「産業・経済」 2013年3月のニュース一覧

2013年3月29日(金) 09:00 [産業・経済]

バイオ・リン製造施設完成/宮古総合実業高

販売目標年2000万円/経営型学校運営目指す


宮古総合実業高校の第2農場(宮古空港西隣り)で完成した堆肥製造実習棟

宮古総合実業高校の第2農場(宮古空港西隣り)で完成した堆肥製造実習棟

 宮古島の地下水保全を目的に宮古総合実業高校環境工学科の環境班が開発した「Bio-p」(バイオ・リン)を製造する堆肥製造実習棟が27日、同校第2農場で完成した。製造開始は、バイオ・リン発酵装置やロボット袋詰機などの内部設備が整い次第、今年10月ごろになる見通し。1袋15㌔入りで、価格は300円と安い。年間の生産は1000㌧、2000万円の販売を目指す。

(全文を表示…)

2013年3月29日(金) 09:00 [産業・経済]

共乾施設が本格稼働/葉タバコ

地域雇用に貢献


乾燥した葉の選別・梱包作業をする職員たち=28日、城辺の共同乾燥施設

乾燥した葉の選別・梱包作業をする職員たち=28日、城辺の共同乾燥施設

 葉タバコ共同乾燥施設の稼働が、本格化した。城辺地区葉たばこ生産組合(砂川博美組合長)が運営する共同乾燥施設では、12人が働く。ピークに入る5月上旬ごろには約50人に増える。期間中の人件費などは約3000万円を見込み、地域雇用に大きく貢献している。

(全文を表示…)

2013年3月28日(木) 09:00 [産業・経済]

水使用料金増額へ/財政悪化で改良区

水管理人廃止、人件費削減も


13年度の事業計画や予算を決めた宮古土地改良区の総代会=27日、JAおきなわ宮古地区ホール

13年度の事業計画や予算を決めた宮古土地改良区の総代会=27日、JAおきなわ宮古地区ホール

 厳しい財政運営を強いられている宮古土地改良区(仲間克理事長)が、農業用水の使用料として農家から徴収している賦課金の増額を本格的に検討する。増額の実施は2014年度以降になる見通しで、上げ幅は13年度に詰める。仲間理事長は27日の総代会で「予算が非常に厳しい。今後の運営については賦課金を上げるしかない」と明言し、総代に理解を求めた。

(全文を表示…)

2013年3月27日(水) 09:00 [産業・経済]

前期比6割増の13万4800㌧/沖糖宮古工場原料搬入終了

農家総手取額は30億円


最終日に搬入された原料を圧搾ラインに投入するクレーン=26日、沖縄製糖宮古工場

最終日に搬入された原料を圧搾ラインに投入するクレーン=26日、沖縄製糖宮古工場

 沖縄製糖宮古工場の2012-13年産サトウキビの製糖操業は26日、原料の搬入を終了した。総搬入量は13万4785㌧と、台風の影響で大不作になった前期の8万4011㌧と比べ、5万774㌧(60・4%)増えた。台風17号の被害を受け低い水準でスタートした糖度は、最後は基準(13・2~14・4度)以上の14・95度と持ち直した。トン当たり農家手取額は、基準額の2万1164円を1180円上回る2万2344円。総手取額は、30億1160万円に上った。

(全文を表示…)

2013年3月27日(水) 09:00 [産業・経済]

小麦、黄金色に実る/コンバインで収穫作業

来間島の国仲さんが栽培


自脱型コンバインで収穫・脱穀した=26日、来間島

自脱型コンバインで収穫・脱穀した=26日、来間島

 来間島で小麦が黄金色に実り26日、自脱型コンバインで収穫・脱穀した。青空の下、住民らが手伝い、約50年ぶりの豊作を喜んでいた。小麦は、イネ科の越年草。元来間小中学校長で来間島に住む国仲登美男さん(61)らが昨年11月、約20㌃に種まきした。その後、天候に恵まれ、高さ1㍍ほどに成長。今月から黄金色に成熟し始め、穂がこうべを垂れた。

(全文を表示…)

2013年3月26日(火) 09:00 [産業・経済]

宮古-沖縄の鮮魚輸送補助/市水産課

不利性解消事業(新規)を実施


 市農林水産部水産課は2013年度の市単独事業として「市鮮魚水産物流通条件不利性解消事業」を実施することを市議会3月定例会に提案した。同議案は22日に開かれた議会最終本会議で可決した。沖縄振興特別推進交付金(一括交付金)の市町村配分枠で事業化する予定で、初年度事業費1375万円を国、県あて求めている。同事業は宮古3漁協(宮古島漁協、伊良部漁協、池間漁協)で水揚げされる鮮魚全般の沖縄本島までの航空輸送費を補助するもので、宮古の水産振興に大きな拍車が掛かるものと期待されている。

(全文を表示…)

2013年3月26日(火) 09:00 [産業・経済]

4月16日に架設予定/伊良部大橋の中央桁

クレーン船、今月30日再入港/県土建部


女子63㌔級で準優勝に輝いた福里悠=25日、石川県・金沢市総合体育館

女子63㌔級で準優勝に輝いた福里悠=25日、石川県・金沢市総合体育館

 【那覇支社】県土木建築部(當銘健一郎部長)は25日、昨年6月に発生した台風4号の影響で、架設工事が滞っていた伊良部大橋主航路部の中央桁を4月16~20日までに行う予定であることを発表した。

(全文を表示…)

2013年3月26日(火) 09:00 [産業・経済]

きょう搬入を終了/沖糖宮古工場

糖度は15度に迫る勢い


きょう搬入を終了する沖縄製糖宮古工場=25日、下地上地

きょう搬入を終了する沖縄製糖宮古工場=25日、下地上地

 沖縄製糖宮古工場は26日午後、2012-13年産サトウキビの製糖操業における原料(サトウキビ)の搬入を終了する。操業を開始した1月8日からの累計搬入量は13万4000㌧が見込まれ、平均糖度は15度に迫る勢い。同工場管内のサトウキビは生産量、品質ともに豊作が確実となった。

(全文を表示…)

2013年3月22日(金) 09:00 [産業・経済]

建物完成、来月オープン/新あたらす市場

地産地消拠点機能を充実


建築工事が完了した新あたらす市場=20日、JAおきなわ宮古地区本部

建築工事が完了した新あたらす市場=20日、JAおきなわ宮古地区本部

 JAおきなわ(砂川博紀理事長)が宮古地区本部前で建設を進めてきたJAファーマーズマーケット新「あたらす市場」の建築工事は、20日までにほぼ完了した。今後、内部設備を整えて4月5日にオープンする。売場面積は、現施設の1・5倍の492平方㍍。陳列スペースを広げて、地元農産物の種類を増やすことで、地産地消の拠点機能を一層充実させる。

(全文を表示…)

2013年3月22日(金) 09:00 [産業・経済]

市商業地 1平方㍍4万1000円/13年地価公示

前年比2.8%の下落/下落率 5年連続のワースト


 【那覇支社】国土交通省が全国地価公示価格を発表したのに伴い県は21日、2013年地価公示結果(1月1日現在)を公表した。宮古島市の商業地(平良字下里西里61番外)は県内商業地の中で最も下落率が大きく、前年を2・8%(1200円)下回り1平方㍍当たり4万1000円だった。また、下落率2位も市内では最高値の商業地(平良字西里羽立391番外)で、前年を2・6%(1600円)下回り1平方㍍当たり5万9900円と6万円台を切った。市内商業地の下落率は5年連続で県内最大。県内地価は21年連続の下落だが、下落幅は3年連続して縮小した。

(全文を表示…)

2013年3月21日(木) 09:00 [産業・経済]

各地でキビ春植/株出と連作の利点鮮明

春植えに励む農家=20日、上野ヤーバル地区

春植えに励む農家=20日、上野ヤーバル地区

 18日の雨で畑が潤ったのを見計らって、宮古の各地でサトウキビの春植が行われている。上野のヤーバル地区で20日、作業を頑張った上地博昭さん(65)は「春植は、株出につなげるのが一番のメリット。キビの栽培環境は、株が出なかった以前と比べ、大きく変わった」と強調した。

(全文を表示…)

2013年3月20日(水) 09:00 [産業・経済]

販売額は27億2200万円/子牛平均42万4000円の高値

肉用牛競り12年度実績/前年度比1億5000万円増


高値取引が続く肉用牛競り。12年度の販売額は27億2200万円に上った=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

高値取引が続く肉用牛競り。12年度の販売額は27億2200万円に上った=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

 JAおきなわ宮古家畜市場の2013年3月期肉用牛競りが19日に開かれ、多良間家畜市場を含めた宮古地区全体の12年度(2012年4月~13年3月)販売実績がまとまった。総販売額は27億2289万円で前年度に比べて1億5255万円増額となった。子牛1頭平均価格は39万4959円(前年度比2万5654円高)となり、年間を通して高値で安定した。高値の要因は計画交配に基づく系統の統一性と、全国的な子牛不足の影響とみられる。

(全文を表示…)

2013年3月17日(日) 09:00 [産業・経済]

葉タバコ収穫始まる

来間島 「今年は豊作型」


葉タバコの下葉を収穫する生産農家=16日、来間島

葉タバコの下葉を収穫する生産農家=16日、来間島

 2013年産葉タバコの収穫が始まっている。16日から収穫を始めた来間島の来間得良さん(57)は「今年は豊作型」と話し、下葉の収穫に精を出している。

(全文を表示…)

2013年3月17日(日) 09:00 [産業・経済]

平良港 耐震バースが着工

延長220㍍、大型船に対応
事業費47億円 17年春にも供用開始


工事の安全を祈願し、くわ入れをする関係者=16日、平良港第3埠頭の浮きドック

工事の安全を祈願し、くわ入れをする関係者=16日、平良港第3埠頭の浮きドック

 平良港漲水地区に耐震構造の複合一貫輸送ターミナル(港湾施設)を整備する事業の起工式(主催・宮古島市、沖縄総合事務局平良港湾事務所)が16日、同港第3埠頭で行われた。第2、第3埠頭の間と、その西側水面を埋め立てて整備するターミナルの耐震岸壁の長さは220㍍。季節風が強い冬場の大型船舶の接岸に支障をきたしている課題にも対応した。総事業費は約47億円(国31億円、市16億円)。供用開始は、2017年春ごろを予定している。

(全文を表示…)

2013年3月17日(日) 09:00 [産業・経済]

圏域住民念願かなう/平良港再編整備計画が始動

多くの関係者が集い新ターミナルを拠点にした宮古の経済発展を祈念した起工式=16日、平良港港第3埠頭

多くの関係者が集い新ターミナルを拠点にした宮古の経済発展を祈念した起工式=16日、平良港港第3埠頭

 宮古島市や商工会議所、海運会社などが2009年以来、国に要請してきた平良港の耐震構造ターミナル整備工事が、16日、着工した。国が整備する耐震岸壁は水深7・5㍍で、延長が220㍍。埋め立てる用地が約2・2㌶。市は埠頭用地約3・1㌶の埋め立てや、臨海道路244㍍、緑地約2・6㌶などの整備に取り組む。同事業の水面埋め立てで埠頭用地はかなり広くなり、荷さばきが安全で効率化する。

(全文を表示…)

2013年3月16日(土) 09:00 [産業・経済]

不安募るキビ農家/TPP交渉参加

農業への影響386億円か/例外品目に望み託す


 安倍晋三首相が15日の記者会見で、環太平洋連携協定(TPP)への交渉参加を正式に表明した。これを受けて宮古島市のサトウキビ生産農家は「大きな不安がある」と話し、先行きの見えないTPP交渉に強い懸念を示した。肉用牛を飼養する畜産農家の心配も絶えない。「守るべきものは守らなければならない」と指摘し、肉用牛や砂糖、米などの重要5品目が関税撤廃の例外として取り扱われるよう望みを託した。

(全文を表示…)

2013年3月15日(金) 09:00 [産業・経済]

「ワクチンの接種を」/JA主催

子牛肺炎防止で勉強会


子牛の肺炎対策を学んだ勉強会=13日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

子牛の肺炎対策を学んだ勉強会=13日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

 JAおきなわ宮古地区畜産振興センター畜産部は肉用牛勉強会を13日、JAおきなわ宮古地区本部大ホールで開いた。講師はファイザー(本社東京)の米山修獣医師が務め、牛の肺炎について講話。肺炎予防では密飼を避け、牛舎を清潔に保ちワクチンを接種することが大切になると強調した。

(全文を表示…)

2013年3月14日(木) 09:00 [産業・経済]

ゴーヤーの新品種開発/県農研センター

14年度から普及目指す


生育状況を勝連さん(左)から聞き取る谷合さん=13日、上野新里

生育状況を勝連さん(左)から聞き取る谷合さん=13日、上野新里

 県農業研究センター(糸満市)の谷合直樹研究員らが13日、ゴーヤーの新品種「研交6号」(仮称)の生育調査を宮古で実施した。同品種は11年度までに開発し、今年度から現場での試験栽培を始めた。試験を行うハウスは、県内の約15カ所(宮古5カ所)。試験結果が良ければ、2014年度から普及に取り組む。

(全文を表示…)

2013年3月13日(水) 09:00 [産業・経済]

せん定枝葉、迅速に破砕/資源リサイクルセンター

処理量は3倍以上に/堆肥製造の効率化も


新しく導入された大型の破砕機。従来機に比べて性能が格段に上がった=12日、上野資源リサイクルセンター

新しく導入された大型の破砕機。従来機に比べて性能が格段に上がった=12日、上野資源リサイクルセンター

 堆肥を製造する宮古島市の上野資源リサイクルセンターに11日、自走式破砕機と自走式ロータリースクリーンが導入された。街路樹のせん定枝葉や台風時に折れてしまった枝葉を破砕する機械で12日から稼働を開始した。処理量は従来の破砕機に比べて3倍以上。枝葉破砕作業の処理能力の飛躍的向上で、堆肥製造の効率化も図られそうだ。 

(全文を表示…)

2013年3月12日(火) 09:00 [産業・経済]

日本農業大賞を報告/平良玄序さん

市長「宮古の誇り」と祝福


受賞記念のカップを手にする平良さん(右から2人目)=11日、市役所市長室

受賞記念のカップを手にする平良さん(右から2人目)=11日、市役所市長室

 日本放送協会と全国農業協同組合が主催する第42回日本農業賞個別経営の部の大賞を受賞したサトウキビ生産農家の平良玄序さん(63)=伊良部字仲地=が11日、下地敏彦市長を訪ね受賞を報告した。10日の表彰式(東京のNHKホール)に臨んだ平良さんは、受賞記念のカップを携え、下地市長を表敬。市長は「宮古島市から日本農業賞の一番大きな賞をいただいたことを、誇りに思う」と祝福した。

(全文を表示…)

2013年3月10日(日) 09:00 [産業・経済]

品質、量ともに高水準/宮古本島製糖2工場

糖度は14度台で推移/操業開始から2カ月


操業2カ月で9万974㌧のサトウキビを搬入した宮糖城辺工場=9日、城辺砂川

操業2カ月で9万974㌧のサトウキビを搬入した宮糖城辺工場=9日、城辺砂川

 宮古本島内製糖2工場の2012-13年産サトウキビ製糖操業は、開始から2カ月が経過した。両工場とも品質、量ともに順調に推移しており、8日現在の平均糖度は宮古製糖城辺工場が14・08度、沖縄製糖宮古工場は14・75度。これに伴い生産農家の手取額も高水準を維持している。豊作を裏付ける成績で、一層の品質向上が期待される。

(全文を表示…)

2013年3月9日(土) 09:19 [産業・経済]

株出し管理機の活用を/利用促進で実演会

さとうきび技術員会



株出し管理機の実演会で性能を確認する関係者=8日、沖糖圃場

株出し管理機の実演会で性能を確認する関係者=8日、沖糖圃場

 2012年度「さとうきび株出し管理機実演会」が8日午後、県農業研究センター宮古島支所隣の沖縄製糖圃場で行われた。生産農家や関係団体の職員が管理機の性能などを確認し、利用の促進に向けて決意を新たにした。宮古地区で稼働する株出し管理機は、今期50台に達する見通し。

(全文を表示…)

2013年3月7日(木) 09:00 [産業・経済]

台湾に「塩の専門店」開店/パラダイスプラン初の海外進出

 パラダイスプラン(本社宮古島市、西里長治代表)は2日、台湾の新光三越台北南西店内に「塩の専門店塩屋(まーすやー)」を開店した。初の海外進出で、沖縄の塩をはじめとする約100品目の塩を取り扱い、全品試食ができる。西里代表は「塩を選ぶ楽しさを提供することで沖縄、日本の塩ブランドの価値を高めたい」と意欲を示している。

(全文を表示…)

2013年3月3日(日) 09:00 [産業・経済]

6億円かけ整備完了/保良・国道390号

東平安名崎への「観光道路」


広々とした美しい道路に変わった保良集落内の国道390号

広々とした美しい道路に変わった保良集落内の国道390号

 県宮古土木事務所が城辺の保良集落内で進めてきた国道390号のバイパス整備工事が、ほぼ完了した。延長は集落の入り口から、ストア・サン前までの約700㍍。幅員が14㍍(車道8㍍、歩道3㍍の両側)。総事業費約6億円をかけ、2007度の着工から6年を経て完了した。

(全文を表示…)

2013年3月3日(日) 09:00 [産業・経済]

ソデイカ漁ピーク/市漁協に500㌔水揚げ

刺身や炒め物に最適


ソデイカの白身の出荷準備作業をする職員=2日、宮古島市漁協

ソデイカの白身の出荷準備作業をする職員=2日、宮古島市漁協

 昨年12月に解禁されたソデイカ漁はピークを迎え2日は、48匹約500㌔が宮古島市漁協に水揚げされる大漁となった。500㌔の水揚げは、今期の最高記録。ソデイカ漁は、5月末ごろまで続く。

(全文を表示…)

2013年3月1日(金) 09:00 [産業・経済]

11人1団体の受賞祝福/県野菜品評会・ふるさと百選

高い生産技術たたえる


賞状を手にする受賞者の皆さん=28日、JAおきなわ宮古地区本部2階大ホール

賞状を手にする受賞者の皆さん=28日、JAおきなわ宮古地区本部2階大ホール

 第23回県野菜品評会受賞と「沖縄、ふるさと百選」認定祝賀会(主催・JA宮古地区野菜・果樹生産出荷連絡協議会)が28日、JAおきなわ宮古地区本部2階大ホールで開催された。祝福を受けたのは金賞の仲間茂盛さん(カボチャ、農林水産省生産局長賞)=上野、同じく平良邦雄さん(ゴーヤー、県知事賞)=城辺=をはじめ、銀賞5人、銅賞4人の計11人と同協議会ゴーヤー専門部会(砂川好徳部会長)。大勢の農家や関係者らが集い、受賞をたたえるとともに、今後一層の活躍を祈念した。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2013年3月
    « 2月   4月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2