「教育・文化」 2012年9月のニュース一覧

2012年9月28日(金) 09:00 [教育・文化]

與那原さんら2級合格/宮工高3年

全国高校家庭科食物調理技術検定


左から2級に合格した與那原さん、狩俣さん、安谷屋さん、伊計さん=27日、宮古工業高校

左から2級に合格した與那原さん、狩俣さん、安谷屋さん、伊計さん=27日、宮古工業高校

 第35回全国高校家庭科食物調理技術検定試験がこのほど実施され、宮古工業高校(多良間勉校長)生活情報科3年の與那原笑子さんら5人が2級に合格した。與那原さんらは4級から順番に合格し、今回2級合格を成し遂げた。2年の3級合格者は9人、1年の4級合格者は23人。27日、同校で記者会見があり、合格者名が発表された。

(全文を表示…)

2012年9月28日(金) 09:00 [教育・文化]

小6は県、全国平均下回る/中3正答率、県上回る

全国学力テスト 市教委が調査結果公表/市議会一般質問



全国学力テスト調査結果

全国学力テスト調査結果

 今年4月に実施された全国学力・学習状況調査(学力テスト)で、宮古島市教育委員会は27日、宮古島市の平均正答率と全国平均、県平均との比較を公表した。それによると、小学生(6年)の正答率は全科目で県平均、全国平均を下回っている。中学生(3年)は県平均を上回っているものの、全国と比べるとすべての科目で平均を下回る成績だった。開会中の宮古島市議会(平良隆議長)9月定例会一般質問で、嵩原弘氏の質問に市教委が答えた。

(全文を表示…)

2012年9月27日(木) 09:00 [教育・文化]

市教委が2種を文化財承認/ミヤコジマソウ ミヤコジマハナワラビ

きょう告示し正式指定



日本では宮古島のみに分布するミヤコジマソウ(資料写真)

日本では宮古島のみに分布するミヤコジマソウ(資料写真)

 市教育委員会(宮國博教育委員長)の定例会が26日、市役所城辺庁舎で行われ市指定天然記念物として文化財指定候補となっていた「ミヤコジマソウ(キツネノマゴ科)」、「ミヤコジマハナワラビ(ハナヤスリ科)」について協議し承認した。2種の文化財指定はきょう27日に告示され、同日付で正式に指定が決定する。2種とも自生地は非公開。

(全文を表示…)

2012年9月27日(木) 09:00 [教育・文化]

漢字の不思議を講話/県法人会女性部会交流事業

天久さんが面白おかしく



面白い話が会員らの笑いを誘った=26日、ホテルサザンコースト宮古島

面白い話が会員らの笑いを誘った=26日、ホテルサザンコースト宮古島

 県法人会連合会女性部会連絡協議会(知名里江会長)の2012年度「会員交流事業in宮古島」が26日、市内のホテルで開催された。県内各地から約50人が参加し講演会や懇親会を通して交流。講師を務めた日本習字宮古書心会長の天久宏さんは、面白おかしな話を連発して爆笑を誘った。

(全文を表示…)

2012年9月27日(木) 09:00 [教育・文化]

少年の主張県大会で優秀賞

砂川さん(福嶺3年)「素直にうれしい」


感銘を受けた物語「ハチドリのひとしずく」を掲げ、表現豊かに発表を行った砂川さん=26日、豊見城市中央公民館

感銘を受けた物語「ハチドリのひとしずく」を掲げ、表現豊かに発表を行った砂川さん=26日、豊見城市中央公民館

 【那覇支社】県青少年育成県民会議(大城光代会長)主催の第34回「県少年の主張大会」が26日、豊見城市中央公民館で開催され、宮古地区を代表して出場した砂川優莉奈さん(福嶺中3年)が優秀賞に輝いた。砂川さんは「今、私にできること」と題して発表。宮古地区大会で最優秀を射止め県大会に挑んだ。


(全文を表示…)

2012年9月25日(火) 09:00 [教育・文化]

国際記号表記を再評価/宮古の言語・古謡に注目

ネフスキー生誕120年記念シンポ


左から座長の上原さん、シンポジストの下地さん、かりまたさん、本永さん=23日、市働く女性の家(ゆいみなぁ)

左から座長の上原さん、シンポジストの下地さん、かりまたさん、本永さん=23日、市働く女性の家(ゆいみなぁ)

 ニコライ・A・ネフスキー(1892~1937年)生誕120年記念シンポジウム(主催・同実行委員会)が23日、市働く女性の家(ゆいみなぁ)で行われた。本永清さん(宮古の自然と文化を考える会員)は「ネフスキーと宮古」と題して基調報告。ネフスキーの著書『月と不死』に収録されている伊良部佐良浜の古謡「粟の幡種の時に謡われる歌」を紹介し、歌詞のカニ脱皮・甦生に注目した。シンポジウムでは、国際音声記号を用いた宮古方言の表記を再評価し、宮古からネフスキーの研究が進展することに期待を寄せた。

(全文を表示…)

2012年9月23日(日) 09:00 [教育・文化]

「ネフスキーの宮古を歩く」開催/ゆかりの地を訪ね17人が参加

生誕120年記念事業 宮古研究の要所を巡る/きょうシンポジウム


ゆかりの地を訪ねてネフスキーの宮古を歩くが催された=22日、ネフスキー通り(漲水石畳道)

ゆかりの地を訪ねてネフスキーの宮古を歩くが催された=22日、ネフスキー通り(漲水石畳道)

 日本の言語・民俗学の研究者で、慶世村恒任、稲村賢敷など宮古研究の先学者に強い影響を与え、今日の宮古の歴史、言語、文学、民学研究の礎となったロシア生まれのニコライ・A・ネフスキー(1892~1937年)の生誕120周年記念シンポジウム(主催・同実行委員会)が、きょう23日に開かれる。シンポジウム開催に先立ち22日、ネフスキーゆかりの地を訪ね学習する「ネフスキーの宮古を歩く」が催された。同行事には17人が参加。仲宗根豊見親の墓、ネフスキーが滞在したという嘉手納旅館(現ホテル共和別館付近)など歴史研究の要所を巡り歩いた。

(全文を表示…)

2012年9月22日(土) 09:00 [教育・文化]

「市史」通史編を発刊/市教委

郷土学習への活用期待


記者会見する(左から)川満教育長、仲宗根委員長ら=21日、市役所城辺庁舎

記者会見する(左から)川満教育長、仲宗根委員長ら=21日、市役所城辺庁舎

 市教育委員会(川満弘志教育長)はこのほど、最新の研究成果を反映した市町村合併後初の『宮古島市史 第一巻 通史編 みやこの歴史』を発刊した。宮古研究の最高水準の内容になっており、高校生にも分かりやすいように編集されている。21日、川満教育長と市編さん委員会の仲宗根将二委員長らが記者会見し「今後、市民の郷土講座や児童、生徒たちの郷土学習の副読本として活用されることを期待する」と述べた。きょう22日から市内の各書店で一部3000円で販売される。

(全文を表示…)

2012年9月19日(水) 09:00 [教育・文化]

地域の方言大切に/西城小で「スマフツ集会」

方言の講話を聞く児童ら=18日、西城小学校

方言の講話を聞く児童ら=18日、西城小学校

 西城小学校(久貝勝宣校長)で18日、「しまくとぅばの日」にちなみ「しまくとぅば(スマフツ)」集会があり、同小PTAの吉濱猛会長が方言の指導をした。


 参加したのは同小と幼稚園の児童合わせて123人。吉濱さんが体の部位を方言で説明したり「内地では仲が悪いことを『犬猿の仲』というが、宮古では犬と猫の仲に例えることなどを話したりした。

講師の吉濱猛さん

講師の吉濱猛さん


 垣花海斗君(6年)は「方言は難しい。方言の勉強を始めるかはこれから考える」と話した。
 集会の最後に司会が「きょう話した方言が分からなかった人」と児童に問うと、ほとんどの児童が「分からなかった」と手を挙げた。 久貝校長は「城辺スマフツ辞典が各家にあると思う。たまにページを開いて見てほしい。発音が分からなければ家の人に聞いて、方言に触れてほしい」と生徒たちに方言に積極的に触れるよう促した。


 同集会は地域で世代を超えて受け継がれてきた「スマフツ(しまくとぅば)に対する理解と関心を深め、継承するためにはどのようなことを心掛ければよいかを考える機会にすることが狙い。


 県では2006年に9月18日を「しまくとぅばの日」とする条例を定めている。

2012年9月9日(日) 14:45 [教育・文化]

最優秀に砂川優莉奈さん(福嶺中3年)/少年の主張宮古地区大会

優秀は砂川美紅、砂川万莉乃さん



最優秀賞に輝いた砂川優莉奈さん(中央)、優秀賞の砂川美紅さん(左)、砂川万莉乃さん(右)=8日、市中央公民館

最優秀賞に輝いた砂川優莉奈さん(中央)、優秀賞の砂川美紅さん(左)、砂川万莉乃さん(右)=8日、市中央公民館

 第27回少年の主張宮古地区大会(主催・市青少年育成市民会議)が8日、市中央公民館で行われ、「今、私にできること」と題し発表した福嶺中3年の砂川優莉奈さんが最優秀賞に輝いた。県大会(26日、豊見城市)に宮古地区代表として出場する。優秀賞は砂川美紅さん(北中3年)、砂川万莉乃さん(砂川中3年)がそれぞれ選ばれた。

(全文を表示…)

2012年9月7日(金) 09:00 [創刊55周年記念特集, 教育・文化]

平一小にごみ掛け台寄贈/掃除に学ぶ会

児童のごみ拾いを応援


ごみ袋掛け台を贈呈した右から同会会員の友利正治さん、宮城敏郎さん、佐和田会長と児童会の皆さん=6日、平良第一小学校

ごみ袋掛け台を贈呈した右から同会会員の友利正治さん、宮城敏郎さん、佐和田会長と児童会の皆さん=6日、平良第一小学校

 平良第一小学校(与那覇止校長)で6日、宮古島掃除に学ぶ会の佐和田功会長はじめ3人が、ごみ袋を掛ける台を贈呈した。同会の台の贈呈は3校目。

(全文を表示…)

2012年9月5日(水) 09:00 [教育・文化]

「目標クリアする達成感を」/宮高で進路講演会

医師の友利玄一さんが講話


生徒たちは友利さん(手前左)の講話に聞き入っていた=4日、宮古高校体育館

生徒たちは友利さん(手前左)の講話に聞き入っていた=4日、宮古高校体育館

 宮古高校(川満健校長)の進路講演会が4日、同校体育館で行われた。同校の7期卒で国費学生で名古屋大学医学部に進学し、東京大学の講師などを務め、現在も現役医師として東京都府中市保健センターで勤務する友利玄一さんが自らの経験を交えて講話。後輩たちに目標を持って取り組むことの大切さを訴えた。

(全文を表示…)

2012年9月4日(火) 09:00 [教育・文化]

気持ち新たに始業式/各学校で2学期スタート

新学期がスタートし気持ちを引き締める児童たち=3日、平良第一小学校

新学期がスタートし気持ちを引き締める児童たち=3日、平良第一小学校

 市内の多くの小中高校では長かった夏休みが終わり、3日から2学期が始まった。

(全文を表示…)

2012年9月3日(月) 09:00 [教育・文化]

特別賞49人が決意/全宮古書道展表彰式

「向上心を持ち 書に励む」/書心会、本社


児童・生徒の部で特別賞に輝いた皆さん=2日、ホテル共和

児童・生徒の部で特別賞に輝いた皆さん=2日、ホテル共和

 第31回全宮古書道展(書心会、宮古毎日新聞社主催)の表彰式が2日、市内ホテルで行われた。児童・生徒の部大賞の上原美夢さん(西辺中3年)、高校・一般の部大賞の曽田和江さん(平良東仲宗根)ら特別賞受賞者49人に賞状やトロフィーなどが贈られた。受賞者を代表して曽田さんは「この喜びを忘れずに、日々向上心を持って書に取り組んでいきたい」と決意を述べた。

(全文を表示…)

2012年9月1日(土) 09:00 [教育・文化]

英語力の向上に期待/市教委

外国語指導助手に委嘱状


外国語指導助手(ALT)5人に委嘱状が交付された=31日、市役所城辺庁舎

外国語指導助手(ALT)5人に委嘱状が交付された=31日、市役所城辺庁舎

 外国語指導助手(ALT)に対する委嘱状交付式が31日、市役所城辺庁舎で行われ市教育委員会の川満弘志教育長から5人のALTに委嘱状が交付された。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2012年9月
    « 8月   10月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2