「産業・経済」 2012年8月のニュース一覧

2012年8月31日(金) 09:00 [産業・経済]

宮古牛の地産地消進む/精肉の島内流通活発

商標登録やイベント奏功


地産地消が進む宮古牛=JAおきなわ野田畜産センター

地産地消が進む宮古牛=JAおきなわ野田畜産センター

 昨年正式に商標登録された「宮古牛」の地元消費が活発だ。2011年度、宮古に供給された宮古牛の頭数は計100頭で、前年度に比べて35頭増えた。市内に出回った精肉量は35㌧で前年より10㌧も多い流通量だった。同じく商標登録された「宮古んま牛」を活用した事業展開や行政機関によるPRイベント、食肉のスムーズな流通が増加の要因とみられる。今年も堅調な消費が続いており、地産地消の拡大と宮古牛のブランド化に向けて追い風が吹いている。

(全文を表示…)

2012年8月29日(水) 09:00 [産業・経済]

葉タバコ販売額22億6800万円

キロ単価は過去最高2055円



2012年産葉タバコの買い入れが終了した=28日、日本たばこ産業宮古葉たばこ取扱所

2012年産葉タバコの買い入れが終了した=28日、日本たばこ産業宮古葉たばこ取扱所

 宮古と石垣地区の2012年産葉タバコの買い入れが28日、終了した。宮古島市と多良間村の総販売額は22億6800万円、平均キロ単価は過去最高の2055円だった。気象条件の影響を受けて収量は1104㌧伸び悩んだが、高い品質で補った。生産農家ら関係者は2年ぶりの安定取引に安堵の表情を見せた。

(全文を表示…)

2012年8月26日(日) 09:00 [産業・経済]

平良港へは計5回寄港/クルーズ船11年度実績

乗客は2566人


 【那覇支社】2012年度県クルーズ促進連絡協議会(会長・下地芳郎県文化観光スポーツ部観光政策統括監)が24日、県庁で開かれた。担当課から海路による外国人入域観光客数やクルーズ船の寄港実績、クルーズ客船誘致の活動実績などが報告された。11年度の平良港へのクルーズ船寄港回数は5回で乗船者数は2566人だった。

(全文を表示…)

2012年8月25日(土) 09:00 [産業・経済]

株出し管理に補助金/きび生産回復緊急事業

種苗圃場も増加/県、一括交付金で農家支援


 2011-12年産サトウキビの大不作を受けて県が導入するさとうきび生産回復緊急対策事業の概要が24日までに分かった。事業の柱は▽種苗生産体制の構築▽病害虫防除の強化▽株出し管理作業の推進▽共同利用機械の整備-。種苗圃場を増やして多様な品種を生産・提供するほか農家の株出し管理作業に補助金を投入する方針だ。株出し複合管理機なども導入して各地の機械化を促進する。

(全文を表示…)

2012年8月24日(金) 09:00 [産業・経済]

新里玲子さんに地域賞/伝統文化ポーラ賞

現代の宮古上布の道開く



「御絵図柄」を織る新里さん=23日、上野新里の工房

「御絵図柄」を織る新里さん=23日、上野新里の工房

 宮古上布の制作・振興に携わっている上野新里の新里玲子さん=(63)=宮古島苧工房代表が第32回伝統文化ポーラ賞(ポーラ伝統文化振興財団主催)の地域賞を受賞した。県内からの受賞は20人目。「賞は私個人がもらうが、苧麻糸を績む地域のおばあさんや島の伝統技術に支えられての賞」と喜びを語った。

(全文を表示…)

2012年8月23日(木) 09:00 [産業・経済]

宮古-石垣線を再開へ/全日空

10月28日から1日1往復

 全日空(ANA)は21日、2004年5月以降、運休している宮古-石垣線を10月28日から8年ぶりに運航再開することを発表した。

(全文を表示…)

2012年8月22日(水) 09:00 [産業・経済]

補助対象品目の拡大を/生産者らが県に要望

農水物輸送コスト低減事業



生産者ら農業関係機関・団体の代表が参加して事業概要の説明に聞き入った=21日、県宮古事務所

生産者ら農業関係機関・団体の代表が参加して事業概要の説明に聞き入った=21日、県宮古事務所

 農林水産物の本土への輸送費を補助する県の農林水産物流通条件不利性解消事業の説明会が21日、県宮古事務所で開かれた。農業関係機関・団体の代表や生産者ら多数が参加し、県流通政策課職員の説明に耳を傾けた。生産者らは補助対象品目の拡大を要望するとともに、輸送コストを低減する同事業の中・長期的な実施を求めた。

(全文を表示…)

2012年8月21日(火) 09:00 [産業・経済]

工事10カ月遅れる/伊良部大橋

完成15年1月ごろ/県土建部長が市長に説明


主航路部中央桁の架設工事が遅れることを下地市長(右)に説明した當銘県土建部長(左から2人目)=20日、市平良庁舎

主航路部中央桁の架設工事が遅れることを下地市長(右)に説明した當銘県土建部長(左から2人目)=20日、市平良庁舎

 建設中の伊良部大橋(総延長6.5㌔、橋梁区間3.54㌔)の開通が、主航路部中央桁(全長180㍍)架設工事の停滞によって、開通時期がさらに10カ月ほど遅れることが20日、明らかとなった。今月1日に就任した當銘健一郎県土木建築部長が同日、下地敏彦市長に報告した。就任あいさつのため、市平良庁舎を訪ねた當銘部長は、当初5月15日に架設工事を予定していた同中央桁の架設工事が台風接近などの天候悪化で順調にはかどらず、同工事の再開が来年4~5月ごろになることを報告した上で、「大幅に遅れることになって大変申し訳ない」と述べ事情を説明した。

(全文を表示…)

2012年8月21日(火) 09:00 [産業・経済]

新組合長に粟国氏/宮古島漁協

「財務改善に取り組む」


粟国雅博氏

粟国雅博氏

 宮古島漁協で20日、理事会が開かれ、任期満了に伴う代表理事組合長の互選で新組合長に粟国雅博氏(44)=平良下里=を選出した。粟国氏の組合長就任は初めて。任期は3年。

(全文を表示…)

2012年8月17日(金) 09:00 [産業・経済]

宮古の基本方向示す/県が振興計画で説明会

新たな沖縄振興計画を説明する県の関係者ら=15日、宮古合同庁舎

新たな沖縄振興計画を説明する県の関係者ら=15日、宮古合同庁舎

 県は15日、宮古合同庁舎で今後10年間の沖縄振興の指針となる「沖縄21世紀ビジョン基本計画(沖縄振興計画)」に関する県民説明会を開いた。地元選出の県議や市議ら約50人が参加。宮古圏域の基本方向について知識を深めた。県は年内に実施計画を策定する。

(全文を表示…)

2012年8月17日(金) 09:00 [産業・経済]

6次産業先進例など紹介/アグリチャレンジ講座

県営農支援課の島袋さんが講義


6次産業の起業を目指す受講者らは熱心に講座に耳を傾けた=16日、宮古農村青少年教育センター

6次産業の起業を目指す受講者らは熱心に講座に耳を傾けた=16日、宮古農村青少年教育センター

 「我が国の食と農林漁業の再生のための基本方針・行動計画」に基づき、県が主催するアグリチャレンジ6次産業化支援事業の宮古島市での初回講座が16日、宮古農村青少年教育センターで開講した。県農水部営農支援課で農業革新支援専門員を務める島袋律子さんが、6次産業の概要を説明し県内の先進事例などを紹介した。講座には6次産業の起業を目指す受講者が多数参加し、島袋さんの講義に耳を傾けた。

(全文を表示…)

2012年8月15日(水) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

市の借金348億8682万円/11年度一般会計決算見込み

前年度比9441万円の減/貯金は14億円増の36億8691万円


 宮古島市はこのほど、2011年度一般会計の決算見込みをまとめた。それによると、市の借金に当たる地方債現在高は前年度より9441万円少ない348億8682万円。市民一人当たり(8月1日現在)に換算すると約63万6000円となる。市の貯金に当たる財政調整積立基金は前年度比14億2562万円増の36億8691万円となった。

(全文を表示…)

2012年8月15日(水) 09:00 [産業・経済]

過去最高の3億2200万円/ロックフェス経済効果

観客 県内外から5000人/りゅうぎん総合研究所


 ミヤコ・アイランド・ロック・フェスティバル2012の実行委員会(野津芳仁委員長)のメンバーが14日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、イベント成功に対する協力に感謝した。また、同日にりゅうぎん総合研究所が発表した今回の経済効果が過去最高の3億2200万円となったことも報告した。

(全文を表示…)

2012年8月14日(火) 09:00 [産業・経済]

開通遅れる見通し/伊良部大橋

台風影響でクレーン船使えず


平良港下崎埠頭に仮置きされている鋼鉄製箱桁

平良港下崎埠頭に仮置きされている鋼鉄製箱桁

 平良港下崎埠頭に仮置きされた長さ180㍍、幅16・1㍍、重さ約1500㌧の巨大な鋼鉄製箱桁。本土復帰の日の5月15日に、伊良部大橋主航路部の中央に設置される予定だったが、つり上げるクレーン船が台風を避けて本土に帰り戻って来ないため、約3カ月間置いたままになっている。

(全文を表示…)

2012年8月14日(火) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

盆休みは南国で/新暦盆入り

本土からどっと観光客


海のレジャーを目的に観光客がどっと訪れた=13日、宮古空港

海のレジャーを目的に観光客がどっと訪れた=13日、宮古空港

 新暦の盆の入りとなった13日、宮古空港では盆休みを宮古島の海で過ごそうと訪れた家族連れの観光客が多く見られた。日本トランスオーシャン航空(JTA)の東京直行便や那覇-宮古の下り便の多くは、ほぼ満席。全日本空輸(ANA)の那覇-宮古の下りも5便中4便がほぼ満席。スカイマーク(SKY)は、午前11時現在、座席の予約に余裕があった。

(全文を表示…)

2012年8月12日(日) 09:00 [産業・経済]

マクドナルド初出店へ/イオンタウン宮古南内

関係者が地鎮祭・安全祈願祭


くわ入れを行う末吉社長(中央)や實方マネジャー(右から2人目)ら=11日、イオンタウン宮古南ショッピングセンター敷地内

くわ入れを行う末吉社長(中央)や實方マネジャー(右から2人目)ら=11日、イオンタウン宮古南ショッピングセンター敷地内

 ハンバーガーチェーン大手のマクドナルドが年内にも宮古島に初登場する。イオンタウン宮古南ショッピングセンター(市平良字松原)敷地内南側に日本マクドナルド宮古島店の出店が決定。店舗工事の地鎮祭・安全祈願祭が11日に行われ、関係者がくわ入れなどを行い工事の安全と新店舗完成を願った。

(全文を表示…)

2012年8月12日(日) 09:00 [産業・経済]

本土への輸送費補助開始/県産農林水産物

流通不利性解消で県/価格競争力の向上に期待


 県産農林水産物の本土への輸送費の一部を補助する流通条件不利性解消事業が、今月1日の出荷分から始まった。鹿児島までの輸送費相当額を補助し、本土各地への流通コストを同県並みに軽減する。宮古の補助基準額は飛行機の場合、野菜・果実が1㌔以内115円、花き・水産物が同140円。船舶は全品目で1㌔以内35円に設定した。

(全文を表示…)

2012年8月11日(土) 09:00 [産業・経済]

第1期抽選に106人/太陽光発電補助

設置希望者の多さ鮮明


 2012年度住宅用太陽光発電システム設置補助金交付事業の第1期抽選会が10日、市役所平良庁舎で開かれた。第1期の予算総額500万円、上限10万円という最少で50件となる補助金交付枠に、約2倍となる106人が参加。太陽光発電の導入を希望する市民の多さが改めて明らかになった。第2期の補助申請受付は10月を予定している。

(全文を表示…)

2012年8月11日(土) 09:00 [産業・経済]

いも生産販売組合が設立/組合長に上地氏

ペーストの原料を安定供給



大勢の組合員が参加した設立総会=10日、上野農村環境改善センター

大勢の組合員が参加した設立総会=10日、上野農村環境改善センター

 市が進めるカンショ(イモ)の6次産業化事業の一環で「宮古島市いも生産販売組合」が10日、発足した。同日、設立総会を上野農村環境改善センターで開き、規約や事業計画、収支計画などを承認した。組合員は147人。組合長には上地雅己宮古島市かんしょ研究会長を選任した。

(全文を表示…)

2012年8月10日(金) 09:00 [産業・経済]

宮古産黒糖をどうぞ/県農水振興センター

消費拡大キャンペーン


黒糖割りに挑戦する子ども=8日、宮古空港

黒糖割りに挑戦する子ども=8日、宮古空港

 県宮古農林水産振興センターは8日、宮古空港到着ロビーで県産黒糖の消費拡大キャンペーンを実施した。東京から来島した観光客にその場で割った黒糖を振る舞い、黒糖の美味をアピールした。

(全文を表示…)

2012年8月10日(金) 09:00 [産業・経済]

通話エリア拡大へ/ウィルコム沖縄

宮古でのCM撮影を報告


CM撮影などについて報告する仲本社長(中央)と真玉橋さん(右)、同社営業部の玻名城均さん=9日、市長室

CM撮影などについて報告する仲本社長(中央)と真玉橋さん(右)、同社営業部の玻名城均さん=9日、市長室

 PHS通信会社「ウィルコム沖縄」(那覇市)の仲本栄章社長と同社イメージガールの真玉橋さやさんらが9日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、同社CMを宮古島で撮影したこと、そのCMがすでにオンエアされていることなどを報告した。

(全文を表示…)

2012年8月10日(金) 09:00 [産業・経済]

推進補助金1億2800万円/沖縄型農業共済制度

農家負担金を間接支援/キビ2割、施設園芸6割相当


台風通過時、猛烈な風を受けるサトウキビ(資料写真)

台風通過時、猛烈な風を受けるサトウキビ(資料写真)

 県が沖縄型農業共済制度の推進補助金として1億2888万8000円を決定し、県農業共済組合(比嘉俊昭組合長)に通知したことを同組合の瑞慶覧栄功宮古支所長が9日、明らかにした。「沖縄型」は台風常襲地域である沖縄の農業災害補償を充実させ、経営の安定に資する目的で創設した沖縄独自の制度。補助金は、一括交付金を活用した。

(全文を表示…)

2012年8月9日(木) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

キビ夏植え始まる

農家、台風の雨見計らい


キビの苗作りに精を出す平良さん=8日、城辺下南

キビの苗作りに精を出す平良さん=8日、城辺下南

 台風のもたらした潤いを見計らって、サトウキビの夏植えが始まった。土壌の水分が適度になる来週ごろから、本格化するとみられる。

(全文を表示…)

2012年8月9日(木) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

“んみゃ~ち”宮古へ/「観光の日」キャンペーン

空港で菓子振る舞う


宮古島産のキャンディーやマンゴージュースを振る舞い観光客を歓迎した=8日、宮古空港

宮古島産のキャンディーやマンゴージュースを振る舞い観光客を歓迎した=8日、宮古空港

 観光月間にちなみ、宮古島市など観光関係団体は8日、宮古空港到着ロビーで「観光の日」のキャンペーンを実施した。直行便で東京・羽田空港から来島した観光客らにマンゴージュースや雪塩キャンディー、黒糖を振る舞いながら宮古島をPRした。

(全文を表示…)

2012年8月8日(水) 09:00 [産業・経済]

共済加入牛 年間577頭死亡/11年度宮古地区

胎児・子牛75%占める/事故低減し農家所得向上へ


総会では事故低減のための勉強会を実施する方針が示された=7日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

総会では事故低減のための勉強会を実施する方針が示された=7日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

 県農業共済組合の家畜共済加入牛のうち、2011年度に宮古地区で事故死した牛は577頭に上ったことが、7日の宮古郡家畜損害防止対策協議会(渡真利等会長)の総会で報告された。宮古家畜市場の1カ月分の上場頭数に匹敵する。渡真利会長は「12年度は事故低減を図り、農家所得を向上させるため勉強会を実施する」と方針を示した。

(全文を表示…)

2012年8月4日(土) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

「ぱりみず」の日を設定/土地改良区 式典開き宣言

地下ダムの水に感謝


下地原のクイチャーを披露する保存会の皆さん=3日、城辺福東の中央管理所前

下地原のクイチャーを披露する保存会の皆さん=3日、城辺福東の中央管理所前

 宮古土地改良区(仲間克理事長)は8月3日を「みゃーく(宮古)・ぱりみず(畑水)の日」と定め同日、福里地下ダムのある城辺福東で式典を開き宣言した。方言の「ぱり(畑)」=8と、「みず(水)」=3の語呂合わせをした。地下ダムの水と、ファームポンド(FP)などのかんがい施設に感謝する日として設定。地域による施設周辺の自主清掃促進も狙いにした。

(全文を表示…)

2012年8月3日(金) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

市太陽光発電補助 第1期応募113件

前年度の6割に達す/自然エネ指向で普及拡大


多くの市民が設置補助を希望している住宅用太陽光発電システム

多くの市民が設置補助を希望している住宅用太陽光発電システム

 市が7月2日から募集していた、2012年度住宅用太陽光発電システム設置補助金交付事業の第1期受付が7月31日で終了。10日に抽選会を行う。今回は1期だけで、11年度の第1期、2期を合わせた年間申請件数の6割に当たる113件もの申請を受け付けた。今年7月からの再生可能エネルギーの固定価格(全量)買取制度スタートや、福島第一原子力発電所事故に伴うクリーンエネルギー指向の高まりなど、住宅用太陽光発電への関心、注目度は年々、高まりを見せている。

(全文を表示…)

2012年8月2日(木) 09:00 [産業・経済]

生産見込み29万8000㌧/宮古島市12-13年期キビ

気象条件良く生育順調/春植え、株出しの面積3割に


今期のサトウキビは大幅な増産が見込まれている(資料写真)

今期のサトウキビは大幅な増産が見込まれている(資料写真)

 宮古本島と伊良部島の各製糖工場が実施する2012-13年産サトウキビの第1回生産見込み量調査の結果がまとまった。3工場全体の生産見込み量は29万8621㌧で、宮古島市だけで30万㌧を超える勢い。大不作となった前期生産量18万7000㌧を大幅に上回るのは確実で、適度な降雨など気象条件に恵まれたことが増産の要因。今回の調査では植え付け体系の変化も顕著に表れ、春植えと株出しの面積が全体の約3割に及ぶことが分かった。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2012年8月
    « 7月   9月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2