2013年5月14日のニュース一覧

2013年5月14日(火) 09:00 [地域・暮らし, 環境・エコ]

伊良部島で稀少種カニ類初発見

準絶滅危惧種のアシナガベンケイガニ


準絶滅危惧種に指定されているアシナガベンケイガニの宮古圏域での生息が初確認された(藤田氏提供写真)

準絶滅危惧種に指定されているアシナガベンケイガニの宮古圏域での生息が初確認された(藤田氏提供写真)

 伊良部島と宮古島のマングローブ域から宮古諸島内では初の生息確認となる準絶滅危惧種の「アシナガベンケイガニ」が発見された。同域内で同種の生息を確認したのはNPO法人海の自然史研究所代表理事で琉球大学非常勤講師の藤田喜久氏。2013年3月31日発刊の「宮古島市総合博物館紀要」で同種生息に関する研究論文を掲載し発表した。


 12年6~9月に行われた調査研究事業(かいぎん環境貢献基金援助)で、伊良部島と宮古島のマングローブ域から同種の生息が明らかになった。
 アシナガベンケイガニは、ベンケイガニ科アシナガベンケイガニ属に属する甲の幅2㌢程度のカニ類で、歩脚が著しく長いことが特徴。同種は、主にマングローブ域に生息することが知られ、これまで国内では西表島、石垣島、沖縄本島での生息が確認されていた。


 また、同種は「沖縄県版レッドデータブック」および日本ベントス学会編集の「干潟の底生無脊椎動物に関するレッドデータブック」で、ともに「準絶滅危惧(NT)」に指定されている希少種。
 藤田氏によると今回の生息確認は伊良部島の入江水道マングローブ域、宮古島の島尻マングローブ林と与那覇湾に面する川満マングローブ域で発見・採集された。同種はマングローブ植物が生育する場所の周辺の転石帯に生息していた。また、今回の発見で、宮古島のマングローブ環境が良好であることを示しており、これまでの調査は不十分で、今後も新たな発見があることを期待させるという。


 同伊良部島・下地島の生物相調査プロジェクトでは、国内、県内、宮古の研究者らによって、同島の陸域から海域までの生物相の現状を把握するための生物採集調査が行われている。
 調査対象生物は、陸上植物、藻類、海綿類、甲殻類、昆虫類、棘皮動物、サンゴ類、貝類、鳥類、ウミガメ類など多岐にわたる。
 藤田氏は「今後も重要な発見が続くものと期待され、地域へ調査結果を還元するため、調査報告会や地域の人々への調査体験会なども予定する」としている。

2013年5月14日(火) 09:00 [行雲流水]

【行雲流水】(愛の歌)



 本紙「母の日」特集号には、多くの子どもたちの描いたほほ笑ましい似顔絵や、母への感謝の気持ちや母と共にいることの安定感や喜びに満ちたメッセージが掲載されていた。
それに添える思いで一つの歌を紹介したい。かつて、青少年赤十字でうたわれた歌である

(全文を表示…)

2013年5月14日(火) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済, 社会・全般]

設立20周年を祝う/県中小企業家

同友会宮古支部


県中小企業家同友会宮古支部の設立20周年を祝い乾杯する会員ら=11日、ホテル共和

県中小企業家同友会宮古支部の設立20周年を祝い乾杯する会員ら=11日、ホテル共和

 県中小企業家同友会宮古支部(砂川淳一支部長)の設立20周年を祝う式典が11日午後、市内ホテルで開かれた。支部会員多数が参加して20年の節目を祝うとともに、一層の支部発展に向けて決意を新たにした。

(全文を表示…)

2013年5月14日(火) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

農林水産物輸送費補助/13年度も継続実施

当初予算28億円計上


事業概要の説明に聞き入る参加者たち=13、県宮古合同庁舎

事業概要の説明に聞き入る参加者たち=13、県宮古合同庁舎

 県農林水産部流通政策課は13日、2013年度の「農林水産物流通条件不利性解消事業」説明会を県宮古合同庁舎で開いた。直近他県(鹿児島)までの輸送コスト相当分を補助し、本土市場での競争力向上を目指す取り組み。12年度から始まった同事業は、今年度も継続された。宮古の補助単価は飛行機の場合、野菜・果実が1㌔当たり115円以内、花き・水産物が同140円以内。船舶は全品目で1㌔35円以内に設定した。


(全文を表示…)

2013年5月14日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

安全な社会づくりで協定/商工会議所と宮古島署

暴力団排除などで連携強化


下地会頭(右)と宮城署長が協定書の締結を行った=13日、宮古島商工会議所

下地会頭(右)と宮城署長が協定書の締結を行った=13日、宮古島商工会議所

 市民が安全で安心して生活できる社会の実現を目指した宮古島商工会議所(下地義治会頭)と宮古島警察署(宮城英眞署長)の「犯罪の起きにくい社会づくりに関する協定」の締結式が13日、同会議所で行われた。下地会頭、宮城署長がそれぞれ協定書に署名、押印し安全安心な宮古島を目指し、連携強化に決意を示した。防犯関係で県内の商工会議所と警察署が協定を結ぶのは今回が初めて。

(全文を表示…)

2013年5月14日(火) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済, 社会・全般]

「島の駅みやこ」7月にオープン/出品希望者対象に説明会



西里社長が「島の駅」について紹介する説明会=12日、平良港ターミナルビル

西里社長が「島の駅」について紹介する説明会=12日、平良港ターミナルビル

 今年7月、平良久貝の国道390号沿いに農産物などの直売所「島の駅みやこ」をグランドオープンさせる予定のパラダイスプラン(西里長治社長)は、同直売所への出品、納品を希望する生産者を対象とした説明会を12日、平良港ターミナルビルで開催。直売所の概要や運営方法、販売手数料などについて担当者が紹介した。

(全文を表示…)

2013年5月14日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

期成会、銅像建立を要請

故真栄城徳松氏の偉業たたえ


下地会長(手前左)から銅像建立の要請書が下地市長(手前右)に手渡された=13日、平良庁舎市長室

下地会長(手前左)から銅像建立の要請書が下地市長(手前右)に手渡された=13日、平良庁舎市長室

 1992年に開通した池間大橋(全長1425㍍)の建設構想を掲げ、その事業着手に多大な功績を残した元平良市長の故真栄城徳松氏を顕彰する銅像建立を求めて、同氏銅像建立期成会(下地義治会長)は13日、建設建立が実現するよう下地敏彦市長に要請した。同期成会は池間自治会(奥原正美会長)が中心となって同氏の銅像建立を池間島に作るよう要望している。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年7月1日現在

    宮古島市 54,698 人
    27,554 人
    27,144 人
    世帯数 27,615 軒
    多良間村 1,141 人
    608 人
    533 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2013年5月
    « 4月   6月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2