「地域・暮らし」 2012年12月のニュース一覧

2012年12月29日(土) 09:00 [地域・暮らし]

庁舎彩る無数の花/上野庁舎

見ごろ来年2月


色とりどりの花々が庁舎を彩っている=28日、市役所上野庁舎前庭

色とりどりの花々が庁舎を彩っている=28日、市役所上野庁舎前庭

 市役所上野庁舎が無数の花々で彩られ、来庁者の目を楽しませている。一番の見ごろは来年2月。

(全文を表示…)

2012年12月29日(土) 09:00 [地域・暮らし]

歳末商戦が本格化/市内スーパー

正月用品売れ行き好調


今年はお歳暮用ギフトが好調に売れている=28日、市内のスーパー

今年はお歳暮用ギフトが好調に売れている=28日、市内のスーパー

 年の瀬も迫った28日、市内のスーパーで歳末商戦が本格化した。お歳暮用ギフトセットや鏡餅、しめ縄などの正月用品が飛ぶように売れている。商戦はきょう29日から、ピークに入る。

(全文を表示…)

2012年12月28日(金) 16:08 [地域・暮らし]

「無事に帰って」/「カエル」マスコット贈呈

下地児童館母親クラブ 


宮城署長(左)と宮里会長(右)にマスコットを贈呈した母親クラブの皆さん=27日、宮古島署

宮城署長(左)と宮里会長(右)にマスコットを贈呈した母親クラブの皆さん=27日、宮古島署

 下地児童館母親クラブの内間真由美副会長ら7人が27日、宮古島署(宮城英眞署長)で「無事カエル」のマスコット約100個を同署と宮古島地区交通安全協会(宮里敏男会長)に贈呈した。

(全文を表示…)

2012年12月27日(木) 09:00 [地域・暮らし]

「ジンベエジェット」就航/JTA

美ら海水族館とタイアップ


宮古空港に初就航したJTAの「ジンベエジェット」=26日、宮古空港

宮古空港に初就航したJTAの「ジンベエジェット」=26日、宮古空港

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は、沖縄美ら海水族館で人気のジンベエザメを機体にデザインした「ジンベエジェット」を26日から就航。同日午後には宮古空港にも初お目見えした。

(全文を表示…)

2012年12月27日(木) 09:00 [地域・暮らし]

523人の宣言文提出/7学区自治会

飲酒運転根絶向け警察に


宮城署長(前列左端)と宮里会長(同右端)が宣言文を手に関係者らを激励した=26日、宮古島署

宮城署長(前列左端)と宮里会長(同右端)が宣言文を手に関係者らを激励した=26日、宮古島署

 交通安全学区佐良浜自治会など7学区自治会の代表らが26日、宮古島署(宮城英眞署長)に地域住民らが飲酒運転根絶を誓った計523人分の宣言文を提出した。今後各自治会からの提出が計画されており、住民の輪の広がりで社会的犯罪の飲酒運転の根絶を目指す。

(全文を表示…)

2012年12月27日(木) 09:00 [地域・暮らし]

5月開院が1カ月遅れ/新宮古病院

震災による資材不足など影響


6月開院に向け、急ピッチで工事が進む新宮古病院=26日、新宮古病院

6月開院に向け、急ピッチで工事が進む新宮古病院=26日、新宮古病院

 来年5月に開院を予定していた新宮古病院の開院時期が台風や東日本大震災などの影響で約1カ月延びて来年6月に開院することが決定した。開院時期については、県と宮古病院は調整を行っていたが、今月25日に6月開院を正式決定した。予定では6月1日に移転作業を行い、同3日から外来業務をスタートさせるとしている。

(全文を表示…)

2012年12月27日(木) 09:00 [地域・暮らし]

波平さん(久松中2年)最優秀/県緑化県民運動ポスター

宮古空港に初就航したJTAの「ジンベエジェット」=26日、宮古空港

宮古空港に初就航したJTAの「ジンベエジェット」=26日、宮古空港

 【那覇支社】県農林水産部(知念武部長)主催の2012年度県全島緑化県民運動ポスター原画コンクール最優秀賞者受賞者表彰式が25日、県庁で催され、県内小中高、特別支援学校の最優秀受賞者7人に表彰状が贈られた。宮古からは波平万葉さん(久松中2年)が最優秀に選ばれた。

(全文を表示…)

2012年12月26日(水) 09:00 [地域・暮らし]

ロッテで活躍を/プロ野球

川満寛弥投手を激励/出身地下地で盛大に


川満投手の活躍に期待を込めて乾杯する地域住民ら=25日、下地改善センター

川満投手の活躍に期待を込めて乾杯する地域住民ら=25日、下地改善センター

 プロ野球千葉ロッテ・マリーンズへの入団を決めた川満寛弥投手の激励祝賀会が23日午後、下地改善センターで開かれた。地域住民を中心に約300人が来場して川満投手のプロ入りを盛大に祝福し、今後の活躍に期待を込めた。川満投手は「プレーで宮古島を盛り上げていきたい」と活躍を誓った。

(全文を表示…)

2012年12月23日(日) 21:27 [地域・暮らし, 教育・文化, 社会・全般]

根間さんら受章報告/秋の叙勲

教育功労者が県教育長に


県主催の伝達式・報告会に出席した受章者。写真中央は大城県教育長。左端は根間さん。=21日、県教育庁

県主催の伝達式・報告会に出席した受章者。写真中央は大城県教育長。左端は根間さん。=21日、県教育庁

 【那覇支社】2012年秋の叙勲で教育功労を受章した受章者の伝達式と先月9日の文部科学省主催の授章式典に出席した受章者の報告会が21日、県教育庁で開かれた。今回の叙勲で瑞宝双光章を受けた元城辺中学校長の根間仙雅さん(82)=宮古島市=が大城浩県教育長に文科省での式典の様子を報告した。


 同伝達式・報告会には6人の受章者が出席。3人に大城教育長が勲章・勲記を伝達した。


 大城教育長は「これまで多年にわたる本県の教育振興の輝かしい実績に対する受章だと認識している。受章者一人一人が学校教育や文化財保護に多大な貢献をし功績を残された。改めてお礼を申し上げたい。県の教育課題は山積しており、引き続きご指導、ご鞭撻をお願いしたい」と述べ、受章者をたたえた。


 根間さんは「この受章は地域の皆さんや先輩方の指導や協力と、家族の支えがあってのこと。深く感謝したい。受章して一番うれしかったことは、5~60年前の教え子たちからの激励の電話や祝福の電報をもらったことで、教員をやって良かったと喜びも大きくなった。これから少しでも地域や後輩のために何か役立ちたいとの思いでいっぱい」と叙勲の喜びを述べた。

2012年12月23日(日) 21:20 [地域・暮らし, 社会・全般]

「被害者感情に共感を」/福祉保健所主催

デートDV防止で講座


重永さん(左)の講話を聞く参加者たち=22日、県宮古事務所2階講堂

重永さん(左)の講話を聞く参加者たち=22日、県宮古事務所2階講堂

 宮古福祉保健所主催による支援者のためのデートDV防止対策講座「思春期を支えるために~支援者ができること~」が22日、県宮古事務所2階講堂で開かれた。子どもへの暴力防止の取り組みを行っている福岡のNPO法人にじいろCAP(キャップ)のメンバー3人が講師を務め、暴力は力の不均衡から生まれること、支援者は被害者の嫌と言えない感情に共感することが必要などとする考えを示した。


 ドメスティック・バイオレンス(DV)とは、配偶者からの暴力のことで、デートDVは結婚していない男女間での暴力を指す。今講座は、教師や保育士、相談員など子どもたちからの暴力に関する相談業務や支援に携わる人など約30人が参加した。NPO法人にじいろCAPからは重永侑紀さん、伊東みさきさん、斉藤望さんが出席。主に講師を務めた重永さんは、思春期の期間について小学校4、5年生から21、22歳ごろまでとし、揺れ動く思春期に支援者が人間関係を築く応援をすることで、デートDVを未然に防げるようになるとの考えを示した。


 暴力は、力の不均衡があるところに発生すると語る重永さん。「嫌と言えない状況があるから暴力が生まれる。被害者は嫌と言えないことに罪悪感を感じ、自分が悪いと思ってしまう。嫌と言えない感情に共感し、『嫌と言え』ではなく「嫌と言ってもいいんだよ』と言ってあげるべき」と指摘した。


 けんかが起きた場合、犯罪のようにどちらが悪いか調べるのではなく、どんな理由があっても気持ちを暴力で表現してはいけないということを伝えることが必要との持論を紹介。「自分の暴力を正当化するのがDV。どんな関係性の中でも暴力は必要ない」と訴えた。


 親戚や地域のつながりが強い宮古島について重永さんは「共生を大事にしている文化」と思春期の子どもたちを地域で支える環境が今もあると評価。「困っている人、我慢している人がいたら、解決しようとするのではなく、話を聞いてあげてほしい」と呼び掛けた。


 同講座は、県DV総合対策支援事業の未然防止対策事業の一環として開かれた。

2012年12月23日(日) 21:05 [地域・暮らし, 教育・文化]

クリスマス気分盛り上げ

宮高吹奏楽部がコンサート


美しい音色で聴衆を魅了したコンサート=22日、マティダ市民劇場

美しい音色で聴衆を魅了したコンサート=22日、マティダ市民劇場

 第3回宮古高校吹奏楽部のクリスマスコンサートが22日、マティダ市民劇場で開かれた。金管と木管の美しいハーモニーで、ホワイトクリスマスなどポピュラーなクリスマスソングを演奏、聴衆は一足早いクリスマス気分を味わった。


 今回はマックスバリュ宮古南店から菓子などが協賛品として贈呈され、参加した子どもたちにプレゼントされた。


 コンサートは「サンタが町にやって来た」「ホワイトクリスマス」などをアレンジしたクリスマスソングメドレーで幕開け。


 歌劇ローエングリンから「エルザの大聖堂への行列」「バラの謝肉祭」の演奏のほかクラリネットやサクソフォンなどの木管、トランペットやチューバなどの金管楽器を時には力強く、時には流れるようななめらかさで曲を表現した。


 第2部は同校放送部による読み聞かせ。第3部は吹奏楽部がフィンガーファイブのメドレーを演奏し、聴衆を魅了した。

2012年12月23日(日) 20:54 [地域・暮らし, 政治・行政]

年末年始警戒活動実施

夜間街頭パト/幹

夜間街頭パト/幹

警察や行政200人で夜間パト


 警察や行政、各地区防犯協会などによる年末・年始総合警戒街頭活動が21日夜、市内各地で行われた。約200人が参加し、パトロールをしながら市民に鍵掛けや自転車の登録励行で盗難防止を呼び掛けたほか、飲酒絡みによる事件や事故に巻き込まれないよう注意を促した。


 地域の安全は地域自らの手で守り、安心、安全なまちづくりを推進することが目的。


 年末年始は忘年会や新年会など、飲酒の機会が増えることや小中高校が冬休みに入ることから、毎年この時期に実施している。


 宮古島署で出発式があり、宮城英眞署長は「安心、安全な街づくりは警察だけでなく、市民の協力がなければ達成できない。地域の皆さんと一緒になって犯罪のない島づくりにまい進していく」と決意を示した。


 宮古島地区防犯協会の前川尚誼会長は「『住めば宮古』をPRしながら安全な島づくりを訴えよう。観光客も安心して訪れる島をつくっていこう」と呼び掛けた。


 長濱政治副市長は「年末は1年間張り詰めていた気持ちが緩み、開放的になり事件や事故の発生が心配される。冬休みに入った子どもたちを狙った声掛け事案などの発生も予想される」と述べ、被害の未然防止に向けた注意喚起の必要性を強調した。


 この後、参加者たちは4班に分かれ、西里通りや通称イーザト周辺など市内中心地の巡回パトロールを実施。道行く人やドライバーらにチラシを配布し、注意と協力を呼び掛けた。


 警戒街頭活動は来年1月4日まで市内各地で展開する。

2012年12月22日(土) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

重点に飲酒運転根絶/年末年始交通安全出発式

 「一滴が涙に変わるその飲酒」をスローガンとした2012年度年末・年始の交通安全県民運動(主催・市交通安全推進協議会)の出発式が20日、市中央公民館で開かれた。宮古島地区交通安全協会や宮古島署などの関係機関が一堂に集い、運動の重点となる①飲酒運転の根絶②子どもと高齢者の交通事故防止(特に歩行者事故の防止)③全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底-に取り組んでいくことを確認した。

(全文を表示…)

2012年12月22日(土) 09:00 [地域・暮らし]

制定向け意見聴取/地域づくりTミーティング

障害者権利擁護条例


タウンミーティングではパネリストや参加者から活発な意見が出た=19日、宮古合同庁舎

タウンミーティングではパネリストや参加者から活発な意見が出た=19日、宮古合同庁舎

 県が障害者の権利擁護の推進を目的とした条例制定の検討のため「障害のある人もない人も暮らしやすい地域づくり」タウンミーティング(主催・県福祉保健部障害保健福祉課)が21日、宮古合同庁舎で開かれ、「沖縄県障害のある人もない人も暮らしやすい地域づくり県民会議」(障害者県民会議)が仲井真弘多県知事に提出した意見書の説明のほか、条例制定に関し参加者からの意見を募った。

(全文を表示…)

2012年12月22日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

強盗、詐欺の未然防止へ/警察・金融機関が連携強化

カラーボールの投てき訓練をする参加者=21日、宮古島警察署

カラーボールの投てき訓練をする参加者=21日、宮古島警察署

 警察・金融機関防犯連絡会議が21日、宮古警察署で開催された。警察や銀行、JAの職員らが出席。年末年始に懸念される強盗事件や高齢者を対象にした詐欺の未然防止へ、情報を交換し連携強化を確認した。

(全文を表示…)

2012年12月21日(金) 09:00 [地域・暮らし]

ビオラで「母の音色」演奏/天野さんと「男塾」

宮古病院でクリスマスコン


エレベーターホールでクリスマスコンサートを行った天野さん(中央奥)=20日、宮古病院

エレベーターホールでクリスマスコンサートを行った天野さん(中央奥)=20日、宮古病院

 ビオラ奏者の天野誠さんと宮古島保育士連合会「男塾」のメンバーが20日、宮古病院産科・小児科病棟のエレベーターホールでクリスマスコンサートを開いた。安座間和美看護師長が「病気でつらい思いをしている皆さんに少しでも楽しい時間を過ごしてもらえればと企画した」とボランティア演奏の奏者たちを紹介した。

(全文を表示…)

2012年12月21日(金) 09:00 [地域・暮らし]

真喜屋さんの大臣表彰祝う

「初一念一筋に」の出版祝賀会も


2回目の大臣表彰を受けた真喜屋さん(右)と妻の恒代さん=19日、レストランクール

2回目の大臣表彰を受けた真喜屋さん(右)と妻の恒代さん=19日、レストランクール

 真喜屋精神神経科院長の真喜屋浩さんの厚生労働大臣表彰と回顧録「初一念一筋に」出版記念の祝賀会が19日、市内の会館で開かれ、この日のために東京から駆け付けた宮古島出身で囲碁棋士四段の知念かおりさんら大勢の関係者が集い、真喜屋さんの出版と表彰を祝った。

(全文を表示…)

2012年12月20日(木) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

マックがオープン

市民待望、開店前から列


関係者がテープカットで開店を祝った=19日、マクドナルド宮古島店

関係者がテープカットで開店を祝った=19日、マクドナルド宮古島店

イオン琉球(本社南風原町、末吉康敏社長)のイオンタウン宮古南ショッピングセンター敷地内に19日、宮古島初出店となる「マクドナルド宮古島店」がオープンした。午前10時のオープンを前に開店を待ち切れずに来店した客らが見つめる中でテープカットが行われ、関係者らで開店を盛大に祝った。

(全文を表示…)

2012年12月20日(木) 09:00 [地域・暮らし]

琉球舞踊新人賞に輝く/砂川さん「最高賞狙いたい」

琉球古典芸能コンクール新人賞を受賞した砂川真紀さん(左)と師匠の池間美代子さん=19日、池間美代子琉舞研究所・平良荷川取

琉球古典芸能コンクール新人賞を受賞した砂川真紀さん(左)と師匠の池間美代子さん=19日、池間美代子琉舞研究所・平良荷川取

 宮古総合実業高校2年の砂川真紀さん(17)がこのほど行われた第47回琉球古典芸能コンクール(主催・琉球新報社)で琉球舞踊新人賞を受賞した。砂川さんは「高校を卒業しても踊りを続けて、最高賞を狙いたい」と抱負を語った。

(全文を表示…)

2012年12月19日(水) 09:00 [地域・暮らし]

「鏡原馬場あやぐ」披露/全琉婦人芸能大会

砂川学区婦人会が華やかに


舞台で「鏡原馬場」の踊りを披露する砂川学区婦人会のメンバー=16日、那覇市民会館

舞台で「鏡原馬場」の踊りを披露する砂川学区婦人会のメンバー=16日、那覇市民会館

 【那覇支社】県婦人連合会(平良菊会長)主催の第34回全琉婦人芸能大会が16日、那覇市民会館で催され、宮婦連砂川学区婦人会が「鏡原馬場あやぐ」の踊りを披露した。

(全文を表示…)

2012年12月16日(日) 09:00 [地域・暮らし]

空き家敷地に集合住宅を/来間の活性化で提言

清水准教授が空き家活用講演



多くの市民が参加した講演会=15日、県宮古合同庁舎

多くの市民が参加した講演会=15日、県宮古合同庁舎

 空き家活用のための講演会(主催・来間島地域ふるさと活性化推進協議会)が15日、県宮古合同庁舎で開催された。講師を務めた清水郁郎東京芝浦工業大学准教授は、老朽化した空き家は、取り壊して集合住宅を作った方がリフォームよりも安く付くと提言。来間の空き家の問題は都会と違い、共同体の浮沈にかかる基本問題とし、空き家と屋敷活用は過疎化歯止めに重点を置かなければならないと強調した。

(全文を表示…)

2012年12月14日(金) 09:00 [地域・暮らし]

手紙文化の普及へ/宮古郵便局

児童生徒に年賀はがき寄贈/27社が賛同


協賛27社から宮古島市と多良間村の児童生徒に年賀はがきが寄贈された=13日、市役所城辺庁舎

協賛27社から宮古島市と多良間村の児童生徒に年賀はがきが寄贈された=13日、市役所城辺庁舎

 手紙文化の普及と子どもたちの豊かな情操と人材育成などを目的に宮古島市と多良間村の小中学校の子どもたち対する年賀はがきの贈呈式が13日、市役所城辺庁舎で行われた。

(全文を表示…)

2012年12月14日(金) 09:00 [地域・暮らし]

来年3月まで片側通行/平良西原の道路崩落

災害復旧工事が急ピッチ


一部道路の崩落によって片側通行となっている現場=13日、平良西原

一部道路の崩落によって片側通行となっている現場=13日、平良西原

 大雨の影響による地滑りで崩落したとみられる平良西原の一部道路の復旧工事が急ピッチで進められている。現場の車道は片側通行となっており、工事が完了する来年3月まで現状の規制が敷かれる見通し。

(全文を表示…)

2012年12月12日(水) 09:00 [地域・暮らし]

宮里氏に法務大臣賞/県更生保護大会

11個人、6団体が受賞


 2012年度沖縄県更生保護大会で表彰を受けた受賞者への伝達式がこのほど、市内のホテルで開かれた。法務大臣表彰を受賞した宮里敬一氏や、九州地方更生保護委員会委員長表彰の儀間健氏と濱元誠喜氏ら個人11人、6団体に表彰状や感謝状が贈られた。

(全文を表示…)

2012年12月12日(水) 09:00 [地域・暮らし]

20周年記念アルバムが完成/下地暁さん「ミャーク」

あすから県内先行発売


20周年記念アルバムの完成を発表する下地暁氏=11日、RBCサテライトスタジオ

20周年記念アルバムの完成を発表する下地暁氏=11日、RBCサテライトスタジオ

 1992年から故郷の宮古島で音楽活動を続ける“アイランダーアーティスト”下地暁さんが、宮古島での活動20周年を記念したアルバム「Myahk(ミャーク)」をこのほど完成させた。11日に会見を開き、13日から県内先行発売することを発表した。

(全文を表示…)

2012年12月11日(火) 09:00 [地域・暮らし]

福祉社会の実現など訴え/宮古地区老人クラブ大会

功労表彰や作品展開催


功労者たちに賞状が授与された宮古地区老人クラブ大会=9日、マティダ市民劇場

功労者たちに賞状が授与された宮古地区老人クラブ大会=9日、マティダ市民劇場

 第47回宮古地区老人クラブ大会(主催・宮古地区老人クラブ連合会)が9日、マティダ市民劇場で開かれた。クラブの発展や人材育成に貢献した功労者を表彰。舞台発表や作品展で活動の成果を披露しながら豊かな知識と経験をアピールした。「活力ある長寿社会を築く『健康、友愛、奉仕』活動の充実」などを盛り込んだ大会宣言を採択。地域の人々との共生を基本に、全ての世代との交流を通して、安心して暮らせる福祉社会の実現を訴えた。

(全文を表示…)

2012年12月9日(日) 09:00 [地域・暮らし]

青色灯で犯罪防止/山中喜会

伊良皆会長らが点灯式


青色回転灯(右上)の点灯式でスイッチを入れる(左から)下地市長、伊良皆会長と宮城署長=8日、山中土地改良給水所

青色回転灯(右上)の点灯式でスイッチを入れる(左から)下地市長、伊良皆会長と宮城署長=8日、山中土地改良給水所

 山中喜会(プカラスカイ)(伊良皆哲夫会長)は8日、平良下里にある山中土地改良給水所に隣接する字有地に設置した青色回転灯(防犯灯)の点灯式を行った。青色回転灯は市の地域づくり支援事業を活用して設置した。下地敏彦市長、宮古島署の宮城英眞署長と伊良皆会長がスイッチを入れた。

(全文を表示…)

2012年12月6日(木) 09:00 [地域・暮らし]

桜井さんら1級合格/12年度前期技能検定

5人に証書交付


黒島所長(前列右から2人目)から合格証書を受け取った皆さん=5日、県宮古合同庁舎

黒島所長(前列右から2人目)から合格証書を受け取った皆さん=5日、県宮古合同庁舎

 2012年度前期技能検定の1級、2級合格者に対する合格証書の交付式が5日、県宮古合同庁舎で行われた。県宮古事務所の黒島師範所長が合格証書を合格者5人に伝達交付した。技能検定では桜井武史さん(職種・左官)らが1級に合格した。

(全文を表示…)

2012年12月6日(木) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

障害者に優しい街づくりを

改善箇所チェック/第2回バリアフリー基本構想ワークショップ


車いす利用者らから多くの意見が出されたワークショップ=5日、市中央公民館

車いす利用者らから多くの意見が出されたワークショップ=5日、市中央公民館

 県内では初の取り組みとして宮古島市が進めているバリアフリー基本構想策定に向けた第2回ワークショップが5日、市中央公民館で開催された。参加者たちは3班に分かれて、公共施設やスーパー、公園、道路などについて普段から不便だと感じていることや障害者が安心して暮らせる優しい街づくりについて、それぞれの立場から意見を出し合った。

(全文を表示…)

2012年12月4日(火) 09:00 [地域・暮らし]

育てた菊350鉢/鏡原中

伝統の菊まつり盛況


菊の愛好者らに人気のあった菊まつり=2日、鏡原中学校

菊の愛好者らに人気のあった菊まつり=2日、鏡原中学校

 「みんなの心に花が咲く 笑顔 届ける菊の花」をスローガンに掲げた第35回菊まつりが2日、鏡原中学校(島尻政俊校長)で行われた。生徒71人が愛情を込めて育てた約350鉢の菊が飾られた。即売会では飛ぶように売れ、生徒たちの笑顔は満開となった。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2012年12月
    « 11月   1月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2