2013年3月2日のニュース一覧

2013年3月2日(土) 22:00 [ニュースウィークリー]

2月24日~3月2日

ニュースウィークリー
2月24日~3月2日


心豊かなふるさとづくり表彰式/11個人・団体が受賞

 宮古島市市民運動実践協議会主催の「第7回心豊かなふるさとづくり表彰式」が22日夜、市内のレストランで開かれた。市民運動で地域に貢献したとして、同協議会クリーン部会から2団体にクリーン賞、グリーン部会から1施設と5個人に緑の街角賞、グレイシャス部会から2団体と1個人に親切運動活動賞が贈られた。(2月24日掲載)

(全文を表示…)

2013年3月2日(土) 09:00 [地域・暮らし]

保育所などに桃の花/JTAが「春」届ける

園児に桃の花を贈呈する中山所長=1日、下地保育所

園児に桃の花を贈呈する中山所長=1日、下地保育所

 日本トランスオーシャン航空(JTA)宮古支社(大城善信支社長)は1日、下地保育所(川満直美所長)に桃の花を贈呈した。桃の花は岡山県西大寺観光協会(岡山市)の協力で、春を告げる岡山の県花を沖縄県内各地にJTAが輸送した。宮古島では保育所や市役所、福祉施設など22カ所に「春」を届けている。1996年からひな祭りにちなみ毎年恒例の贈呈。

(全文を表示…)

2013年3月2日(土) 09:00 [地域・暮らし]

2頭の獅子で厄払い/城辺比嘉で旧二十日正月祭

豊年と無病息災も祈願


2頭の獅子が舞い、リフォームされた家の厄払いをした=1日、城辺比嘉

2頭の獅子が舞い、リフォームされた家の厄払いをした=1日、城辺比嘉

 城辺比嘉自治会の「旧二十日正月祭」(パツカショウガツ)が旧暦1月20日に当たる1日、比嘉集落内で行われた。2頭の獅子がリフォームされた家や農機具購入者の家を回って厄を払うとともに、豊年と無病息災を祈願した。

(全文を表示…)

2013年3月2日(土) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

576人新たな門出/宮古4高校で卒業式

恩師や後輩が祝福


 宮古地区の4高校で1日、2012年度の卒業式が行われた。4校の卒業生は合わせて576人(男子272人、女子304人)。恩師や後輩、父母らの祝福を受けた卒業生たちは、校長から卒業証書を受け取り、3年間通い慣れた学びやを後にした。


 宮高(273人)

273人の新たな門出を祝った卒業式=1日、宮古高校体育館

273人の新たな門出を祝った卒業式=1日、宮古高校体育館

 宮古高校(川満健校長)では、273人(男子120人、女子153人)が不安と希望を胸に3年間の思い出が詰まった学びやを巣立った。涙と笑顔が入り交じった表情で卒業証書を受け取った卒業生たちは、新たな門出に気持ちを引き締めていた。
 川満校長は「本校で学び、身につけた基礎力を土台にして自己成長に努め大いに活躍してほしい」と式辞を述べた。
 祝辞で奈良俊一郎PTA会長は「己を信じて、本校で学んだ3年間を糧に何事にもチャレンジしてほしい」と激励した。
 答辞は新城大作君と砂川彩希さんが3年間を振り返り「進む道は違っても共に歩く仲間がいる。宮古高校で過ごしたことを忘れることなく、夢に向かって新たな一歩を踏み出そう」と意欲を示した。
 そのほか、在校生を代表して下地大春君は「先輩たちから受け継いだ伝統を受け継いで頑張りたい」と送辞を述べた。
 式では小・中・高の12カ年皆勤賞、中・高の6カ年皆勤賞、高校3カ年皆勤賞にそれぞれ賞状が贈られた。


宮総実(155人)

155人の卒業生が母校に別れを告げた=1日、宮古総業実業高校体育館

155人の卒業生が母校に別れを告げた=1日、宮古総業実業高校体育館

 宮古総合実業高校(下地盛雄校長)では、合わせて155人(男子60人、女子95人)が母校に別れを告げて旅立った。卒業式では在校生や父母、学校職員が卒業生の門出を祝福した。
 同校の卒業生は▽海洋科学科16人▽生物生産科22人▽食品科学科16人▽環境工学科21人▽生活福祉科40人▽商業科40人-。それぞれ下地校長から卒業証書の授与を受けた。
 下地校長は「卒業生の皆さんは3カ年の学校や社会生活の中で知力、体力ともに鍛錬された生きる力を持ち備えた」と強調。「この成果を生かし豹変する社会情勢に立ち向かい、たくましく生き抜いていくことを期待する」と激励した。
 在校生を代表して、生徒会の下地双葉会長が送辞を述べ「宮古総合実業高校で3カ年培ってきた経験や思い出が先輩方をいつまでも支えてくれる」と門出の言葉を送った。
 卒業生は上原海人君ら各科代表の6人が答辞。「私たちは皆さんからもらった心を忘れず、それぞれの夢に向かって歩んでいく。どんな困難も乗り越え、自分の力で新しい道を切り開いていきます」と決意した。


 宮工(94人)

多良間校長が卒業生一人一人に卒業証書を授与した=1日、宮古工業高校体育館

多良間校長が卒業生一人一人に卒業証書を授与した=1日、宮古工業高校体育館

 宮古工業高校(多良間勉校長)では、94人(男子64人、女子30人)が卒業した。卒業証書を受け取り、晴れ晴れの表情。父母や恩師、在校生らが新たな門出を祝福した。
 宮古工業高校は、41回目の卒業式となった。
 学事報告に次いで、多良間校長が卒業生一人一人に卒業証書を授与した。
 式辞で多良間校長は「一所懸命粘り強く努力すれば、予期しない『いい事』が必ずある」と、はなむけの言葉を贈った。
 本村先也PTA会長は「志をしっかり持ち、無限の可能性を信じ、夢に向かって躍進してください」と激励した。 具志堅龍星君が送辞を述べ、先輩たちの輝かしい未来を祈念。
 2度目の高校受験で工業に合格し、卒業を迎えた洲鎌敏光君(自動車機械システム科)は「工業高校に入学できて、最高の友達、最高の先生方と出会い、夢を見つけることができた」と涙ながらに答辞を述べた。
 仲里洸輝君(電気情報科)と池間夏生さん(生活情報科)も答辞を述べ、先生や両親に感謝した。
 式後、父母や在校生らが花道を作り花束や菓子のレイなどをプレゼント。卒業生らは笑顔で受け取り、3年間の学びやを後にした。


 伊良部(54人)
 

砂川校長(左)が一人一人に卒業証書を授与した=1日、伊良部高校体育館

砂川校長(左)が一人一人に卒業証書を授与した=1日、伊良部高校体育館

 伊良部高校(砂川明校長)では、砂川校長が卒業生54人(男子28人、女子26人)に卒業証書を授与。卒業生らは、大きな夢を胸に新たな生活に巣立った。
 砂川校長は「本校の中庭には日々草のピンクの花がずっと咲いていて、卒業生の皆さんを3年間見守ってきた。日々草の花言葉は『楽しい思い出』。伊良部高校で過ごした日々の出来事は一つ一つ皆さんの脳裏に焼き付いていると思う」と述べた。
 その上で「思い出は人が頑張るための礎。思い出は人に生きる力を与え、癒やしてくれる力がある。思い出をパワーにして、いつの日かそれぞれ夢をかなえ、大きく成長した勇姿を見せてくることを期待する」と式辞。與儀盛PTCA会長は「卒業生は、進学先・就職先へと旅立つ。自らの考え、行動でそれぞれの夢実現に向けて。どんな困難にも負けず恐れず前進してください」と祝辞を述べた。
 在校生代表の上地奈央さんは「先輩方が築いた伊良部高校の伝統を引き継いで、さらに素晴らしいものにしていく」と送辞。卒業生を代表して池間知奏さんは「伊良部高校という素晴らしい宝物を胸に、未来へ進んでいく」と答辞を述べた。

2013年3月2日(土) 09:00 [政治・行政]

長濱副市長の再任可決/市議会3月定例会

組織条例の一部改正も承認


市議会3月定例会3日目の質疑で答弁する長濱副市長。副市長選任の同意案が可決され再任が決まった=1日、副市長室

市議会3月定例会3日目の質疑で答弁する長濱副市長。副市長選任の同意案が可決され再任が決まった=1日、副市長室

 開会中の宮古島市議会(平良隆議長)3月定例会は1日、市当局提出議案のうち予算案以外の議案に対する質疑と、先議案件である副市長選任同意案、市組織条例の一部改正条例の採決を行った。長濱政治副市長を再任する同意案は全会一致で可決され、4年間の続投が決まった。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年1月1日現在

    宮古島市 54,135 人
    27,048 人
    27,087 人
    世帯数 26,304軒
    多良間村 1,169 人
    630 人
    539 人
    世帯数 527 軒
  • 天気


  •  

    2013年3月
    « 2月   4月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2