2012年8月26日のニュース一覧

2012年8月26日(日) 09:00 [地域・暮らし]

キビ植え手伝い頑張る/夏休み、子どもたちが奮闘

「大いに助かる」と両親感謝


サトウキビの夏植えを手伝う子どもたち=25日、城辺長南

サトウキビの夏植えを手伝う子どもたち=25日、城辺長南

 夏休み終盤となった25日、サトウキビの夏植えを手伝う子どもたちが各地で見られた。城辺西城学区長南の田名清記さん(49)の畑では長男の壮一郎君(宮古総実高校3年)と、おいの寄川騰冶君(西辺中2年)、田名まさむね君(西城小2年)が暑い中、頑張った。キビ植えを手伝う子どもたちの姿は宮古の夏の風物詩。3世代が住む大家族だったころ、そうした光景は多かったが、現在は核家族化や少子化、作業の機械化が進み以前と比べ減った。

(全文を表示…)

2012年8月26日(日) 09:00 [産業・経済]

平良港へは計5回寄港/クルーズ船11年度実績

乗客は2566人


 【那覇支社】2012年度県クルーズ促進連絡協議会(会長・下地芳郎県文化観光スポーツ部観光政策統括監)が24日、県庁で開かれた。担当課から海路による外国人入域観光客数やクルーズ船の寄港実績、クルーズ客船誘致の活動実績などが報告された。11年度の平良港へのクルーズ船寄港回数は5回で乗船者数は2566人だった。

(全文を表示…)

2012年8月26日(日) 09:00 [地域・暮らし]

綱引きに大歓声/市児童センター

親子連れで夏休み満喫


綱引き大会で力いっぱい綱を引く子どもたち=25日、市児童センター

綱引き大会で力いっぱい綱を引く子どもたち=25日、市児童センター

 市児童センター(花城千枝子館長)は25日、夏休みお楽しみ会を開いた。親子連れら約70人が参加し、綱引き大会などで歓声を上げていた。

(全文を表示…)

2012年8月26日(日) 09:00 [社会・全般]

12年間で1億8000万円減/来間部落会の現金財産残高

原告住民、使途解明を強調


 来間部落会の現金財産残高が、1999年度末から今年8月までの12年余の間に、1億8489万円減ったことが、同部落会に会計帳簿などの開示を求めている一部住民訴訟の第6回弁論準備手続き(23日、那覇地裁平良支部)で分かった。今回の裁判で部落会側は、資金明細書や預金通帳の一部(写し)を開示。それによると、99年度末に2億9942万円あった残高は、今年8月9日現在では1億1452万円に減った。

(全文を表示…)

2012年8月26日(日) 09:00 [地域・暮らし]

ベニアジサシとエリグロが群れ/池間島

風上に向かって飛翔するベニアジサシとエリグロアジサシの群れ=25日、池間島(撮影・伊良波彌記者)

風上に向かって飛翔するベニアジサシとエリグロアジサシの群れ=25日、池間島(撮影・伊良波彌記者)

 沖縄本島などで夏を過ごしていたベニアジサシ(カモメ科)とエリグロアジサシ(同)の群れ計約150羽が25日、池間島で避難しているのが確認された。潮風を受けながら一斉に舞、海鳥の楽園を思わせていた。

(全文を表示…)

2012年8月26日(日) 09:00 [イベント]

琉球舞踊とバレエ融合/N・Sバレエ団宮古公演

プリマ長崎さん「天川」披露


プリマ長崎真湖が絶妙な掛け合いで「天川」を表現し絶賛された=24日、マティダ市民劇場

プリマ長崎真湖が絶妙な掛け合いで「天川」を表現し絶賛された=24日、マティダ市民劇場

 宮古出身のバレリーナ長崎佐世さんが主宰するN・Sバレエ団の公演、「琉球クリエイティブin Miyako」が24日夕、マティダ市民劇場で開かれた。西洋バレエと琉球舞踊を融合させ、沖縄民謡に乗せて踊る新たなジャンルの創作バレエの世界に観衆は魅了された。2007年にニューヨークで開催された国際バレエコンクールで「ユース・アメリカ・グランプリ」シニア女子第1位となったプリマドンナ長崎真湖の踊る「天川」など団員らが華麗な舞いを披露した。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成29年12月1日現在

    宮古島市 54,096 人
    27,018 人
    27,078 人
    世帯数 26,261軒
    多良間村 1,171 人
    631 人
    540 人
    世帯数 527 軒
  • 天気


  •  

    2012年8月
    « 7月   9月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2