2013年4月のニュース一覧

2013年4月12日(金) 23:36 [行雲流水]

「憲法改正」(行雲流水)

 日本が大陸に侵攻し、太平洋戦争へと戦局を拡大していったことは大きな誤りであった。そのことはいまさら論ずるまでもないだろう。敗戦の結果は戦勝国による占領である。そのことも歴史の流れで当然の理だ

(全文を表示…)

2013年4月12日(金) 22:40 [ニュースウィークリー]

4月7日~4月13日

ニュースウィークリー
4月7日~4月13日


電子カルテ研修着々/宮古病院が移転に向け

 6月の開院に向け準備を進めている県立宮古病院では新病院で導入される電子カルテの研修が3月4日からスタートしている。研修では医師、看護師、技師、事務員などが電子カルテを納入したメーカーのインストラクターから操作方法などについての指導を受けている。(4月7日掲載)

(全文を表示…)

2013年4月12日(金) 09:00 [産業・経済]

生産から商品開発、販売まで

市、南国食楽、沖縄製粉が連携/宮古島産かんしょ6次産業化で


6次産業化プロジェクトで相互連携し「パウダー」などの商品を販売を展開することを発表した(左から)竹内社長、下地市長、宮城社長=11日、那覇市、沖縄製粉サービスセンター

6次産業化プロジェクトで相互連携し「パウダー」などの商品を販売を展開することを発表した(左から)竹内社長、下地市長、宮城社長=11日、那覇市、沖縄製粉サービスセンター

 【那覇支社】宮古島市が昨年度から取り組んでいる「宮古島産かんしょ6次産業化プロジェクト」で、下地敏彦市長は11日、宮古島産イモの1次加工を行う南国食楽Zu(宮城正明社長)、2次加工を行う沖縄製粉(竹内一郎社長)とともに那覇市内で会見し、3者で宮古島産イモの原料生産から1、2次加工、商品開発、販売までを連携して取り組んでいくことが決まったと発表した。南国食楽Zuはこれまでイモペースト中心に販売していたが、沖縄製粉が2次加工段階でパウダー(粉末状)にすることで、県内外の優良メーカーをはじめ香港・台湾などの海外にもシェアを拡大するとしている。

(全文を表示…)

2013年4月12日(金) 09:00 [地域・暮らし]

八重干瀬観光に420人/雄大な自然に感動

サンゴ礁や魚間近に/きょう「サニツ」


観光客らは次々と下船し約1時間の上陸を満喫した=11日、八重干瀬の中のキジャカ干瀬

観光客らは次々と下船し約1時間の上陸を満喫した=11日、八重干瀬の中のキジャカ干瀬

 池間島北方の沖合に広がる八重干瀬に上陸する恒例の「八重干瀬観光ツアー」が11日、2日間の日程で開幕した。本土からの観光客約420人が、美しいサンゴ礁や生き物に感動し歓声を上げた。

(全文を表示…)

2013年4月12日(金) 09:00 [社会・全般]

宮古独自の泡盛開発へ/商品化にめど、副市長に報告

多良川 島原生酵母を使用


長濱副市長(右)に宮古島の酵母を使った泡盛開発について説明する(左から)砂川社長、葉田主任、藤井副部門長、奥島代表理事=11日、市長室

長濱副市長(右)に宮古島の酵母を使った泡盛開発について説明する(左から)砂川社長、葉田主任、藤井副部門長、奥島代表理事=11日、市長室

 多良川(城辺字砂川)の砂川拓也社長らが11日、市役所平良庁舎に長濱政治副市長を訪問。同社が現在、宮古島に原生する酵母を使った「宮古島オリジナル泡盛」の開発に取り組んでいること、その商品化に向け一定のめどが付いたことを報告した。

(全文を表示…)

2013年4月12日(金) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

宮古島が国内で3位/ベストダイビングエリア

前浜、ベストビーチで7位/「ダイブ&トラベル大賞」


 ダイビング雑誌読者による投票と、ダイビングの見本市会場での投票で決定する第13回「ダイブ&トラベル大賞2013」の集計結果がこのほど、主催者から発表された。宮古島はベストダイビング国内エリア部門で、昨年に続き3位に入賞。国内外対象のベストビーチ部門では与那覇前浜ビーチが7位となった。

(全文を表示…)

2013年4月12日(金) 09:00 [地域・暮らし]

「無事カエル」願い込め/下地児童館母親クラブ

下地小1年生にマスコット


下地小新1年生にカエルマスコットを贈る藤原会長(前列右から4人目)=11日、下地小学校

下地小新1年生にカエルマスコットを贈る藤原会長(前列右から4人目)=11日、下地小学校

 下地児童館母親クラブ(藤原菜穂美会長)は11日、9日に入学したばかりの下地小学校新1年生29人に、登下校時など事故に遭うことなく無事に「帰る」ことを願って、手作りのカエルマスコットをプレゼントした。

(全文を表示…)

2013年4月12日(金) 09:00 [政治・行政]

全国規模の大会を提案/市に県ウオーキング協会長

下地小新1年生にカエルマスコットを贈る藤原会長(前列右から4人目)=11日、下地小学校

下地小新1年生にカエルマスコットを贈る藤原会長(前列右から4人目)=11日、下地小学校

 県ウオーキング協会の積洋一会長ら3人が11日、市平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、宮古島でのウオーキング大会開催を提案した。

(全文を表示…)

2013年4月11日(木) 09:00 [政治・行政]

トライ控え、野犬捕獲

市と保健所 合同で作業を実施


作業を前に出発式で平良部長(左)のあいさつを聞く参加者たち=10日、市役所平良庁舎西側駐車場

作業を前に出発式で平良部長(左)のあいさつを聞く参加者たち=10日、市役所平良庁舎西側駐車場

 第29回全日本トライアスロン宮古島大会の開催を11日後に控えた10日、市と宮古福祉保健所による野犬、徘徊犬合同捕獲作業が市内各所で行われた。実施を前に市役所平良庁舎で出発式が開かれ、生活環境部の平良哲則部長が参加職員に「大きな成果を期待している」と呼び掛けた。

(全文を表示…)

2013年4月11日(木) 09:00 [政治・行政]

三つどもえの可能性/多良間村長選

6月11日告示まで2カ月


 【多良間】任期満了に伴う多良間村長選挙は6月11日の告示まで、あと2カ月となった。投開票は、同16日に行われる。今回の選挙には、現職下地昌明氏(61)と、新人で前副村長の伊良皆光夫氏(57)が立候補を表明。元村長兼浜朝徳氏陣営でも擁立の動きを見せており、三つどもえの可能性がある。

(全文を表示…)

2013年4月11日(木) 09:00 [政治・行政]

補助金支出を休止/市教委

文化財管理虚偽報告で


 市教育委員会が、市指定文化財の管理補助金を交付した1団体の実績報告書に虚偽記載が見つかったのを受けて、2012年度の補助金を全管理団体に、交付しなかったことが10日、分かった。同教委は、報告書に領収書の添付を義務付けていなかったなど、甘さがあったことを反省。今年度からは、領収書や清掃前後の現場写真などを添付する新様式に切り替えて、交付を再スタートする。

(全文を表示…)

2013年4月11日(木) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

あいさつ運動始まる/各小、中学校

トラやカエルが「おはよう」


署員や動物のマスコットに元気にあいさつをする児童たち=10日、北小正門前

署員や動物のマスコットに元気にあいさつをする児童たち=10日、北小正門前

 朝のあいさつ運動(主催・宮古島署、宮古島地区防犯協会)が10日、各小、中、学校で始まった。新学期を迎え、一日を元気にスタートさせることや、犯罪のない安全で安心な地域社会づくりを目指すことが目的。各学校の正門前では、子どもたちの「おはようございます」の大きな声が飛び交った。

(全文を表示…)

2013年4月11日(木) 09:00 [地域・暮らし]

トウガン食べて健康に/実行委主催

消費拡大でキャンペーン/1個100円、2500個を完売


飛ぶように売れたトウガン=10日、JAあたらす市場

飛ぶように売れたトウガン=10日、JAあたらす市場

 「とうがんの日(4月10日)」の消費拡大キャンペーン(主催・同実行委員会)が同日、JAあたらす市場で行われた。セレモニーで岡村幸男実行委員長は「トウガンをもっと食べて、地産地消の促進を」と呼び掛けた。前田幹男県宮古農林水産振興センター所長と下地敏彦市長は「トウガンは低カロリーで健康にいい野菜」とPR。農家代表の山口修さんの音頭で、生産目標の1000㌧達成へ気勢を上げた。1個100円のトウガンは、飛ぶような売れ行きだった。

(全文を表示…)

2013年4月11日(木) 09:00 [地域・暮らし]

地域医療の発展に期待/15日業務開始

耳鼻咽喉科レオクリニック 落成・開院記念パーティ


関係者らが集い盛大に祝った=9日、ホテルアトールエメラルド宮古島

関係者らが集い盛大に祝った=9日、ホテルアトールエメラルド宮古島

 平良字下里に新しく建設された耳鼻咽喉科レオクリニック(伊志嶺了院長)の落成・開院記念パーティが9日夕、市内のホテルで開かれた。医療界から関係者多数が集い、レオクリニックの発展を祈念した。市民を対象にした内覧会は13日午後2時~同4時まで行い、15日の開院から本格的な医療業務を開始する。

(全文を表示…)

2013年4月10日(水) 22:40 [お母さんと一緒]

お友達と遊ぶのが好き

▽多良間 優奈ちゃん(2つ)
▽お母さん・美香さん


多良間 優奈ちゃん(2つ)お母さん・美香さん

多良間 優奈ちゃん(2つ)お母さん・美香さん

 4月から現在の保育所に通っている優奈ちゃんは、これまでも他の保育所に通っていたということで、振る舞いは伸び伸びしている。お母さんの美香さんは「お友だちと遊ぶのが好きなんです。通園当初はわがままなところがありましたけど、通うにつれて協調的になりました」と園での心の成長を語る。

(全文を表示…)

2013年4月10日(水) 22:38 [行雲流水]

「農業保護の手法」(行雲流水)

 フランスは、食糧自給率130%。小麦、ワイン、チーズなどの輸出が盛んな農業大国だ。土地も肥沃だが、振興策や保護策も充実している

(全文を表示…)

2013年4月10日(水) 22:30 [ペン遊・ペン楽]

宮古の作家たち/小川 京子

2013.4.11 ペン遊ペン楽

 

 去る2月24日から3月24日までの1カ月間、博物館において「宮古の作家たち」の展示会が開催された。宮古島に戻り、3年目の私も仲間入りでき参加させていただいた。これを機会に、改めて宮古島の作家の作品を見ることができた。

(全文を表示…)

2013年4月10日(水) 09:00 [地域・暮らし]

愛情が生きる勇気育む/入学祝い、各家庭で盛大に

地縁、血縁集い新1年生を祝福



丈児君(写真中央で起立)の小学校入学を祝うため家族、友人、地域の人々、保護者の同僚らが次々と訪れ、盛大に祝宴が開かれた=9日、市平良大浦の野原さんの自宅

丈児君(写真中央で起立)の小学校入学を祝うため家族、友人、地域の人々、保護者の同僚らが次々と訪れ、盛大に祝宴が開かれた=9日、市平良大浦の野原さんの自宅

 市内ほとんどの小学校で入学式が行われた9日、新1年生のいる家庭では、家族、親類縁者のみならず、地域の人たちや学校関係者、保護者の友人、職場の同僚らが各家庭を訪問し、入学を盛大に祝う風景が各所でみられた。子どもの入学を盛大に祝う「しきたり」も宮古地域特有のもので、受験シーズンの「愛情弁当」や「合格祝い」と同じく、沖縄本島や本土で見かけることは、そう多くはない。温かな周囲の愛情が胸に刻まれ、多くの人に支えられているのだという勇気は、やがて、宮古の子どもたちの明日へとつながっていく。


(全文を表示…)

2013年4月10日(水) 09:00 [イベント]

あすから「八重干瀬観光」/「サニツ」で潮干狩り


 池間島北方の沖合に広がる八重干瀬に上陸する恒例の「八重干瀬観光」が11、12の両日実施される。今年も本土からの観光ツアー客らが上陸し、サンゴ礁で生活する生物を観察して満喫する。

(全文を表示…)

2013年4月10日(水) 09:00 [教育・文化]

緊張と笑顔の入学式

宮古島市と多良間村の小学校



「1年生になったら」を元気に歌い小学校生活をスタートさせた新1年生たち=9日、平良第一小学校

「1年生になったら」を元気に歌い小学校生活をスタートさせた新1年生たち=9日、平良第一小学校

 宮古島市と多良間村の小学校で9日、入学式が行われた。在校生や父母、教諭らの盛大な歓迎を受けた新入学児童たちは元気な笑顔で新しい生活をスタートさせた。

(全文を表示…)

2013年4月10日(水) 09:00 [教育・文化]

博物館、知の宝庫に/館内の設備を拡充

一括交付金活用し改修


「ものしり博物館」など館内の設備を拡充させた市総合博物館=9日、平良東仲宗根添

「ものしり博物館」など館内の設備を拡充させた市総合博物館=9日、平良東仲宗根添

 宮古島市総合博物館(下里典子館長)の館内設備改修事業が完了し、宮古の歴史、自然、文化に関する展示物が拡充された。伝統芸能などの動画が入った「ものしり博物館」をはじめ台風や地球温暖化の情報コーナー、御嶽や地下ダム、宮古上布といった宮古島特有の財産をデジタル化した映像コンテンツに余すことなく詰め込んだ。宮古島市の文化振興の拠点となる博物館が、新たな知の宝庫としてリニューアルされた。

(全文を表示…)

2013年4月10日(水) 09:00 [地域・暮らし]

ミヤコニイニイ鳴く/伊良部島

高いところで「シィーシィー」


早くも出現したミヤコニイニイ=9日、伊良部

早くも出現したミヤコニイニイ=9日、伊良部

 宮古諸島固有種のミヤコニイニイ(セミ科)が9日、伊良部島で早くも出現し鳴き出した。出現時期は5~7月とされる。

(全文を表示…)

2013年4月10日(水) 09:00 [教育・文化]

宮古島上映へ協力を/映画「よみがえりのレシピ」

岡田制作委会長が市長に要請



市長に映画上映で協力を要請する岡田会長(左から2人目)=8日、市長室

市長に映画上映で協力を要請する岡田会長(左から2人目)=8日、市長室

 山形県の在来作物とその種を受け継ぎ守る人々を描いたドキュメンタリー映画「よみがえりのレシピ」の製作委員会で会長を務める岡田まさえさんが8日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、宮古島での同映画上映計画などを説明。市に協力を要請した。

(全文を表示…)

2013年4月9日(火) 09:00 [産業・経済]

トウガン1個100円/実行委員会

10日キャンペーン販売


記者会見してキャンペーン行事内容を発表した。写真は右から松尾安人県宮古農林水産振興センター農業改良普及課長、岡村委員長、山口修JAとうがん専門部会長=8日、あたらす市場

記者会見してキャンペーン行事内容を発表した。写真は右から松尾安人県宮古農林水産振興センター農業改良普及課長、岡村委員長、山口修JAとうがん専門部会長=8日、あたらす市場

 宮古地区「とうがんの日」実行委員会(岡村幸男委員長)は、「とうがんの日」の10日、JAの「あたらす市場」でトウガン1個(2㌔前後)を100円で特価販売し、消費拡大をアピールする。1人2個まで。販売開始時刻は午前の部が9時、午後は3時。2500玉を用意し、なくなり次第終了する。

(全文を表示…)

2013年4月9日(火) 09:00 [社会・全般]

「環境配慮の配達を」/エコ・ピット

本社に電動スクーター2台寄贈

エコ・ピットの下地社長(左)が電動スクーター2台を宮古毎日新聞社に寄贈した=8日、宮古毎日新聞社印刷センター玄関前

エコ・ピットの下地社長(左)が電動スクーター2台を宮古毎日新聞社に寄贈した=8日、宮古毎日新聞社印刷センター玄関前

 宮古島市内で環境に優しいハイブリッドカーなどを販売するエコ・ピット(下地康子社長)は8日、宮古毎日新聞社(平良覚社長)に電動スクーター2台を寄贈した。下地社長は「電動スクーターは音がまったくなく、朝の静けさを保つことが出来る。毎日の新聞配達で使用する車両としては最適で、ぜひ、環境配慮の配達に役立ててほしい」と述べ、平良社長に目録を手渡した。

(全文を表示…)

2013年4月9日(火) 09:00 [地域・暮らし]

兄妹3人が新入学、進級/来間小中

埼玉からIターン/地域住民が大歓迎


子供3人がそろって児童・生徒となった伊藤さん一家=8日、来間小中学校

子供3人がそろって児童・生徒となった伊藤さん一家=8日、来間小中学校

 8日に入学式が行われた来間小中学校(知念安則校長)で、伊藤崇さん(33、会社員)と麻美(34)さん夫妻の子供3人がそろって児童・生徒になったことで話題を集めていた。

(全文を表示…)

2013年4月9日(火) 09:00 [政治・行政]

早めの防御対策を確認/北朝鮮、鳥インフル

県危機管理対策会議開く


北朝鮮ミサイル問題、中国での鳥インフルエンザ発生に対して、県対応策を確認した=8日、県庁特別会議室

北朝鮮ミサイル問題、中国での鳥インフルエンザ発生に対して、県対応策を確認した=8日、県庁特別会議室

 【那覇支社】県は8日、2013年度第1回県危機管理対策本部会議(本部長・仲井真弘多知事)を開いた。総理指示に基づく北朝鮮の今後の動向に対する情報収集と的確な情報提供並びに今月4日に中国上海市での発生が確認された低病原性鳥インフルエンザ(H7N9)などの県対応について各部局から事務報告があり、県としての連携対応の確認を行った。

(全文を表示…)

2013年4月9日(火) 09:00 [イベント]

初泳ぎを楽しむ/与那覇前浜ビーチ

本格的な夏到来/宮古島海びらき


子どもたちは一斉に海に走り込み初泳ぎを楽しんだ=7日、与那覇前浜ビーチ

子どもたちは一斉に海に走り込み初泳ぎを楽しんだ=7日、与那覇前浜ビーチ

 2013年海族まつりのオープニングイベント、第35回「サンゴの楽園未来まで、集まれ遊ぼう宮古島の海びらき」(主催・宮古島観光協会)が7日、与那覇前浜ビーチで開かれた。観光客や市民ら約2000人(主催者発表)が参加し、白砂の海辺でクルマエビのつかみ取りや宝探し、特設ステージでのアトラクションなど多彩な催しを楽しんだ。

(全文を表示…)

2013年4月9日(火) 09:00 [政治・行政]

宮古島市に30億3600万円交付/普通交付税

多良間村は2億4100万円


 政府はこのほど、2013年度4月分の普通交付税を各自治体に交付した。宮古島市は30億3697万円で、県内自治体(11市11町19村)ではうるま市の30億5741万円に次ぎ2番目に多い。多良間村には2億4178万円が交付された。年4回(4月、6月、9月、11月)交付される。

(全文を表示…)

2013年4月8日(月) 23:20 [行雲流水]

「マツガニ川柳」(行雲流水)

 上地慶彦著『マツガニ川柳』が面白い。本書は、人情や風俗、世相などを、ウイットとユーモアを交えて風刺した川柳と、身近に触れる森羅万象を感性豊かにとらえた随想からなる。いずれの作品も、本人の日常会話の中にポンポンと出てくるようなユガイナ(軽妙なおかしみ)を感じさせる

(全文を表示…)