2013年1月25日のニュース一覧

2013年1月25日(金) 23:03 [行雲流水]

「センター試験」(行雲流水)

 1月19、20日の2日間にわたって大学入試センター試験が行われた。正式名称は「大学入学者選抜大学入試センター試験」である。この制度は当初国公立大学の入学共通一次学力試験として1990年に始まり、今では私立大学も参入しての全国共通一次試験となっている

(全文を表示…)

2013年1月25日(金) 09:00 [政治・行政]

雇用対策で連携協定/市と沖縄労働局

新年度から本格スタート/若者の島内就職を促進


機械を使って植え付け作業をする農家=24日、上野地区

機械を使って植え付け作業をする農家=24日、上野地区

 宮古島市(下地敏彦市長)と沖縄労働局(川口秀人局長)が、同局宮古職業安定所の事業と市の雇用に関する施策の一体的推進による雇用改善を目的に24日、雇用対策協定を締結した。重点施策は、若者の島内就職促進など7項目。今年度中に運営協議会を設置して、求人・就職件数目標などを設定し、13年度から本格的に事業をスタートさせる。

(全文を表示…)

2013年1月25日(金) 09:00 [スポーツ]

横浜FC来島、盛大に歓迎

31日までキャンプ/山口監督「優勝」に意欲


少年サッカーチームの代表選手が(右から)山口監督、シュナイダー潤之介主将、三浦知良選手らに花束を贈呈した=24日、宮古空港

少年サッカーチームの代表選手が(右から)山口監督、シュナイダー潤之介主将、三浦知良選手らに花束を贈呈した=24日、宮古空港

 プロサッカーJ2の横浜FCのメンバーが24日、宮古島キャンプのため来島した。今月31日まで、宮古島市前福多目的運動場でトレーニングを行う。宮古空港では歓迎セレモニーが開かれ、地元のサッカー協会や少年サッカーチーム、一般市民が盛大に歓迎。憧れの三浦知良選手らの活躍を期待するとともに、キャンプの成功とJ1昇格に向けて力強いエールを送った。山口素弘監督は「優勝への足掛かりを、この宮古島で作りたい」と決意を示した。

(全文を表示…)

2013年1月25日(金) 09:00 [社会・全般]

花城愛子さん最優秀/県老連意見発表

老人クラブ事業参画提言


意見発表で用いた「幸齢者」の文字パネルなどが審査にインパクトを与え最優秀賞に輝いた花城さん=24日、宮古地区老人クラブ連合会事務所

意見発表で用いた「幸齢者」の文字パネルなどが審査にインパクトを与え最優秀賞に輝いた花城さん=24日、宮古地区老人クラブ連合会事務所

 県老人クラブ連合会(白石武治会長)主催の創立50周年記念第33回県老人の意見発表大会が23日、北中城村中央公民館で催され、宮古地区を代表して意見発表した花城愛子さん(73)=西原みどり会所属=が最優秀に輝いた。発表で花城さんは「高齢者」を「幸齢者」と置き換えた文字パネルを掲げるなどし、宮古地区で行われている老人クラブ行政受託事業の事例を紹介。積極的な高齢者の社会参画を提言して高い審査評価を得た。宮古地区代表が最優秀を受賞するのは5年ぶり。

(全文を表示…)

2013年1月25日(金) 09:00 [政治・行政]

主要事業の推進へ/第2期下地市政きょう始動

地域間格差など課題


署名した協定書を手にする下地市長(右)と川口局長(左)=24日、平良庁舎

署名した協定書を手にする下地市長(右)と川口局長(左)=24日、平良庁舎

 下地敏彦市長の2期目が25日に始動する。就任式が午前8時10分から平良庁舎で行われる。引き続き臨時庁議を開き、天然ガス開発や市総合庁舎、新図書館・公民館建設などの主要事業の推進や一括交付金の効果的活用など公約の実現に協力を求めるとみられる。少子高齢化対策や雇用対策、合併後の地域間格差など課題も多く、1期目以上に手腕が期待される。就任を前にマスコミのインタビューに答えた下地市長は「4年前の就任式で、肌着1枚になって取り組もうと呼び掛けた気持ちと全く同じ」と述べ、初心を忘れずに笑顔あふれる宮古島の建設にまい進する決意を表明した。

(全文を表示…)

2013年1月25日(金) 09:00 [産業・経済]

苗、順調に生育/葉タバコ植え付け開始

2期目スタートに向けインタビューに答える下地敏彦市長=23日、市長室

2期目スタートに向けインタビューに答える下地敏彦市長=23日、市長室

 2013年産葉タバコの植え付けが、始まった。農家によると、今年の苗は根の張りが良く、葉肉も厚く上々の作柄。収穫は肥培管理を経て3月下旬ごろから始まり、今年は139人の農家で約26億円の販売を目指す。

(全文を表示…)

2013年1月25日(金) 09:00 [社会・全般]

環境省がまるちくを認証/カーボン・オフセット制度

日々の営業でCO2削減


環境省からカーボン・オフセットの認証を受けたまるちくタクシーの下地社長=24日、まるちくタクシー

環境省からカーボン・オフセットの認証を受けたまるちくタクシーの下地社長=24日、まるちくタクシー

 まるちくタクシー(下地隆之社長)がこのほど、国のカーボン・オフセット制度の認証を受けた。同社は営業活動で使用しているタクシー15台のうち、11台がエコカー。同車を活用したエコツアーなども積極的に展開しており、二酸化炭素排出量を抑えた営業活動が評価された。エコツアーを実施するタクシー企業が認証を受けるのは国内初。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成29年7月1日現在

    宮古島市 54,040 人
    26,974 人
    27,066人
    世帯数 26,197軒
    多良間村 1,185 人
    639 人
    546 人
    世帯数 528 軒
  • 天気


  •  

    2013年1月
    « 12月   2月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2