2013年3月31日のニュース一覧

2013年3月31日(日) 09:00 [地域・暮らし]

市税コンビニ納付受付開始

暮らし、4月からこう変わる


 宮古島市は2013年4月から、市税や保険税、保育料などの公金納付をコンビニエンスストアでも可能とする。合わせて、インターネットバンキングやモバイルバンキングからの納付も受付をスタートさせる。

(全文を表示…)

2013年3月31日(日) 09:00 [政治・行政]

「離島の産業崩壊する」/県議会

TPP交渉反対を採択


 【那覇支社】県議会(喜納昌春議長)2月定例会は29日、最終本会議を開き、環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に反対する意見書を全会一致で採択した。政府が4月28日に「主権回復の日」を記念する式典開催に抗議する決議を、議場から退席した自民を除く全会一致で可決した。意見書、抗議決議ともにあて先は内閣総理大臣、内閣官房長官。

(全文を表示…)

2013年3月31日(日) 09:00 [社会・全般]

「考える」ことの大切さ訴え/日本弦楽協シンポ

常行氏、川満教育長ら呼び掛け


シンポジウムでは、パネリストが自らの体験談を交えながら学生生活の有意義な過ごし方を呼び掛けた=30日、マティダ市民劇場

シンポジウムでは、パネリストが自らの体験談を交えながら学生生活の有意義な過ごし方を呼び掛けた=30日、マティダ市民劇場

 日本弦楽指導者協会(日弦協)第71回全国大会の記念シンポジウムが30日、マティダ市民劇場で開催された。

(全文を表示…)

2013年3月31日(日) 09:00 [社会・全般]

「希望の形」を共有/純と愛最終回を見る会

ラストシーンに涙も/市民300人、「愛」と交流


 朝のNHK連続テレビ小説「純と愛」の最終回放送を見る会が30日、北小学校体育館で開かれた。会場には約300人が詰め掛けて大画面で視聴。感動のラストシーンに引き込まれながら最終回に込められた「希望の形」を共有した。ヒロイン・純の夫で愛役を務めた風間俊介さんらも来場して市民と交流。「これからも宮古島に来ます。そのときは、『愛』と呼んでほしい」と笑顔で話した。

(全文を表示…)

2013年3月31日(日) 09:00 [地域・暮らし]

カボチャ140㌔贈る/JA多良間支部

村内の3施設に


カボチャ生産農家の垣花隼人さん(右から2人目)から栄養士の仲宗根典恵さんにカボチャが手渡された。右端は安里支部長=28日、共同調理場

カボチャ生産農家の垣花隼人さん(右から2人目)から栄養士の仲宗根典恵さんにカボチャが手渡された。右端は安里支部長=28日、共同調理場

 【多良間】JAカボチャ専門部会多良間支部(安里三喜男支部長、農家15戸)は、取れ立て新鮮なカボチャを村内の施設に贈呈した。贈呈先は給食共同調理場、保育所、萌木の里の3施設。合計140㌔を贈った。

(全文を表示…)

2013年3月31日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

海びらきに向け清掃/宮古島観光協会

会場の与那覇前浜ビーチ


砂浜のごみを拾う参加者=30日、与那覇前浜ビーチ

砂浜のごみを拾う参加者=30日、与那覇前浜ビーチ

 与那覇前浜ビーチクリーンアップ活動(主催・宮古島観光協会)が30日、事業所や市民ら約50人のボランティアが参加し、4月7日に行われる「第35回サンゴの楽園未来まで、集まれ遊ぼう宮古島の海びらき」の会場となる砂浜の清掃を実施した。

(全文を表示…)