「教育・文化」 2013年4月のニュース一覧

2013年4月25日(木) 09:00 [政治・行政, 教育・文化]

複式解消向け作業着手へ/学校規模適正化

市教委が市長に方針報告/今年度中に「準備委」設立


宮国委員長(左から2人目)が学校規模適正化基本方針を下地市長に手渡した=24日、市長室

宮国委員長(左から2人目)が学校規模適正化基本方針を下地市長に手渡した=24日、市長室

 宮古島市教育委員会(宮国博委員長)は24日、「学校規模適正化基本方針(2011年8月決定)の一部見直し」を下地敏彦市長に報告した。宮国委員長は「地域や議会の意見を総合的に判断した。われわれの最終的な考えだ」と述べた。今年度中に、対象校の地域の人や保護者、学校関係者、有識者らを構成メンバーとした学校規模適正化に向けた準備委員会(仮称)を設立させたい考え。下地市長は「宮古地区の過小規模校、複式学級が解消されて教育環境が整った形になると思う」と述べ、同方針を基本に適正化に向けた作業を進めていく考えを示した。

(全文を表示…)

2013年4月24日(水) 09:00 [教育・文化]

分かる授業の工夫を/小・中学校長研修会

学力向上で方針示す


交流試合をアピールする(左から)宮古工業教諭の喜瀬民男さん、平良さん、大城さん、JTA宮古営業所長の中山正明さん=23日、宮古空港

交流試合をアピールする(左から)宮古工業教諭の喜瀬民男さん、平良さん、大城さん、JTA宮古営業所長の中山正明さん=23日、宮古空港

 2013年度の第1回小・中学校長研修会が23日、宮古教育事務所で開催された。県教育庁学力向上推進班の甲斐達二主任指導主事は、小中学校の学力が全国最下位になっている状況を最大の課題として指摘。同課題に対処するためには「分かる授業」に工夫・改善していく必要があると方向を示した。

(全文を表示…)

2013年4月18日(木) 09:00 [教育・文化]

海邦丸で遠洋実習に出港

パラオで交流も予定/宮総実高3年19人


実習生たちは、両親や後輩たちの五色のテープで見送られ出港した=17日、平良港

実習生たちは、両親や後輩たちの五色のテープで見送られ出港した=17日、平良港

 宮古総合実業高校(伊志嶺秀行校長)の海洋科学科3年の実習生19人が17日、平良港に入港した実習船「海邦丸五世」(金城勝船長)に乗船し、遠洋実習へ出港した。生徒たちは、両親や後輩たちの五色のテープで見送られ、元気いっぱいに手を振っていた。

(全文を表示…)

2013年4月11日(木) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

あいさつ運動始まる/各小、中学校

トラやカエルが「おはよう」


署員や動物のマスコットに元気にあいさつをする児童たち=10日、北小正門前

署員や動物のマスコットに元気にあいさつをする児童たち=10日、北小正門前

 朝のあいさつ運動(主催・宮古島署、宮古島地区防犯協会)が10日、各小、中、学校で始まった。新学期を迎え、一日を元気にスタートさせることや、犯罪のない安全で安心な地域社会づくりを目指すことが目的。各学校の正門前では、子どもたちの「おはようございます」の大きな声が飛び交った。

(全文を表示…)

2013年4月10日(水) 09:00 [教育・文化]

緊張と笑顔の入学式

宮古島市と多良間村の小学校



「1年生になったら」を元気に歌い小学校生活をスタートさせた新1年生たち=9日、平良第一小学校

「1年生になったら」を元気に歌い小学校生活をスタートさせた新1年生たち=9日、平良第一小学校

 宮古島市と多良間村の小学校で9日、入学式が行われた。在校生や父母、教諭らの盛大な歓迎を受けた新入学児童たちは元気な笑顔で新しい生活をスタートさせた。

(全文を表示…)

2013年4月10日(水) 09:00 [教育・文化]

博物館、知の宝庫に/館内の設備を拡充

一括交付金活用し改修


「ものしり博物館」など館内の設備を拡充させた市総合博物館=9日、平良東仲宗根添

「ものしり博物館」など館内の設備を拡充させた市総合博物館=9日、平良東仲宗根添

 宮古島市総合博物館(下里典子館長)の館内設備改修事業が完了し、宮古の歴史、自然、文化に関する展示物が拡充された。伝統芸能などの動画が入った「ものしり博物館」をはじめ台風や地球温暖化の情報コーナー、御嶽や地下ダム、宮古上布といった宮古島特有の財産をデジタル化した映像コンテンツに余すことなく詰め込んだ。宮古島市の文化振興の拠点となる博物館が、新たな知の宝庫としてリニューアルされた。

(全文を表示…)

2013年4月10日(水) 09:00 [教育・文化]

宮古島上映へ協力を/映画「よみがえりのレシピ」

岡田制作委会長が市長に要請



市長に映画上映で協力を要請する岡田会長(左から2人目)=8日、市長室

市長に映画上映で協力を要請する岡田会長(左から2人目)=8日、市長室

 山形県の在来作物とその種を受け継ぎ守る人々を描いたドキュメンタリー映画「よみがえりのレシピ」の製作委員会で会長を務める岡田まさえさんが8日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、宮古島での同映画上映計画などを説明。市に協力を要請した。

(全文を表示…)

2013年4月3日(水) 09:00 [教育・文化]

警察官が勉強支援/宮古島署・池宮主任

「警察塾」開き健全育成/受験生7割が高校合格



補導された少年たちの受験勉強を支援した池宮さん=2日、宮古島警察署

補導された少年たちの受験勉強を支援した池宮さん=2日、宮古島警察署

 「(補導された少年たちの)勉強を支援して、立ち直らせたい」。宮古島署生活安全課の池宮将貴少年係主任が、そんな思いで教えた少年の約7割が今春の高校受験に合格した。警察官が、問題行動を起こした少年の勉強を手ほどきするのは極めて異例。学生のころ、塾の講師を務めた経験を生かした。

(全文を表示…)

2013年4月3日(水) 09:00 [教育・文化]

セイタカシギ飛来/水辺のバレリーナ

与那覇湾



飛来したセイタカシギ=2日、下地の与那覇湾(撮影・伊良波彌記者)

飛来したセイタカシギ=2日、下地の与那覇湾(撮影・伊良波彌記者)

 水辺のバレリーナの異名を持つセイタカシギ(セイタカシギ科)2羽が2日、下地の与那覇湾で確認された。春の波打ち際で羽を休めていた。

(全文を表示…)

2013年4月1日(月) 09:00 [教育・文化, 社会・全般]

春の訪れを詠む/育成会主催 春休み子ども俳句吟行・俳句会

特選に松原さんら5人


春の訪れを五感で感じながら俳句を詠む子どもたち=31日、カママ嶺公園

春の訪れを五感で感じながら俳句を詠む子どもたち=31日、カママ嶺公園

 宮古島ジュニア俳句育成会(伊志嶺亮会長)主催の春休み子ども俳句吟行・俳句会が31日、カママ嶺公園と市働く女性の家(ゆいみなぁ)で行われた。5歳から高校2年生までの25人が参加し、タンポポの花や心地よい風などを五感で感じながら春の訪れを俳句で詠んだ。特選には松原愛依さん(宮高1年)の「シーサーの口がすいこむ春の風」など5作品が選ばれた。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2013年4月
    « 3月   5月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2