「教育・文化」 2013年3月のニュース一覧

2013年3月23日(土) 09:00 [教育・文化]

きょうから春休み/各校で修了式

1年間の歩み振り返る


「よい子のあゆみ」を手に笑顔を見せる児童=22日、下地小学校

「よい子のあゆみ」を手に笑顔を見せる児童=22日、下地小学校

 宮古地区の小、中、高校で22日、2012年度3学期の修了式が行われた。各校の児童生徒は通知表の内容に一喜一憂。この1年間の歩みを振り返り、4月から始まる新しい学校生活に胸を膨らませた。

(全文を表示…)

2013年3月23日(土) 09:00 [教育・文化]

「英語マイスター」に認定/渡久山教諭、県内中学校で唯一

「英語授業マイスター」の認定を受けた渡久山睦子教諭=22日、平良中学校

「英語授業マイスター」の認定を受けた渡久山睦子教諭=22日、平良中学校

 県教育委員会の英語立県沖縄推進戦略事業「英語授業マイスター発掘プロジェクト」で、平良中学校の渡久山睦子教諭が県内の中学校教諭の中から唯一、初代の「英語授業マイスター」に認定された。渡久山さんほかに高等学校から1人が認定されている。

(全文を表示…)

2013年3月22日(金) 09:00 [教育・文化]

稽古の成果を舞台発表/市社協主催

芸術・文化講座が修了


三線演奏を披露する宮古地区視覚障害者福祉協会の皆さん=21日、平良老人福祉センター

三線演奏を披露する宮古地区視覚障害者福祉協会の皆さん=21日、平良老人福祉センター

 障害者の社会参加を促進する芸術・文化講座の修了式(主催・市社会福祉協議会)が21日、平良老人福祉センターで行われた。三線や琉舞、太鼓の各講座を受講した約70人が舞台で成果を披露し交流を深めた。

(全文を表示…)

2013年3月20日(水) 09:00 [教育・文化]

砂川さんが「博愛の里賞」/上野「美ぎ庭」コンテスト

4人と1団体を表彰



賞状を手に記念撮影=19日、市役所上野庁舎玄関前

賞状を手に記念撮影=19日、市役所上野庁舎玄関前

 博愛の里上野地域づくり協議会(野原勝也会長)主催の「美(か)ぎ庭(みなか)」コンテストの表彰式が19日、市役所上野庁舎玄関前で行われた。表彰を受けたのは、個人が「博愛の里賞(最高賞)」の砂川勝栄さん=名嘉山=ら4人、団体は公民館を花いっぱいにして「公共美化賞」を受賞した豊原自治会。砂川さんは「入賞はうれしい。今後は手入れする時間を増やし、賞に恥じない庭にしたい」と喜びを語った。


(全文を表示…)

2013年3月19日(火) 09:00 [教育・文化]

川満さん(宮古出身)が板東さんと共演/人間国宝との舞台に感激

「聞得大君誕生」で


人間国宝の板東玉三郎さん(右)の相手役を演じる川満さん=17日、国立劇場おきなわ

人間国宝の板東玉三郎さん(右)の相手役を演じる川満さん=17日、国立劇場おきなわ

 【那覇支社】歌舞伎俳優で人間国宝の坂東玉三郎さんと宮古島市出身の川満香多さんが共演した新作組踊「聞得大君誕生」(大城立裕作)の最終公演が17日、浦添市の国立劇場おきなわで上演された。

(全文を表示…)

2013年3月16日(土) 09:00 [教育・文化]

一足早く中学生体験/中1先取り授業

平良中で平一、南小6年生


一足早く中学校生活を体験した児童=15日、平良中学校

一足早く中学校生活を体験した児童=15日、平良中学校

 平良中学校(伊志嶺吉作校長)で15日、毎年恒例の中1ギャップ対策「平良(たいら)小学校6年生、中学校先取り交流会」が行われた。

(全文を表示…)

2013年3月15日(金) 09:00 [教育・文化]

4高校で合格発表/高校入試

548人に春訪れる


合格を喜ぶ受験生。「15の試練」を乗り越えた=14日、宮古高校

合格を喜ぶ受験生。「15の試練」を乗り越えた=14日、宮古高校

 県立高校一般入学試験の合格発表が14日、各校で行われた。「15の試練」を乗り越えた受験生は一様に歓喜し、それぞれ合格の喜びをかみ締めた。宮古4高校の合格者は推薦入学を含め計548人。

(全文を表示…)

2013年3月14日(木) 09:00 [教育・文化]

「自主性と目的意識を」

宮高で出前講座開く/愛媛大・菅原教授


菅原教授の話に聞き入る生徒たち=12日、宮古高校視聴覚室

菅原教授の話に聞き入る生徒たち=12日、宮古高校視聴覚室

 宮古高校は12日、愛媛大学農学部の菅原卓也教授を招いての出前講座を同校視聴覚室で開催。菅原教授は自身が取り組む研究内容を紹介するとともに、大学で研究を行う上で必要なものとして「自主性と目的意識を持つ」ことを挙げた。

(全文を表示…)

2013年3月13日(水) 09:00 [教育・文化]

涙と笑顔で母校巣立つ/平良中など9校で卒業式

きょうも8校で実施


笑顔と涙で卒業生たちは通い慣れた学びやを巣立った=12日、西城中学校

笑顔と涙で卒業生たちは通い慣れた学びやを巣立った=12日、西城中学校

 涙と笑顔と希望を胸に学びや巣立つ-。宮古地区の中学校の卒業式が12日、平良中や池間小中、多良間中など9校で行われた。きょう13日も8校で行われる。

(全文を表示…)

2013年3月12日(火) 09:00 [教育・文化]

難関大に合格ラッシュ/宮古高校

3年連続で東大合格者/筑波大には2人合格


国公立大学合格者が喜びの報告を行った=11日、宮古高校

国公立大学合格者が喜びの報告を行った=11日、宮古高校

 宮古高校(川満健校長)に連日、難関国公立大学合格のうれしい報告が届いている。昨年卒業した亀川凛平君が東京大学理科Ⅰ類に合格し、同校から3年連続の東大合格者となった。11日には現役で国公立大に合格した卒業生たちが喜びの報告を同校で行い、これから始まる大学生活への抱負を述べた。

(全文を表示…)

2013年3月9日(土) 09:18 [教育・文化]

「緊張したけどホッ」/安堵の笑顔

高校入試終わる 受験生



試験を終え安堵の表情で会場を後にする受験生たち=8日、宮古高校

試験を終え安堵の表情で会場を後にする受験生たち=8日、宮古高校

 県立高校の2013年度一般入学試験は8日、社会と数学の2科目と面接を行い、全日程が終了した。




(全文を表示…)

2013年3月8日(金) 09:00 [教育・文化]

試練の春 417人が挑む/高校入試

合格発表は14日


緊張した面持ちで入試に臨む受験生=7日、宮古高校

緊張した面持ちで入試に臨む受験生=7日、宮古高校

 県立高校の2013年度一般入学試験が7日、一斉に始まった。宮古地区では4高校で計417人が受験。初日は国語と理科、英語の3科目に挑んだ。きょう8日は社会と数学の2科目が行われる。合格発表は今月14日、各学校で行われる。


 宮古高校を志望する受験生は午前9時30分ごろ、それぞれの試験会場に入った。学校周辺には父母らが立ち受験生を見送った。


 試験会場に入った受験生たちは緊張した面持ちで最初の科目の開始を待った。午前10時に始まると、表情を引き締めて国語の問題と向き合っていた。きょう8日も午前10時に開始する。


 13年度の宮古地区では3校4学科で定員を上回る志願者があり、最高倍率は宮古総合実業の食と環境科フードクリエイトコースで1・71倍。次いで宮古工業の自動車機械システム科自動車コース1・47倍。宮高理数科は1・25倍。宮古総合実業生活福祉科は1・25倍。


 推薦入学内定者を除く「一般定員」に対する全体の志願者数は▽宮高194人(0・92倍)▽伊良部2人(0・05倍)▽宮総実143人(0・86倍)、宮古工業78人(0・68倍)-となっている。

2013年3月8日(金) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

「愛情弁当」で応援/高校入試

家族そろって昼食


家族親せきが一緒に昼食を取り受験生を激励した=7日、宮古高校

家族親せきが一緒に昼食を取り受験生を激励した=7日、宮古高校

 高校受験が始まった7日、宮古地区の各高校では、手作りの応援弁当を受験生と家族、親せきが一緒に食べる光景が見られた。受験会場での愛情あふれる応援昼食は、宮古独特の風習という。

(全文を表示…)

2013年3月7日(木) 09:00 [教育・文化]

「モズクの魅力再発見」/狩俣小児童

地域の産業を学ぶ


モズクの魅力について学んだ学習会=5日、狩俣小学校

モズクの魅力について学んだ学習会=5日、狩俣小学校

 地域の産業を学ぶことを目的に狩俣小学校(野原敏之校長)の「狩俣モズクの学習会」が5日、同校ランチルームで行われた。

(全文を表示…)

2013年3月5日(火) 09:00 [教育・文化]

「とうがにあやぐ」歌碑建立/沖縄宮古民謡協

郷友ら70人集い除幕


除幕後の「奉納謡」では同協会と地元2団体の代表らが「とうがにあやぐ」を斉唱した

除幕後の「奉納謡」では同協会と地元2団体の代表らが「とうがにあやぐ」を斉唱した

 さんしんの日の4日、沖縄宮古民謡協会(天久勝義会長)は、同協会の設立40周年事業としてかねてからカママ嶺公園で建設を進めていた「とうがにあやぐ」歌碑の除幕式を行った。式典には沖縄本島や本土から、同協会に所属する会員ら約70人が来島し歌碑建立を盛大に祝った。除幕式典で主催者あいさつした天久会長は「先人たちの残した貴重な古謡を未来永劫まで継承し全世界に鳴り響していきたい」と決意を込めた。

(全文を表示…)

2013年3月2日(土) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

576人新たな門出/宮古4高校で卒業式

恩師や後輩が祝福


 宮古地区の4高校で1日、2012年度の卒業式が行われた。4校の卒業生は合わせて576人(男子272人、女子304人)。恩師や後輩、父母らの祝福を受けた卒業生たちは、校長から卒業証書を受け取り、3年間通い慣れた学びやを後にした。


 宮高(273人)

273人の新たな門出を祝った卒業式=1日、宮古高校体育館

273人の新たな門出を祝った卒業式=1日、宮古高校体育館

 宮古高校(川満健校長)では、273人(男子120人、女子153人)が不安と希望を胸に3年間の思い出が詰まった学びやを巣立った。涙と笑顔が入り交じった表情で卒業証書を受け取った卒業生たちは、新たな門出に気持ちを引き締めていた。
 川満校長は「本校で学び、身につけた基礎力を土台にして自己成長に努め大いに活躍してほしい」と式辞を述べた。
 祝辞で奈良俊一郎PTA会長は「己を信じて、本校で学んだ3年間を糧に何事にもチャレンジしてほしい」と激励した。
 答辞は新城大作君と砂川彩希さんが3年間を振り返り「進む道は違っても共に歩く仲間がいる。宮古高校で過ごしたことを忘れることなく、夢に向かって新たな一歩を踏み出そう」と意欲を示した。
 そのほか、在校生を代表して下地大春君は「先輩たちから受け継いだ伝統を受け継いで頑張りたい」と送辞を述べた。
 式では小・中・高の12カ年皆勤賞、中・高の6カ年皆勤賞、高校3カ年皆勤賞にそれぞれ賞状が贈られた。


宮総実(155人)

155人の卒業生が母校に別れを告げた=1日、宮古総業実業高校体育館

155人の卒業生が母校に別れを告げた=1日、宮古総業実業高校体育館

 宮古総合実業高校(下地盛雄校長)では、合わせて155人(男子60人、女子95人)が母校に別れを告げて旅立った。卒業式では在校生や父母、学校職員が卒業生の門出を祝福した。
 同校の卒業生は▽海洋科学科16人▽生物生産科22人▽食品科学科16人▽環境工学科21人▽生活福祉科40人▽商業科40人-。それぞれ下地校長から卒業証書の授与を受けた。
 下地校長は「卒業生の皆さんは3カ年の学校や社会生活の中で知力、体力ともに鍛錬された生きる力を持ち備えた」と強調。「この成果を生かし豹変する社会情勢に立ち向かい、たくましく生き抜いていくことを期待する」と激励した。
 在校生を代表して、生徒会の下地双葉会長が送辞を述べ「宮古総合実業高校で3カ年培ってきた経験や思い出が先輩方をいつまでも支えてくれる」と門出の言葉を送った。
 卒業生は上原海人君ら各科代表の6人が答辞。「私たちは皆さんからもらった心を忘れず、それぞれの夢に向かって歩んでいく。どんな困難も乗り越え、自分の力で新しい道を切り開いていきます」と決意した。


 宮工(94人)

多良間校長が卒業生一人一人に卒業証書を授与した=1日、宮古工業高校体育館

多良間校長が卒業生一人一人に卒業証書を授与した=1日、宮古工業高校体育館

 宮古工業高校(多良間勉校長)では、94人(男子64人、女子30人)が卒業した。卒業証書を受け取り、晴れ晴れの表情。父母や恩師、在校生らが新たな門出を祝福した。
 宮古工業高校は、41回目の卒業式となった。
 学事報告に次いで、多良間校長が卒業生一人一人に卒業証書を授与した。
 式辞で多良間校長は「一所懸命粘り強く努力すれば、予期しない『いい事』が必ずある」と、はなむけの言葉を贈った。
 本村先也PTA会長は「志をしっかり持ち、無限の可能性を信じ、夢に向かって躍進してください」と激励した。 具志堅龍星君が送辞を述べ、先輩たちの輝かしい未来を祈念。
 2度目の高校受験で工業に合格し、卒業を迎えた洲鎌敏光君(自動車機械システム科)は「工業高校に入学できて、最高の友達、最高の先生方と出会い、夢を見つけることができた」と涙ながらに答辞を述べた。
 仲里洸輝君(電気情報科)と池間夏生さん(生活情報科)も答辞を述べ、先生や両親に感謝した。
 式後、父母や在校生らが花道を作り花束や菓子のレイなどをプレゼント。卒業生らは笑顔で受け取り、3年間の学びやを後にした。


 伊良部(54人)
 

砂川校長(左)が一人一人に卒業証書を授与した=1日、伊良部高校体育館

砂川校長(左)が一人一人に卒業証書を授与した=1日、伊良部高校体育館

 伊良部高校(砂川明校長)では、砂川校長が卒業生54人(男子28人、女子26人)に卒業証書を授与。卒業生らは、大きな夢を胸に新たな生活に巣立った。
 砂川校長は「本校の中庭には日々草のピンクの花がずっと咲いていて、卒業生の皆さんを3年間見守ってきた。日々草の花言葉は『楽しい思い出』。伊良部高校で過ごした日々の出来事は一つ一つ皆さんの脳裏に焼き付いていると思う」と述べた。
 その上で「思い出は人が頑張るための礎。思い出は人に生きる力を与え、癒やしてくれる力がある。思い出をパワーにして、いつの日かそれぞれ夢をかなえ、大きく成長した勇姿を見せてくることを期待する」と式辞。與儀盛PTCA会長は「卒業生は、進学先・就職先へと旅立つ。自らの考え、行動でそれぞれの夢実現に向けて。どんな困難にも負けず恐れず前進してください」と祝辞を述べた。
 在校生代表の上地奈央さんは「先輩方が築いた伊良部高校の伝統を引き継いで、さらに素晴らしいものにしていく」と送辞。卒業生を代表して池間知奏さんは「伊良部高校という素晴らしい宝物を胸に、未来へ進んでいく」と答辞を述べた。

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2013年3月
    « 2月   4月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2