2012年11月のニュース一覧

2012年11月30日(金) 09:00 [社会・全般]

久貝氏に環境大臣賞

サシバ保護で功績、表彰伝達


38年間にわたるサシバ保護活動などで環境大臣賞を受けた久貝氏(右)。左は表彰伝達を行った下地部長=29日、県環境生活部長室

38年間にわたるサシバ保護活動などで環境大臣賞を受けた久貝氏(右)。左は表彰伝達を行った下地部長=29日、県環境生活部長室

 【那覇支社】野生生物保護功労者表彰の伝達式が29日、県庁内であり、元市教育長で宮古野鳥の会顧問の久貝勝盛氏(70)に環境大臣賞が手渡された。38年にわたりサシバの飛来数調査を通して野生生物の保護に貢献したことなどが評価された。久貝氏は「今年は宮古野鳥の会を結成して40周年の節目になる。受賞は私だけでなく、会としていただいたもので大事にしたい」と喜びを話した。

(全文を表示…)

2012年11月30日(金) 09:00 [地域・暮らし]

手工芸品など展示販売

宮古病院でハートフェア


利用者らの手工芸作品が展示販売された=29日、宮古病院

利用者らの手工芸作品が展示販売された=29日、宮古病院

 県立宮古病院の第9回ハートフェアが29日、同病院で開催された。利用者ら約80人の手工芸品が展示販売され、会場に訪れた病院関係者や一般市民が個性豊かな力作を買い求めた。そのほか、リサイクルバザーやバーチャルハルシネーション(幻聴・幻視体験)コーナーも設置され、多くの来場者が利用した。

(全文を表示…)

2012年11月30日(金) 09:00 [産業・経済]

観光地のイメージアップへ/誘致の成功例など学ぶ

外国人受け入れで研修/県、OCVB主催


観光関連産業に携わる人たちが参加して行われた外国人観光客受入基礎研修=29日、市中央公民館

観光関連産業に携わる人たちが参加して行われた外国人観光客受入基礎研修=29日、市中央公民館

 外国人観光客受入基礎研修(主催・県、沖縄観光コンベンションビューロー=OCVB)が29日、市中央公民館で行われた。旅行関係者約50人が参加。相手の立場に立ったサービスの提供や、宮古島の特徴に合わせた戦略的な対応体制を整えるなど誘致の成功例などを学んだ。「Welcome to Okinawa(ようこそ沖縄へ)」などの英語と中国語の基礎会話も実際に発音して習得に努めた。

(全文を表示…)

2012年11月30日(金) 09:00 [教育・文化]

「英語力の強化を」/日本英検協

教師対象に授業指導


各学校の校長や英語教諭らが参加して行われた英語教育セミナーin宮古島=29日、県宮古合同庁舎

各学校の校長や英語教諭らが参加して行われた英語教育セミナーin宮古島=29日、県宮古合同庁舎

 日本英語検定協会主催の英語教育セミナーin宮古島「新学習指導要領と授業指導」が29日、県宮古合同庁舎で行われた。県内の小中高の英語教諭や学校関係者らが参加し、基調講演や授業発表の内容に真剣な表情で聞き入った。

(全文を表示…)

2012年11月30日(金) 09:00 [産業・経済]

車エビを初出荷/宮古島漁協

本土市場へ140㌔/今期25㌧の生産見込む


万歳三唱で活車エビの初出荷を見送る関係者ら=29日、高野車海老養殖場

万歳三唱で活車エビの初出荷を見送る関係者ら=29日、高野車海老養殖場

 東京都、京都府、愛知県、福岡県の公設市場への上場に向け、宮古島漁協(粟國雅博組合長)は29日、自営の高野車海老養殖場で育てている活車エビ計140㌔を初出荷した。

(全文を表示…)

2012年11月30日(金) 09:00 [政治・行政]

へき地給食補助継続を

県市議会議長会が要望決議


学校給食補助金の継続決議を採択した臨時総会=28日、マティダ市民劇場

学校給食補助金の継続決議を採択した臨時総会=28日、マティダ市民劇場

 沖縄県市議会議長会(永山盛廣会長)は28日、市内で臨時総会を開き、今年度で終了する「へき地学校給食用物資供給事業」に関する要望決議を全会一致で採択した。決議書は、「同事業の継続、または同事業に代わる新たな取り組みを」と要望している。決議書は内閣総理大臣、総務大臣、財務大臣、文部科学大臣、県知事あてに送付する。

(全文を表示…)

2012年11月29日(木) 22:28 [はばたけあすの顔]

楽しい6人のハーモニー/砂川小学校1年1組

男子4人・女子2人



砂川小学校1年1組

砂川小学校1年1組

 教室に向かうと、清掃の行き届いた廊下に1年生らしき数人が現れ、記者の名を付けて「○○さん、こんにちは」と丁寧に迎えてくれた。担任の砂川裕子先生は「名前を付けてあいさつする習慣に取り組んでいます」とのことで、受ける側は気持ちが明るくなる。

(全文を表示…)

2012年11月29日(木) 09:00 [社会・全般]

乗客の苦情例など学ぶ/県ハイヤー・タクシー協支部

加盟社乗務員対象に研修会


研修会で講話を聞く乗務員たち=28日、レストランクール

研修会で講話を聞く乗務員たち=28日、レストランクール

 県ハイヤー・タクシー協会宮古支部(豊見山健児支部長)の2012年度第27回乗務員研修会が28日から2日間の日程で始まった。初日は市内のレストランで開かれ、同支部加盟社の乗務員が交通安全や乗客からの苦情例などについての講話を聞いた。同研修会では、永年勤続乗務員の表彰も行われる。

  (全文を表示…)

2012年11月29日(木) 09:00 [産業・経済]

アオドウガネ 捕獲数が減少

「誘殺灯」着実な成果/宮古本島、過去5年で半減


アオドウガネの捕獲実績を確認する土壌害虫防除推進協議会幹事会のメンバー=28日、県宮古合同庁舎

アオドウガネの捕獲実績を確認する土壌害虫防除推進協議会幹事会のメンバー=28日、県宮古合同庁舎

 2012年度さとうきび土壌害虫防除推進協議会幹事会が28日午後、県宮古合同庁舎で開かれた。この中で誘殺灯によるアオドウガネの捕獲数が示され、12年の宮古地区全体の捕獲数は296万2610匹で前年に比べて145万9680匹(33%)減少していることが分かった。誘殺灯捕獲数の減少は、アオドウガネの生育数に直結する。過去5年間に宮古本島は約半数に、伊良部島は10分の1程度まで減少しており、誘殺灯による防除効果が着実に表れている。

(全文を表示…)

2012年11月29日(木) 09:00 [政治・行政]

市議員ら300人宮古で研修

宮古人気質を紹介/下地和宏氏
謝花県企画部長 自立への施策語る


県内から300人余の議員らが参加した研修会=28日、マティダ市民劇場

県内から300人余の議員らが参加した研修会=28日、マティダ市民劇場

 県内の市議会議員・事務局職員研修会(主催・県市議会議長会)が28日、マティダ市民劇場で開催され、300人余が参加した。講演した下地和宏宮古郷土史研究会長は「方言のアララガマ(何くそ負けるか)が、宮古人気質を端的に言い表した言葉」と紹介。謝花喜一郎県企画部長は「一括交付金の効果的な活用が、沖縄発展のカギを握る」と強調した。研修後、意見交換会を開き交流した。

(全文を表示…)

2012年11月29日(木) 09:00 [教育・文化]

マイスターが英語指導/久松、福嶺中で公開授業

新潟市英語マイスター教員の小林教諭による公開授業=28日、久松中学校

新潟市英語マイスター教員の小林教諭による公開授業=28日、久松中学校

 日本英語検定協会主催の英語教育セミナーin宮古島「新潟市英語マイスターによる公開授業~英語立県沖縄応援事業~」が28日、久松と福嶺の両中学校で行われた。

(全文を表示…)

2012年11月29日(木) 09:00 [教育・文化]

きれいに咲かせたよ/久松小

「人権の花」開花式


伸び伸びと合唱する児童たち=28日、久松小学校の体育館

伸び伸びと合唱する児童たち=28日、久松小学校の体育館

 「人権の花」開花式(主催・市、共催・宮古島人権啓発活動地域ネットワーク協議会)が28日、久松小学校(根路銘和子校長)で行われた。児童282人は、人権の花を育てることを通して優しい心、思いやりの心をはぐくんだ。

(全文を表示…)

2012年11月29日(木) 09:00 [スポーツ]

県民バスケ2連覇を報告/宮古体協

3年ぶり優勝のバレーも


体協の県民結果報告/誠

体協の県民結果報告/誠

 宮古島市体育協会(本村博昭会長)と宮古バスケットボール協会(笠原渥会長)、宮古バレーボール協会(下地賢治会長)は28日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、県民体育大会における総合成績と両競技の優勝報告を行った。

(全文を表示…)

2012年11月28日(水) 23:36 [行雲流水]

「感情と理性」(行雲流水)

 西洋では「隣の芝生は青い」と言い、日本では「隣の花は赤い」と言う。洋の東西を問わず、深層心理は共通のようだ。だが、それが向上心のバネになるか、ヤキモチ焼きの青い炎になるか、潮目は微妙だ

(全文を表示…)

2012年11月28日(水) 23:24 [お母さんと一緒]

好奇心いっぱいです

▽仲間 俐心(りこ)ちゃん(3つ)
▽お父さん・隆司さん


仲間 俐心(りこ)ちゃん(3つ)お父さん・隆司さん

仲間 俐心(りこ)ちゃん(3つ)お父さん・隆司さん

 りこちゃんは保育園に入園して約1年半、入園当初は泣いてぐずって「お別れが大変でした」と隆司さんは振り返るが、今はすっかり園になじみ「言葉が増えて、自分の意志を主張するようになってきました」と先生やおともだちの影響を喜ぶ。

(全文を表示…)

2012年11月28日(水) 21:34 [人生雑感]

今の時代は精神的不安定に悩んでいる人が多い。

日本親業協会親業インストラクター 福里 盛雄


1 なぜ、今の時代は、精神的不安定な人が多いのだろうか



 機械文明の発達によって、人の生活も合理主義に基づいて便利で豊かになったのにかかわらず、人の心は栄養失調状態に陥っている。そのために人の心は病み、さまざまな障害を発生させています。

(全文を表示…)

2012年11月28日(水) 09:00 [産業・経済]

炭疽病、県内で問題化/マンゴー栽培講習会

農家が防除方法学ぶ


100人余の農家が参加した講習会=27日、JA宮古地区本部大ホール

100人余の農家が参加した講習会=27日、JA宮古地区本部大ホール

 2012年度のマンゴー栽培講習会(主催・市農林水産部農政課)が27日、JA宮古地区本部の大ホールで開催された。講師を務めた県農業研究センターの澤岻哲也主任研究員は、08年に県内から出荷されたマンゴーに関するクレームの1位が炭疽病の430件、2位が軸腐病の164件だったことを報告。現在、沖縄本島で問題化しているとし、宮古でも早急な対策が必要との認識を示した。


 炭疽病の病原菌は、2種類のカビ。菌に感染していても、目に見えないため収穫時に病果を見分けるのは難しい。輸送期間の数日の間に、病状が悪化し果皮が黒くなるという。


 菌は果実だけでなく花芽やつぼみ、幼果、地面に落ちた剪定枝、落ち葉などの残渣に潜伏する。


 胞子が伝染源となり、水滴で飛散する。高い湿度やビニールの破れが感染拡大を助長する。


 防除方法には①マンゴー炭疽病用薬剤の計画的散布②残渣の徹底除去-を挙げた。散布開始時期は、出蕾前を示した。


 軸腐病予防に関しても、残渣徹底除去の有効性を強調。薬剤は、スミレックス水和剤に効果が認められるとした。


 JAおきなわ宮古地区営農振興センター農産部の与那覇英人営農指導員が「冬場に向けた栽培管理」について講話。JAおきなわ農業事業本部の平田聡さんは「組織づくりと市場の動向」と題して話した。

2012年11月28日(水) 09:00 [産業・経済]

売り上げ1億2000万円目標/コーラル社定時株主総会

前期比3000万円増/赤字減へ販売強化策示す


コーラル・ベジタブル社定時株主総会であいさつする砂川会長(右)。左は下地市長=27日、市役所下地庁舎

コーラル・ベジタブル社定時株主総会であいさつする砂川会長(右)。左は下地市長=27日、市役所下地庁舎

 宮古島市などが出資する第3セクター、コーラル・ベジタブル社(砂川佳一会長)の第14期定時株主総会が27日、市役所下地庁舎で開かれた。「アロエ関連商品の開発が不発で、アロエを基軸とした顧客の創造ができなかった」などとして売り上げが前期に比べ1600万円減少したが、人件費を削減するなど経費を圧縮改善したため「減収増益」となった第13期(2011年9月~12年8月)事業報告を全会一致で承認した。新規商品開発など販売強化策で前期比3000万円増の1億2000万円の売り上げを目標に掲げた第14期事業方針も全会一致で承認した。

(全文を表示…)

2012年11月28日(水) 09:00 [地域・暮らし]

食で地域の絆構築を/ウチナー介護食講習会

ペースト食作りにも挑戦


食の大切さと食を通した地域の絆づくりについての講話が行われた=27日、市中央公民館

食の大切さと食を通した地域の絆づくりについての講話が行われた=27日、市中央公民館

 県の地域支え合い体制作り事業・「食」による地域の絆の構築事業として、バリアフリーネットワーク会議(親川修代表)の「うちなー介護食基礎知識 調理実習・講習会」が27日、市中央公民館で行われた。食のバリアフリー化についての基調講演や調理実習も行われ、参加者たちは介護食としての沖縄料理の「やわらか食」「ペースト食」作りに挑戦した。

(全文を表示…)

2012年11月28日(水) 09:00 [社会・全般]

税の意義 再認識/宮古島連絡会

作文優秀者を表彰/「考えるつどい」開催
 

税を考えるつどいで表彰や感謝状贈呈を受けた皆さん=27日、ホテル共和

税を考えるつどいで表彰や感謝状贈呈を受けた皆さん=27日、ホテル共和

 2012年度税を考えるつどい(主催・税を考える宮古島連絡会、主管・公益社団法人沖縄宮古法人会)が27日、ホテル共和で開かれた。納税施策の普及改善や納税システムの利用促進に貢献した個人などをたたえるとともに、税の作文で優秀作品に選ばれた中、高校生たちを表彰。作文朗読や講演などを通して税の意義や役割などを再認識した。

(全文を表示…)

2012年11月28日(水) 09:00 [地域・暮らし]

保護者、宮島小の存続要望/学校規模適正化

市教委 見直し素案で説明会


参加者からは中学校統合に理解を示す意見が出され、宮島小学校については存続が強く求められた=26日、パーントゥの里会館

参加者からは中学校統合に理解を示す意見が出され、宮島小学校については存続が強く求められた=26日、パーントゥの里会館

 市教育委員会の学校適正規模化に向けた「基本方針見直し素案」の島尻学区説明会が26日、パーントゥの里会館で行われた。宮古島市の小中学校を取り巻く状況や北部地区の児童生徒数の推移などを報告した上で川満弘志教育長が素案の説明を行った。説明を受けた保護者らからは見直し素案で示された北部地区中学校の統合については賛同の意見が出されたが、統合が検討されている宮島小学校については存続を求める声が相次いだ。

(全文を表示…)

2012年11月28日(水) 09:00 [社会・全般]

砂川さん(福嶺中3年)善行賞/県退職校長会主催

ボランティア活動を評価


善行賞に輝いた砂川優莉奈さん(中央)。左は川満弘志教育長、右は宮国敏弘校長=27日、城辺庁舎教育長室

善行賞に輝いた砂川優莉奈さん(中央)。左は川満弘志教育長、右は宮国敏弘校長=27日、城辺庁舎教育長室

 県退職校長会主催の善行賞に福嶺中の砂川優莉奈さん(3年)が選ばれた。砂川さんは、同校ドラムパフォーマンス部部長として高齢者との交流や福祉施設での慰問公演などにボランティアとして参加。その奉仕活動や思いやりの心が「他の模範」と評価された。砂川さんは「3年間続けられたことがうれしい」と話した。

(全文を表示…)

2012年11月27日(火) 09:00 [社会・全般]

合同就職説明会に14社/地域巡回プログラム事業

30日開催 すべて宮古勤務の求人


新垣部長(右)が30日に開催される「合同就職説明・面接会」に多くの参加を呼び掛けた=26日、市役所平良庁舎

新垣部長(右)が30日に開催される「合同就職説明・面接会」に多くの参加を呼び掛けた=26日、市役所平良庁舎

 地元で就職を希望する求職者と人材を採用したい地元企業のベストマッチングを目的に県の2012年度地域巡回マッチングプログラム事業「第8回合同就職説明・面接会」が30日にJAおきなわ宮古地区本部大ホールで開催される。

(全文を表示…)

2012年11月27日(火) 09:00 [スポーツ]

宮古島市、総合12位/県民体育大会

那覇市が3連覇達成


仲皿大会委員長(左)から優勝杯を受け取る那覇市の選手=25日、市陸上競技場

仲皿大会委員長(左)から優勝杯を受け取る那覇市の選手=25日、市陸上競技場

 宮古島市と石垣市を主会場に開催されてきた第64回県民体育大会秋季大会が25日、閉会した。14市郡が19の採点競技で競い合った結果、男女総合、女子総合ともに那覇市が1位を獲得し3連覇を達成した。八重山郡は男女総合躍進賞を受賞。地元開催で活躍が期待された宮古島市は、男女総合で前年度の13位から1位ランクアップの12位にとどまったほか、女子総合では14位と前年度の13位から順位を一つ落とす結果となった。

(全文を表示…)

2012年11月27日(火) 09:00 [産業・経済]

13年産マンゴー768㌧予測/青果物流通対策協

船舶、航空輸送で対処へ


船舶・航空複合輸送体制などを再確認した会議=26日、県宮古合同庁舎

船舶・航空複合輸送体制などを再確認した会議=26日、県宮古合同庁舎

 2012年度の宮古地区青果物流通対策推進協議会(與那嶺宏明会長)が26日、県宮古合同庁舎で開かれた。県宮古農林水産振興センターは、13年産マンゴーの生産量は、航空輸送枠にぎりぎり納まった11年産(520㌧)の約1・5倍の768㌧を予測。会議では、来年は船舶輸送もあり得るとして、11年度に作った船舶・航空複合輸送体制を再確認した。

(全文を表示…)

2012年11月27日(火) 09:00 [地域・暮らし]

地域づくり協設置で議論/平良地域審議会

市長から諮問受ける


長濱副市長(右)から諮問文書を受け取る富浜会長=26日、市役所平良庁舎

長濱副市長(右)から諮問文書を受け取る富浜会長=26日、市役所平良庁舎

 平良地域審議会(富浜浩会長)は26日、市役所平良庁舎で下地敏彦市長から平良地区への地域づくり協議会設置について諮問を受けた。諮問を受けた同会は引き続き第3回審議会を開き、委員らが意見を交わした。

(全文を表示…)

2012年11月27日(火) 09:00 [教育・文化]

豊かな感性たたえる/「児童・生徒の部」

文化祭入賞者を表彰


市長賞などに輝いた児童生徒たちに賞状が手渡された表彰式=25日、市中央公民館

市長賞などに輝いた児童生徒たちに賞状が手渡された表彰式=25日、市中央公民館

 第7回市民総合文化祭「児童・生徒の部」の表彰式(主催・市、市教育委員会、市文化協会)が25日、市中央公民館で開かれた。展示と発表の両部門で優秀な成績を上げた子どもたちに賞状を授与し、豊かな感性をたたえた。

(全文を表示…)

2012年11月27日(火) 09:00 [がんずううやき]

濱川 ツルさん(100歳)(伊良部字前里添出身)

新聞読むのが楽しみ


濱川ツルさん

濱川ツルさん

 25日の誕生日で満100歳を迎えた。ツルさんは、佐良浜の上里猛・美智子夫妻宅で同居し、美智子さんはツルさんの娘で長女。この日家族は100歳を盛大に祝った。

(全文を表示…)

2012年11月27日(火) 09:00 [政治・行政]

下地氏の大臣就任を祝う

700人参加、活躍期待


大臣就任祝賀会であいさつをする下地幹郎氏。右は志緒夫人=25日、ホテルアトールエメラルド宮古島

大臣就任祝賀会であいさつをする下地幹郎氏。右は志緒夫人=25日、ホテルアトールエメラルド宮古島

 宮古島市出身で初の大臣(郵政民営化及び防災担当大臣)に就任した国民新党幹事長、下地幹郎氏(51)の大臣就任祝賀会が25日、ホテルアトールエメラルド宮古島で開かれた。700人(主催者発表)が参加し、大臣誕生を祝うとともに今後の活躍に期待した。下地氏は「個性豊かな政治をしっかりと推し進めていきたい。サトウキビのにおいがぷんぷんするような政治をこれからもやっていきたい」と決意を示した。


 祝賀会であいさつした下地幹郎後援会宮古支部の中尾英筰支部長は「幹郎さんは、天分の才能と実行力を兼ね備えている。沖縄はもちろん、宮古のために多くの事業をやってきた。幹郎さんが動けば動くほど宮古は発展していく」と激励した。


 発起人を代表して下地敏彦市長は「小さな宮古島から大臣が誕生した。今、日本は変革期。混乱している政治の状況を早急に正常化し、国民が安心して暮らせる政治に期待したい」と述べた。


 祝辞で多良間村の下地昌明村長は「宮古だけでなく沖縄県、日本国の発展をけん引する人物だと思っている。離島の多い沖縄では防災への対応が重要。専門知識を生かし、離島の防災機能の充実、強化を図ってほしい」と期待した。


 あいさつに立った下地氏は冒頭、「大臣になったのは運が良かったと思う。その運を私に付けてくれたのは皆さんであるという感謝の気持ちでいっぱい」と語った。


 全国的に有名な政治家の名前を挙げ「私はそういう政治家ではない。離島の中の離島に生まれ、サトウキビの中で育った政治家。アットホームな優しい島、厳しい島で生まれたからこそ、政治を違う視点で考えられる。そういう政治をやっていきたい」と決意を示した。


 「祝賀会に親父とお袋が来ており感謝でいっぱい」と下地氏。「生きているうちに大臣就任の祝いができた。きょうの祝いは私にとって最大の親孝行」と涙ながらに語り「これからも皆さんと一緒に宮古島のために頑張っていきたい」と締めくくった。


 祝賀会は、琉球舞踊穂花会の亀浜律子師範が「とうがにあやぐ」で幕開けを飾った。久松青年会は「久松五勇士」、伊良部の女性たちは「タヒチアンダンス」をそれぞれ踊り、祝賀会に花を添えた。市議会の平良隆議長が乾杯の音頭を取った。


 最後は伊良部商工会青年部の佐久川直仁さんの音頭で全員が「万歳三唱」を行い、下地氏の活躍に期待した。


 下地氏は、野田第3次改造内閣で大臣に起用された。県選出・出身国会議員の入閣は、1991年に沖縄開発庁長官に就任した伊江朝雄氏、93年に同長官に就任した上原康助氏以来3人目。沖縄担当相以外の入閣は下地氏が初めて。第14、15代平良市長を務めた下地米一氏の次男で兄は大米建設社長の米蔵氏。


 宮古島市平良出身。中央学院大学卒。96年衆院選(比例)初当選。経済産業政務官、党国対委員長、幹事長。衆院沖縄1区、当選4回。


 祝賀会の発起人は下地敏彦(宮古島市長)、下地昌明(多良間村長)、下地義治(宮古島商工会議所会頭)、大浦貞治(宮古島市伊良部商工会)、豊見山景順(県建設業協会宮古支部長)、豊見山健児(宮古島観光協会長)-など各界の代表らで構成。

2012年11月26日(月) 23:09 [行雲流水]

「タゴール」(行雲流水)

 アジア人で初めてノーベル文学賞を受賞したインドのタゴールは1916(大正5)年、日本を訪れ、熱狂的に迎えられて、各地で講演を行った。彼は近代日本の歩みに賛嘆を寄せる一方で、日本の行き方が、単に西洋近代化の一面にすぎぬ物質的、侵略的文明のみを模倣して、東洋を裏切る危惧を表明した

(全文を表示…)