2012年11月27日のニュース一覧

2012年11月27日(火) 09:00 [社会・全般]

合同就職説明会に14社/地域巡回プログラム事業

30日開催 すべて宮古勤務の求人


新垣部長(右)が30日に開催される「合同就職説明・面接会」に多くの参加を呼び掛けた=26日、市役所平良庁舎

新垣部長(右)が30日に開催される「合同就職説明・面接会」に多くの参加を呼び掛けた=26日、市役所平良庁舎

 地元で就職を希望する求職者と人材を採用したい地元企業のベストマッチングを目的に県の2012年度地域巡回マッチングプログラム事業「第8回合同就職説明・面接会」が30日にJAおきなわ宮古地区本部大ホールで開催される。

(全文を表示…)

2012年11月27日(火) 09:00 [スポーツ]

宮古島市、総合12位/県民体育大会

那覇市が3連覇達成


仲皿大会委員長(左)から優勝杯を受け取る那覇市の選手=25日、市陸上競技場

仲皿大会委員長(左)から優勝杯を受け取る那覇市の選手=25日、市陸上競技場

 宮古島市と石垣市を主会場に開催されてきた第64回県民体育大会秋季大会が25日、閉会した。14市郡が19の採点競技で競い合った結果、男女総合、女子総合ともに那覇市が1位を獲得し3連覇を達成した。八重山郡は男女総合躍進賞を受賞。地元開催で活躍が期待された宮古島市は、男女総合で前年度の13位から1位ランクアップの12位にとどまったほか、女子総合では14位と前年度の13位から順位を一つ落とす結果となった。

(全文を表示…)

2012年11月27日(火) 09:00 [産業・経済]

13年産マンゴー768㌧予測/青果物流通対策協

船舶、航空輸送で対処へ


船舶・航空複合輸送体制などを再確認した会議=26日、県宮古合同庁舎

船舶・航空複合輸送体制などを再確認した会議=26日、県宮古合同庁舎

 2012年度の宮古地区青果物流通対策推進協議会(與那嶺宏明会長)が26日、県宮古合同庁舎で開かれた。県宮古農林水産振興センターは、13年産マンゴーの生産量は、航空輸送枠にぎりぎり納まった11年産(520㌧)の約1・5倍の768㌧を予測。会議では、来年は船舶輸送もあり得るとして、11年度に作った船舶・航空複合輸送体制を再確認した。

(全文を表示…)

2012年11月27日(火) 09:00 [地域・暮らし]

地域づくり協設置で議論/平良地域審議会

市長から諮問受ける


長濱副市長(右)から諮問文書を受け取る富浜会長=26日、市役所平良庁舎

長濱副市長(右)から諮問文書を受け取る富浜会長=26日、市役所平良庁舎

 平良地域審議会(富浜浩会長)は26日、市役所平良庁舎で下地敏彦市長から平良地区への地域づくり協議会設置について諮問を受けた。諮問を受けた同会は引き続き第3回審議会を開き、委員らが意見を交わした。

(全文を表示…)

2012年11月27日(火) 09:00 [教育・文化]

豊かな感性たたえる/「児童・生徒の部」

文化祭入賞者を表彰


市長賞などに輝いた児童生徒たちに賞状が手渡された表彰式=25日、市中央公民館

市長賞などに輝いた児童生徒たちに賞状が手渡された表彰式=25日、市中央公民館

 第7回市民総合文化祭「児童・生徒の部」の表彰式(主催・市、市教育委員会、市文化協会)が25日、市中央公民館で開かれた。展示と発表の両部門で優秀な成績を上げた子どもたちに賞状を授与し、豊かな感性をたたえた。

(全文を表示…)

2012年11月27日(火) 09:00 [がんずううやき]

濱川 ツルさん(100歳)(伊良部字前里添出身)

新聞読むのが楽しみ


濱川ツルさん

濱川ツルさん

 25日の誕生日で満100歳を迎えた。ツルさんは、佐良浜の上里猛・美智子夫妻宅で同居し、美智子さんはツルさんの娘で長女。この日家族は100歳を盛大に祝った。

(全文を表示…)

2012年11月27日(火) 09:00 [政治・行政]

下地氏の大臣就任を祝う

700人参加、活躍期待


大臣就任祝賀会であいさつをする下地幹郎氏。右は志緒夫人=25日、ホテルアトールエメラルド宮古島

大臣就任祝賀会であいさつをする下地幹郎氏。右は志緒夫人=25日、ホテルアトールエメラルド宮古島

 宮古島市出身で初の大臣(郵政民営化及び防災担当大臣)に就任した国民新党幹事長、下地幹郎氏(51)の大臣就任祝賀会が25日、ホテルアトールエメラルド宮古島で開かれた。700人(主催者発表)が参加し、大臣誕生を祝うとともに今後の活躍に期待した。下地氏は「個性豊かな政治をしっかりと推し進めていきたい。サトウキビのにおいがぷんぷんするような政治をこれからもやっていきたい」と決意を示した。


 祝賀会であいさつした下地幹郎後援会宮古支部の中尾英筰支部長は「幹郎さんは、天分の才能と実行力を兼ね備えている。沖縄はもちろん、宮古のために多くの事業をやってきた。幹郎さんが動けば動くほど宮古は発展していく」と激励した。


 発起人を代表して下地敏彦市長は「小さな宮古島から大臣が誕生した。今、日本は変革期。混乱している政治の状況を早急に正常化し、国民が安心して暮らせる政治に期待したい」と述べた。


 祝辞で多良間村の下地昌明村長は「宮古だけでなく沖縄県、日本国の発展をけん引する人物だと思っている。離島の多い沖縄では防災への対応が重要。専門知識を生かし、離島の防災機能の充実、強化を図ってほしい」と期待した。


 あいさつに立った下地氏は冒頭、「大臣になったのは運が良かったと思う。その運を私に付けてくれたのは皆さんであるという感謝の気持ちでいっぱい」と語った。


 全国的に有名な政治家の名前を挙げ「私はそういう政治家ではない。離島の中の離島に生まれ、サトウキビの中で育った政治家。アットホームな優しい島、厳しい島で生まれたからこそ、政治を違う視点で考えられる。そういう政治をやっていきたい」と決意を示した。


 「祝賀会に親父とお袋が来ており感謝でいっぱい」と下地氏。「生きているうちに大臣就任の祝いができた。きょうの祝いは私にとって最大の親孝行」と涙ながらに語り「これからも皆さんと一緒に宮古島のために頑張っていきたい」と締めくくった。


 祝賀会は、琉球舞踊穂花会の亀浜律子師範が「とうがにあやぐ」で幕開けを飾った。久松青年会は「久松五勇士」、伊良部の女性たちは「タヒチアンダンス」をそれぞれ踊り、祝賀会に花を添えた。市議会の平良隆議長が乾杯の音頭を取った。


 最後は伊良部商工会青年部の佐久川直仁さんの音頭で全員が「万歳三唱」を行い、下地氏の活躍に期待した。


 下地氏は、野田第3次改造内閣で大臣に起用された。県選出・出身国会議員の入閣は、1991年に沖縄開発庁長官に就任した伊江朝雄氏、93年に同長官に就任した上原康助氏以来3人目。沖縄担当相以外の入閣は下地氏が初めて。第14、15代平良市長を務めた下地米一氏の次男で兄は大米建設社長の米蔵氏。


 宮古島市平良出身。中央学院大学卒。96年衆院選(比例)初当選。経済産業政務官、党国対委員長、幹事長。衆院沖縄1区、当選4回。


 祝賀会の発起人は下地敏彦(宮古島市長)、下地昌明(多良間村長)、下地義治(宮古島商工会議所会頭)、大浦貞治(宮古島市伊良部商工会)、豊見山景順(県建設業協会宮古支部長)、豊見山健児(宮古島観光協会長)-など各界の代表らで構成。

  • 宮古島の人口

    平成30年9月1日現在

    宮古島市 54,132 人
    27,095 人
    27,037 人
    世帯数 26,730 軒
    多良間村 1,172 人
    628 人
    544 人
    世帯数 517 軒
  • 天気


  •  

    2012年11月
    « 10月   12月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2