「社会・全般」 2013年5月のニュース一覧

2013年5月31日(金) 09:00 [社会・全般]

きょうから入院患者移送/宮古病院

ボランティアら400人体制


きょうから約400人体制で現病院からの入院患者移送作業が行われる=30日、新宮古病院

きょうから約400人体制で現病院からの入院患者移送作業が行われる=30日、新宮古病院

 新宮古病院への入院患者移送がきょう31日から始まる。6月1日午後4時までに全入院患者の移送を終える予定だ。病院職員、ボランティア、市消防、市内地域福祉施設など総勢約400人体制で入院患者の安全搬送を目指す。現宮古病院では30日、患者移送事務局で本村悠子副看護部長を中心に最終スケジュール確認と緊急時に備えてのシミュレーションチェックなどの作業に追われていた。同病院では市民に対し、搬送実施日の外来休診への理解と協力、円滑な移送作業のための交通への配慮などを呼び掛けている。

(全文を表示…)

2013年5月31日(金) 09:00 [社会・全般]

特攻隊員7人の冥福祈る/元隊員らが慰霊祭

宮古から飛び立ち米艦隊攻撃


写真左から碑に向かって追悼の言葉を述べる庭月野さん。笹井さん、松本さん、栗之脇さん=29日、平良二重越の慰霊の碑前

写真左から碑に向かって追悼の言葉を述べる庭月野さん。笹井さん、松本さん、栗之脇さん=29日、平良二重越の慰霊の碑前

 太平洋戦争末期の1945年7月に宮古島を飛び立った最後の神風特別攻撃隊・第三次龍虎隊の慰霊祭が29日、平良二重越の慰霊の碑前で行われた。元隊員やその娘らが出席。慰霊碑に花、水、酒、線香などを添えて合掌し冥福を祈った。

(全文を表示…)

2013年5月31日(金) 09:00 [社会・全般]

県内ワースト汚名返上へ/福祉保健所など

大量のごみを撤去/不法投棄防止で一斉パト


県下一斉パトロールで不法投棄ごみを撤去する参加者=30日、宮古空港西側の農道

県下一斉パトロールで不法投棄ごみを撤去する参加者=30日、宮古空港西側の農道

 ごみの不法投棄を防止するための一斉パトロールが30日、宮古空港西側の農道と平良の高野漁港北側の海岸で行われた。県宮古福祉保健所、宮古島市など関係団体の職員が参加し、不法投棄現場を確認しながら大量のごみを撤去した。参加者は不法投棄ごみの量にあ然。回収作業に精を出すとともに、「監視の目」の強化と不法投棄の撲滅に向けて決意を新たにした。

(全文を表示…)

2013年5月30日(木) 09:00 [社会・全般]

仲里さんを功労表彰/ベスト消費者サポーター章

被害の未然防止に貢献


仲里さん(中央)に消費者長官名の書状と記念品のメダルが交付された=29日、県宮古事務所

仲里さん(中央)に消費者長官名の書状と記念品のメダルが交付された=29日、県宮古事務所

 2013年度消費者支援功労者表彰が29日、県宮古事務所で行われ、ベスト消費者サポーター章に選ばれた県民生活センター宮古分室相談員の仲里タカ子さんに、消費者長官名の書状とメダルが同事務所の安里肇所長から交付された。

(全文を表示…)

2013年5月30日(木) 09:00 [社会・全般]

19年余り漁船無事故/長浜さん水産庁長官表彰

約20年間にわたり海上での無事故を達成し水産庁長官表彰を受けた長浜さん。右は受賞報告を受けた下地市長=29日、市長室

約20年間にわたり海上での無事故を達成し水産庁長官表彰を受けた長浜さん。右は受賞報告を受けた下地市長=29日、市長室

 第一海の幸丸(1・7㌧)の船長、長浜貞夫さん(65)=平良字下里=が無事故漁船所有者として水産庁長官表彰を受けた。長浜さんは宮古島漁業協同組合所属で、19年4カ月間の長期にわたり、海上での無事故を達成した。同組合によると宮古からは初めての受賞。長浜さんは中学を卒業してすぐに漁師になった。「宮古近海の浅瀬はすべて把握している。このことが無事故につながっている」と話した。

(全文を表示…)

2013年5月30日(木) 09:00 [社会・全般]

PRキャラクターが誕生/「すまエコ」

「雷神ミエルカ」など5体


会見終了後、下地市長(右から2人目)と握手を交わす「雷神ミエルカ」と「ガマラス怪人」(左から2人目)、「怪人電気ファヤ」(左)、「ムムマッファ」(右)、「ンギャマス戦闘員」=29日、市役所平良庁舎1階ロビー

会見終了後、下地市長(右から2人目)と握手を交わす「雷神ミエルカ」と「ガマラス怪人」(左から2人目)、「怪人電気ファヤ」(左)、「ムムマッファ」(右)、「ンギャマス戦闘員」=29日、市役所平良庁舎1階ロビー

 宮古島市と宮古テレビは、市が県の委託事業として実施している宮古島市全島エネルギーマネジメントシステム(EMS)実証事業、通称「すまエコプロジェクト」をPRするためのイメージキャラクター「雷神ミエルカ」など5体を作製。下地敏彦市長らが29日に市役所平良庁舎で記者会見を行い、夏休みごろから短編ドラマを放映する計画などを発表した。

(全文を表示…)

2013年5月30日(木) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

来月3日から宮古病院経由/宮古協栄バス

3系統で路線変更/当面は午前2便のみ


新宮古病院正面玄関付近に設置されたバス停

新宮古病院正面玄関付近に設置されたバス停

 宮古協栄バス(豊見山健児代表)は、新宮古病院の一般診療が開始となる6月3日から、新城吉野保良線、与那覇嘉手苅線、新里宮国線の3系統のうち、郡部から平良へ向かう平日の午前2便を、新宮古病院を経由するルートに路線変更する。病院から郡部へ戻る路線の設定については、今後の利用状況や利用客の要望などを踏まえ検討される。

(全文を表示…)

2013年5月29日(水) 09:00 [社会・全般]

1人当たり県民所得 202万5000円/2010年度県市町村民所得

宮古島市は192万、多良間村197万円


 【那覇支社】県企画部(謝花喜一郎部長)は27日、2010年度の県市町村所得の概要を発表した。市町村別で最も市町村内純生産が大きかったのは那覇市の8402億円、次いで浦添市の2519億円、沖縄市の2044億円の順となった。県内を6つに区分(沖縄本島北部、中部、南部、那覇、宮古、八重山)に分けた地域別動向では中部の9152億円、次いで那覇の8402億円、南部の3487億円の順となったが、宮古は対前年度増加率で最も高い伸びを示し、対前年度比3・3%増。次いで南部の0・9%、八重山の0・6%の順となっている。市町村別伸び率では多良間村が16・6%と県下第2位の高い伸びを示した。

(全文を表示…)

2013年5月29日(水) 09:00 [社会・全般]

真栄城前会長ら表彰/県法人会連合会

会の運営や活動に功績


定期総会で全国法人会総連合会功労表彰を伝達された沖縄宮古法人会の真栄城前会長=27日、那覇市のホテル沖縄ハーバービュー

定期総会で全国法人会総連合会功労表彰を伝達された沖縄宮古法人会の真栄城前会長=27日、那覇市のホテル沖縄ハーバービュー

 【那覇支社】県法人会連合会(比嘉正輝会長)の第1回定期総会の表彰式が27日、那覇市のホテル沖縄ハーバービューで行われ、沖縄宮古法人会の真栄城宏前会長ら11人に、全国法人会総連合功労表彰が伝達された。

(全文を表示…)

2013年5月29日(水) 09:00 [環境・エコ, 社会・全般]

ハブ生息調査きょう開始/宮古福祉保健所

捕獲器30台を設置/ハブ対策説明会


ハブ対策を確認した説明会=28日、宮古福祉保健所

ハブ対策を確認した説明会=28日、宮古福祉保健所

 宮古島で生息していなかったサキシマハブが平良港第1埠頭近くの「ひらりん公園」内で発見、捕獲されたことを受け、宮古福祉保健所(仲宗根正所長)は28日、サキシマハブ対策説明会を開いた。警察や消防、市役所、保健所の職員らが出席。きょう29日から、ハブ捕獲器(ベイトトラップ)による生息調査を行うことを確認した。同公園と南側の仲宗根豊見親の墓、北側の緑地一帯に30台を設置する。

(全文を表示…)

2013年5月28日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

「複式学級存在しない」/学校規模適正化

伊良部住民、市教委に反発


統合計画に反発の声が相次いだ住民説明会=26日、伊良部公民館

統合計画に反発の声が相次いだ住民説明会=26日、伊良部公民館

 市教育委員会(宮国博委員長)の学校規模適正化に向けた新基本方針説明会が26日、伊良部公民館で行われ、伊良部と佐良浜両学区の住民から、2019年度までに佐良浜中と伊良部中を統合するとする方針に「両中学校には複式学級は存在しない」「課題がないのに先行して統合する理由がない」などの意見が出され、両中学校の統合に断固反対する姿勢を強調した。

(全文を表示…)

2013年5月28日(火) 09:00 [社会・全般]

工芸センター効果に期待/宮古織物組合総会

宮古上布増産へ決意


今年度の事業計画などを承認した総会=27日、宮古伝統工芸品研究センター

今年度の事業計画などを承認した総会=27日、宮古伝統工芸品研究センター

 宮古織物事業協同組合(理事長・長濱政治副市長)の2013度通常総会が27日、宮古伝統工芸品研究センターで開催され、2012年度の事業報告書や13年度の事業計画を承認した。役員改選も行い、長濱理事長を再任した。

(全文を表示…)

2013年5月28日(火) 09:00 [教育・文化, 社会・全般]

古謝さんがライブ演奏/久松中で平和集会

生い立ちを通して尊さ訴え


平和について語りエンディングで「童神」を熱唱した古謝さん(中)。キーボード演奏の佐原さん(左)と歌に振り付けたハワイアンフラを踊る森本さん(右)=27日、久松中学体育館

平和について語りエンディングで「童神」を熱唱した古謝さん(中)。キーボード演奏の佐原さん(左)と歌に振り付けたハワイアンフラを踊る森本さん(右)=27日、久松中学体育館

 久松中学校(平良ヒロ子校長)の2013年度平和集会が27日、同校体育館で開かれ、歌手の古謝美佐子さんが自身の生い立ちを通して体験した平和に対する思いを訴え、ライブ演奏を行った。生徒たちは真剣な表情で古謝さんの話に耳を傾け、次々に披露される沖縄民謡やオリジナル曲「黒い雨」などの歌を聞いた。

(全文を表示…)

2013年5月26日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

「地域の声を聞いて」/学校規模適正化新方針説明会

統合対象学区住民が猛反発
再度、地域説明会開催へ


新基本方針に反対する意見と説明会開催の在り方に不満の声が相次いだ説明会=24日、市中央公民館

新基本方針に反対する意見と説明会開催の在り方に不満の声が相次いだ説明会=24日、市中央公民館

 市教育委員会(宮国博委員長)の学校規模適正化に向けた新基本方針説明会が24日夕、市中央公民館で開催された。今回の説明会が対象地域ではなく、宮古本島全体をまとめた形で行われることと今後の説明会が26日の伊良部地区でしか予定されていないことに参加者から「何度も足を運ぶと言っていた」「約束を守っていない」などの不満の声が続出。これを受け、同委員会は「地域から説明会の要望があれば委員会として出向いて説明を行いたい」との見解を示した。

(全文を表示…)

2013年5月25日(土) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済, 社会・全般]

地域社会貢献に決意新た/沖縄宮古法人会総会

新会長に藤村明憲氏


法人会の運営や活動に貢献した皆さんを表彰した=24日、ホテル共和

法人会の運営や活動に貢献した皆さんを表彰した=24日、ホテル共和

 昨年4月1日から公益社団法人に移行した沖縄宮古法人会(真栄城宏会長)の第2回定時総会が24日、市内のホテルで開催された。法人会の運営や活動に尽くした真栄城会長らを表彰。総会後に新理事による互選会が行われ、新会長に藤村明憲氏(宮古テレビ会長)を選任した。

(全文を表示…)

2013年5月25日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

本村さんに高齢者叙勲/旧上野村発展に功績



本村さん(左から2人目)に叙勲を伝達した平良議長(左)、下地市長(同3人目)と本村博昭さん=24日、市平良庁舎

本村さん(左から2人目)に叙勲を伝達した平良議長(左)、下地市長(同3人目)と本村博昭さん=24日、市平良庁舎

 市平良庁舎で24日、1日に元上野村議会議員の本村清さんに授与された高齢者叙勲(旭日単光章)の伝達式が行われた。宮古島市議会の平良隆議長が伝達した。伝達式には本村さんの次男、博昭さんが同席した。
 伝達式で平良議長は「いろいろな面で功績を残した成果が受章につながったと思う。この受章を契機にこれからも、ますます健康で地域のリーダーとして市の発展のために、ご指導お願いしたい」と受章を祝した。


(全文を表示…)

2013年5月24日(金) 09:00 [社会・全般]

人権意識の高揚に全力/宮古島人権擁護委員協

仲里さんらに功労表彰


人権活動で功績があった仲里さんら4人に表彰状が授与された=23日、平良地方合同庁舎

人権活動で功績があった仲里さんら4人に表彰状が授与された=23日、平良地方合同庁舎

 宮古島人権擁護委員協議会(神里清春会長)の総会が23日午後、平良地方合同庁舎で開かれた。2013年度の事業計画や収支予算を決め、地域における人権意識の高揚に全力で取り組む方針を確認した。総会では長年にわたり人権活動に尽力してきた仲里宏美さんら4人に表彰状を授与し、その功績をたたえた。

(全文を表示…)

2013年5月24日(金) 09:00 [社会・全般]

昨年の食中毒発生ゼロ/県食品衛生協会宮古支部総会

衛生管理の徹底確認


今年度の事業計画などを承認した総会=23日、ホテル共和

今年度の事業計画などを承認した総会=23日、ホテル共和

 県食品衛生協会宮古支部(砂川勝弘支部長)は23日市内のホテルで第31回通常総会を開き、2012年度の事業経過報告や13年度の事業計画などを審議し承認した。表彰式では奥平玄信さん(ニューヨーク ニューヨーク)と福里俊和さん(磯亭)に食品衛生功労賞を贈呈。会の運営に尽くしたとして砂川勝弘さん(櫻亭)と比嘉雅幸さん(宮古島東急リゾート)に感謝状を贈った。支部長には、砂川靖夫さん(ホテル共和)を選任した。

(全文を表示…)

2013年5月24日(金) 09:00 [社会・全般]

風しん対策を呼び掛け/宮古労基署

商工会議所に協力要請/砂川専務「早期に取り組む」


南署長(奥)が風しん流行防止のために理解と協力を呼び掛けた=23日、宮古島商工会議所

南署長(奥)が風しん流行防止のために理解と協力を呼び掛けた=23日、宮古島商工会議所

 昨年から首都圏を中心に風しんが大流行し、宮古福祉保健所管内でも16日に2件(30代の男性と20代女性)の発生届出があったことから宮古労働基準監督署(南隆功署長)は23日、宮古島商工会議所に風しん予防に対する対策への協力を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2013年5月23日(木) 09:00 [社会・全般]

ハブ捕獲器を配備/宮古島署

パトカーや交番所に/訓練も実施、万全の安全体制


宮古で初めてのハブ発見、捕獲を受け県警本部から急きょ取り寄せたハブ捕獲用の挟み棒と捕獲箱=22日、宮古島署

宮古で初めてのハブ発見、捕獲を受け県警本部から急きょ取り寄せたハブ捕獲用の挟み棒と捕獲箱=22日、宮古島署

 宮古島署(宮城英眞署長)は、同署管内でサキシマハブが初めて発見、捕獲されたことを受け、ハブ捕獲用の「挟み棒」と捕獲箱を急きょパトカーに配備したほか、各交番所や駐在所にも設置した。ハブ出現を想定した同署初の訓練も実施するなど、万一に備えて万全の安全体制を整えている。

(全文を表示…)

2013年5月23日(木) 09:00 [社会・全般]

幹事会設置を決定/市教育行政推進連絡会議

市教委定例会で要綱改正


教育行政推進連絡会議設置要綱の改正案などについて意見を交わした定例会=22日、市役所城辺庁舎

教育行政推進連絡会議設置要綱の改正案などについて意見を交わした定例会=22日、市役所城辺庁舎

 宮古島市教育委員会(宮国博委員長)は22日、市役所城辺庁舎で第2回定例会を開いた。この中で市教育行政推進連絡会議設置要綱の一部改正案を承認。より効率的な教育行政の運営に資するため、同会議に幹事会を置くことを決めた。

(全文を表示…)

2013年5月23日(木) 09:00 [社会・全般]

実施計画で意見交わす/海岸清掃連絡調整会議

国による新規補助決定も報告


漂着ごみ対策などについて意見を交わす参加者たち=22日、県宮古合同庁舎

漂着ごみ対策などについて意見を交わす参加者たち=22日、県宮古合同庁舎

 2013年度宮古諸島地域における海岸清掃連絡調整会議が22日、県宮古合同庁舎で開かれた。海岸清掃に関わる県と市の担当職員や漁協、ボランティアが参加し、今年度の実施計画などで意見を交わした。県環境整備課の担当職員は、今年度から新たに国による海岸漂着物対策の補助事業を決定したことを紹介。ボランティアからは回収後のごみの搬送について、県へ支援を要請した。

(全文を表示…)

2013年5月22日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

医療充実に役立てて/東急リゾート

新宮古病院完成祝い寄付


石飛総支配人(中央)から安谷屋院長に寄付金が手渡された=21日、県立宮古病

石飛総支配人(中央)から安谷屋院長に寄付金が手渡された=21日、県立宮古病

 6月に開院する新宮古病院の完成を祝うとともに、地域の中核病院としてのさらなる医療充実を願って宮古島東急リゾート(石飛文之総支配人)は21日、同病院に寄付金を贈呈した。

(全文を表示…)

2013年5月21日(火) 09:00 [社会・全般]

「場面緘黙児」に正しい理解を/親の会が市教委に

川満教育長、積極支援を約束

宮古島緘黙っ子親の会のメンバー(手前)とその支援者が場面緘黙児に対する正しい理解と学校現場での支援と協力を呼び掛けた=20日、市教育委員会

宮古島緘黙っ子親の会のメンバー(手前)とその支援者が場面緘黙児に対する正しい理解と学校現場での支援と協力を呼び掛けた=20日、市教育委員会

 家庭では普通に話せるのに学校や幼稚園など特定の状況では話せない「場面緘黙(かんもく)症」の子どもの親たちで構成する「宮古島緘黙っ子の親の会」のメンバーと支援者たちが20日、市教育委員会に川満弘志教育長を訪ね、場面緘黙児に対する正しい理解と支援を呼び掛けた。川満教育長は「認知度が低くて早い時期の適切な支援ができていない状況にあるが、市の児童家庭課と連携しながら研修会や講演会などを開催して理解を深めていきたい」と述べ、積極的な取り組みを約束した。

(全文を表示…)

2013年5月21日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

待機児童数は80人/認可保育所

宮古島市 前年度下回るも依然多く


 宮古島市で今年4月1日現在、認可保育所への入所を希望しながら入所できていない待機児童数は80人であることが市児童家庭課のまとめで分かった。昨年度10月1日現在の98人は下回っているものの依然、待機児童数が多数いる状態が続いている。ただ、入所を希望する需要と、各保育所で受け入れることのできる供給数がミスマッチとなっていて、入所児童数は定員を101人も下回っている。

(全文を表示…)

2013年5月21日(火) 09:00 [社会・全般]

大会サポートに感謝/トライアスロン

下地市長が協力団体を訪問


中村次長(左から2人目)に礼を述べる下地市長(同3人目)と下地局長(右)。左は海上保安署の仲原幸一専門官=20日、宮古島海上保安署

中村次長(左から2人目)に礼を述べる下地市長(同3人目)と下地局長(右)。左は海上保安署の仲原幸一専門官=20日、宮古島海上保安署

 4月21日に開催された第29回全日本トライアスロン宮古島大会の大会長を務めた下地敏彦市長は20日、特別協力団体や支援団体として大会運営をサポートした宮古島海上保安署と宮古島警察署、航空自衛隊宮古島分屯基地を訪問し、協力、支援に感謝の意を伝えた。

(全文を表示…)

2013年5月21日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

風しん、宮古でも発生

今月16日に2件届出/県、ワクチン接種を呼び掛け


 昨年から首都圏を中心に風しん患者が急増している中、宮古福祉保健所管内でも16日に2件(30代の男性と20代女性)の発生届出があった。同所が20日に発表し、予防接種を受けるなど感染予防の徹底を呼び掛けている。

(全文を表示…)

2013年5月20日(月) 09:00 [社会・全般]

新宮古病院が開院

関係者集い盛大に式典


関係者がテープカットで開院を祝った=18日、新宮古病院

関係者がテープカットで開院を祝った=18日、新宮古病院

 県立宮古病院新築開院式典が18日、平良下里(旧宮古農林高校グラウンド)に建築された新宮古病院で行われた。式典には仲井眞弘多県知事(川上好久副知事が代理出席)、県病院事業局の伊江朝次局長、安谷屋正明宮古病院長、下地敏彦市長ら医療、行政、建設業など多くの関係者が集い、新たな医療拠点の開院を祝った。式典に引き続き関係者の内覧会や祝賀会が催され、祝賀ムードに包まれた。一連の引っ越し作業を経て、6月3日に一般診療を開始する。

(全文を表示…)

2013年5月20日(月) 09:00 [社会・全般]

笑顔で元気な活動決意/JA女性部総会

13年度事業計画を決定


組織綱領5原則を唱和するJA女性部のメンバー=18日、JAおきなわ宮古地区本部

組織綱領5原則を唱和するJA女性部のメンバー=18日、JAおきなわ宮古地区本部

 JAおきなわ宮古地区女性部(上地洋美部長)の通常総会が18日午後、JAおきなわ宮古地区本部で開かれた。2013年度の事業計画や予算を決め、主体性をもって元気に笑顔で活動していく決意を新たにした。

(全文を表示…)

2013年5月18日(土) 09:00 [社会・全般]

宮古でも単独ワクチン不足/風しん

関東中心に大流行で危機感
県、市が混合接種を呼び掛け


 昨年から関東地方を中心に風しん患者が急増し、今年はすでに5月の段階で昨年1年間の総計の2・5倍と大流行している。多くの観光客が来島する夏の観光シーズンを前に宮古福祉保健所(仲宗根正所長)でも管内における流行に危機感を募らせている。その一方で宮古を含め県全体で風しんの単独ワクチンが不足している。同所では「単独ワクチンは不足しているが『麻しん・風しん混合ワクチン』は在庫があるので値段は割高になるが積極的に混合ワクチン接種してほしい」と呼び掛けている。

(全文を表示…)

1 / 3123
  • 宮古島の人口

    平成29年11月1日現在

    宮古島市 54,122 人
    27,038 人
    27,084 人
    世帯数 26,283軒
    多良間村 1,180 人
    636 人
    544 人
    世帯数 526 軒
  • 天気


  •  

    2013年5月
    « 4月   6月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2