

2012年6月29日(金) 21:38 [私見公論]

ふるさと(3)/渡久山 春英

私見公論 36


 国民学校の低学年の唱歌に「海は広いな大きいな 月がのぼるし日がしずむ」を学んだ。一歩外へ出れば海だ。海は庭のような遊び場であった。大海に向かって石を投げて遊んだものだ。地平線の彼方に夕日も見た。帰りは石ころ道を月の明かりに照らされて帰った。夜の海鳴りは子守歌を聞いているようであった。その海鳴りは台風の予兆であることを大人は知っていた。漁業で生計を立てる地区の皆さんは気象に敏感である。

(全文を表示…)

2012年6月22日(金) 22:56 [私見公論]

「美術」あるいは「工芸」のこと/仲間 伸恵

私見公論 35


 宮古の美術・工芸の世界って、どういうものなのでしょう。


 「美術」には、絵画、彫刻、デザイン、写真などいろいろありますが、なかでもいちばんに思い浮かぶものといえば「絵画」でしょうか。市民文化祭などでは宮古の多くの方々の力作をみることができますし、時々、絵画展も開催されたりします。「デザイン」や「写真」は、特別に「美術」と意識することはなくても私たちの日常生活のいろいろな場面にあって大きな役割を果たしてくれています。例えば宮古Tシャツのデザインやポストカードの写真、特産品のパッケージなど私もよく楽しませてもらっています。

(全文を表示…)

2012年6月15日(金) 23:25 [私見公論]

今を生きるわれわれが次の世代に引き継ぐもの(自然)/前里 和洋

私見公論 34


 宮古島の地質を覆っている琉球石灰岩は透水性が高いが、島尻層群に属する泥岩は透水性の低い基盤岩となっている。そのため、宮古島は雨水の約40%が地下流出し地下水を形成しやすい。地表流出はわずか約10%であり、本州の河川地域の地表流出約55%、地下流出約4・5%と比べ、独特の水循環である。

(全文を表示…)

2012年6月9日(土) 16:36 [私見公論]

高齢者福祉について(2)介護保険制度とは/下地 徹

私見公論 33


 なぜ、今さら介護保険なのかと思われた方もたくさんいらっしゃるかと思います。
 これまで、福祉の対象は地域で弱い立場にある方々を対象に日本の福祉は昭和25年から平成12年3月末日まで実施してきた。

(全文を表示…)

2012年6月2日(土) 23:32 [私見公論]

緩衝帯ということ/伊志嶺 敏子

私見公論 32


 前回は、「関係性を育む空間」足元からの知恵発見について書いた。この蒸し暑い環境で、涼しく暮らすためには、いかに開いて涼風を引き入れるか、また、猛烈な台風から護るためには、どのように閉じるのか。開きつつ閉じるという相矛盾する難題を、私たちの先人たちは解決してきた。その築きあげた知恵の集積を引き継ぎ、現代の住まいづくりに生かしていきたい、と述べた。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成31年3月1日現在

    宮古島市 54,225 人
    27,176 人
    27,049 人
    世帯数 26,929 軒
    多良間村 1,169 人
    628 人
    541 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2012年6月
    « 5月   7月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2