2012年9月23日のニュース一覧

2012年9月23日(日) 09:00 [イベント]

宮古空港施設を見学/「空の日」で親子イベント

化学消防車の放水を間近で見学する参加者=22日、宮古空港

化学消防車の放水を間近で見学する参加者=22日、宮古空港

 宮古空港や航空機に親しんでもらおうと、「空の日(20日)・空の旬間(20~30日)」にちなんだイベント「管制タワー見学など空港施設バスツアー」(主催・宮古空港管理事務所・『空の日』・『空の旬間』宮古空港実行委員会)が22日、同空港で行われた。親子連れら100人余が参加。万が一に備えた化学消防車や航空管制業務の役割などを学んだ。

(全文を表示…)

2012年9月23日(日) 09:00 [地域・暮らし]

建て替え3年を祝う

旧前里村ブーンミャー/佐良浜


子どもたちが伸び伸びと踊りを披露し、盛り上げた=21日、佐良浜

子どもたちが伸び伸びと踊りを披露し、盛り上げた=21日、佐良浜

 旧前里村ブーンミャー改築3年祝賀会(主催・同実行委員会)が21日、佐良浜の同施設で行われた。子どもから大人までが参加し、建て替えから3年を盛大に祝った。

(全文を表示…)

2012年9月23日(日) 09:00 [教育・文化]

「ネフスキーの宮古を歩く」開催/ゆかりの地を訪ね17人が参加

生誕120年記念事業 宮古研究の要所を巡る/きょうシンポジウム


ゆかりの地を訪ねてネフスキーの宮古を歩くが催された=22日、ネフスキー通り(漲水石畳道)

ゆかりの地を訪ねてネフスキーの宮古を歩くが催された=22日、ネフスキー通り(漲水石畳道)

 日本の言語・民俗学の研究者で、慶世村恒任、稲村賢敷など宮古研究の先学者に強い影響を与え、今日の宮古の歴史、言語、文学、民学研究の礎となったロシア生まれのニコライ・A・ネフスキー(1892~1937年)の生誕120周年記念シンポジウム(主催・同実行委員会)が、きょう23日に開かれる。シンポジウム開催に先立ち22日、ネフスキーゆかりの地を訪ね学習する「ネフスキーの宮古を歩く」が催された。同行事には17人が参加。仲宗根豊見親の墓、ネフスキーが滞在したという嘉手納旅館(現ホテル共和別館付近)など歴史研究の要所を巡り歩いた。

(全文を表示…)

2012年9月23日(日) 09:00 [地域・暮らし]

適正化見直し案を説明/市教育委

通学時間などに意見集中/福嶺中


市教育委が学校規模適正化の見直し素案を説明した=20日、福嶺中学校

市教育委が学校規模適正化の見直し素案を説明した=20日、福嶺中学校

 市教育委員会(川満弘志教育長)は市が進める学校規模適正化基本方針の見直し素案説明会を20日夕、福嶺中学校で開催した。説明会には福嶺中に在籍する生徒の保護者らが出席し、市教委と活発に質疑応答を行った。見直し素案に対し保護者からは「通学時間が掛かることは生徒の生活リズムを崩すことになる」などの意見が出された。

(全文を表示…)

2012年9月23日(日) 09:00 [地域・暮らし]

170羽の飛去を確認/下地入江

越冬地向け南下/アカハラダカ市民観察会


アカハラダカが南下する姿を観察する市民ら=22日、下地入江橋

アカハラダカが南下する姿を観察する市民ら=22日、下地入江橋

 アカハラダカ市民観察会(主催・宮古野鳥の会)が22日、下地入江橋で行われ、親子連れら約30人がアカハラダカ(タカ科)が宮古島を飛び立ち南下する群れを観察した。この日は177羽が観察された。

(全文を表示…)

2012年9月23日(日) 09:00 [イベント]

きれいな海に感動/海族まつり

ガラスボートでサンゴ観察


海底観光に出発するため乗船した観光客ら=22日、池間島

海底観光に出発するため乗船した観光客ら=22日、池間島

 ガラスボートで行く海底観光(主催・宮古島観光協会)が22日、海族まつりの一環として行われ、市民や観光客ら11人がガラスをはった船底部分から、大神島周辺のサンゴや魚を観察した。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年12月1日現在

    宮古島市 54,792 人
    27,602 人
    27,192 人
    世帯数 27,848 軒
    多良間村 1,127 人
    604 人
    523 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2012年9月
    « 8月   10月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2