2012年9月19日のニュース一覧

2012年9月19日(水) 22:46 [行雲流水]

「宮古の財政構造」(行雲流水)

 「近いうち」に行われる総選挙では、新党「日本維新の会」が台風の目になりそうだという。〝人気のもと〟は、橋下大阪市長の歯切れのいい語り口にあるようだ。だが、政策綱領ともいうべき維新八策の仕上がりの姿は不透明だ

(全文を表示…)

2012年9月19日(水) 22:30 [お母さんと一緒]

おしゃべりちゃん

上里 心優(みゆう)ちゃん(2つ)
お母さん・富久江さん


上里 心優(みゆう)ちゃん(2つ)お母さん・富久江さん

上里 心優(みゆう)ちゃん(2つ)お母さん・富久江さん

 にぎやかな場所が大好き。この間も保育園主催のおゆうぎ会で、自分の出番でないのに、舞台に上がり踊りを披露。保育園行事では毎度のことで、そんな心優ちゃんのそばには必ず保育士が付き添い見張っているとか。

(全文を表示…)

2012年9月19日(水) 09:00 [地域・暮らし]

「光の扉を開けて」熱演/人権フォーラムin2012宮古

宮古島市の児童生徒たちによる迫真の演技が舞台で繰り広げられた=16日、マティダ市民劇場

宮古島市の児童生徒たちによる迫真の演技が舞台で繰り広げられた=16日、マティダ市民劇場

子どもたちが人権の尊さ訴え


 人権フォーラムin2012宮古(主催・県、沖縄愛楽園自治会、同実行委員会ほか)が16日夕、マティダ市民劇場で開かれ、宮古島市の生徒らが演劇「光の扉を開けて」を熱演。迫真の演技に会場は圧倒された。同フォーラムはハンセン病の歴史やHIVについて踊りや歌、演劇を通じて学び、差別や偏見を乗り越えて共生を目指した社会づくりを実現するために開催した。

(全文を表示…)

2012年9月19日(水) 09:00 [イベント]

エコフェス来月開催/宮古JC

出店業者やボランティア募集


エコフェス開催に向け、垣花理事長(中央)が会見で「市民参加型のイベントにしたい」と意気込みを示した=18日、宮古JC会館

エコフェス開催に向け、垣花理事長(中央)が会見で「市民参加型のイベントにしたい」と意気込みを示した=18日、宮古JC会館

 10月20日と21日に荷川取漁港内で開催される「宮古島エコフェスタ2012」に向け、主催の宮古青年会議所は18日、宮古JC会館で会見を開き同フェスティバルの概要や企画から運営までともに協力する出店業者やボランティアを募ることを発表し、多くの応募を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2012年9月19日(水) 09:00 [政治・行政]

年1800万円の赤字、売却方針堅持

サシバリンクス伊良部の指定管理で


 開会中の宮古島市議会(平良隆議長)9月定例会は18日、提出議案に対する質疑を行った。ゴルフ場「宮古島市サシバリンクス伊良部」の設置及び管理に関する条例についての質問に対し長濱政治副市長らが指定管理者による運営を前提とした条例策定であること、指定管理希望者がいなかった場合には、市直営になることを説明。同ゴルフ場は年間約1800万円もの赤字を計上しているほか、約4億円の借入残金が残っていることなどを示し、引き続き売却方針を堅持する考えを述べた。

(全文を表示…)

2012年9月19日(水) 09:00 [地域・暮らし]

1500人の健康長寿祝う/伊良部敬老会

自慢の祖父母、作文で紹介


多彩な余興を楽しむ伊良部学区の参加者ら=17日、市伊良部公民館

多彩な余興を楽しむ伊良部学区の参加者ら=17日、市伊良部公民館

 伊良部地区敬老会(主催・市)は17日、市伊良部公民館で開かれた。伊良部学区(伊良部、仲地、国仲、長浜、佐和田)が午前、佐良浜学区(池間添、前里添)が午後に開催され、参加者らは、盛大な祝福を受けた。

(全文を表示…)

2012年9月19日(水) 09:00 [教育・文化]

地域の方言大切に/西城小で「スマフツ集会」

方言の講話を聞く児童ら=18日、西城小学校

方言の講話を聞く児童ら=18日、西城小学校

 西城小学校(久貝勝宣校長)で18日、「しまくとぅばの日」にちなみ「しまくとぅば(スマフツ)」集会があり、同小PTAの吉濱猛会長が方言の指導をした。


 参加したのは同小と幼稚園の児童合わせて123人。吉濱さんが体の部位を方言で説明したり「内地では仲が悪いことを『犬猿の仲』というが、宮古では犬と猫の仲に例えることなどを話したりした。

講師の吉濱猛さん

講師の吉濱猛さん


 垣花海斗君(6年)は「方言は難しい。方言の勉強を始めるかはこれから考える」と話した。
 集会の最後に司会が「きょう話した方言が分からなかった人」と児童に問うと、ほとんどの児童が「分からなかった」と手を挙げた。 久貝校長は「城辺スマフツ辞典が各家にあると思う。たまにページを開いて見てほしい。発音が分からなければ家の人に聞いて、方言に触れてほしい」と生徒たちに方言に積極的に触れるよう促した。


 同集会は地域で世代を超えて受け継がれてきた「スマフツ(しまくとぅば)に対する理解と関心を深め、継承するためにはどのようなことを心掛ければよいかを考える機会にすることが狙い。


 県では2006年に9月18日を「しまくとぅばの日」とする条例を定めている。

2012年9月19日(水) 09:00 [産業・経済]

見返り少ない掛金7割/キビ共済

11年産 受け取り3億8200万円


夏植の風景。キビ共済は第1位加入が有利と試算されている=16日、上野地区

夏植の風景。キビ共済は第1位加入が有利と試算されている=16日、上野地区

 サトウキビ共済の掛金は、最も安い「第5位」から最も高い「第1位」まで5ランクに区分されるが、県農業共済組合宮古支所によると、管内の2011年産は、見返りの最も少ない「第5位」が7割を占め、今後の課題に災害補償金(共済金)を多く取れる上位ランクの加入率向上が浮上した。11年産キビは大不作となり、1628戸の農家が受け取った共済金は3億8200万円。これがすべて第1位に加入していたとすれば、1・45倍の5億5000万円が農家に入ったと試算する。同支所では第1位加入が有利だとして、現在夏植えをしている農家に、1位加入を呼び掛けている。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年10月1日現在

    宮古島市 54,752 人
    27,579 人
    27,173 人
    世帯数 27,740 軒
    多良間村 1,126 人
    602 人
    524 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2012年9月
    « 8月   10月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2