「地域・暮らし」 2012年11月のニュース一覧

2012年11月30日(金) 09:00 [地域・暮らし]

手工芸品など展示販売

宮古病院でハートフェア


利用者らの手工芸作品が展示販売された=29日、宮古病院

利用者らの手工芸作品が展示販売された=29日、宮古病院

 県立宮古病院の第9回ハートフェアが29日、同病院で開催された。利用者ら約80人の手工芸品が展示販売され、会場に訪れた病院関係者や一般市民が個性豊かな力作を買い求めた。そのほか、リサイクルバザーやバーチャルハルシネーション(幻聴・幻視体験)コーナーも設置され、多くの来場者が利用した。

(全文を表示…)

2012年11月28日(水) 09:00 [地域・暮らし]

食で地域の絆構築を/ウチナー介護食講習会

ペースト食作りにも挑戦


食の大切さと食を通した地域の絆づくりについての講話が行われた=27日、市中央公民館

食の大切さと食を通した地域の絆づくりについての講話が行われた=27日、市中央公民館

 県の地域支え合い体制作り事業・「食」による地域の絆の構築事業として、バリアフリーネットワーク会議(親川修代表)の「うちなー介護食基礎知識 調理実習・講習会」が27日、市中央公民館で行われた。食のバリアフリー化についての基調講演や調理実習も行われ、参加者たちは介護食としての沖縄料理の「やわらか食」「ペースト食」作りに挑戦した。

(全文を表示…)

2012年11月28日(水) 09:00 [地域・暮らし]

保護者、宮島小の存続要望/学校規模適正化

市教委 見直し素案で説明会


参加者からは中学校統合に理解を示す意見が出され、宮島小学校については存続が強く求められた=26日、パーントゥの里会館

参加者からは中学校統合に理解を示す意見が出され、宮島小学校については存続が強く求められた=26日、パーントゥの里会館

 市教育委員会の学校適正規模化に向けた「基本方針見直し素案」の島尻学区説明会が26日、パーントゥの里会館で行われた。宮古島市の小中学校を取り巻く状況や北部地区の児童生徒数の推移などを報告した上で川満弘志教育長が素案の説明を行った。説明を受けた保護者らからは見直し素案で示された北部地区中学校の統合については賛同の意見が出されたが、統合が検討されている宮島小学校については存続を求める声が相次いだ。

(全文を表示…)

2012年11月27日(火) 09:00 [地域・暮らし]

地域づくり協設置で議論/平良地域審議会

市長から諮問受ける


長濱副市長(右)から諮問文書を受け取る富浜会長=26日、市役所平良庁舎

長濱副市長(右)から諮問文書を受け取る富浜会長=26日、市役所平良庁舎

 平良地域審議会(富浜浩会長)は26日、市役所平良庁舎で下地敏彦市長から平良地区への地域づくり協議会設置について諮問を受けた。諮問を受けた同会は引き続き第3回審議会を開き、委員らが意見を交わした。

(全文を表示…)

2012年11月25日(日) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

新里、下地さんの受賞祝う/宮古上布保持団体

さらなる継承・発展に期待


盛大な祝福を受ける新里さん(中央)と下地さん(左から2人目)ら=22日、ホテルサザンコースト宮古島

盛大な祝福を受ける新里さん(中央)と下地さん(左から2人目)ら=22日、ホテルサザンコースト宮古島

 宮古上布保持団体の新里玲子さんがこのほど第32回伝統文化ポーラ賞地域賞を受賞し、同じく下地達雄さんが全国重要無形文化財保持団体協議会功労賞を受賞したことを記念する祝賀会(主催・同団体)が22日夕、市内のホテルで開かれた。参加者らは、盛大に祝い宮古上布のさらなる伝承と発展に期待を込めた。

(全文を表示…)

2012年11月24日(土) 09:00 [地域・暮らし]

島野草の料理開発/来間島活性化へ試食会

20品に女性たちの知恵


島に自生する野草などを使った料理を試食する参加者たち=23日、ペンションたきなか

島に自生する野草などを使った料理を試食する参加者たち=23日、ペンションたきなか

 来間島地域ふるさと活性化推進協議会(大浦邦夫会長)は23日、島に自生する野草や野菜を使った料理の試食会を、島内のペンションで開いた。市の食生活改善推進委員や島の女性たちが考案した20品。住民や来賓、食生活改善推進委員ら約40人が、伝統料理などを堪能した。

(全文を表示…)

2012年11月24日(土) 09:00 [地域・暮らし]

笑顔の交流深める/宮古地区障がい者フェスティバル

中高生ボランティア活躍


各種ゲームで盛り上がったフェスティバル=23日、市総合体育館

各種ゲームで盛り上がったフェスティバル=23日、市総合体育館

 「第28回宮古地区障がい者フェスティバル」(主催・宮古地区社協連絡協議会)が23日、市総合体育館で行われた。

(全文を表示…)

2012年11月23日(金) 09:00 [地域・暮らし]

「お仕事頑張って」/かわいい園児がJTA慰問

きょう勤労感謝の日


飛行機をバックに記念撮影する子どもたちと関係者ら=22日、宮古空港

飛行機をバックに記念撮影する子どもたちと関係者ら=22日、宮古空港

 23日の「勤労感謝の日」を前に、花園保育所(浅野弘子所長)は22日、日本トランスオーシャン航空(JTA)宮古空港所を慰問した。子どもたちは花束とミカン1箱を職員らにプレゼントし「これからもお仕事を頑張ってください」と元気いっぱいの声で励ました。

(全文を表示…)

2012年11月22日(木) 09:00 [地域・暮らし]

健康長寿な料理に挑戦/食生活改善推進員協議会

食改考案レシピで料理教室


食改員のアドバイスを聞きながら料理に挑戦する参加者たち=21日、下地保健福祉センター

食改員のアドバイスを聞きながら料理に挑戦する参加者たち=21日、下地保健福祉センター

 宮古島市食生活改善推進員協議会の食改考案レシピ普及事業「料理教室」が21日、下地保健福祉センターで開かれた。一般市民18人が参加し、4グループに分かれて食改員5人からのアドバイスを受けながら体に優しいバランスヘルシーメニューに挑戦した。

(全文を表示…)

2012年11月18日(日) 09:00 [地域・暮らし]

「島のタルト」優秀賞/離島フェア優良特産品

マティダファーム考案

 離島フェア2012(23~25日、那覇市奥武山公園)優良特産品の優秀賞に農業生産マティダファーム(上野宮国、上地克治代表)が考案したマンゴーと黒糖をブレンドした洋菓子「島のタルト」が選ばれた。宮古木工芸(平良下里、与儀栄功代表)が製作した「三線立て(3丁立て)」と、南国食堂Zuが考案した紫イモとマンゴーをブレンドした洋菓子「宮古島ガレット」はそれぞれ特別賞を受賞。ポスター図案には赫みづきさん(北中3年)の「美ら島」が優秀賞に輝いた。29日の同フェアオープニングセレモニーで表彰する。



 同フェアは「大好き!島のスペシャリティー」をテーマに、39の島々の特産品を一堂に展示、販売する。宮古島市からは20の企業・団体が出展を予定している。

2012年11月17日(土) 09:00 [地域・暮らし]

国の名勝・天然記念物に指定/八重干瀬

文化審議会、文科省に答申/宮古3件目の登録に


 【那覇支社】国の諮問機関である文化審議会(宮田亮平会長)は16日、田中眞紀子文部科学大臣に「八重干瀬」を名勝及び天然記念物(地質鉱物)に重複指定することを答申した。宮古での国指定名勝は「東平安名崎」(2006年11月17日)に次ぎ3件目、国指定名勝・天然記念物の重複指定は「下地島の通り池」(06年7月28日)に次いで2件目となった。今回の答申で県内からは八重干瀬のほか、「石垣島東海岸の津波石群」(地質鉱物)が指定された。官報告示後、正式登録される。

(全文を表示…)

2012年11月17日(土) 09:00 [地域・暮らし]

付近住民「迷惑施設」強調/と畜場説明会

市 「都市計画上支障ない」/反対根強く、再度開催へ


と畜場建設について多くの参加者から反対の声が上がった「宮古都市計画と畜場の住民説明会」=15日、市役所上野庁舎

と畜場建設について多くの参加者から反対の声が上がった「宮古都市計画と畜場の住民説明会」=15日、市役所上野庁舎

 「宮古都市計画と畜場(新宮古食肉センター)の住民説明会」(主催・市建設部都市計画課)が15日夜、市役所上野庁舎で行われた。約20人の市民が参加。市は、と畜場建設予定地周辺に重要文化財はないなど、都市計画上支障はないと説明。同施設を都市施設として決定するとしたが、市民から「迷惑施設」とした反対意見が多く理解は得られなかった。

(全文を表示…)

2012年11月16日(金) 09:00 [地域・暮らし]

税理士会宮古支部に感謝状/沖縄国税事務所

e-Tax利用促進に尽力



感謝状を贈呈された沖縄税理士会宮古支部の上原支部長=15日、沖縄国税事務所所長室

感謝状を贈呈された沖縄税理士会宮古支部の上原支部長=15日、沖縄国税事務所所長室

 【那覇支社】沖縄国税事務所(新谷逸男所長)は15日、e-Tax利用促進に尽力したとして3個人と2団体に感謝状を贈呈した。宮古からは沖縄税理士会宮古島支部(上原勇幸支部長)に感謝状が贈れた。

(全文を表示…)

2012年11月15日(木) 09:00 [地域・暮らし]

西里郵便局に感謝状/宮古島署

振り込め詐欺の未然防止で


宮城署長(左)から感謝状を受けた下地さん(左から2人目)と千田さん(同3人目)。右は照屋隆副署長=14日、宮古島署

宮城署長(左)から感謝状を受けた下地さん(左から2人目)と千田さん(同3人目)。右は照屋隆副署長=14日、宮古島署

 宮古島署(宮城英眞署長)は14日、振り込め詐欺を未然に防止したとして平良西里郵便局局長の下地康昭さん(48)と局員の千田信康さん(39)に特殊詐欺未然防止功労者として感謝状を贈った。

(全文を表示…)

2012年11月15日(木) 09:00 [地域・暮らし]

対策の在り方案で協議/第3回平良港地震津波防災協

年度内の策定目指す


平良港における地震津波対策の在り方案について協議した第3回会合=14日、平良港ターミナルビル

平良港における地震津波対策の在り方案について協議した第3回会合=14日、平良港ターミナルビル

 東日本大震災を受け、宮古地区で地震・津波に対応するシステムと体制の構築を目指して、港湾に関係する官民の代表で構成する「平良港地震・津波防災対策検討協議会」の第3回会合が14日、平良港ターミナルビルで行われた。

(全文を表示…)

2012年11月14日(水) 09:00 [地域・暮らし]

地域づくり事例紹介/県図書館連絡協研修会

前伊万里市民図書館長が講演


犬塚氏の講話に聞き入る参加者たち=13日、市中央公民館

犬塚氏の講話に聞き入る参加者たち=13日、市中央公民館

 2012年度県公共図書館連絡協議会(会長・喜納眞正沖縄県立図書館長)第3回研修会が13日から宮古島を会場に2日間の日程で開幕した。初日は市中央公民館研修室で、佐賀県の伊万里市民図書館前館長、犬塚まゆみ氏が「地域づくりと図書館」をテーマに基調講演。同図書館が携わった地域づくりにつながる事例などを紹介した。

(全文を表示…)

2012年11月14日(水) 09:00 [地域・暮らし]

宮古から2個人1団体を表彰/12年度県文化協会賞

地域文化の貢献たたえ


県文化協会から表彰状を贈呈された(写真右から)下地暁さん、友利吉博さん、友利博一さん=12日、名護市民会館

県文化協会から表彰状を贈呈された(写真右から)下地暁さん、友利吉博さん、友利博一さん=12日、名護市民会館

 【那覇支社】地域の文化活動に参加し、その向上に尽くした個人と団体を表彰する県文化協会(星雅彦会長)の2012年度協会賞授賞式が12日、名護市民会館で催され、宮古から友利吉博さん(功労賞)、下地暁さん(奨励賞)、宮古島サンゴ礁ガイドのなかまたち(友利博一代表)が団体賞をそれぞれ受賞し表彰状を授与された。今年度は功労賞部門で26人、奨励賞部門で25人、団体賞で18団体が表彰された。

(全文を表示…)

2012年11月13日(火) 09:00 [地域・暮らし]

「和」でつなぐ地域振興/比嘉自治会

創立150周年を盛大に祝う


祝福の花束を手にする真喜屋さん=12日、宮古福祉保健所

祝福の花束を手にする真喜屋さん=12日、宮古福祉保健所

 城辺比嘉自治会の創立150周年を祝う式典と祝賀会が11日、比嘉公民館前広場の特設ステージで行われた。地域住民をはじめ関係者多数が出席して創立150周年の節目を祝い、さらなる発展に期待を込めた。記念事業期成会の照屋秀雄会長はシンボルマークの「和」を強調。「比嘉自治会は人と人の絆が強く、人間味にあふれ、進取の気性に富んだ平和な里。今後も人を尊敬する心、地域を愛する心、譲り合いの心を持って平和で豊かな明るい地域づくりにまい進したい」と決意を述べた。

(全文を表示…)

2012年11月10日(土) 09:00 [地域・暮らし]

女性70人が神歌と舞/佐良浜ユークイ

五穀豊穣と大漁に感謝


向こう1年の豊漁、豊作を願い踊りを奉納するツカサンマたち=9日、伊良部佐良浜地区

向こう1年の豊漁、豊作を願い踊りを奉納するツカサンマたち=9日、伊良部佐良浜地区

 伊良部の佐良浜地区で9日、伝統祭祀「ユークイ」が行われた。ユークイ母(ンマ)と呼ばれる女性約70人が神歌を歌いながら優雅に舞い、旧年中の五穀豊穣と大漁に感謝するとともに、向こう1年の豊作豊漁を祈った。

(全文を表示…)

2012年11月8日(木) 09:00 [地域・暮らし]

下地さんに沖縄コロニー大賞

難病と闘い 上布の織り手で活躍/離島在住者では初受賞


第17回沖縄コロニー大賞に選ばれた下地ヒロ子さん

第17回沖縄コロニー大賞に選ばれた下地ヒロ子さん

 第17回沖縄コロニー大賞に下地ヒロ子さん(57)=市平良字下里=の受賞が決定した。同大賞実行委員会が7日、発表した。難病と闘いながら、宮古上布の織り手として活躍していることなどが評価された。離島在住者では初めて。下地さんは「私で良いのかとびっくりした。支えてくれた周囲の人たちに感謝の気持ちでいっぱい」と喜びを語った。表彰式は12月9日の「障害者の日」に行われる。

(全文を表示…)

2012年11月8日(木) 09:00 [地域・暮らし]

マンゴーピューレ作る/県がアグリチャレンジ講座

ピューレ作りを学ぶ参加者たち=5日、宮古農村青少年教育センター

ピューレ作りを学ぶ参加者たち=5日、宮古農村青少年教育センター

 県宮古農林水産振興センター農業改良普及課主催の2012年度第3回アグリチャレンジ講座が5日、宮古農村青少年教育センターで行われた。県農業研究センター農業システム開発班の広瀬直人さんと前田剛希さんがマンゴーピューレの作り方と殺菌方法を手ほどきした。

(全文を表示…)

2012年11月7日(水) 09:00 [地域・暮らし]

「アンケート調査行うべき」/学校規模適正化説明会

狩俣地区 保護者から提案


保護者からは市教育委に対し、適正化を図るための具体的提案が出された説明会=5日夕、狩俣集落センター

保護者からは市教育委に対し、適正化を図るための具体的提案が出された説明会=5日夕、狩俣集落センター

 市教育委員会は5日夕、狩俣集落センターで、狩俣地区の学校規模適正化の「基本方針見直し素案」の説明会を開催した。川満弘志教育長が宮古島市の児童、生徒数推移などの学校状況を説明した上で、素案の説明を行った。保護者や地区住民からは「詳細なアンケート調査を実施し、地域の声を反映させるべきだ」などの市教育委に対する具体的な提案が出された。

(全文を表示…)

2012年11月6日(火) 09:00 [地域・暮らし]

111団体が訓練実施/地震発生・津波想定

避難経路など確認/防災無線、一部聞きづらく


 2012年度県広域地震・津波避難訓練が5日、県下一斉に行われた。宮古島市では111の団体が、それぞれ策定した避難行動マニュアルに基づいて訓練を行い、避難経路や避難場所などを確認した。訓練放送実施後、市防災危機管理係には市民から防災無線が聞きづらかったとの情報が数件寄せられ、今後の改善すべき課題が改めて浮上した。

(全文を表示…)

2012年11月6日(火) 09:00 [地域・暮らし]

御嶽に五穀豊穣を感謝/西原で伝統のユークイ

大司母先頭に「ユーンティル」


五穀豊穣を感謝する女性たち=5日、西原地区

五穀豊穣を感謝する女性たち=5日、西原地区

 西原地区で5日、伝統行事「ユークイ(富乞い、世乞い)」が行われた。フゥヅカサンマ(大司母)ら3人が参加。ンマヌハ(南の方)御嶽では、先輩や友人の女性たちが踊りに参加し奉納した。

(全文を表示…)

2012年11月6日(火) 09:00 [地域・暮らし]

「自分の命は自分で守る」/県婦人大会参加者が訓練

防災講話や炊き出し


緊急地震速報を受け落下物から身を守るために体をかがめる参加者たち=5日、下地農村環境改善センター

緊急地震速報を受け落下物から身を守るために体をかがめる参加者たち=5日、下地農村環境改善センター

 石垣島東方沖で大規模地震が発生したことを想定した訓練が5日、下地農村環境改善センターで行われた。地震や津波から身を守る方法や避難所での健康検診、健康体操などをマニュアル通り実践した。

(全文を表示…)

2012年11月4日(日) 09:00 [地域・暮らし]

黒糖でサタパンビン/砂川中で消費拡大キャンペーン

島の伝統的な味に舌鼓/県農水産振興センター主催


生徒、保護者、教諭らが協力し合って黒糖を活用した甘味作りに挑戦した=3日、砂川中学校

生徒、保護者、教諭らが協力し合って黒糖を活用した甘味作りに挑戦した=3日、砂川中学校

 やっぱり、島の味はサイコー-。県農林水産部宮古農林水産振興センターによる宮古地区黒糖消費拡大キャンペーンとして3日、砂川中学校で黒糖を活用した甘味作りや宮古の製糖史のレクチャーなどが行われた。生徒と保護者、教諭らが30㌔の黒糖を使ったサタパンビン、くずもち、ぜんざい作りに挑戦。100人分を完成させ、同日に同校で行われた親子柔道・ソフトバレー大会の中で振る舞われた。

(全文を表示…)

2012年11月2日(金) 09:00 [地域・暮らし]

年賀はがき発売開始/宮古郵便局

ディズニーキャラクターなど11種類


発売を開始した2013年用お年玉付き年賀はがき=1日、宮古郵便局

発売を開始した2013年用お年玉付き年賀はがき=1日、宮古郵便局

 宮古郵便局は1日、2013年用お年玉付き年賀はがきの発売を開始した。宮古郵便局での発売枚数目標は66万4000枚。年賀状の投函は12月15日から始まることから同局では早めの購入と準備を呼び掛けている。

(全文を表示…)

2012年11月2日(金) 09:00 [地域・暮らし]

自立と社会参加目指す/平良庁舎

作品展示し啓発/精神保健福祉月間始まる


テープカットを行う関係機関の代表者たち=1日、市役所平良庁舎

テープカットを行う関係機関の代表者たち=1日、市役所平良庁舎

 「こえてゆけ、そのとびら 心のとびらを」をスローガンに「2012年度宮古地区精神保健福祉普及月間文化作品展示」(主催・宮古島市)のオープニングセレモニーが1日、市役所平良庁舎1階ロビーで行われた。セレモニーでは、関係者によるテープカットが行われ精神障害者の福祉増進に対する理解と協力が呼び掛けられた。会場には、市内6事業所から手芸、木工陶芸など5部門の約160点が展示され、訪れた市民らが作品の出来栄えに見入っていた。作品展は7日正午まで行われている。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2012年11月
    « 10月   12月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2