「教育・文化」 2012年10月のニュース一覧

2012年10月30日(火) 09:00 [教育・文化]

入賞者54人たたえる/市民文化祭

盆栽、文芸、写真部門表彰式


盆栽部門入賞者とプレゼンターたち=28日、市中央公民館視聴覚室

盆栽部門入賞者とプレゼンターたち=28日、市中央公民館視聴覚室

 第7回宮古島市民総合文化祭一般の部(主催・宮古島市、市教育委員会、市文化協会)の盆栽、文芸、写真部門の表彰式が28日、市中央公民館視聴覚室で開かれた。3部門の入賞者計54人に賞状が贈られた。

(全文を表示…)

2012年10月28日(日) 09:00 [教育・文化]

市民の力作一堂に/総合文化祭が開幕

家族連れなど芸術の秋 満喫


会場には市民の力作が多く展示されている=27日、市中央公民館

会場には市民の力作が多く展示されている=27日、市中央公民館

 第7回宮古島市民総合文化祭一般の部(主催・市、市教育委員会、市文化協会)が27日、「創造する市民の文化」をテーマに、市中央公民館で開幕した。展示は28日午後5時まで。会場には市民が出品した力作や大作が展示され、来場者は気に入った作品の前で足を止めて鑑賞していた。

(全文を表示…)

2012年10月28日(日) 09:00 [教育・文化]

佐和田さん最優秀賞/伊良部トーガニまつり 

特別賞に奥平君(東小5年)


最優秀賞に輝いた佐和田方恒さん(中央)=26日、平成の森公園

最優秀賞に輝いた佐和田方恒さん(中央)=26日、平成の森公園

 伊良部に古くから歌い継がれている民謡の歌唱力を競い合う「第12回伊良部トーガニまつり」(主催・同実行委員会)が26日夜、平成の森公園の特設会場で行われた。月光の下、歌い手14人が、哀愁のこもった恋の叙情歌「伊良部トーガニ」を情感たっぷりに切々と歌い上げた。審査の結果、伊良部トーガニ部門で最優秀賞に伊良部出身の佐和田方恒さん(65)=糸満市=が輝いた。特別賞に最年少の奥平乙斗君

特別賞に選ばれた奥平乙斗君

特別賞に選ばれた奥平乙斗君

(10)=平良、東小5年=が選ばれた。

(全文を表示…)

2012年10月27日(土) 09:00 [教育・文化]

個性あふれる力作ずらり/市総合文化祭盆栽展

市長賞に池原一美さん


展示会を前に行われた審査で入賞8作品を決定。会場では個性豊かな盆栽作品が展示されている=27日、宮古島市中央公民館

展示会を前に行われた審査で入賞8作品を決定。会場では個性豊かな盆栽作品が展示されている=27日、宮古島市中央公民館

 2012年度市民総合文化祭における盆栽展がきょう27日から、宮古島市中央公民館で行われる。28日まで。26日には作品の審査が行われ入賞8作品を決定した。市長賞には池原一美さんのガジュマルが選ばれた。会場では入賞作品を含め18作品が展示されている。

(全文を表示…)

2012年10月24日(水) 09:00 [教育・文化]

市長賞に平良さん「郷愁」/宮古写真協会

市民文化祭写真コンクール


市長賞(金賞)平良智佳の作品

市長賞(金賞)平良智佳の作品

 宮古写真協会(与儀一夫会長)は23日、市民総合文化祭(27、28日、市中央公民館)写真コンクールの入賞者を発表した。一般の部市長賞(金賞)には平良智佳さん(平良、25歳)の「郷愁」が輝いた。入賞者の表彰式は28日午後3時から市中央公民館で行われる。

(全文を表示…)

2012年10月24日(水) 09:00 [教育・文化]

芸能の継承発展誓う/式典・祝賀会開催

沖縄宮古民謡協が40周年


協会の発展に尽力した人や記念事業へ協力した人たちを表彰した40周年記念式典・祝賀会=21日、那覇市・マリエールオークパイン

協会の発展に尽力した人や記念事業へ協力した人たちを表彰した40周年記念式典・祝賀会=21日、那覇市・マリエールオークパイン

 【那覇支社】沖縄宮古民謡協会(天久勝義会長)は21日、同協会創立40周年記念式典と祝賀会を那覇市内で開催した。多くの会員や郷友たちが詰め掛け節目を祝うとともに伝統芸能の継承発展を誓い合った。

(全文を表示…)

2012年10月21日(日) 09:00 [教育・文化]

児童生徒の力作ずらり/市民文化祭展示の部

書道、絵画など4200点/多くの市民訪れ鑑賞


初日から多くの市民が訪れ児童生徒の力作を鑑賞した=20日、宮古島市中央公民館

初日から多くの市民が訪れ児童生徒の力作を鑑賞した=20日、宮古島市中央公民館

 第7回宮古島市民総合文化祭児童・生徒の部の展示部門が20日、宮古島市中央公民館で開幕した。初日から多くの市民が訪れ、書道や美術、文芸、自由研究の各部門における児童生徒の力作を鑑賞した。展示はきょう21日まで。時間は午前9時から午後5時。

(全文を表示…)

2012年10月20日(土) 09:00 [教育・文化]

史跡・佐良浜サバウツガー 掘削は1771~75年

井戸名研究で貴重/砂川玄正さん 染地氏系図家譜支流を翻刻


砂川昌之さん(右)が系図家譜を所蔵し、砂川玄正さんに翻刻を依頼していた=19日、宮古テレビ

砂川昌之さん(右)が系図家譜を所蔵し、砂川玄正さんに翻刻を依頼していた=19日、宮古テレビ

 「染地氏系図家譜支流」が見つかり、古文書の解読に詳しい砂川玄正さんが初めて翻刻した。これまで佐良浜の市指定史跡「サバウツガー」が掘られた年代は不明だったが、砂川さんは系図家譜の分析から「1771~75年の間に掘られた井戸」と断定した。家譜では、「サバウツ」の表記ではなく「さは沖」と明記されており、今後の井戸名を研究する上で貴重な資料となりそうだ。

(全文を表示…)

2012年10月18日(木) 09:00 [教育・文化]

クイズで生活習慣病学ぶ/市健康増進課主催

下地小5年生対象に食育事業


生活習慣病予防の食育事業プログラムとして実施された5年生対象の授業=17日、下地小学校

生活習慣病予防の食育事業プログラムとして実施された5年生対象の授業=17日、下地小学校

 市健康増進課が主催する生活習慣病予防のための食育事業「早寝・早起き・朝ごはん」が16日、下地小5年生34人を対象に行われた。看護師の松原里美さんと栄養士の濱元潤子さんが生活習慣と栄養バランスの取れた食事のあり方などについて授業を行った。同事業は市食育推進計画事業の一環として実施されている。

(全文を表示…)

2012年10月18日(木) 09:00 [教育・文化]

アフリカの暮らしなど紹介/JC

北小で出張授業


中嶋氏(左)と林氏(左から2人目)から日本とアフリカの暮らしの違いについて話を聞く6年生の児童たち=17日、北小学校

中嶋氏(左)と林氏(左から2人目)から日本とアフリカの暮らしの違いについて話を聞く6年生の児童たち=17日、北小学校

 日本青年会議所(JC)による出張授業が17日、北小学校で6年生を対象に行われた。講師を務める大阪JCの中嶋啓介氏と林慶人氏が、日本とアフリカの暮らしの違いなどを説明した。

(全文を表示…)

2012年10月17日(水) 09:00 [教育・文化]

高校生13人、本土企業訪問へ

事前学習で意識高揚/「進路決定に生かしたい」


事前学習で訪問スケジュールなどを確認する高校生と父母ら=16日、市役所平良庁舎

事前学習で訪問スケジュールなどを確認する高校生と父母ら=16日、市役所平良庁舎

 県の宮古島地域就業意識向上事業で、宮古島市の高校生13人が来月14日から4日間の日程で本土企業を訪問し、職業に対する意識を高める。事前学習会が16日午後、市役所平良庁舎であり、参加する高校生と父母が訪問スケジュールなどを確認した。高校生はそれぞれ「将来の進路決定に生かしたい」と決意を語った。

(全文を表示…)

2012年10月17日(水) 09:00 [教育・文化]

琉大工学部に合格/宮工高・長濱誠君

同校からは3年ぶり


琉球大学にAO入試で合格した長濱君(中央)と多良間校長(左)、辻教諭=16日、宮古工業高校

琉球大学にAO入試で合格した長濱君(中央)と多良間校長(左)、辻教諭=16日、宮古工業高校

 宮古工業高校電気情報科3年の長濱誠君がこのほど、琉球大学工学部電気電子工学科に、面接やプレゼンテーションなどで選抜するAO入試で合格した。同校からの琉球大学合格は3年ぶり。長濱君らは16日、同校で会見を開き、合格の喜びを語った。

(全文を表示…)

2012年10月16日(火) 09:00 [教育・文化]

「塩川の芸能」盛況博す/多良間島の八月踊り

会場満杯キャンセル待ちも/国立劇場おきなわ


大舞台で上演された多良間八月踊りの獅子舞=14日、国立劇場おきなわ

大舞台で上演された多良間八月踊りの獅子舞=14日、国立劇場おきなわ

 【那覇支社】国立劇場おきなわは14日、10月民俗芸能公演「多良間の八月踊り 塩川の芸能」を上演した。国の重要無形文化財で、ユネスコ無形文化遺産にも登録された民俗芸能をひと目見ようと、客席は多良間、宮古出身者のみならず、数多くの来場があり開演前から満杯の状態。キャンセル待ちも出るなど盛況を博した。

(全文を表示…)

2012年10月13日(土) 09:00 [教育・文化]

授業改善へ指導助言/文科省招聘事業

東小で公開授業と講話


「登場人物へ手紙を書こう」をテーマに行われた公開授業=9日、東小学校

「登場人物へ手紙を書こう」をテーマに行われた公開授業=9日、東小学校

 文部科学省教科調査官招聘事業に伴う公開授業および講演会(国語)が9日、東小学校で行われた。「わかる授業」の構築をキーワードに同省初等中等教育局教育課程課の水戸部修治教科調査官が講演を行ったほか、同校4年1組の公開授業が行われ、参加した教諭たちは今後の指導に生かそうと授業の進め方と講話内容に聞き入っていた。

(全文を表示…)

2012年10月12日(金) 09:00 [教育・文化]

「将来につなげる」/ジョブシャドウイング

31事業所で仕事見学


掛け声に合わせ手を突き上げ気勢を上げる児童たち=11日、市中央公民館大ホール

掛け声に合わせ手を突き上げ気勢を上げる児童たち=11日、市中央公民館大ホール

 狩俣、鏡原、宮原の3小学校4~6年生54人が11日、市内31事業所で仕事を見学するジョブシャドウイングを行った。同日朝には合同出発式を市中央公民館で開き、児童代表が「たくさん学んで将来の自分につなげたい」など決意を述べたほか、最後は全員で掛け声に合わせ気勢を上げ、元気に頑張ることを誓った。

(全文を表示…)

2012年10月12日(金) 09:00 [教育・文化]

27日から市民文化祭/主催者が概要発表

作品展や舞台発表など


会見では文化祭への多くの市民の参加と会場への来場が呼び掛けられた=11日、市役所平良庁舎

会見では文化祭への多くの市民の参加と会場への来場が呼び掛けられた=11日、市役所平良庁舎

 第7回宮古島市民総合文化祭「一般の部」(主催・市、市教育委員会、市文化協会)が今月27日に開幕する。主催者を代表して下地敏彦市長、川満弘志教育長、大城裕子文化協会長らが11日、市役所平良庁舎で会見を開き、文化祭の概要を発表するとともに多数の来場を呼び掛けた。開会式は27日午前9時から同公民館玄関前で行われる。

(全文を表示…)

2012年10月11日(木) 09:00 [教育・文化]

「アトム」が読み聞かせ/久松小

琴の音で感動広がる


大型絵本と琴を使って読み聞かせを行う「アトム」のメンバー=10日、久松小体育館

大型絵本と琴を使って読み聞かせを行う「アトム」のメンバー=10日、久松小体育館

 久松小学校(根路銘和子校長)で10日、絵本の読み聞かせが行われた。大型絵本と琴を使い、児童たちを絵本の世界に誘った。

(全文を表示…)

2012年10月10日(水) 09:00 [教育・文化]

パーントゥが来たぞ/島尻、国指定文化財

泥を塗り厄払い/集落内は悲鳴と歓声


親子に泥を付けて厄払いと福を招いたパーントゥ =9日、平良島尻地区

親子に泥を付けて厄払いと福を招いたパーントゥ =9日、平良島尻地区

 「助けてー」「来ないでー」-。国指定重要無形民俗文化財の奇祭「パーントゥ」が9日、平良島尻地区で行われた。心地良い秋風と夕日が集落を照らす中、体中に泥を塗り仮面をかぶったパーントゥ3匹が1年ぶりに出現。逃げまどう住民や観光客らに泥を塗り厄除けをし福を招いた。集落内は日が落ちても泥を塗られた人の「キャーッ」「ウワーッ」の悲鳴が響いていた。

(全文を表示…)

2012年10月6日(土) 09:00 [教育・文化]

久松小で植え付け式/人権の花

きれいな花咲かせてね


人権の花を植える下地市長(右)と久松小の児童たち=5日、久松小学校

人権の花を植える下地市長(右)と久松小の児童たち=5日、久松小学校

 2012年度「人権の花」運動の植え付け式(主催・宮古島市)が5日、久松小学校(根路銘和子校長)であった。各学年の代表が、下地敏彦市長や那覇地方法務局宮古島支局の福永敏和支局長らとマリーゴールドやサルビアなどをプランターに植え付けた。

(全文を表示…)

2012年10月2日(火) 09:00 [教育・文化]

西の勝利で大漁約束/平良狩俣

伝統の十五夜大綱引き


力を合わせて綱を引く住民ら=9月30日、狩俣小学校前

力を合わせて綱を引く住民ら=9月30日、狩俣小学校前

 旧暦8月15日に当たる9月30日、平良狩俣では恒例の「十五夜大綱引き」が狩俣小学校前で行われた。

(全文を表示…)

2012年10月1日(月) 22:36 [教育・文化]

勇壮に棒振り奉納/野原集落

マストリャーで豊年祈願


男性たちが勇壮な棒振りを奉納した=9月30日、野原公民館

男性たちが勇壮な棒振りを奉納した=9月30日、野原公民館

 上野野原の伝統行事「野原のマストリャー」が旧暦8月15日の十五夜に当たる9月30日夜、野原公民館であり、男性たちは勇壮な棒踊りを、女性たちは優雅な舞を奉納し、豊年を祈願した。マストリャーの語源は昔、穀物などを「升取屋」と呼ばれる升元で納めていたことに由来する。

(全文を表示…)

2012年10月1日(月) 09:00 [教育・文化]

クイチャー、獅子舞で豊作祈願

うるか自治会

クイチャーで五穀豊穣を祈願した豊年祭=30日、砂川公民館

クイチャーで五穀豊穣を祈願した豊年祭=30日、砂川公民館

 城辺うるか自治会(砂川正則会長)の豊年祭が30日、公民館と砂川神社で行われた。昔から引き継がれている十五夜恒例の伝統行事。住民らが公民館と神社の神様にシーシャアラス(獅子舞)やクイチャーを奉納し、豊作を祈願した。
 市の無形文化財「うるかのクイチャー」は、威勢のいいはやしや歌と手拍子の調和、高く跳ぶ躍動感あふれる所作が特徴。公民館前広場では、男女が輪になってクイチャーを踊り「ヒヤサッサ」の声を響かせた。会場には、大勢の住民や郷友らが訪れ、盛り上げた。
 公民館から神社には、徒歩で移動した。男性は獅子舞を勇壮に演舞。女性たちは優雅な舞を奉納した。
 砂川(うるか)神社には、力持ちの美人姉妹として伝わる「アウガマ、クイガマ」と、昔砂川集落を治めていた「スマヌヌスザラトゥヌ」を祭っている。

(全文を表示…)

2012年10月1日(月) 09:00 [教育・文化]

伝統ミャークヅツ始まる/池間、佐良浜、西原

男性中心の祭り、クイチャー奉納


 旧暦8月か9月の最初の甲午の日に行われる平良池間、伊良部佐良浜、平良西原の伝統祭祀「ミャークヅツ」が30日、始まった。初日は池間島、佐良浜の住民がクイチャーを奉納し、旧年中の五穀豊穣と大漁に感謝。向こう1年間の豊作、豊漁を祈願した。きょう1日は西原の住民が集落内でパレードとクイチャーを行う。

2012年10月1日(月) 09:00 [教育・文化]

子孫繁栄を願う/来間でヤーマスプナカ

きょう棒踊りとパレード


神酒を回し飲んで子孫繁栄を祈ったヤーマスプナカの初日=30日、下地来間島のスムリャーブナカ(長間さん宅)

神酒を回し飲んで子孫繁栄を祈ったヤーマスプナカの初日=30日、下地来間島のスムリャーブナカ(長間さん宅)

 下地来間島の伝統行事「ヤーマスプナカ」が30日、2日間の日程で始まった。初日は3兄弟の家元で子孫の繁栄を祈願する「サラピャース」と「マスムイ」儀礼が行われた。生後1年未満の子どもの誕生を祝って島民が神酒を回し飲み、子孫繁栄を願った。きょう1日は棒踊りや奉納踊りを披露しながら集落内を練り歩き、向こう1年の五穀豊穣を祈願する。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2012年10月
    « 9月   11月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2