「スポーツ」 2012年12月のニュース一覧

2012年12月28日(金) 16:02 [スポーツ]

比嘉大吾(宮工)、フライ級連覇/高校ボクシング

狩俣綾汰(宮総実)はピン級制す


比嘉大吾

比嘉大吾

 ボクシングの県高校選手権大会はこのほど、沖縄水産高校で各階級の決勝を行い、フライ級に出場した宮工の比嘉大吾(2年)が優勝して連覇を達成、ピン級では宮総実の狩俣綾汰(2年)が勝ち、2階級を宮古勢が制した。比嘉は来月25日から始まる九州大会に県代表として出場。ライトフライ級で優勝を目指す。

(全文を表示…)

2012年12月26日(水) 09:00 [スポーツ]

近代PR、サヨナラV/本社杯野球決勝

成年はF与那覇が連覇


優勝を決め波平キャプテンを胴上げするDS近代PRチームのメンバーたち=23日、市営球場

優勝を決め波平キャプテンを胴上げするDS近代PRチームのメンバーたち=23日、市営球場

 宮古毎日新聞杯・第21回全宮古軟式野球選手権大会(主催・宮古毎日新聞社、宮古野球連盟)は23日、市営球場で一般級の準々決勝1試合と準決勝2試合、決勝と成年級決勝を行った。一般級は照の会と対戦したDS近代PRが4-3の逆転サヨナラで優勝。昨年と同一カードとなった成年級決勝はファミリー与那覇が3-2で阿波根建設に競り勝ち連覇を達成した。

(全文を表示…)

2012年12月22日(土) 09:00 [スポーツ]

横浜FC 3度目の宮古合宿

総勢45人来島へ/1月24~31日 前福運動場


横浜FCの宮古島キャンプ決定について報告する宮国会長(右)と本村会長=21日、宮古島市体育協会

横浜FCの宮古島キャンプ決定について報告する宮国会長(右)と本村会長=21日、宮古島市体育協会

 今年、フットサルのワールドカップに日本代表として出場した「キング・カズ」こと三浦知良選手らが所属するプロサッカーチーム・横浜FCの合宿が来年1月24日から宮古島で行われることが決定。宮古サッカー協会の宮国敏弘会長らが21日、宮古島市体育協会で会見を開き、日程などを発表した。

(全文を表示…)

2012年12月22日(土) 09:00 [スポーツ]

出場1700人を確定/第29回トライ大会

100人は抽選で決める/来年4月21日に号砲


抽選で参加許可者を選ぶ(左から)根間さん、下地市長、長濱副市長、本村会長=21日、市役所平良庁舎

抽選で参加許可者を選ぶ(左から)根間さん、下地市長、長濱副市長、本村会長=21日、市役所平良庁舎

 2013年4月21日に開催される第29回全日本トライアスロン宮古島大会の選手抽選会が21日、市役所平庁舎で開かれた。大会長を務める下地敏彦市長、実行委員長の長濱政治副市長、選考委員長で競技委員長も務める本村博昭市体育協会長、第39代ミス宮古(ティダ)の根間愛美さんが抽選枠100人分の出場許可者を、申込者の氏名を記したカードを引いて決め、全参加許可者が確定した。

(全文を表示…)

2012年12月17日(月) 09:00 [スポーツ]

市消防3年ぶり優勝/全宮古職域駅伝

24チームがたすきつなぐ


優勝した市消防本部チーム=16日、市陸上競技場

優勝した市消防本部チーム=16日、市陸上競技場

 第39回全宮古職域駅伝競走大会(主催・市陸上競技協会)が16日、市陸上競技場をスタート・ゴールに一周道路の比嘉ロードパークを折り返す、21㌔で行われた。16チームが参加し、7区間で健脚を競った結果、市消防本部Aが1時間17分7秒のタイムで優勝した。同チームの優勝は、3年ぶり。準優勝は宮古

ガッツポーズでゴールする市消防本部の瑞慶覧朝充選手

ガッツポーズでゴールする市消防本部の瑞慶覧朝充選手

特別支援学校。3位には宮古島リハビリ温泉病院が入った。昨年まで2連覇した航空自衛隊は、出場しなかった。6区(2㌔)を走った宮古特別支援学校の諸井勇人選手は6分9秒の区間新を出した。

(全文を表示…)

2012年12月13日(木) 09:00 [スポーツ]

川満「新鮮な気持ち」/ロッテが新入団選手発表

川満寛弥投手

川満寛弥投手

 ロッテの新人選手入団発表が12日、東京都新宿区のロッテ本社で行われた。ドラフト2位で入団する川満寛弥投手(宮総実高-九州共立大)=背番号36=は「ユニホームに袖を通してみて、とても新鮮な気持ちになった。たくさんのファンが足を運んでもらえるようなピッチングを披露したい」と意気込みを語った。

(全文を表示…)

2012年12月9日(日) 09:00 [スポーツ]

五輪選手が基本指導/陸上クリニック

江里口、醍醐、海老原選手参加


ハードルをまたいで超えるトレーニングを指導する江里口選手(右手前)=8日、市陸上競技場

ハードルをまたいで超えるトレーニングを指導する江里口選手(右手前)=8日、市陸上競技場

 オリンピック選手による陸上クリニックが8日、市陸上競技場で開かれた。中学生以上の市民アスリート約100人が、短距離の江里口匡史選手、走高跳の醍醐直幸選手、やり投の海老原有希選手から各種目の基本やトレーニング方法などについて指導を受けた。

(全文を表示…)

2012年12月9日(日) 09:00 [スポーツ]

サッカーの楽しさ再発見

プロ選手がちびっ子指導/FC琉球


上里琢文選手のアドバイスを受けながらゲームを楽しむ子どもたち=8日、市多目的前福運動場

上里琢文選手のアドバイスを受けながらゲームを楽しむ子どもたち=8日、市多目的前福運動場

 FC琉球のサッカー教室が8日、市多目的前福運動場で始まった。幼稚園から2年生まで約100人の子どもたちが参加し、宮古島市出身の上里琢文選手ら憧れのプロサッカー選手から直接指導を受けてサッカーの楽しさを体験した。教室はきょう9日まで。

(全文を表示…)

2012年12月8日(土) 09:00 [スポーツ]

トップ選手の力と技に歓声/キッズアスリート・プロジェクト

陸上キャラバン隊が来島/日本最速・江里口選手の走り間近で



ハードル、走高跳、やり投げも圧巻。トップ選手の力と技に児童の目は最後までくぎ付けだった。

ハードル、走高跳、やり投げも圧巻。トップ選手の力と技に児童の目は最後までくぎ付けだった。

 陸上競技の国内トップクラスの選手が子どもたちを指導する日本陸上競技連盟のキッズアスリート・プロジェクトが7日、宮古島市陸上競技場で行われた。男子短距離で国内現役最速の江里口匡史選手ら5人のアスリートが走る、跳ぶ、投げるの各種目で力と技を披露し、集まった400人の児童を喜ばせた。種目ごとのレッスンも行い、陸上競技の楽しさを伝えた。8日は中学生以上を対象とするクリニックが開催される。

(全文を表示…)

2012年12月7日(金) 09:00 [スポーツ]

過去最多3336人が申し込み/第29回トライ大会

第1回選手選考委を開催


申し込み状況などについて説明を聞く委員たち=6日、市役所平良庁舎

申し込み状況などについて説明を聞く委員たち=6日、市役所平良庁舎

 2013年4月21日に開催される第29回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回選手選考委員会が6日、市役所平良庁舎で開かれた。選手選考委員長に大会競技委員長である本村博昭氏を選出。申し込み状況として過去最高となる3336人からの応募があったことを事務局が報告した。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成29年6月1日現在

    宮古島市 53,993 人
    26,943 人
    27,050人
    世帯数 26,146軒
    多良間村 1,189 人
    641 人
    548 人
    世帯数 531 軒
  • 天気


  •  

    2012年12月
    « 11月   1月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2