2013年5月11日のニュース一覧

2013年5月11日(土) 22:40 [日曜訪問]

大里 歌彩さん(36歳)/筑紫会準師範

音楽の力を信じて


大里 歌彩さん

大里 歌彩さん

 幼い頃から、ピアノ、琉舞、琴などをたしなんできた。中でも、琴が好きで、宮古高校時代は自分で箏曲部を立ち上げ、全国高校総合文化祭に3年連続出演するなど琴の調べに魅了されていた。音大では特待生として声楽を学び、数々のオペラ公演も体験してきた。ところが、卒業前に、喉にポリープができ、歌えない状況に追い込まれる。そんな時、ある合唱の講師に「今のままだと、30歳で声を無くしてしまう」と言われる。

(全文を表示…)

2013年5月11日(土) 22:35 [美ぎ島net]

宮古島産のオクラ、全国に

美容と健康にオクラ料理を/JAおきなわ宮古地区野菜・果樹生産出荷連絡協議会オクラ専門部会


オクラ農家のパリ(畑)ジェンヌたち。女性部会としてオクラを利用したさまざまな料理に挑み、ヌルヌルを生かしてカルカンや手まり寿司、酢みそで食べるオクラウルウなどを考案した。左から久貝陽子さん、新里喜美栄さん、国仲幸子さん、久保弘美さん

オクラ農家のパリ(畑)ジェンヌたち。女性部会としてオクラを利用したさまざまな料理に挑み、ヌルヌルを生かしてカルカンや手まり寿司、酢みそで食べるオクラウルウなどを考案した。左から久貝陽子さん、新里喜美栄さん、国仲幸子さん、久保弘美さん

 オクラ生産農家の活動が、このところ目覚ましい。4月には沖縄県が宮古島市をオクラの拠点産地に認定、これまで認定されたニガウリ、トウガン、カボチャ、マンゴーに次ぐ5品目目として2009年に設立された宮古島市オクラ産地協議会はさらなる飛躍を目指し生産意欲も高まる。中でも女性部の活動は活発で、オクラ料理を次々と考案するなど、消費拡大に尽力する。将来は拠点の施設を設け加工にも力を入れたいと励む。オクラはヌルヌル成分が美容と健康にも良いと注目されている。

(全文を表示…)

2013年5月11日(土) 22:32 [ニュースウィークリー]

5月5日~5月11日

ニュースウィークリー
5月5日~5月11日


議員17人が「反対」意見/定数削減でアンケート

 宮古毎日新聞社はこのほど、市議会議員を対象に議員定数についてのアンケート調査を実施した。「現在の市議会議員定数(26人)を削減することに「反対」の議員は25人中、17人(68%)だった。「賛成」は2人(8%)、6人(24%)が「どちらとも言えない」と回答し、うち3人が「市民の声に従う」と答えた。(5月7日掲載)

(全文を表示…)

2013年5月11日(土) 09:00 [社会・全般]

バリアフリー構想を策定

優しい社会の実現を/市長に答申、重点は中心市街地


下地市長(右)にバリアフリー基本構想を答申する中尾忠筰副会長=10日、市役所平良庁舎

下地市長(右)にバリアフリー基本構想を答申する中尾忠筰副会長=10日、市役所平良庁舎

 宮古島市バリアフリー基本構想策定協議会(会長・高嶺豊琉球大学教授)は10日、県内で初めて策定したバリアフリー基本構想を下地敏彦市長に答申した。交通、観光施設、生活経路、主要交差点などのバリアフリー化を提言。旧平良市中心市街地周辺を「重点整備地区」と位置付け、「すべての人にとって暮らしやすい、優しい社会」の実現を求めた。市は2013年度もバリアフリー構想を推進。同年度は観光地に特化した基本構想の策定を目指す。

(全文を表示…)

2013年5月11日(土) 09:00 [社会・全般]

合格者に証書交付/県宮古事務所

12年度後期技能検定


技能士検定に合格した(左から)与那覇さん、首藤さん、多嘉良さん(右)と安里所長(左3人目)=10日、県宮古合同庁舎

技能士検定に合格した(左から)与那覇さん、首藤さん、多嘉良さん(右)と安里所長(左3人目)=10日、県宮古合同庁舎

 県宮古事務所(安里肇所長)で10日、2012年度後期技能検定合格証書と技能士章の交付式が行われ、合格した首藤義武さん(大米建設)ら3人に安里所長が交付した。宮古地区からは8人が申請し、高校生を含む4人が合格した。

(全文を表示…)

2013年5月11日(土) 09:00 [地域・暮らし]

「第1」と「第1週」間違えないで/カン、ビンの収集日で環境保全課

 平良や城辺の一部地域で資源ごみ「ビン類」の収集曜日だった7日に、間違って多くの「カン類」が出され、収集されなかったことが分かった。市環境保全課には市民から「なぜ収集しないのか」などといった苦情の電話が約40件あったという。5月の暦では最初の火曜日は7日だったが、これは第1週の火曜日ではなく、第2週の火曜日に当たる。同課では「市民が間違わないように周知に努める」と話している。

(全文を表示…)

2013年5月11日(土) 09:00 [政治・行政]

「新公会計制度」導入へ/宮古島市

資産や負債の全体像明確に


 宮古島市は貸借対照表など新地方公会計制度を取り入れた2011年度財務諸表を作成し、7月下旬に公表する。市の財政状態を民間企業などと同様に資産や負債などを全体像で明らかにする。市ではこれまで以上に財政の透明性を高めるとともに、市民に財政運営をチェックしてもらうことを目指す。市財政課では「公共施設の減価償却費などを計上することで、将来の市の負担を示すことができる」と話し、市の財政を新たな視点や切り口で対応できるとしている。

(全文を表示…)

2013年5月11日(土) 09:00 [環境・エコ]

河津桜2000本を寄贈/横浜市の藤井さん

環境美化貢献で市が感謝状


河津桜の寄贈で下地市長(右)から感謝状の贈呈を受けた藤井正二さん(右から2人目)=10日、市役所平良庁舎

河津桜の寄贈で下地市長(右)から感謝状の贈呈を受けた藤井正二さん(右から2人目)=10日、市役所平良庁舎

 宮古島市(下地敏彦市長)は10日、市に河津桜2000本を寄贈した横浜市の藤井正二さんに感謝状を贈呈した。藤井さんは「(感謝状は)大変光栄なこと。この宮古島で、日本で一番早く桜を咲かせたい」と話し、宮古島での河津桜の満開に期待を込めた。

(全文を表示…)

2013年5月11日(土) 09:00 [イベント, 産業・経済]

「黒糖の日」で消費拡大/宮古農水振興センター

健康食材をPR


心愛保育園の園児らが黒糖かち割りの実演を行い、販促活動を手伝った=10日、あたらす市場

心愛保育園の園児らが黒糖かち割りの実演を行い、販促活動を手伝った=10日、あたらす市場

 県産黒糖の消費拡大と周知啓発を図る「黒糖の日」の10日、JAおきなわファーマーズマーケット「あたらす市場」では「黒糖の日消費拡大キャンペーン」(主催・県宮古農林水産振興センター)が開かれた。キャンペーンでは心愛保育園の園児による黒糖ブロックかち割りなどのイベントが催され、来客者には、かち割り黒糖や黒糖で作った菓子、パンフレットなどが無料配布された。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成31年3月1日現在

    宮古島市 54,225 人
    27,176 人
    27,049 人
    世帯数 26,929 軒
    多良間村 1,169 人
    628 人
    541 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2013年5月
    « 4月   6月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2