2012年8月25日のニュース一覧

2012年8月25日(土) 23:05 [ニュースウィークリー]

8月19日~8月25日

ニュースウィークリー
8月19日~8月25日


ダンケフェストドイツ村で開催/ライブや早飲みに歓声

 「うえのドイツ文化村ダンケフェスト2012」が18日、同文化村で行われた。「博愛の日」にちなんだ図画などの入賞者を表彰したほか、ドイツビールの早飲み大会、石垣島出身の従兄弟3人組「きいやま商店」のライブコンサートなどで盛り上がった。(8月19日掲載)

(全文を表示…)

2012年8月25日(土) 22:42 [まちからむらから]

宮古島市総合博物館友の会と交流/多良間文化協会

手作り料理と芸能でもてなす



普天間御嶽で垣花さんの説明に耳を傾ける博物館友の会のメンバー

普天間御嶽で垣花さんの説明に耳を傾ける博物館友の会のメンバー

 600年前の歴史が色濃く残る多良間村(下地昌明村長)は、豊かな自然と芸能、生活文化を併せ持つ貴重な島。2011年には村(多良間島・水納島)全体が県立自然公園に指定された。中でも多良間島は島の外周に沿って植物群落が分布、白い砂浜やリング状のリーフが一体となって独特の景観を醸す。また、県の文化財に指定された「抱護林」は、仲筋宮良区の郊外トゥカパナ山を起点に塩川の白嶺山を終点として長さ1・8㎞あり、村落を抱き護る緑の帯となる。1976年に国指定文化財となった

2日間に渡って交流した博物館友の会と多良間文化協会の会員=7月28日、高穴公園(宮古市の森)

2日間に渡って交流した博物館友の会と多良間文化協会の会員=7月28日、高穴公園(宮古市の森)

「多良間の豊年祭」(八月御願)は、旧暦8月8日から3日間行われる島の一大民俗芸能。今年は9月23日から行われる。来年は村制100周年を迎える。

(全文を表示…)

2012年8月25日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

宮古、7個人3団体が受賞/県交通安全功労者表彰式

交通安全の功労者表彰などを贈られた宮古地区の関係者=24日、パシフィックホテル沖縄

交通安全の功労者表彰などを贈られた宮古地区の関係者=24日、パシフィックホテル沖縄

 【那覇支社】2012年度県警本部長・県交通安全協会連合会長連名表彰式(主催・県警、県交通安全協会連合会)が24日、那覇市のホテルで催され、宮古地区から個人7人と3団体が表彰された。多年にわたる交通安全功労が認められ、宮古地区交通安全協会の宮里敏男会長と上里明通さんに交通安全功労者表彰が贈られた。

(全文を表示…)

2012年8月25日(土) 09:00 [地域・暮らし]

予約変更で全便満席/空港、観光客らで混雑

搭乗予約変更手続きで混雑する航空会社のカウンター=24日、宮古空港

搭乗予約変更手続きで混雑する航空会社のカウンター=24日、宮古空港

 宮古空港は24日、台風15号の影響で、宮古からの出発便を早い便に変更する乗客で混雑した。同日午前には、日本トランスオーシャン航空(JTA)と全日本空輸(ANA)の宮古発の便は全便がほぼ満席の状態になった。宮古発着便は航空各社とも台風号による欠航便はなく、25日の宮古島-那覇間であらかじめ欠航が決まっている便はない。各航空会社は天候次第では欠航もあり得るので、運航状況を確認してほしいと話している。

(全文を表示…)

2012年8月25日(土) 09:00 [教育・文化]

48人参加「琉大塾」が閉講/宮古青少年の家

修了証書手に充実感


退所式で真栄城センター長から修了証書を受け取る平良君=24日、宮古青少年の家

退所式で真栄城センター長から修了証書を受け取る平良君=24日、宮古青少年の家

 宮古青少年の家で22日から2泊3日の日程で開校していた「琉大塾」(主催・琉球大学生涯学習教育研究センター、宮古青少年の家)が24日、最終日を迎えた。同日夕には退所式が行われ、参加児童生徒48人に修了証書が手渡された。

(全文を表示…)

2012年8月25日(土) 09:00 [地域・暮らし]

旧暦七夕で運動会/伊良部・仲地

あひる競争に歓声


女性たちが「あひる競争」のスタートで盛り上げた=24日、伊良部運動公園

女性たちが「あひる競争」のスタートで盛り上げた=24日、伊良部運動公園

 第26回伊良部・仲地たなばた運動会(主催・同実行委員会)が24日、伊良部運動公園で開かれた。住民らは、足ヒレを着用した「あひる競争」など趣向を凝らした多彩な種目を満喫。交流の輪が広がった。

(全文を表示…)

2012年8月25日(土) 09:00 [産業・経済]

株出し管理に補助金/きび生産回復緊急事業

種苗圃場も増加/県、一括交付金で農家支援


 2011-12年産サトウキビの大不作を受けて県が導入するさとうきび生産回復緊急対策事業の概要が24日までに分かった。事業の柱は▽種苗生産体制の構築▽病害虫防除の強化▽株出し管理作業の推進▽共同利用機械の整備-。種苗圃場を増やして多様な品種を生産・提供するほか農家の株出し管理作業に補助金を投入する方針だ。株出し複合管理機なども導入して各地の機械化を促進する。

(全文を表示…)

2012年8月25日(土) 09:00 [地域・暮らし]

催事中止にがっかり/週末台風、市民生活に影響

日程調整に四苦八苦


 台風14号が遠ざかったと思いきや、今度は15号が接近し、25日昼前にも宮古島地方が強風域に巻き込まれる恐れが出てきた。台風の影響で週末に予定されていた行事が軒並み延期や中止に追い込まれた。楽しみにしていた子どもたちは中止の決定にがっかり。主催者はスケジュールの調整に追われた。空港では観光客らが出発便を早い便に変更するなど混雑。漁港では出漁を見合わせた漁船が陸揚げされたり、ロープで固定されるなど台風接近に備えた。平良-多良間を結ぶフェリーは3日連続で運休するなど、市民生活に大きな影響が出ている。

(全文を表示…)