「産業・経済」 2013年2月のニュース一覧

2013年2月28日(木) 09:00 [産業・経済]

天気に恵まれ豊作/冬春期野菜

2月ゴーヤー、前期比1.6倍


好天に恵まれ連日大量のゴーヤーが入荷している=27日、JA平良支店野菜集出荷場

好天に恵まれ連日大量のゴーヤーが入荷している=27日、JA平良支店野菜集出荷場

 今年の宮古地区の冬春期出荷野菜は、天候に恵まれ豊作型の作柄で推移している。2月1日から22日までにJAに入荷したゴーヤーは114㌧と、前年同期の70㌧と比べ1・6倍。トウガンの入荷量も2月は120㌧程度が見込まれ、前年の85㌧より4割ぐらい増えそうだ。

(全文を表示…)

2013年2月27日(水) 09:00 [産業・経済]

紫イモの商品を開発/けーきはうす

宮古産PR ケーキとスイートポテト


下地市長(右)に宮古島産紫イモを使った商品の説明をする長濱勝さん(左から2人目)と恵美子さん(左)。左から3人目は市農政課の赤嶺淳幸補佐=26日、市長室

下地市長(右)に宮古島産紫イモを使った商品の説明をする長濱勝さん(左から2人目)と恵美子さん(左)。左から3人目は市農政課の赤嶺淳幸補佐=26日、市長室

 「けーきはうす」(市平良西里)を営む長濱勝さんと恵美子さんが26日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、宮古島産紫イモを使った商品を二つ開発し、販売を開始したことを報告した。試食した下地市長は「とてもおいしい。良い商品を作ってもらいありがとう」と話した。


 長濱さんが今回、開発したのは「宮古島まもる君の紫いもケーキ」と「宮古島ちゅら恋紅芋スイートポテト」。


 「宮古島の土産は地元産食材を使いたい」とのこだわりから、いずれも宮古島産紫イモを加工したペーストを使用し、約1年を掛けて作り上げた。


 今月20日から市内ホテル売店や空港内土産品店などで販売。売れ行きが好調で、追加注文に対応するため休日返上で生産しているという。


 長濱さんは、卵を使用することで変色してしまうケーキで、添加物を使わず紫イモの色を出す難しさや、スイートポテトの甘さ加減に試行錯誤したことなど商品化に至るまでの苦労話などを紹介した。


 紫イモケーキは840円、スイートポテトは735円。商品に関する問い合わせは同店(電話73・0315)まで。

2013年2月23日(土) 09:00 [産業・経済]

32万6000㌧に上方修正/キビ生産見込み量

株出増え、当初比9000㌧増


原料搬入見込み量が上方修正された沖縄製糖宮古工場

原料搬入見込み量が上方修正された沖縄製糖宮古工場

 宮古地区4工場(沖糖、宮糖城辺、同伊良部、同多良間)管内の2012―13年期産サトウキビの生産見込み量は32万6170㌧と当初見込みの31万7120㌧と比べ約9000㌧増えた。日本分蜜糖工業会によると、県内工場の多くが下方修正した中で沖糖、宮糖城辺は上方修正した。

(全文を表示…)

2013年2月22日(金) 09:00 [産業・経済]

小型EVの社会実験へ

運行体系構築目指す/市、ホンダ、東芝が協定締結


基本協定を締結した右から榮元部長、下地市長、幸村常務=21日、平良庁舎市長室

基本協定を締結した右から榮元部長、下地市長、幸村常務=21日、平良庁舎市長室

 市と本田技術研究所(ホンダ)、東芝は小型電動モビリティと充電インフラの社会実験を宮古島ですることになり21日、市役所平良庁舎市長室で基本協定を締結した。小型モビリティは、軽自動車よりも小さい2人乗り程度の新タイプの乗り物で、公道走行は国の認定が必要。東芝が充電器を各所に設置し、ホンダが車を走らせて、円滑に運行できるシステムづくりを目指す。実験開始は年内を予定している。

(全文を表示…)

2013年2月20日(水) 09:00 [産業・経済]

那覇-宮古線 SKY継続就航を要請/商工会議所、観光協、市

下地市長(右手前)に運休期間の短縮を報告する加藤氏(左)とスカイマーク宮古空港所の小林紘典所長代理=19日、市長室

下地市長(右手前)に運休期間の短縮を報告する加藤氏(左)とスカイマーク宮古空港所の小林紘典所長代理=19日、市長室

 宮古島商工会議所(下地義治会頭)、宮古島観光協会(豊見山健児会長)、宮古島市(下地敏彦市長)は19日、スカイマーク(SKY)が4月から3カ月間の運休を発表している那覇-宮古線の継続就航などを求める要請を行った。下地会頭、豊見山会長、下地市長が同社宮古空港所を訪ね、加藤正三取締役執行役員に要請文を手渡した。

(全文を表示…)

2013年2月20日(水) 09:00 [産業・経済]

利用増なければ撤退も/運休期間は1カ月短縮

スカイマークが市に報告


下地市長(左)、下地会頭(左から2人目)、豊見山会長(同3人目)から要請書を受け取る加藤氏=19日、スカイマーク宮古空港所

下地市長(左)、下地会頭(左から2人目)、豊見山会長(同3人目)から要請書を受け取る加藤氏=19日、スカイマーク宮古空港所

 スカイマーク(SKY、本社・東京、西久保愼一社長)は現在、1日3往復6便運航している那覇-宮古線を4月から3カ月間運休するとしていたが、これを1カ月短縮し、6月1日から運航を再開することを決めた。同社の加藤正三取締役執行役員が19日、下地敏彦市長に報告するとともに、利用者増へ支援を要請した。ただ、運航再開後、搭乗率が一定以上に達しない場合には再運休や撤退する可能性も示した。

(全文を表示…)

2013年2月20日(水) 09:00 [産業・経済]

子牛1頭44万円の高値/2月肉用牛競り

雌40万円台、全体押し上げ


 JAおきなわ宮古家畜市場の2013年2月の肉用牛競り市が19日、開かれた。子牛1頭平均価格は、前月より5865円高い44万1831円と高値水準。雌が40万円台と高く、全体の成績を押し上げた。

(全文を表示…)

2013年2月19日(火) 09:00 [産業・経済]

紫イモ成分で差別化を/カンショ産業化推進協

地元消費拡大も提言


紫イモの産業化に向けて意見を交換した協議会=18日、市上野庁舎

紫イモの産業化に向けて意見を交換した協議会=18日、市上野庁舎

 2012年度の宮古島産カンショ6次産業化プロジェクト推進協議会(洲鎌孝会長)が18日、市上野庁舎で開催された。事務局は宮古島の紫イモが「(骨粗鬆症に有効な)カルシウム分を多く含んでいる」と報告。委員らはイモの産地化には、有用成分の分析をもっと徹底し、他産地との差別化を図ることが必要と提言した。販売戦略では、地元での消費拡大に力を注ぐよう促した。

(全文を表示…)

2013年2月16日(土) 09:00 [産業・経済]

11万4000㌧に上方修正/宮糖城辺

当初比5000㌧増 株出面積倍増押し上げ


原料搬入見込み量が上方修正された宮古製糖城辺工場

原料搬入見込み量が上方修正された宮古製糖城辺工場

 宮古製糖城辺工場は今月上旬に、現在収穫中のサトウキビ(2012-13年期産)の残量調査を行い、当初の生産見込量10万9000㌧を同比5000㌧増の11万4000㌧に上方修正した。株出面積が388㌶と前期の180㌶と比べて倍増し、押し上げた。全体の収穫面積は1990-91年期以来22年ぶりに、1700㌶台を回復した。

(全文を表示…)

2013年2月16日(土) 09:00 [産業・経済]

ヤムイモを試験栽培/市、東京農大、東急、宮古観光開発

産官学が協定締結/加工品開発、販路拡大に連携


左から杉田副社長、鈴木社長、大沢学長、下地市長=15日、市役所平良庁舎

左から杉田副社長、鈴木社長、大沢学長、下地市長=15日、市役所平良庁舎

 宮古島市と東京農大、東急電鉄、宮古観光開発の4者は、宮古に向く作物の選択や加工品開発、販路拡大に連携して取り組むことになり15日、産官学連携協定を締結した。当面は東京農大宮古亜熱帯農場で研究成果が得られている「熱帯産ヤムイモ」を宮古観光開発の農場(下地与那覇)で試験栽培し、経済栽培の可能性を検討する。将来的には、宮古の農家への普及を目指す。

(全文を表示…)

2013年2月15日(金) 09:00 [産業・経済]

宮古島漁協も追加を/共同23号

県、漁業権更新前に公聴会


海区漁業調整委員(右)の前で公述人らは意見を述べた=14日、宮古合同庁舎

海区漁業調整委員(右)の前で公述人らは意見を述べた=14日、宮古合同庁舎

 9月の漁業権一斉切り替えを前に県は14日、漁場計画案についての公聴会を宮古合同庁舎で開いた。共同漁業権の対象として、新規にシマダコ、ワモンダコ、サメハダテナガダコの3種を設定し、資源を増やしていく方針。3漁協(宮古島、伊良部、池間)の代表公述人は「多良間村地先の海域を含む共同漁業権23号は、これまで伊良部漁協と池間漁協が一緒になって免許をそれぞれ取得していた。9月の更新では、これまで入っていなかった宮古島漁協を追加してほしい」と意見を述べた。沖縄海区漁業調整委員会(山川義昭会長)では、今後意見や考え方を審議していく。

(全文を表示…)

2013年2月15日(金) 09:00 [産業・経済]

新あたらす市場4月オープンへ/マンゴーの出荷方法説明

共同選別で高品質に/クレーム、売れ残りも解消


新あたらす市場でのマンゴーの販売方法が説明された=14日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

新あたらす市場でのマンゴーの販売方法が説明された=14日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

 JAは14日、ファーマーズマーケット「新あたらす市場」の4月オープンに向けマンゴー農家を対象に、出荷販売方法の説明会を開いた。従来は、個人が選別して持ち込み、独自に値段を付け陳列もして販売。新市場では同方法を廃止し、共同選別して統一銘柄で売り出す方法に変えると方針を示し、理解を求めた。

(全文を表示…)

2013年2月14日(木) 09:00 [産業・経済]

アーサ収穫本格化/大浦湾で養殖

「好天で上質の出来」


取れたての養殖アーサを陸揚げする池田さん=13日、平良大浦漁港

取れたての養殖アーサを陸揚げする池田さん=13日、平良大浦漁港

 今月から養殖アーサ(和名ヒトエグサ)の収穫が、平良大浦湾の養殖場で本格化している。養殖している西原漁業研究会(仲間正宗会長)会員で生産者の池田博次さん(60)は13日、「今期産のアーサは好天に恵まれ、前期産と比べて成育は良好で長く伸び、上質の出来」と太鼓判を押し、宮古島漁協に搬出していた。

(全文を表示…)

2013年2月14日(木) 09:00 [産業・経済]

13年産キビ共済 加入率51%過去最高

支援制度が後押し/園芸施設も1.5倍の922棟


共済加入率が大幅に伸びた13年産サトウキビ

共済加入率が大幅に伸びた13年産サトウキビ

 県農業共済組合宮古支所(瑞慶覧栄功支所長)管内の2013年産サトウキビ共済の農家加入率(1月末現在)は、制度が始まった1979年以降35年間で過去最高の51・2%となった。従来まで最高だった12年産の45・5%を5・7ポイント更新した。県の補助を受けて実施している農業共済加入促進支援事業が、追い風になった。園芸施設共済の加入棟数(3月末見込み)も前年(618棟)比1・5倍の922棟と一気に増えた。

(全文を表示…)

2013年2月13日(水) 09:00 [産業・経済]

同時に5作業こなす/キビ株出管理機

利用は収穫後速やかに


葉殻(ぱーがら)除去や株ぞろえ、除草剤、農薬、肥料散布が同時にできる株出管理機=12日、上野宮国

葉殻(ぱーがら)除去や株ぞろえ、除草剤、農薬、肥料散布が同時にできる株出管理機=12日、上野宮国

 サトウキビの収穫と並行して株出管理機が各地の畑で稼働している。葉殻(ぱーがら)除去や株ぞろえ、除草剤、農薬、肥料散布の五つの作業が同時にできる優れものだ。県宮古農林水産振興センター農業改良普及課は「株出管理は収穫後速やかに」と呼び掛けている。

(全文を表示…)

2013年2月12日(火) 09:00 [産業・経済]

チャーター便継続を/韓国ソウル

アシアナ航空に要請/下地市長、豊見山会長らが表敬


アシアナ航空にチャーター直行便の継続を要請する下地市長ら宮古からの訪問団(右側)=8日、アシアナ航空本社・韓国ソウル市

アシアナ航空にチャーター直行便の継続を要請する下地市長ら宮古からの訪問団(右側)=8日、アシアナ航空本社・韓国ソウル市

 下地敏彦市長と豊見山健児宮古島観光協会長らは8日、韓国ソウル市にあるアシアナ航空本社を表敬訪問した。今回初めて韓国-宮古島間にチャーター直行便を就航させたお礼と今後の継続を要請した。アシアナ航空の孫斗相(ソン・トウサン)常務は「今回のソウルからの搭乗率は99・4%で成功といえる。継続の可能性を探っていきたい」と前向きに取り組む考えを示した。豊見山会長は「7、8月にもチャーター便の計画をしている」と述べ協力を求めた。

(全文を表示…)

2013年2月10日(日) 09:00 [産業・経済]

南国でゴルフ満喫/韓国からの観光客「景色良い」

南国でゴルフを楽しむ韓国からの観光客=9日、オーシャンリンクス宮古島・城辺保良

南国でゴルフを楽しむ韓国からの観光客=9日、オーシャンリンクス宮古島・城辺保良

 韓国からのチャーター便で来島した観光客は宮古滞在2日目の9日、ゴルフや島内観光で楽しんだ。午前中は曇り空が広がり、時折小雨がぱらつくあいにくの天気だったが、午後からは晴れ間がのぞき、南国の青空の下でリフレッシュを図った。

(全文を表示…)

2013年2月10日(日) 09:00 [産業・経済]

上布の生産拠点形成へ/宮古島伝統工芸品研究センター

観光交流施設も併設/総事業費2億4000万円 7月着工目指す


伝統工芸品研究センターの移転先に決まった旧蝶々園入口向かって左側の一角

伝統工芸品研究センターの移転先に決まった旧蝶々園入口向かって左側の一角

 沖縄振興特別推進交付金(一括交付金)を活用した事業で、市が計画を進めている宮古島伝統工芸品研究センター移転新築事業の施設概要が具体化されつつあることが9日までに分かった。新施設は、現在の市平良字西里から上野野原の「みやこパラダイス」(2011年11月閉園)敷地内の市有地に移転し建設する予定。建設総事業費2億4000万円を投じ、国の重要無形文化財「宮古上布」の一大生産拠点として整備するほか、教育研修施設、観光交流施設を併せ持った施設として活用していく方針だ。今年7月の着工を目指している。

(全文を表示…)

2013年2月9日(土) 09:00 [産業・経済]

韓国から初チャーター便

家族連れら179人が来島/観光協会など盛大に出迎え


宮古に到着した韓国チャーター便ツアー客たち=8日、宮古空港

宮古に到着した韓国チャーター便ツアー客たち=8日、宮古空港

 韓国のロッテ観光とアシアナ航空による韓国・仁川と宮古を結ぶ初のチャーター便が8日に就航。午前11時20分ごろ、韓国からの観光客179人が宮古空港に到着した。ツアー日程は2泊3日で、ゴルフや島内観光を楽しむ。空港到着ロビーでは宮古島観光協会のメンバーらが宮古島の泡盛やマンゴージュース、アロエジュースなどのウエルカムドリンクで盛大に出迎えた。

(全文を表示…)

2013年2月9日(土) 09:00 [産業・経済]

108人が韓国へ出発/ソウルチャーター直行便

2泊3日、世界遺産など見学


チャーター便で韓国に出発するツアー参加者たち=8日、宮古空港

チャーター便で韓国に出発するツアー参加者たち=8日、宮古空港

 韓国からのゴルフツアーチャーター便を利用した「2013年宮古島発ソウルチャーター直行便たっぷりソウル『満喫プラン』2泊3日」の利用者108人が8日、アシアナ航空のチャーター便でソウルの仁川空港に向け出発した。

(全文を表示…)

2013年2月8日(金) 09:00 [産業・経済]

天気恵まれ糖度上昇/宮古本島製糖操業から1カ月

沖糖14・36、宮糖13・79/2工場のライン フル稼働


 宮古本島内製糖2工場(沖縄製糖宮古工場、宮古製糖城辺工場)の2012-13年期サトウキビの製糖操業は、開始から7日で1カ月となった。天気に恵まれて糖度は両工場ともに上昇傾向。ハーベスターの原料も順調に確保され、工場のラインはフル稼働している。

(全文を表示…)

2013年2月7日(木) 09:00 [産業・経済]

緊急経済対策補正の確保を/下地市長

太田国交相に要請/平良港改良事業・耐震バース整備で


国交相宛て要請を行った(写真右から)西銘衆院議員、下地市長、山城社長、太田国交相、下地会頭=6日、東京霞ヶ関の国土交通省大臣室

国交相宛て要請を行った(写真右から)西銘衆院議員、下地市長、山城社長、太田国交相、下地会頭=6日、東京霞ヶ関の国土交通省大臣室

 【東京支社】下地敏彦市長は6日上京し、国土交通省に太田昭宏国土交通大臣を訪ね、2012年度から国が事業着手した平良港の漲水地区複合一貫輸送ターミナル改良事業と同港地区防波堤整備事業(耐震バース整備)の円滑な事業推進が行われるよう改めて要請した。安倍晋三内閣で閣議決定した「日本経済再生に向けた緊急経済対策」の12年度大型補正予算で同事業費を確保することや、13年度当初予算に継続して同港の整備費を盛り込むことなどを求めた。

(全文を表示…)

2013年2月7日(木) 09:00 [産業・経済]

糖度14度台に到達/宮糖多良間

操業開始から1カ月


 【多良間】宮古製糖多良間工場の2012-13年期サトウキビ製糖操業は5日日で、1カ月となった。原料の平均糖度は14・10度と、初日の13・18度と比べて0・92度伸びた。同工場は「最近は14度台が続いている。天気が良ければ、今後も上昇する」と期待している。トン当たり農家手取り額は2万1440円と基準額の2万1164円を276円上回った。

(全文を表示…)

2013年2月6日(水) 09:00 [産業・経済]

野菜品評会金賞を報告/仲間さん・平良さん

市長「宮古産は県1位」


右から與那嶺宏明県宮古農林水産振興センター所長、平良さん、仲間さん、下地市長=5日、市平良庁舎市長応接室

右から與那嶺宏明県宮古農林水産振興センター所長、平良さん、仲間さん、下地市長=5日、市平良庁舎市長応接室

 第23回県野菜フェスティバル・野菜品評会で金賞に輝いた仲間茂盛さん(カボチャ、農林水産省生産局長賞)=上野と、同じく平良邦雄さん(ゴーヤー、県知事賞)=城辺=が5日、下地敏彦市長に受賞報告をした。 

(全文を表示…)

2013年2月5日(火) 09:00 [産業・経済]

仲間(上野)、平良さん(城辺)金賞/県野菜品評会

宮古から11人入賞/カボチャ、ゴーヤーなど品質高く


金賞を受賞した仲間さん(右)と平良さん=3日、奥武山公園武道館

金賞を受賞した仲間さん(右)と平良さん=3日、奥武山公園武道館

 【那覇支社】おきなわ花と食のフェスティバル2013の行事として行われた県野菜品評会の表彰式が3日、奥武山公園武道館で開催された。宮古からの入賞者は金賞の仲間茂盛さん(カボチャ、農林水産省生産局長賞)=上野、同じく平良邦雄さん(ゴーヤー、県知事賞)=城辺=をはじめ、銀賞に5人、銅賞に4人。今回は計11人が入賞し、宮古産野菜の品質の高さをアピールした。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2013年2月
    « 1月   3月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2