2012年8月のニュース一覧

2012年8月18日(土) 09:00 [スポーツ]

友情と団結深める/中学学級対抗リレー

14校から41クラス出場


息の合った連携でバトンをつなぐ選手ら=17日、市陸上競技場

息の合った連携でバトンをつなぐ選手ら=17日、市陸上競技場

 第4回全宮古学級対抗リレーカーニバル(主催・宮古地区中学校体育研究会)が17日、市陸上競技場で行われた。14校から計41クラスが出場し、男女混成800㍍リレーで健脚を競い合った。熱戦の結果、学年別で久松3年A組、下地2年A組、平良1年1組がそれぞれ優勝した。

(全文を表示…)

2012年8月18日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

サンゴ礁を守ろう/地域づくり支援講演会

大津波への備えも訴え/鹿熊、仲座さんが講演


サンゴ礁保全と津波への備えについて理解を深める参加者=17日、市中央公民館

サンゴ礁保全と津波への備えについて理解を深める参加者=17日、市中央公民館

 海洋調査研究会(宮國泰男会長)主催の地域づくり支援講演会が17日午後、宮古島市中央公民館で行われた。県水産業改良普及センター主幹の鹿熊信一郎さんがサンゴ礁の保全について講演し、琉球大学教授の仲座栄三さんは大津波への備えについて語った。サンゴ保全について鹿熊さんは生物多様性の保全と漁業との連携および白化現象、オニヒトデ、赤土の各対策、サンゴ移植など多角的な保全活動の実践を訴えた。

(全文を表示…)

2012年8月18日(土) 09:00 [地域・暮らし]

「純と愛」主題歌決まる/NHK沖縄

HY歌う「いちばん近くに」


純と愛の主題歌「いちばん近くに」を発表したHY=17日、NHK沖縄放送局

純と愛の主題歌「いちばん近くに」を発表したHY=17日、NHK沖縄放送局

 【那覇支社】今年10月1日から放送予定の宮古島と大阪を舞台にしたNHK朝の連続テレビ小説「純と愛」の主題歌発表が17日、那覇市のNHK沖縄放送局で行われた。主題歌は沖縄出身のグループHY(エイチワイ)が歌う「いちばん近くに」に決定した。

(全文を表示…)

2012年8月17日(金) 19:48 [私見公論]

障害者福祉について/下地 徹

私見公論 43


一、障害者福祉法


 第一条(法の目的)この法律は障害者の自立と社会経済活動への参加を促進するため、障害者を援助しおよび必要に応じて保護し、もって障害者の福祉の増進を図ることを目的とする。


 第二条(自立への努力および機会の確保)
 すべての障害者は自ら進んでその障害を克服する能力を活用することにより、社会経済活動に参加することができるように努めなければならない。
 すべての障害者は社会を構成する一員として、社会・経済・文化その他あらゆる分野の活動に参加する機会を与えられるものとする。


 第三条(国・地方公共団体および国民の責務)
 国および地方公共団体は、前条に規定する理念が実現されるように配慮して、障害者の自立と社会経済活動への参加を促進するための援助と必要な保護を総合的に実施するよう努めなければならない。
 国民は、社会連帯の理念に基づき、障害者がその障害を克服し、社会経済活動に参加しようとする努力に対し、協力するように努めなければならない。


 以上のように、障害者福祉について、国、地方公共団体および国民の責務と明記されている福祉の法律は少なく、それを具現化するために、国・県・市町村は障害者福祉計画を策定し福祉サービスを実施している。

(全文を表示…)

2012年8月17日(金) 09:00 [政治・行政]

73㌶を農地に再生/遊休地解消、着実に成果

事業推進へ協力員を委嘱/宮古島市農業委員会



平良地区の農地確認調査員に委嘱状が交付された=16日、宮古島市中央公民館

平良地区の農地確認調査員に委嘱状が交付された=16日、宮古島市中央公民館

 宮古島市で確認された耕作放棄地(遊休地)の解消が順調に進んでいる。国の農地制度実施円滑化事業を2008年度に導入し、それ以降の3年間で73㌶(約73町)の遊休地を解消、農地として再生・活用されている。市農業委員会の野崎達男会長は「事業導入の成果が表れている。遊休地の解消によって多様な農業を展開できる」と話し、遊休地解消に伴う農業振興に期待を込めた。16日午後には12年度の平良地区農地確認調査員26人に委嘱状を交付し、一層の遊休地解消に向け決意を新たにした。

(全文を表示…)

2012年8月17日(金) 09:00 [産業・経済]

宮古の基本方向示す/県が振興計画で説明会

新たな沖縄振興計画を説明する県の関係者ら=15日、宮古合同庁舎

新たな沖縄振興計画を説明する県の関係者ら=15日、宮古合同庁舎

 県は15日、宮古合同庁舎で今後10年間の沖縄振興の指針となる「沖縄21世紀ビジョン基本計画(沖縄振興計画)」に関する県民説明会を開いた。地元選出の県議や市議ら約50人が参加。宮古圏域の基本方向について知識を深めた。県は年内に実施計画を策定する。

(全文を表示…)

2012年8月17日(金) 09:00 [産業・経済]

6次産業先進例など紹介/アグリチャレンジ講座

県営農支援課の島袋さんが講義


6次産業の起業を目指す受講者らは熱心に講座に耳を傾けた=16日、宮古農村青少年教育センター

6次産業の起業を目指す受講者らは熱心に講座に耳を傾けた=16日、宮古農村青少年教育センター

 「我が国の食と農林漁業の再生のための基本方針・行動計画」に基づき、県が主催するアグリチャレンジ6次産業化支援事業の宮古島市での初回講座が16日、宮古農村青少年教育センターで開講した。県農水部営農支援課で農業革新支援専門員を務める島袋律子さんが、6次産業の概要を説明し県内の先進事例などを紹介した。講座には6次産業の起業を目指す受講者が多数参加し、島袋さんの講義に耳を傾けた。

(全文を表示…)

2012年8月17日(金) 09:00 [政治・行政]

財務会計を監査へ/トライ運営 監事2人に委嘱状

市長が交付



下地市長(左手前)が監事2人に対して委嘱状を交付した=16日、市役所平良庁舎

下地市長(左手前)が監事2人に対して委嘱状を交付した=16日、市役所平良庁舎

 宮古島トライアスロン大会の運営にかかる財務会計を監査する監事に対する委嘱状交付式が16日、市役所平良庁舎で行われ下地敏彦市長から砂川恵助さん(宮古島商工会議所専務理事)と池間隆守さん(宮古島観光協会専務理事)の2人に委嘱状が交付された。


(全文を表示…)

2012年8月17日(金) 09:00 [イベント]

入賞作など975点を一堂に/全宮古書道展きょう開幕

書心会、本社主催



子どもからお年寄りまで計975点を展示する全宮古書道展の準備風景=16日、市中央公民館

子どもからお年寄りまで計975点を展示する全宮古書道展の準備風景=16日、市中央公民館

 第31回全宮古書道展(主催・書心会、宮古毎日新聞社)が17日、宮古島市中央公民館大ホールで開幕する。児童生徒(特別支援学校含む)の部、高校生・一般の部(高齢者含む)の入賞作品など計975点を一堂に展示する。会期は19日までの3日間。時間は午前10時~午後6時まで。(最終日は午後5時まで)

(全文を表示…)

2012年8月17日(金) 09:00 [地域・暮らし]

街路樹をきれいにせん定/工業高通り

緑創出の波及効果に期待



イヌマキと四角にせん定されたヒメサンダンカが道行く人たちの目を楽しませている=市道A-55号線・宮工高通り

イヌマキと四角にせん定されたヒメサンダンカが道行く人たちの目を楽しませている=市道A-55号線・宮工高通り

 宮古工業高校正門から恵商店交差点に向かう通りの高木の街路樹イヌマキと四角にせん定されたヒメサンダンカの花が道行く人たちの目を楽しませている。市が構想している「花の王国公園」や「道路の里親」とも連動。関係者は、「地域の人たちが緑の環境を創出するモデル地区になれば」と波及効果に期待している。

(全文を表示…)

2012年8月16日(木) 22:30 [はばたけあすの顔]

運動会が楽しみ/中央保育園

男子4人・女子10人

 

中央保育園

中央保育園

 絵本が大好きな子どもたち。近くにある市立図書館に行って好きな絵本を、先生に読んでもらう。先生が読み聞かせをしているときは全員、静かに聞き入る。話が終わるとあちらこちらで絵本の主人公の物まねをして遊んでいるという。

(全文を表示…)

2012年8月16日(木) 09:00 [地域・暮らし]

昔の味、残したい/地域農業振興総合指導事業

友利住民がレシピ作成


友利で古くから伝わる料理をつくる婦人ら=15日、城辺公民館

友利で古くから伝わる料理をつくる婦人ら=15日、城辺公民館

 県の地域農業振興総合指導事業の一環で、昔から友利地区に伝わる伝統料理の講習会が15日午後、城辺公民館であった。友利地区の婦人が参加し、パパイア料理や黒糖アフなど昔懐かしい味づくりに挑戦した。

(全文を表示…)

2012年8月16日(木) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

仲井真知事、納骨堂に献花/宮古南静園

自治会・退所者会から要望受ける


終戦記念日に宮古を訪れた仲井真知事は南静園納骨堂で献花し祈りをささげた=15日、宮古南静園納骨堂

終戦記念日に宮古を訪れた仲井真知事は南静園納骨堂で献花し祈りをささげた=15日、宮古南静園納骨堂

 沖縄21世紀ビジョン基本計画(沖縄振興計画)の市村長との意見交換のため来島した仲井真弘多知事は15日、意見交換会終了後、国立療養所宮古南静園を訪れ、「らい予防法」による戦前戦後の隔離政策によって、同園内で犠牲となった人たちの遺骨が納められた納骨堂で献花し祈りをささげた。また、入園者自治会と退所者の会のヒアリングに臨み、二つの会から、それぞれ要望書を受け取った。仲井真知事の同園訪問は、知事就任後初めて。

(全文を表示…)

2012年8月16日(木) 09:00 [教育・文化]

大嶺栞里さん(平良3年)が最優秀賞/中学校英語弁論大会

優秀賞は平良君(上野2年)、下地さん(西城3年)


最優秀賞に輝いた大嶺さん(中央)と優秀賞の平良君(左)と下地さん=15日、宮古合同庁舎2階講堂

最優秀賞に輝いた大嶺さん(中央)と優秀賞の平良君(左)と下地さん=15日、宮古合同庁舎2階講堂

 第5回宮古地区中学校英語弁論大会(主催・宮古地区中学校英語教育研究会)が15日、宮古合同庁舎2階講堂で開かれた。12校から代表生徒各1人が参加し、これまで練習を重ねてきた英語のスピーチを披露した。審査の結果、平良中学校3年の大嶺栞里さんが最優秀賞に輝いた。優秀賞には上野中学校2年の平良貴教君と西城中学校3年の下地佐季さんが選ばれ、3人は10月6日に行われる「高円宮杯全日本中学校英語弁論大会沖縄県予選大会」へ出場する。

(全文を表示…)

2012年8月16日(木) 09:00 [教育・文化]

文化財指定決定へ/市文化財保護審

ミヤコジマハナワラビ ミヤコジマソウ


危機的な状況にあるミヤコジマハナワラビ

危機的な状況にあるミヤコジマハナワラビ

 市文化財保護審議会(岡徹会長)は市教育委員会(川満弘志教育長)から諮問を受けたミヤコジマハナワラビ(ハナヤスリ科)とミヤコジマソウ(キツネノマゴ科)の市文化財(天然記念物)への指定について18日午前、審議会を開き、指定を決定する見通し。正式には川満教育長への答申、教育委員会の承認を経て文化財に指定される。

(全文を表示…)

2012年8月16日(木) 09:00 [政治・行政]

市、国営「花の王国」整備要望/知事・市村長意見交換会

多良間は公民館建設など/県、沖振計の概要を説明


仲井真知事(手前左)と県企画部が宮古島市、多良間村に対し沖縄21世紀ビジョン基本計画(沖縄振興計画)の概要説明を行った=15日、市平良庁舎

仲井真知事(手前左)と県企画部が宮古島市、多良間村に対し沖縄21世紀ビジョン基本計画(沖縄振興計画)の概要説明を行った=15日、市平良庁舎

 仲井真弘多知事は15日、市平良庁舎を訪れ、沖縄21世紀ビジョン基本計画(沖縄振興計画・2012~21年度)の概要説明を行うとともに、下地敏彦宮古島市長、下地昌明多良間村長と今後の宮古圏域の振興策や沖縄振興一括交付金の展開方法などについて意見交換した。県側から謝花喜一郎県企画部長らが随行し、同計画の中身について説明した。宮古島市は下地島空港の周辺残地利活用に関連し、新たに国営「花の王国公園」整備を支援するよう要望した。また、多良間村は新たな公民館建設など3案件の県支援を求めた。

(全文を表示…)

2012年8月16日(木) 09:00 [教育・文化]

来年度から学力検査重視へ/宮古高校入学者選抜

川満校長が会見で発表


来年度の入試の変更内容について発表する川満校長(左)=15日、宮古高校

来年度の入試の変更内容について発表する川満校長(左)=15日、宮古高校

 宮古高校(川満健校長)は15日、同校で会見を行い来年3月に行われる2013年度の入試から、これまで「5対5」だった「調査書」と「学力検査等」の比重を変更し、学力検査の比重を重くすることを発表した。

(全文を表示…)

2012年8月15日(水) 22:30 [お母さんと一緒]

ハイハイができそう

▽崎原 京太くん(けいた)(6カ月)
▽お父さん・圭さん


崎原 京太くん(けいた)(6カ月)お父さん・圭さん

崎原 京太くん(けいた)(6カ月)お父さん・圭さん

 もうすぐハイハイができそうな京太くん。両親の「おいで、おいで」の声にこたえようと頑張っている。お父さんは「もう少しでできそうですね」。

(全文を表示…)

2012年8月15日(水) 22:30 [行雲流水]

「天ぷら屋」(行雲流水)

 おいしく利用していた天ぷら屋が店じまいした。電話予約してから向かわないと長時間待たされるほど先客は万来。メディアによる広告宣伝はなく種類も魚天と野菜天だけ。それでも人気は急上昇中だった

(全文を表示…)

2012年8月15日(水) 09:00 [イベント]

サンゴ礁楽しんで/市と観光協

ガラスボードで海底観光/来月15、16日


「美しい海底散歩を楽しんで」と呼び掛けた会見=14日、宮古島観光協会

「美しい海底散歩を楽しんで」と呼び掛けた会見=14日、宮古島観光協会

 宮古島市と宮古島観光協会は昨年に引き続き、海族まつりの一環として、ガラスボートで行く海底観光を9月15と16日に実施する。

(全文を表示…)

2012年8月15日(水) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

市の借金348億8682万円/11年度一般会計決算見込み

前年度比9441万円の減/貯金は14億円増の36億8691万円


 宮古島市はこのほど、2011年度一般会計の決算見込みをまとめた。それによると、市の借金に当たる地方債現在高は前年度より9441万円少ない348億8682万円。市民一人当たり(8月1日現在)に換算すると約63万6000円となる。市の貯金に当たる財政調整積立基金は前年度比14億2562万円増の36億8691万円となった。

(全文を表示…)

2012年8月15日(水) 09:00 [スポーツ]

「甲子園目指し頑張って」/宮高野球部 市長にV報告

甲子園出場を願い下地市長(左)が宮高野球部に硬式野球ボールをプレゼントした=14日、市役所平良庁舎

甲子園出場を願い下地市長(左)が宮高野球部に硬式野球ボールをプレゼントした=14日、市役所平良庁舎

 第39回県高校野球新人中央大会を制した宮古高校野球部の部員らが14日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね初の県制覇を報告した。

(全文を表示…)

2012年8月15日(水) 09:00 [環境・エコ]

真謝漁港周辺に赤土

3漁協、県に解決策要請へ


 平良の真謝漁港近くの公有水面が陸上からの赤土流出で汚染されているとして、3漁協(宮古島、伊良部、池間)は今月中に県に解決策の協力を得るため要請することにしている。13日、宮古島漁協の小禄貴英組合長が明らかにした。 

(全文を表示…)

2012年8月15日(水) 09:00 [地域・暮らし]

親族と感動の対面/小禄卓也さん

ルーツ探しで昨年来島/「宮古の血流れている」


親族の初対面を実現した小禄さん(前列左から4人目)と真弓さん(同3人目)とその家族=12日、浦添市、イバノ牧港店

親族の初対面を実現した小禄さん(前列左から4人目)と真弓さん(同3人目)とその家族=12日、浦添市、イバノ牧港店

 【那覇支社】昨年2月に東京に住む小禄卓也さん(26)が自らのルーツを探して宮古島を訪れ、親戚捜しを行っていることを本紙記事で紹介したところ、浦添市在住の下地真弓さん(78)が親戚に当たることを名乗り出て12日、小禄さんと親戚一同が感動的な対面を果たした。

(全文を表示…)

2012年8月15日(水) 09:00 [産業・経済]

過去最高の3億2200万円/ロックフェス経済効果

観客 県内外から5000人/りゅうぎん総合研究所


 ミヤコ・アイランド・ロック・フェスティバル2012の実行委員会(野津芳仁委員長)のメンバーが14日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、イベント成功に対する協力に感謝した。また、同日にりゅうぎん総合研究所が発表した今回の経済効果が過去最高の3億2200万円となったことも報告した。

(全文を表示…)

2012年8月14日(火) 22:35 [人(ひと)]

宮古高校野球部監督/藤井 智さん(36歳)

「三位一体」前面に県制覇


藤井 智さん

藤井 智さん

 第39回県高校野球新人中央大会準決勝終了後のミーティング。選手たちに「勝ってかぶとの緒締めよ」という言葉を贈った。自身の座右の銘でもある。決勝の相手は強豪沖尚。「油断せず気を引き締めて戦おう」。選手たちは見事に応え、初優勝をつかんだ。「今までは追いかけるチームだったが、これからは追いかけられる。今こそかぶとを緒を締めなければいけない」

(全文を表示…)

2012年8月14日(火) 09:00 [スポーツ]

宮高が初の県制覇/高校野球新人大会

強豪沖尚に4-2/選手凱旋、甲子園に手応え


県新人大会で初優勝を果たした宮高野球部のメンバー=13日、宮古空港

県新人大会で初優勝を果たした宮高野球部のメンバー=13日、宮古空港

 第39回県高校野球新人中央大会の決勝戦が12日、宜野座球場で行われ、宮古高校が沖縄尚学を4対2で下し、初優勝を勝ち取った。同校が県大会を制するのは今回が初。13日には選手たちが優勝旗を手に凱旋帰島。宮古空港では大勢の父母らが笑顔で出迎え、初優勝を祝うとともに、春の甲子園につながる秋季大会での連覇に期待を寄せた。

(全文を表示…)

2012年8月14日(火) 09:00 [イベント]

方言やダンス織り交ぜ/市こども劇団

初公演生き生きと/「百点満点」「大きな自信に」


初公演で伸び伸びと演技する団員たち=12日、マティダ市民劇場

初公演で伸び伸びと演技する団員たち=12日、マティダ市民劇場

 今年4月に設立した宮古島市こども劇団の第1回立ち上げ公演「ゆうたっちょの中学生絵日記」(田中雄太作)が12日、マティダ市民劇場で行われた。団員46人が宮古方言のせりふやダンスなどを織り交ぜた青春ドラマを演じ、大勢の市民から拍手を受けた。団員たちは「百点満点」と演劇の素晴らしさを実感。関係者は「大きな自信につながる」と大喜びだった。次回はオリジナル創作劇を発表する予定だ。

(全文を表示…)

2012年8月14日(火) 09:00 [社会・全般]

下地ヒロ子さん最優秀賞/婦人の主張大会

優秀賞は宮国、砂川さん


婦人の主張大会で入賞した(左から)優秀賞の宮国三代子さん、最優秀賞の下地ヒロ子さん、優秀賞の砂川さゆりさん=12日、下地農村改善センター

婦人の主張大会で入賞した(左から)優秀賞の宮国三代子さん、最優秀賞の下地ヒロ子さん、優秀賞の砂川さゆりさん=12日、下地農村改善センター

 宮古島市(地区)婦人連合会(島尻清子会長)の婦人の集いが12日午後、下地農村環境改善センターで開かれた。婦人の主張大会では、福嶺学区の下地ヒロ子さんが最優秀賞を受賞。難病を乗り越え、宮古上布を織るという夢を実現させた経験を語り、審査員から高い評価を得た。伊良部学区の宮国三代子さんと砂川学区の砂川さゆりさんが優秀賞を受賞した。

(全文を表示…)

2012年8月14日(火) 09:00 [産業・経済]

開通遅れる見通し/伊良部大橋

台風影響でクレーン船使えず


平良港下崎埠頭に仮置きされている鋼鉄製箱桁

平良港下崎埠頭に仮置きされている鋼鉄製箱桁

 平良港下崎埠頭に仮置きされた長さ180㍍、幅16・1㍍、重さ約1500㌧の巨大な鋼鉄製箱桁。本土復帰の日の5月15日に、伊良部大橋主航路部の中央に設置される予定だったが、つり上げるクレーン船が台風を避けて本土に帰り戻って来ないため、約3カ月間置いたままになっている。

(全文を表示…)