2013年4月のニュース一覧

2013年4月25日(木) 09:00 [産業・経済]

農業経営の発展決意/就農青年ク連絡協

総会開き活動方針決める


13年度の活動方針や予算を決めた就農青年クラブ連絡協議会の総会=24日、宮古農村青少年教育センター

13年度の活動方針や予算を決めた就農青年クラブ連絡協議会の総会=24日、宮古農村青少年教育センター

 宮古地区就農青年クラブ連絡協議会(宮平浩幸会長)は24日、宮古農村青少年教育センターで2013年度の定期総会を開いた。青年農業者相互のネットワークの拡充および組織活動の活性化などを通して農業経営の発展に努める活動方針を全会一致で決めた。同日はリーダー研修会も開催し、若い農業者が宮古島の農業用水について知識を深めた。

(全文を表示…)

2013年4月25日(木) 09:00 [地域・暮らし]

連携し円滑な業務進める/保健所、宮古島市多良間村連絡協

関係機関が情報共有


関係機関の主要事業の連携を確認した協議会=24日、宮古福祉保健所

関係機関の主要事業の連携を確認した協議会=24日、宮古福祉保健所

 宮古福祉保健所(仲宗根正所長)と宮古島市、多良間村連絡協議会が24日、同保健所で行われ、2013年度の保健事業に関する主要事業についての確認と意見交換をした。同協議会は05年の宮古島市合併以降休止していたが、昨年から再開しこれが2回目の開催。

(全文を表示…)

2013年4月25日(木) 09:00 [政治・行政]

5月にハブ対策会議/発見・捕獲受け

県衛生研の講習会も予定


 宮古福祉保健所、宮古島市と多良間村の連絡協議会が24日、同保健所で行われた。協議会の中で19日に平良港内の「ひらりん公園」で宮古島で初めて発見されたサキシマハブについて今後の対策を協議した。

(全文を表示…)

2013年4月25日(木) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

835人の「誓い」提出/交通安全10自治会

飲酒運転根絶を宣言


飲酒運転根絶宣言文を提出する各自治会の代表者ら=24日、宮古島署

飲酒運転根絶宣言文を提出する各自治会の代表者ら=24日、宮古島署

 各地域で交通安全運動を実施している市内10自治会の代表が24日、宮古島署の宮城英眞署長に、飲酒運転の根絶とシートベルトの確実な着用に向けて、各自治会内で集めた署名と宣言文を提出した。署名は10自治会合わせて835人分。提出した各自治会の代表者らは飲酒運転の根絶に向けて決意を新たにした。

(全文を表示…)

2013年4月25日(木) 09:00 [産業・経済]

キビ増産へ誘殺灯点灯式/アオドウガネ

防除効果で株出し増進/市907基、多良間村82基を設置


誘殺灯に点灯を行う前田会長(右から3人目)と関係者ら=24日、宮古合同庁舎前

誘殺灯に点灯を行う前田会長(右から3人目)と関係者ら=24日、宮古合同庁舎前

 サトウキビに食害を与える土壌害虫アオドウガネの防除に向け、さとうきび土壌害虫防除推進協議会(会長・前田幹男宮古農林水産振興センター所長)は24日、宮古合同庁舎前でアオドウガネ誘殺灯点灯式を実施した。前田会長ら関係機関・団体の代表らが点灯を行い、土壌害虫防除によるサトウキビ増産に期待を込めた。県は3月、これまで所有していた可動式誘殺灯を市に907基、多良間村に82基の計989基を無償譲渡した。


 過去6年(2007~12年)の誘殺灯(可動式・固定式)によるアオドウガネ総捕獲数は08年の851万9680匹をピークに年々減少し、昨年はピーク時と比べ555万7070匹激減した。


 式で、前田会長は「2012~13年期の宮古圏域のサトウキビ生産量は、昨年の20万㌧に比べ1・6倍の32万5500㌧の豊作となった。キビの安定生産に対する課題の一つとして春植え・株出しの推進が挙げられる。立ち枯れの要因となり株出しの普及を妨げるアオドウガネを駆除する誘殺灯は、キビの増産に重要な役割を果たしている」と述べた。


 その上で「昨年度の誘殺灯によるアオドウガネの誘殺実績は約296万匹で、08年度と比べると約3分の1である。これと連動して、収穫面積に占める株出しは数年前は3%だったが、前期は11%、今期は19%まで伸びており、改めて誘殺灯などの害虫防除の効果が認識されたものである」と誘殺灯の効果を強調した。


 生産農家を代表して城辺地区さとうきび生産組合の照屋秀雄組合長は「誘殺灯はキビに関わる者にとって、大切な財産となっている。今後とも誘殺灯を守り、キビの増産に向けて努力していくことを表明する」と決意を新たにした。


 この後、前田会長、照屋組合長、JAおきなわ宮古地区本部の岡村幸男本部長らが誘殺灯の点灯を行った。

2013年4月25日(木) 09:00 [政治・行政, 教育・文化]

複式解消向け作業着手へ/学校規模適正化

市教委が市長に方針報告/今年度中に「準備委」設立


宮国委員長(左から2人目)が学校規模適正化基本方針を下地市長に手渡した=24日、市長室

宮国委員長(左から2人目)が学校規模適正化基本方針を下地市長に手渡した=24日、市長室

 宮古島市教育委員会(宮国博委員長)は24日、「学校規模適正化基本方針(2011年8月決定)の一部見直し」を下地敏彦市長に報告した。宮国委員長は「地域や議会の意見を総合的に判断した。われわれの最終的な考えだ」と述べた。今年度中に、対象校の地域の人や保護者、学校関係者、有識者らを構成メンバーとした学校規模適正化に向けた準備委員会(仮称)を設立させたい考え。下地市長は「宮古地区の過小規模校、複式学級が解消されて教育環境が整った形になると思う」と述べ、同方針を基本に適正化に向けた作業を進めていく考えを示した。

(全文を表示…)

2013年4月24日(水) 22:06 [ペン遊・ペン楽]

「んみゃーちー」/松谷 初美

2013.4.25 ペン遊ペン楽


 東京の同じ町内に住む宮古が大好きな友人に「息子の先輩のお母さんが宮古島出身だって。コーヒー屋さんをしているから今度行かない?」と誘われ、先日行ってきた。

(全文を表示…)

2013年4月24日(水) 22:05 [お母さんと一緒]

主役はわたしよ

▽崎原 千晴ちゃん(2つ)
▽お父さん・康博さん


崎原 千晴ちゃん(2つ)お父さん・康博さん

崎原 千晴ちゃん(2つ)お父さん・康博さん

 保育所での千晴ちゃんは、とてもリラックスしている。お父さんのお迎えのせいと思いきや「通い始めの頃から全くぐずったりしないし、おゆうぎ会や運動会でも伸び伸び振る舞っていて、保育所大好きという感じですね」と康博さん。手のかからない優等生らしい。

(全文を表示…)

2013年4月24日(水) 22:04 [行雲流水]

「ユーモア」(行雲流水)

 ユーモアは、人の心をなごませ、対話を円滑にする。英国議会では、演説の一節にユーモアを入れる伝統があるという。皮肉屋チャーチルの名句の数々は、こうした土壌で培われたのかもしれない

(全文を表示…)

2013年4月24日(水) 09:00 [社会・全般]

移動禁止・規制植物を周知/植防平良出張所

広報強化週間にちなみ


観光客らに広報用ティッシュを配布する平良所長(左)ら=23日、宮古空港

観光客らに広報用ティッシュを配布する平良所長(左)ら=23日、宮古空港

 植物防疫法に基づく植物等の移動規制に関する広報強化週間(22~26日)にちなみ、那覇植物防疫事務所平良出張所(高嶺朝淳所長)は23日、宮古空港で県民や観光客らに広報用ティッシュを配布した。高嶺所長らは、沖縄から本土などに持ち出せない「移動禁止・規制植物」の周知を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2013年4月24日(水) 09:00 [社会・全般]

宮古島でハブ初捕獲/平良港近くの公園内

生後半年から1年半の個体


サキシマハブが捕獲、発見された平良港第1埠頭近くの「ひらりん公園」=23日、平良西仲宗根

サキシマハブが捕獲、発見された平良港第1埠頭近くの「ひらりん公園」=23日、平良西仲宗根

 県福祉保健部は23日、宮古島市平良でサキシマハブが発見、捕獲されたと発表した。宮古島ではサキシマハブは生息しておらず、発見されたのは初めて。本来いるはずのない島で見つかったことについて同部や宮古福祉保健所では「分からない」としている。今後、市民らから目撃情報などがあれば生態調査を進めるという。

(全文を表示…)

2013年4月24日(水) 09:00 [教育・文化]

分かる授業の工夫を/小・中学校長研修会

学力向上で方針示す


交流試合をアピールする(左から)宮古工業教諭の喜瀬民男さん、平良さん、大城さん、JTA宮古営業所長の中山正明さん=23日、宮古空港

交流試合をアピールする(左から)宮古工業教諭の喜瀬民男さん、平良さん、大城さん、JTA宮古営業所長の中山正明さん=23日、宮古空港

 2013年度の第1回小・中学校長研修会が23日、宮古教育事務所で開催された。県教育庁学力向上推進班の甲斐達二主任指導主事は、小中学校の学力が全国最下位になっている状況を最大の課題として指摘。同課題に対処するためには「分かる授業」に工夫・改善していく必要があると方向を示した。

(全文を表示…)

2013年4月24日(水) 09:00 [スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

感動胸に帰路に就く/トライアスロン

選手ら「来年も出場する」


トライアスロンを終えて帰路に就く選手たち=23日、宮古空港

トライアスロンを終えて帰路に就く選手たち=23日、宮古空港

 第29回全日本トライアスロン宮古島大会に出場した多くの選手が23日、帰路に就いた。それぞれの思い出を胸に宮古を離れた選手たちは「来年の30回記念大会にも絶対出場したい」と笑顔で意気込みを語った。

(全文を表示…)

2013年4月24日(水) 09:00 [政治・行政]

中学校先行で実施へ/学校規模適正化

来年度は来間を下地に統合/市教委が新基本方針決定


学校規模適正化の新たな基本方針を決定した市教委の定例会=23日、市役所城辺庁舎

学校規模適正化の新たな基本方針を決定した市教委の定例会=23日、市役所城辺庁舎

 市教育委員会(宮国博委員長)の2013年度第1回定例会が23日、市役所城辺庁舎で行われた。2011年8月に決定した「宮古島市立学校規模適正化基本方針」の一部を見直した方針案について最終の協議を行い、同委員会としての基本方針をあらためて決定した。決定した基本方針では中学校を先行して実施して来年度までに来間と下地を統合。また、小学校で唯一宮原が15年度までに鏡原に統合されることなどが示された。

(全文を表示…)

2013年4月24日(水) 09:00 [社会・全般]

健康づくりに貢献/県食改推進員連絡協設立式典で功労賞

砂川会長と外間副会長の受賞祝う


功労賞を受賞した砂川会長(右)と外間副会長=23日、下地保健福祉センター

功労賞を受賞した砂川会長(右)と外間副会長=23日、下地保健福祉センター

 先月10日に開かれた県食生活改善推進員連絡協議会設立20周年記念式典で、市食生活改善推進員協議会の砂川美枝子会長と外間千枝子副会長が、県民の食育健康づくりに貢献したとして功労賞を受賞。23日、下地保健福祉センターで、受賞祝賀会が開かれ、砂川会長と外間副会長の受賞を盛大に祝うとともに、さらなる活躍に期待を寄せた。

(全文を表示…)

2013年4月23日(火) 22:38 [【特集】イベント・行事, イベント, スポーツ]

強風と戦いゴールへ/第29回全日本トライアスロン宮古島大会

声援や花々が後押し

狩俣線を快調に走るバイクの列

狩俣線を快調に走るバイクの列


強風と戦いゴール目指す

強風と戦いゴール目指す

飲料水を手渡すタイミングがぴったり

飲料水を手渡すタイミングがぴったり


集団で折り返しに向かうアスリート

集団で折り返しに向かうアスリート


大漁旗をバックに池間大橋を渡るバイクの列

大漁旗をバックに池間大橋を渡るバイクの列


満開のヒマワリがトライアスリートを出迎え

満開のヒマワリがトライアスリートを出迎え


鳴り物を手ににぎやかな応援を繰り広げた子供たち

鳴り物を手ににぎやかな応援を繰り広げた子供たち


スイム競技の中止を受け残念そうな表情でデュアスロンに備える選手たち

スイム競技の中止を受け残念そうな表情でデュアスロンに備える選手たち


強風と戦いながらペダルを踏む選手たち

強風と戦いながらペダルを踏む選手たち

エイドステーションで選手にバナナを手渡すちびっ子ボランティア

エイドステーションで選手にバナナを手渡すちびっ子ボランティア


赤いサルビアで「ワイドー」の文字を描いたフラワーボードが鮮やか

赤いサルビアで「ワイドー」の文字を描いたフラワーボードが鮮やか

大会初のデュアスロン。第1ランに挑む選手たち=21日、宮古島東急リゾート内

大会初のデュアスロン。第1ランに挑む選手たち=21日、宮古島東急リゾート内

子供たちの声援に笑顔で応える選手たち

子供たちの声援に笑顔で応える選手たち

疾走。姿勢を低くしてスピードアップ

疾走。姿勢を低くしてスピードアップ



東平安名崎では強風に悩まされた

東平安名崎では強風に悩まされた

今年もそろいのTシャツと帽子で踊りを披露した西原みどり会

今年もそろいのTシャツと帽子で踊りを披露した西原みどり会

ボンボンを手に熱狂的な応援で選手を鼓舞

ボンボンを手に熱狂的な応援で選手を鼓舞

応援なら負けない

応援なら負けない

東平安名崎入口で満開になったテッポウユリが選手の目を楽しませた

東平安名崎入口で満開になったテッポウユリが選手の目を楽しませた

緑の街路樹の下を快走するバイクの列

緑の街路樹の下を快走するバイクの列

パーランクーや三線で楽しい応援を繰り広げた

パーランクーや三線で楽しい応援を繰り広げた

エイドステーションで活躍する子供たち

エイドステーションで活躍する子供たち

選手たちに声援を送る市民

選手たちに声援を送る市民

「エイエイオー」と気勢を上げ最初のランに挑む選手たち

「エイエイオー」と気勢を上げ最初のランに挑む選手たち

初のデュアスロンで最初のランに挑む選手たち

初のデュアスロンで最初のランに挑む選手たち

沿道のあちこちに見られたかわいい応援

沿道のあちこちに見られたかわいい応援





好天恵まれプレー満喫

2013年4月23日(火) 09:00 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

スイム中止に悲喜こもごも/トライ上位入賞者

激戦振りかえる


大会史上初のデュアスロンとなった第29回大会を振り返る上位入賞者たち=22日、市総合体育館

大会史上初のデュアスロンとなった第29回大会を振り返る上位入賞者たち=22日、市総合体育館

 大会史上初のスイムを実施しないラン、バイク、ランのデュアスロンとなった「第29回全日本トライアスロン宮古島大会」の上位入賞者による共同記者会見が22日、大会本部のある市総合体育館で開かれた。総合上位6位の選手と女子3位までの選手が強い風と寒さの中で行われたレースを振り返った。会見に挑んだ全選手が荒れた天候を考慮して選手の安全確保のためにデュアスロンによる競技実施の判断を下した競技実施検討委の判断を支持した。

(全文を表示…)

2013年4月23日(火) 09:00 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

笑顔でクイチャー/健闘たたえ再会約束

トライふれあいパーティー


健闘をたたえ合い笑顔でクイチャーを踊る選手ら=22日、市総合体育館

健闘をたたえ合い笑顔でクイチャーを踊る選手ら=22日、市総合体育館

「また来年、この場所で会おう」-。第29回全日本トライアスロン宮古島大会のふれあいパーティーが22日午後、市総合体育館で開かれた。選手は互いの健闘をたたえ合いながら乾杯を繰り返し、大会スタッフや地元ボランティアの市民との交流も楽しんだ。充実感あふれる表情の選手は、和やかな雰囲気の中で次回大会での再会を誓い合った。

(全文を表示…)

2013年4月23日(火) 09:00 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

〝強人〟ら誇らしく/トライ表彰式

入賞者の栄光たたえる/激戦から一夜明け


総合の部で10位までに入賞し表彰を受けた選手たち=22日、市総合体育館

総合の部で10位までに入賞し表彰を受けた選手たち=22日、市総合体育館

 第29回全日本トライアスロン宮古島大会(主催・宮古島市ほか)の閉会式・ふれあいパーティーが22日、市総合体育館で開かれた。表彰式では連覇を達成した総合の部優勝のアントン・ブロックヒン選手(27)=ウクライナ=と女子の部優勝のベアテ・ゴエーツ選手(44)=ドイツ=に大会長杯と優勝楯などが贈られたほか、各部10位までの入賞者や各賞受賞者が表彰を受けた。来場者は拍手で入賞者の栄光をたたえた。

(全文を表示…)

2013年4月23日(火) 09:00 [社会・全般]

垣花さん(多良間郵便局)を表彰/郵政記念日

宮古5人永年勤続功労


20年以上勤続功労で表彰を受けた多良間郵便局の垣花健三さん=22日、ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

20年以上勤続功労で表彰を受けた多良間郵便局の垣花健三さん=22日、ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

 【那覇支社】第80回郵政記念日にあたり県内の日本郵政グループ(日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険)は22日、那覇市内のホテルで記念式典を開催し、多年にわたり郵政事業で勤務した永年勤続者を表彰した。多良間郵便局長の垣花健三さんが30年以上の勤続功労で表彰を受けた。

(全文を表示…)

2013年4月23日(火) 09:00 [地域・暮らし]

力強く元気に泳げ/市役所平良庁舎 こいのぼり掲揚式

元気に泳ぎだしたこいのぼりに歓声を上げる子どもたち=22日、平良庁舎玄関前広場

元気に泳ぎだしたこいのぼりに歓声を上げる子どもたち=22日、平良庁舎玄関前広場

 5月5日から始まる2013年度児童福祉週間に向けて、子どもたちの健全育成を目指し平良庁舎玄関前広場でこいのぼり掲揚式が行われた。

(全文を表示…)

2013年4月23日(火) 09:00 [産業・経済]

株出管理機30台導入/糖業振興会

栽培面積の急増に対応


株出管理機の実演(資料写真)

株出管理機の実演(資料写真)

 宮古地区(多良間含む)と伊良部地区のさとうきび糖業振興会は、県のサトウキビ生産回復緊急対策事業を活用し、両地区に合わせて計30台の株出管理機を導入した。内訳は宮古島28台、伊良部5台、多良間2台。製糖期終盤の3月に稼働を開始した同機は、来期以降の本格的活躍が期待されている。

(全文を表示…)

2013年4月22日(月) 22:48 [行雲流水]

「29回トライアスロン」(行雲流水)

 島一円は大きな舞台となった。4月21日、第29回全日本トライアスロン宮古島大会は「海・風・太陽(てぃだ)熱い想い 君を待つ」をテーマに盛会裡に開催され、感動のうちにその幕を閉じた

(全文を表示…)

2013年4月22日(月) 09:00 [トライアスロン宮古島大会]

「やっぱり宮古は最高」/県勢1位 桑原寛次さん

県勢1位でゴールし「やっぱり宮古島大会が一番」と話した桑原さん=21日、市陸上競技場

県勢1位でゴールし「やっぱり宮古島大会が一番」と話した桑原さん=21日、市陸上競技場

 県勢1位でゴールした桑原寛次さん(32)。総合5位の成績には顔をしかめて「優勝を目指して参加しているので結果には満足していない。しかし、デュアスロンに変更となったレースとしては良い内容だったと思う」とレースを振り返った。

(全文を表示…)

2013年4月22日(月) 09:00 [トライアスロン宮古島大会]

4度目挑戦で夢実現/宮古男子1位 石川智紀さん

初の宮古勢1位を喜ぶ石川さん=21日、市陸上競技場

初の宮古勢1位を喜ぶ石川さん=21日、市陸上競技場

 石川智紀さん(43)=宮古島市=は、8時間45分49秒でゴール。初めて宮古勢1位となり、総合で40位の好成績。「4回連続出場し、初めて夢が実現した。うれしい」と声を弾ませた。

(全文を表示…)

2013年4月22日(月) 09:00 [トライアスロン宮古島大会]

トライアスロン宮古島大会 完走に笑顔広がる

大嶺さん、制限時間2分前フィニッシュ


制限時間2分前にゴールインを果たした大嶺さん(中央)は生徒たちの声援がパワーになった=21日、市陸上競技場

制限時間2分前にゴールインを果たした大嶺さん(中央)は生徒たちの声援がパワーになった=21日、市陸上競技場

 第29回全日本トライアスロン宮古島大会は早朝から季節外れの寒気に見舞われ、スイム競技が行われる与那覇前浜ビーチは大荒れの状態。大会実行委員会はスイム競技を取りやめ、初のデュアスロンによる競技開催となったが、厳しい気象条件の中でも、選手たちを支える宮古島大会の様子に変わりはなく、選手たちは一様に笑顔のフィニッシュを果たした。

(全文を表示…)

2013年4月22日(月) 09:00 [トライアスロン宮古島大会]

風に耐えて最高位/県勢女子1位 久保田文さん

県勢女子1位の久保田文さん=21日、市陸上競技場

県勢女子1位の久保田文さん=21日、市陸上競技場

 「バイクが怖かった。風が強くて反対車線にいきそうでとても怖かった」と振り返る久保田文さん(48)。体重が軽い分、風にあおられ続けたバイクは苦戦したと話す。それでも無事に乗りこなして県勢女子1位の座を獲得する強さを見せた。

(全文を表示…)

2013年4月22日(月) 09:00 [トライアスロン宮古島大会]

スイム競技の中止決定/競技実施検討委

「海の状況悪い」、デュアスロンに変更


午前6時現在の気象状況などを確認する競技実施検討委員会=21日、宮古島東急リゾート

午前6時現在の気象状況などを確認する競技実施検討委員会=21日、宮古島東急リゾート

 第29回全日本トライアスロン宮古島大会の開始予定時間45分前の21日午前6時15分、トライアスロン実行委員会は宮古島東急リゾート内で競技実施検討委員会(議長・下地敏彦市長)を開催。午前6時現在の海洋状況などを確認した結果、下地市長はスイムを中止しデュアスロンとすることを決めた。

(全文を表示…)

2013年4月21日(日) 20:33 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

ブロックヒン(ウクライナ)が連覇/第29回全日本トライ宮古島大会

女子もゴエーツ(独)2連覇/悪天候で初のデュアスロンに


総合優勝を果たしたアントン・ブロックヒン

総合優勝を果たしたアントン・ブロックヒン

 「海・風・太陽 熱き想い 君を待つ」をテーマにした第29回全日本トライアスロン宮古島大会(主催・宮古島市など)は21日、宮古全域をコースに行われ、アントン・ブロックヒン(27)=ウクライナ=が7時間31分36秒で優勝、女子はベアテ・ゴエーツ(44)=ドイツ=が制し、外国人がそれぞれ連覇を達成した。悪天候のためスイムが中止となり、初めてデュアスロン(ラン6・5㌔、バイク155㌔、ラン42・195㌔)で行われた。約5000人のボランティアが大会を支えた。完走者は1184人(完走率80・5%)だった。

(全文を表示…)

2013年4月21日(日) 16:53 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

A・ブロックヒン選手(ウクライナ)が大会2連覇

第29回全日本トライアスロン大会


初のデュアスロン大会の最初のランに挑む選手たち=21日、下地

初のデュアスロン大会の最初のランに挑む選手たち=21日、下地


 第29回全日本トライアスロン宮古島大会は、悪天候の影響で初のディアスロンへの変更となり、21日午前8時、下地の東急リゾート内をランでスタート。ラン(約6・5㌔)、バイク155㌔、ラン42・195㌔を競い、A・ブロックヒン選手(ウクライナ)が大会2連覇を果たした。女子はベアテ・ゴエーツ(ドイツ)が連覇し男女とも外国勢が占めた。