「産業・経済」 2013年5月のニュース一覧

2013年5月31日(金) 09:00 [産業・経済]

天然ガス開発促進など要望/市と商工会議所意見交換会

航空路線の拡大も/市、西里通り整備に協力求める


下地会頭(右)から下地市長に要望書が手渡された=30日、宮古島商工会議所

下地会頭(右)から下地市長に要望書が手渡された=30日、宮古島商工会議所

 宮古島商工会議所(下地義治会頭)が30日、市に2013年度の要望書を提出し、市幹部らがこれに回答した。要望項目は天然ガスの開発促進や宮古空港を発着する航空路線の拡大などの7項目。市も西里通り整備への協力など4項目を会議所に要望した。

(全文を表示…)

2013年5月30日(木) 09:00 [産業・経済]

事業予算112億円/13年県宮古農林水産振興センター

対前年度比21%増/新規に農業基盤促進事業


農水整備事業予算を発表する前田所長(右から2人目)ら=29日、宮古農林水産振興センター

農水整備事業予算を発表する前田所長(右から2人目)ら=29日、宮古農林水産振興センター

 県宮古農林水産振興センター(前田幹男所長)は29日、2013年度の農林水産整備事業費宮古圏域分を発表した。総額は約112億2124万3000円で対前年度比で21%の増となつた。この金額には12年度補正の25億5004万8000円が含まれている。また、今年度から農業水利施設保全合理化事業(団体営)の4億8870万円と農業基盤整備促進事業(同)の96億8000万円が新規事業として組み込まれた。

(全文を表示…)

2013年5月29日(水) 09:00 [産業・経済]

今年11月の着工目指す/トゥリバーホテル建設計画

契約順守の意志示す/関係者が市長に説明


 平良港のトゥリバー地区の一部約13㌶を購入しホテル建設を計画している会社の関係者が28日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、現在の契約通り今年11月着工を目指して取り組む考えを示した。

(全文を表示…)

2013年5月29日(水) 09:00 [産業・経済]

すまエコ実証事業本格化

東芝、現場事務所を開設/家庭モニターへの器機設置


現場事務所に看板を設置する(左から)半原氏、古堅部長、對馬氏=28日、平良港ターミナルビル

現場事務所に看板を設置する(左から)半原氏、古堅部長、對馬氏=28日、平良港ターミナルビル

 宮古島市全島エネルギーマネジメントシステム(EMS)実証事業(通称「すまエコ」)と来間島再生可能エネルギー100%自活実証事業を市から受注し、実証開始に向けた準備を進めている東芝はこのほど、事業に必要な器機の設置作業が本格化したことを受け、平良港ターミナルビル内に現場事務所を設置。28日には事務所入口に看板を掛けるセレモニーが行われた。


 EMS実証実験では、家庭モニター200世帯、事業所モニター25カ所の計225カ所に消費電力測定器や通信装置などが入った「スマートボックス」を設置し、電力の消費状況を数値で確認するとともに、各モニターのデータを集積し、分析を行う。


 モニターへの「スマートボックス」設置準備が整ったことから今回、東芝は宮古島に現場事務所を開設。今後は順次、設置作業を進めていくほか、100%自活実証事業の島内電力計測用器機や蓄電池関連器機の設置、通信状況の確認なども行う。


 看板掲示セレモニーには東芝社会システム建設第一担当でEMS実証事業の現場責任者を務める半原徳二氏と100%自活実証事業現場責任者の對馬政光氏、市企画政策部の古堅宗和部長が参加し、事務所入口に看板を設置した。


 古堅部長は「これまで進めてきた二つの事業が今年度から着実にスタートする。モニターと東芝、市が一緒になり、国と相談もしながら良い事業を展開していきたい」と語った。半原氏は「スマートボックスの取り付けを9月までに終わらせ、データ確認に着手したい」との考えを示した。


 両事業の実施期間は2014年度末まで。市エコアイランド推進課ではEMS実証事業は今年10月からのデータ集積開始、14年度1月ごろからのデータ分析の開始を見込んでいる。

2013年5月28日(火) 09:00 [産業・経済]

台湾漁船拿捕など報告/日台漁業協定

水産庁が漁協関係者に/取締船、宮古に寄港


先島海域での操業警戒監視状況が報告された=27日、東光丸

先島海域での操業警戒監視状況が報告された=27日、東光丸

 日台漁業取り決め発効(10日)後、台湾漁船3隻の拿捕にかかわった水産庁最大の取締船「東光丸」(2071㌧)の船内で27日、先島海域での警戒監視状況報告が行われた。宮古地区3漁協の役職員や漁業者、市・県の職員らが出席。巽重夫船長が、取り締まり現場の緊迫した様子をビデオで見せながら説明した。

(全文を表示…)

2013年5月25日(土) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済, 社会・全般]

地域社会貢献に決意新た/沖縄宮古法人会総会

新会長に藤村明憲氏


法人会の運営や活動に貢献した皆さんを表彰した=24日、ホテル共和

法人会の運営や活動に貢献した皆さんを表彰した=24日、ホテル共和

 昨年4月1日から公益社団法人に移行した沖縄宮古法人会(真栄城宏会長)の第2回定時総会が24日、市内のホテルで開催された。法人会の運営や活動に尽くした真栄城会長らを表彰。総会後に新理事による互選会が行われ、新会長に藤村明憲氏(宮古テレビ会長)を選任した。

(全文を表示…)

2013年5月25日(土) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

来年5月から台湾航路開設/高雄へ週1便運航

琉球海運


来年5月の台湾就航を発表する山城博美社長(中)と宮城茂専務(左)、翁長春雄常務(右)=24日、県庁

来年5月の台湾就航を発表する山城博美社長(中)と宮城茂専務(左)、翁長春雄常務(右)=24日、県庁

 【那覇支社】琉球海運では、2014年5月に台湾・高雄への定期貨物航路を開設すると24日、山城博美社長、宮城茂専務、翁長春雄常務が発表した。現在の博多・鹿児島―那覇―宮古・八重山航路を延長して高雄港へ運航する。高雄港は台湾最大の国際中継貿易港。週1便の運航を予定している。


(全文を表示…)

2013年5月25日(土) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

イモ菓子「んーぬ畑」開発/市の助成受け商品化



来月に販売を開始する紫イモを使用して開発された「んーぬ畑」

来月に販売を開始する紫イモを使用して開発された「んーぬ畑」

 宮古島産紫イモのペーストを使用して開発された和生菓子「んーぬ畑」が来月中旬から販売される。上野野原のお弁当工房ひまわりが商品化した。求肥に包まれた紫色のあんと生クリームが上品に調和。独特の触感とほのかな甘みを楽しめる生菓子だ。

(全文を表示…)

2013年5月25日(土) 09:00 [産業・経済]

融資額は71億6800万円/沖縄公庫宮古支店2012年度

前年比で17億円余の増


 沖縄振興開発金融公庫宮古支店(中山道哉支店長)は24日、2012年度の融資実績を発表した。それによると融資件数は631件で、前年度に比べ件数は28件(4・2%)減少したものの、融資金額は同比17億6300万円(32・6%)増の71億6800万円となり、この金額は1998年度の74億6600万円に次いで2番目の額となった。金額の大幅増について中山支店長は「中小企業資金および生業資金において底堅い資金需要を反映したものとなっている」と説明した。

(全文を表示…)

2013年5月24日(金) 09:00 [産業・経済]

宮古島のゴルフ観光PRへ

韓国旅行博覧会に初出展/参加企業の職員ら出発


韓国に出発したメンバーと関係者ら=23日、宮古空港

韓国に出発したメンバーと関係者ら=23日、宮古空港

 宮古島のゴルフ観光や海浜リゾートを韓国のハナツアー旅行博覧会(24~26日、京畿道光陽市)で売り込むため23日、宮古島観光協会や参加企業の職員らが宮古を出発した。ハナツアーは、韓国きっての旅行会社。同博覧会は毎年開催され、宮古からは初めて出展した。

(全文を表示…)

2013年5月24日(金) 09:00 [産業・経済]

前年比8人減の68人/12年宮古地区の新規就農者

農でグッジョブ推進会議


2012年の青年農業者等実態調査の結果などが報告された農でグッジョブ推進会議=23日、宮古農村青少年教育センター

2012年の青年農業者等実態調査の結果などが報告された農でグッジョブ推進会議=23日、宮古農村青少年教育センター

 2012年の宮古地区新規就農者は、前年の76人と比べて8人減の68人となった。前年は一昨年の30人から46人の大幅増となっており、宮古地区の新規就農者数は2年連続で高い数値で推移している。23日に行われた宮古地区農でグッジョブ推進会議(松尾安人会長)の中で報告された。

(全文を表示…)

2013年5月23日(木) 09:00 [産業・経済]

国営かんがい排水事業 伊良部送水路に着手

仲原ダムの進ちょく率は25%/宮古伊良部農業水利事業所

今年度予算は29億4000万円


伊良部導水路の建設工事(宮古伊良部農業水利事業所提供)

伊良部導水路の建設工事(宮古伊良部農業水利事業所提供)

 沖縄総合事務局宮古伊良部農業水利事業所(大梧光照所長)が進める国営かんがい排水事業の2013年度当初予算は、22億円となった。12年度補正の7億4000万円(繰入分)と合わせた予算額は29億4000万円で、前年度当初の28億円を1億4000万円(5%)上回った。今年度は、仲原地下ダムから伊良部向けに水を送る送水路敷設に着手する。

(全文を表示…)

2013年5月22日(水) 09:00 [産業・経済]

宮古空港に国際線就航を/離島観光振興会議

圏域の観光発展で意見交換


宮古圏域観光の振興発展について意見交換した=21日、県宮古合同庁舎

宮古圏域観光の振興発展について意見交換した=21日、県宮古合同庁舎

 2013年度の第1回宮古圏域離島観光振興会議が21日、県宮古合同庁舎で開催された。県文化観光スポーツ部観光振興課や宮古島市、宮古島観光協会、観光関連の民間企業の代表らが参加して圏域観光の課題や充実発展に向け意見交換を行った。宮古島市からは県に対して宮古空港における国際線就航に向けて積極的に取り組むことなどが意見として示された。

(全文を表示…)

2013年5月22日(水) 09:00 [産業・経済]

定期便就航を要請へ/トップセールスinソウル結団式

高良副知事、下地市長ら参加


高良副知事(中央)、下地市長(右から2人目)らが結団式=21日、那覇空港

高良副知事(中央)、下地市長(右から2人目)らが結団式=21日、那覇空港

 【那覇支社】韓国の航空会社に沖縄への定期便就航を要請する「トップセールスinソウル」の結団式が21日、那覇空港で行われた。団長の高良倉吉副知事や下地敏彦宮古島市長、中山義隆石垣市長らが参加し、観光客誘致戦略に期待した。一行は、同日午後1時発のアシアナ航空で、ソウル向け出発した。

(全文を表示…)

2013年5月22日(水) 09:00 [産業・経済]

キビ株出が全面積の4割/宮古本島13年産

前期比 倍の1386㌶/復活へあと一歩 肥培管理の徹底を


雑草もなく管理が行き届いている株出

雑草もなく管理が行き届いている株出

 宮古や来間、池間島に栽培されている2013年産サトウキビの株出面積(速報値)は1386㌶と、前期の819㌶と比べ567㌶(69%)増加したことが、沖縄製糖宮古工場と宮古製糖城辺工場の調査で分かった。夏、春植も合わせた全面積に占める割合は、前期の21%より17ポイント増の38%と4割近くに達した。35年前に作付け面積の5割を占めていた株出は、復活へあと一歩と迫った。

(全文を表示…)

2013年5月22日(水) 09:00 [産業・経済]

今年度予算額は27億余/平良港湾事務所

防波堤整備に17億円/耐震バースに9億8000万円


ケーソンの製作が行われている浮きドッグ=21日、平良港

ケーソンの製作が行われている浮きドッグ=21日、平良港

 平良港湾事務所(知花包信所長)の2013年度当初予算は、10億2200万円となった。安倍首相の経済政策(アベノミクス)に伴う12年度末の補正予算17億4000万円(繰入分)と合わせた今年度の予算額は27億6200万円に上る。耐震岸壁工事には、9億8000万円(補正2億4000万円、当初予算7億4000万円)を投入する。

(全文を表示…)

2013年5月20日(月) 09:00 [産業・経済]

子牛1頭43万6000円の高値/5月期肉用牛競り

7カ月連続40万円台


 JAおきなわ宮古家畜市場の2013年5月期の肉用牛競りが19日、同市場で開かれた。子牛1頭平均価格は前月と比べ6058円安い43万6636円となった。40万円台は、昨年11月から7カ月連続。購買者らは高値の要因に①全国的な子牛不足②円安に伴う外国産肉の価格上昇③中程度の肉質の枝肉価格上昇④アベノミクス効果への期待感-などを挙げている。

(全文を表示…)

2013年5月18日(土) 09:00 [産業・経済]

マンゴーの袋掛け始まる

6月上旬からの出荷見込む


マンゴーの袋掛け作業が一部の農園で行われている=17日、市内の農園

マンゴーの袋掛け作業が一部の農園で行われている=17日、市内の農園

 宮古地区の一部のマンゴー園で、大きく実った果実に白い紙袋を掛ける作業が行われている。袋掛けは、日やけ防止や果実を病害虫から守る目的で実施する。

(全文を表示…)

2013年5月17日(金) 09:00 [産業・経済]

後継者育成に全力/農林漁業士会

総会で活動計画決定


活動目標を唱和する農林漁業士会のメンバー=16日、県宮古合同庁舎

活動目標を唱和する農林漁業士会のメンバー=16日、県宮古合同庁舎

 宮古地区農林漁業士会(砂川寛裕会長)の定期総会が16日午後、県宮古合同庁舎で開かれ、2013年度の活動計画を決めた。砂川会長は「われわれの最大の目的は後継者の育成」と述べ、担い手の育成に全力で取り組む決意を示した。

(全文を表示…)

2013年5月16日(木) 09:00 [産業・経済]

共選で品質を高水準に/あたらす市場

農家に買取価格など説明



大勢の農家が参加した説明会=15日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

大勢の農家が参加した説明会=15日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

 JAは15日、6月上旬にも本格化する共選マンゴーのファーマーズマーケット「新あたらす市場」への出荷に向け、農家を対象に説明会を開いた。ファーマーズの買い取り価格は、品質や化粧箱やパック詰めなどの似姿別に設定した。品質の最も低い加工用マンゴー(市場向け)のキロ単価は、300~500円を見込む。JAは農家が運び込んだマンゴーは軸腐病や未熟果やサーターアンダギー病、カイヨウ病の果実以外はすべて受け入れ、返品はしない。

(全文を表示…)

2013年5月14日(火) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済, 社会・全般]

設立20周年を祝う/県中小企業家

同友会宮古支部


県中小企業家同友会宮古支部の設立20周年を祝い乾杯する会員ら=11日、ホテル共和

県中小企業家同友会宮古支部の設立20周年を祝い乾杯する会員ら=11日、ホテル共和

 県中小企業家同友会宮古支部(砂川淳一支部長)の設立20周年を祝う式典が11日午後、市内ホテルで開かれた。支部会員多数が参加して20年の節目を祝うとともに、一層の支部発展に向けて決意を新たにした。

(全文を表示…)

2013年5月14日(火) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

農林水産物輸送費補助/13年度も継続実施

当初予算28億円計上


事業概要の説明に聞き入る参加者たち=13、県宮古合同庁舎

事業概要の説明に聞き入る参加者たち=13、県宮古合同庁舎

 県農林水産部流通政策課は13日、2013年度の「農林水産物流通条件不利性解消事業」説明会を県宮古合同庁舎で開いた。直近他県(鹿児島)までの輸送コスト相当分を補助し、本土市場での競争力向上を目指す取り組み。12年度から始まった同事業は、今年度も継続された。宮古の補助単価は飛行機の場合、野菜・果実が1㌔当たり115円以内、花き・水産物が同140円以内。船舶は全品目で1㌔35円以内に設定した。


(全文を表示…)

2013年5月14日(火) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済, 社会・全般]

「島の駅みやこ」7月にオープン/出品希望者対象に説明会



西里社長が「島の駅」について紹介する説明会=12日、平良港ターミナルビル

西里社長が「島の駅」について紹介する説明会=12日、平良港ターミナルビル

 今年7月、平良久貝の国道390号沿いに農産物などの直売所「島の駅みやこ」をグランドオープンさせる予定のパラダイスプラン(西里長治社長)は、同直売所への出品、納品を希望する生産者を対象とした説明会を12日、平良港ターミナルビルで開催。直売所の概要や運営方法、販売手数料などについて担当者が紹介した。

(全文を表示…)

2013年5月12日(日) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

支部活性化を決意/中同宮古支部

総会で活動方針決定


13年度の活動方針を決めた総会=11日、ホテル共和

13年度の活動方針を決めた総会=11日、ホテル共和

 県中小企業家同友会宮古支部(砂川淳一支部長)は11日午後、第21回支部総会を市内ホテルで開き、主体性を持った自主的かつ積極的な活動の実践を掲げた2013年度活動方針などを決めた。新しい支部役員の選出があり、砂川支部長らの再任を決めた。

(全文を表示…)

2013年5月11日(土) 09:00 [イベント, 産業・経済]

「黒糖の日」で消費拡大/宮古農水振興センター

健康食材をPR


心愛保育園の園児らが黒糖かち割りの実演を行い、販促活動を手伝った=10日、あたらす市場

心愛保育園の園児らが黒糖かち割りの実演を行い、販促活動を手伝った=10日、あたらす市場

 県産黒糖の消費拡大と周知啓発を図る「黒糖の日」の10日、JAおきなわファーマーズマーケット「あたらす市場」では「黒糖の日消費拡大キャンペーン」(主催・県宮古農林水産振興センター)が開かれた。キャンペーンでは心愛保育園の園児による黒糖ブロックかち割りなどのイベントが催され、来客者には、かち割り黒糖や黒糖で作った菓子、パンフレットなどが無料配布された。

(全文を表示…)

2013年5月10日(金) 09:00 [産業・経済]

ハウス加入1.6倍の995棟/12年度園芸施設共済

促進支援制度が追い風


ハウスの農業共済加入が大きく伸びた

ハウスの農業共済加入が大きく伸びた

 県農業共済組合宮古支所(瑞慶覧栄功支所長)管内における2012年度の園芸施設(ハウス)共済の加入棟数は、前年度の616棟と比べ1・6倍の995棟と、一気に増えた。加入者数も194人(同比70人、56%増)となった。同支所は「県の補助で農家負担掛金を軽減できる支援制度が追い風になった」と要因を分析する。

(全文を表示…)

2013年5月9日(木) 09:00 [産業・経済]

消費拡大狙いキャンペーン/ゴーヤーの日

県販促協がセレモニー/格安ゴーヤー飛ぶように


店内に積まれたゴーヤーは格安とあって飛ぶような売れ行きだった=8日、あたらす市場

店内に積まれたゴーヤーは格安とあって飛ぶような売れ行きだった=8日、あたらす市場

 消費と需要拡大を狙いとする宮古地区ゴーヤーの日キャンペーンが8日、JAおきなわファーマーズマーケット「あたらす市場」で開催された。開店に先立ち2013年度「ゴーヤーの日」セレモニー(主催・県農林水産物販売促進協議会)が同店前で行われ、関係者らが集い消費拡大と地産地消の拡大をアピールした。1袋50円のゴーヤーが飛ぶような売れ行きだった。同販売促進協議会主催の「ゴーヤーの日」セレモニーの宮古島開催は今回が初めて。5月8日は語呂合わせで「ゴーヤーの日」。

(全文を表示…)

2013年5月8日(水) 09:00 [産業・経済]

十字絣14反検査合格/宮古上布12年度

5年前と比べ11反の減


十字絣を織る作業には高度な技術が使われている=宮古伝統工芸品研究センター

十字絣を織る作業には高度な技術が使われている=宮古伝統工芸品研究センター

 宮古織物事業協同組合のまとめによると、2012年度に県の検査を受け合格した宮古上布の十字絣は、5年前(07年度)の25反より11反少ない14反となった。十字絣を織る人は7人で、07年度の19人と比べ12人減った。

(全文を表示…)

2013年5月4日(土) 09:00 [産業・経済]

水域外操業船は拿捕/日台漁業協定

水産庁長官が漁業者に説明


日台漁業協定について説明する本川長官(奥右から2人目)=3日、宮古島漁協

日台漁業協定について説明する本川長官(奥右から2人目)=3日、宮古島漁協

 水産庁の本川一善長官が3日、日本と台湾との間で締結された日台漁業取り決め(日台漁業協定)について宮古島の漁業者に説明するため来島した。今月7日に第1回日台漁業委員会を開催することや沖縄の漁業者代表3人を委員会に出席させることなどを説明。協定水域外で操業する台湾漁船を発見した場合には拿捕するなど厳正に対応していく考えを示した。

(全文を表示…)

2013年5月3日(金) 09:00 [産業・経済]

入園者数6万5000人/12年度海中公園

台風により前年比減


12年度に6万5000人が訪れた海中公園=2日、宮古島海中公園

12年度に6万5000人が訪れた海中公園=2日、宮古島海中公園

 宮古島海中公園(前原新吉園長)の2012年度の海中観察施設入園者数は6万5404人で、前年より1万5143人少なかった。同園を管理運営する宮古島海業管理センターがこのほどまとめた。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2013年5月
    « 4月   6月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2