2013年7月のニュース一覧

2013年7月19日(金) 09:00 [地域・暮らし]

紅イモのフランス菓子贈る/ロハスダイニング

若林代表が特支学校に


若林さん(左から3人目)は子どもたちに紅イモで作ったフランス菓子を贈り喜ばせた=18日、宮古特別支援学校

若林さん(左から3人目)は子どもたちに紅イモで作ったフランス菓子を贈り喜ばせた=18日、宮古特別支援学校

 平良字荷川取にあるロハスダイニングの若林昌英代表が18日、宮古特別支援学校(平良智枝子校長)に宮古島産の紅イモを原材料にして作った高級フランス菓子240個を寄贈した。若林さんは、東京都秋葉原では、この菓子を「メイド イン ミヤコジマ」の銘柄で販売しており、今後も戦略菓子として宮古島から全国へ発信していく。

(全文を表示…)

2013年7月19日(金) 09:00 [イベント]

きょうから夏まつり/市内商店街

夜店、ちびっ子駅伝も


祭りに備え商店街にはちょうちんが取り付けられている=18日、市場通り

祭りに備え商店街にはちょうちんが取り付けられている=18日、市場通り

 宮古島夏まつり2013がきょう19日から2日間の日程で開催される。初日は市内にある三つの商店街で歩行者天国(夜店)が開かれるほか、浴衣コンテストやちびっ子駅伝、路上アトラクションが行われる。

(全文を表示…)

2013年7月19日(金) 09:00 [政治・行政]

市の計画を国交省認定/超小型EV車導入事業

総事業費は1億2000万円/副市長が報告 ホンダ、東芝と連携


事業計画が国交省の認定を受けたことを報告する長濱副市長(右)=18日、市役所平良庁舎

事業計画が国交省の認定を受けたことを報告する長濱副市長(右)=18日、市役所平良庁舎

 市が本田技術研究所、本田技研工業(ホンダ)、東芝と連携して超小型モビリティ導入促進を目指す事業計画がこのほど、国土交通省から事業認定を受けた。長濱政治副市長が18日の会見で認定を報告するとともに今後の取り組みなどについて説明した。認定を受けたことで、今後同省からの補助金を活用して年内に事業着手となる。今年度から3カ年の事業で総事業費は1億2000万円程度を見込んでいる。

(全文を表示…)

2013年7月18日(木) 09:00 [政治・行政]

「早急な塩害対策を」

与党議員団が市に要請


長濱副市長に塩害対策を要請する市議会与党議員団の下地会長(左から2人目)=17日、市役所平良庁舎

長濱副市長に塩害対策を要請する市議会与党議員団の下地会長(左から2人目)=17日、市役所平良庁舎

 台風7号の影響によるサトウキビの塩害を受け、宮古島市議会与党議員団(下地明会長)は17日午前、市に対して早急な塩害対策を要請した。下地会長は「塩害が深刻な状況だ。緊急的な塩害対策を」と話し、除塩などを促した。

(全文を表示…)

2013年7月18日(木) 09:00 [行雲流水]

「ゆんたく会議」(行雲流水)

 今月上旬、地域活性化の糸口をさぐる対話集会があった。宮古島の経済人など8人と県内外の有識者3人との意見交換会だ。本紙報道でみる「糸口」は多岐にわたっていた

(全文を表示…)

2013年7月18日(木) 09:00 [社会・全般]

先嶋建設を局長表彰

総合事務局「優秀な工事」


沖縄総合事務局の河合局長(右)から優良施工工事表彰の賞状を受ける黒島社長=17日、沖縄総合事務局

沖縄総合事務局の河合局長(右)から優良施工工事表彰の賞状を受ける黒島社長=17日、沖縄総合事務局

 【那覇支社】沖縄総合事務局(河合正保局長)は17日、開発建設部所管事業で、顕著な成果と他の模範となる優秀な工事を行ったとして、先嶋建設(本社那覇市、黒島正夫社長)などを優良施工工事部門で局長表彰した。2012年度の工事完成件数273件と、測量や設計、調査などの委託業務件数263件の中から、優良施工工事や優秀業務技術者など5部門に、計25の法人や個人を今年度の優良業者として表彰した。

(全文を表示…)

2013年7月18日(木) 09:00 [地域・暮らし]

青年ら大綱を編む/宮古島夏まつり

長さ80㍍、1・5㌧


共同作業で大綱を編む青年たち=14日、市営球場

共同作業で大綱を編む青年たち=14日、市営球場

 宮古青年会議所と各地区の青年会員らは14日、市営球場で宮古島夏まつり2013(7月19、20日開催)の「東西大綱引き」に使用する大綱を編んだ。大綱の長さは、東西合わせて80㍍。重さが約1・5㌧。約50人が参加し、午後4時から9時半ごろまで、約5時間半をかけて編んだ。

(全文を表示…)

2013年7月18日(木) 09:00 [お母さんと一緒]

宮古になじんできたよ

▽照屋 壮亮くん(5つ)
▽怜生くん(2つ)
▽お母さん・亜希さん


照屋 壮亮くん(5つ)怜生くん(2つ)お母さん・亜希さん

照屋 壮亮くん(5つ)怜生くん(2つ)お母さん・亜希さん

 壮亮くんと怜生くんは、昨年3月にお父さんの転勤に伴って宮古島にやってきた。


 それから1年余、その間についてお母さんの亜希さんは「言葉もなまってきました。サイガも出てきます」というから、だいぶ宮古になじんできた様子。裏付けるように壮亮くんはよくしゃべり、周囲とのコミュニケーションを楽しんでいる。怜生くんは?と見ると、時折お兄ちゃんの動きを追いつつも、お母さんに戻るくり返しだ。でも亜希さんが「写真も撮りまくり、感激しました」という運動会やおゆうぎ会も経験して、2人は日々成長している。

(全文を表示…)

2013年7月18日(木) 09:00 [産業・経済]

葉タバコ買い入れ始まる/宮古地区

平均キロ単価2144円/作柄良く高値取引期待


今期産葉タバコの買い入れが始まった=17日、平良西里の日本たばこ産業宮古葉たばこ取扱所

今期産葉タバコの買い入れが始まった=17日、平良西里の日本たばこ産業宮古葉たばこ取扱所

 宮古地区と石垣地区の2013年産葉タバコの買い入れが17日、平良西里の日本たばこ産業宮古葉たばこ取扱所で始まった。初日の取扱量は約43㌧、平均キロ単価は2144円の高値が付いて幸先良いスタートを切った。今期産の葉タバコは気象条件に恵まれず目標の収量を下回る見込み。ただ、作柄は良く高値取引が期待されている。買い入れは来月下旬まで続く。

(全文を表示…)

2013年7月18日(木) 09:00 [社会・全般]

「シースカイ」料金半額に/ドイツ文化村

7~9月に20周年キャンペーン


会見でキャンペーンについて発表する長濱副市長(中央)=17日、うえのドイツ文化村博愛記念館

会見でキャンペーンについて発表する長濱副市長(中央)=17日、うえのドイツ文化村博愛記念館

 うえのドイツ文化村は今年で開業20周年を迎えることを記念して、7~9月までの3カ月間、宮古在住者であれば水中観光船「シースカイ博愛」に通常料金の半額で乗船できるなどのキャンペーンを実施する。17日、長濱政治副市長と同施設の指定管理者である南西楽園リゾートの担当者らが会見を開き、キャンペーンについて発表した。

(全文を表示…)

2013年7月18日(木) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

不法投棄ごみ6000㌧処理/12年度

残存は2000㌧弱に減少/市一括交付金活用


不法投棄防止対策などを確認した会議=17日、県宮古福祉保健所

不法投棄防止対策などを確認した会議=17日、県宮古福祉保健所

 2013年度宮古保健所管内廃棄物不法処理防止ネットワーク会議が17日、県宮古福祉保健所で開催された。12年度は市が一括交付金を活用し、不法投棄ごみを約6000㌧撤去。11年度末に7928㌧もあった残存ごみは、前年度と比べ4分の1の2000㌧弱に減った。

(全文を表示…)

2013年7月17日(水) 09:00 [産業・経済]

台風7号 キビの塩害広がる/海岸線

農家 散水に懸命/市、対策会議招集へ


塩害の影響で葉が茶色に変色したサトウキビ=16日、城辺友利

塩害の影響で葉が茶色に変色したサトウキビ=16日、城辺友利

 台風7号による塩害が各地で広がっている。城辺七又や上野宮国の海岸線では広範囲にわたってサトウキビの葉が変色しており、生産農家や関係機関が懸念を強めている。宮古島市は近く干ばつ対策会議を開いて対応を協議。かん水作業を中心に生育の鈍化を防ぐ手立てを講じる方針だ。

(全文を表示…)

2013年7月17日(水) 09:00 [産業・経済]

マンゴーを船便輸送/宮古港運

コンテナにマンゴーの積み込み作業を行う宮古港運の社員=16日午後、平良港第2埠頭

コンテナにマンゴーの積み込み作業を行う宮古港運の社員=16日午後、平良港第2埠頭

 琉球海運宮古支店宮古港運(久貝美紀夫社長)は16日、マンゴー約6㌧(コンテナ2基分)を同海運の貨物船「しゅれい」(6562㌧)に積み込み、同日那覇へ運んだ。

(全文を表示…)

2013年7月17日(水) 09:00 [教育・文化]

「夢と目標設定を」/清水聡さん

五輪メダリストが講話/宮工でボクシング指導も


ボクシング部の部員のパンチをミットで受ける清水さん(左)=16日、宮古工業高校

ボクシング部の部員のパンチをミットで受ける清水さん(左)=16日、宮古工業高校

 宮古工業高校(宮里幸利校長)の進路講話が16日、全校生徒を対象に同校体育館で行われた。昨年開催されたロンドンオリンピックのボクシング競技バンタム級銅メダリストの清水聡さんを講師に招き「夢をあきらめない」をテーマに清水さんが自らの経験や、オリンピック出場までの道のりなどについて紹介した。

(全文を表示…)

2013年7月17日(水) 09:00 [地域・暮らし]

9団体に補助金交付/平良地域づくり支援事業

長濱副市長(前列中央)から補助金交付決定通知書を受け取った各団体の代表ら=16日、市役所平良庁舎

長濱副市長(前列中央)から補助金交付決定通知書を受け取った各団体の代表ら=16日、市役所平良庁舎

 平良地区で地域活性化事業に取り組む団体の活動に対し市が補助金を交付する「市地域づくり支援事業(公募型)」の13年度分について審査の結果、9団体の事業が採択された。その補助金交付決定式が16日、市役所平良庁舎で行われ、9団体の代表や関係者らが長濱政治副市長から交付決定通知書を受け取った。

(全文を表示…)

2013年7月17日(水) 09:00 [地域・暮らし]

市場通りにちょうちん/商工会議所青年部

夏まつり盛り上げで100個


祭りを盛り上げようとちょうちんをつるす青年部のメンバー=16日、市場通り

祭りを盛り上げようとちょうちんをつるす青年部のメンバー=16日、市場通り

 宮古島夏まつりの気分を盛り上げようと、宮古島商工会議所青年部(長濱毅会長)は16日、祭り会場となる市場通りにちょうちん100個を設置した。

(全文を表示…)

2013年7月17日(水) 09:00 [社会・全般]

委員3人に委嘱状交付/会長に饒平名氏

市情報公開・個人情報保護審査


長濱副市長(右)から委嘱状を受け取る委員=16日、市役所平良庁舎

長濱副市長(右)から委嘱状を受け取る委員=16日、市役所平良庁舎

 宮古島市情報公開及び個人情報保護審査会委員への委嘱状交付式が16日、市役所平良庁舎で開かれ、3人の委員に長濱政治副市長から委嘱状が手渡された。式終了後、第1回審査会が開かれ、今回から委員となった饒平名正也氏を会長に選出した。

(全文を表示…)

2013年7月16日(火) 09:00 [イベント]

平良六段がA組優勝/市長杯サマー囲碁まつり

B組は下里五段、C組伊波四段/36人参加にぎわう


大勢の参加でにぎわった囲碁大会=14日、こすみ囲碁教室

大勢の参加でにぎわった囲碁大会=14日、こすみ囲碁教室

 宮古島市長杯2013サマー囲碁まつり(主催・同実行委員会、共催・日本棋院平良支部、宮古毎日新聞社)が14日、市内のこすみ囲碁教室で行われた。A組では七段格で出場した平良博彦六段が優勝した。通算では5回目。B組(五段クラス)は下里弘五段、C組(四段以下)は伊波満四段がそれぞれ制した。伊波四段は、五段昇段を認められた。

(全文を表示…)

2013年7月16日(火) 09:00 [産業・経済]

マンゴー13㌧那覇に運ぶ/南西海運

臨時便を運航 滞貨緩和に一役


マンゴーの入ったコンテナを積み込む「よね丸」=14日、平良港第1埠頭

マンゴーの入ったコンテナを積み込む「よね丸」=14日、平良港第1埠頭

 南西海運(下地米蔵社長)は14日臨時便を運航させ、マンゴー約13㌧(コンテナ5本分)を、那覇に運んだ。台風7号の影響で13日、マンゴーが1日の収穫分ぐらい滞貨した。農家やJAは、早期の解消を要望していた。

(全文を表示…)

2013年7月16日(火) 09:00 [イベント]

港の役割、大切さ学ぶ/みなとフェスタ

多彩なイベント楽しむ


いろいろなイベントで盛り上がったみなとフェスタ=15日、平良港

いろいろなイベントで盛り上がったみなとフェスタ=15日、平良港

 「海の日」の15日、平良港で「みなとフェスタ2013」(主催・宮古島市)が開催された。真夏の強い日差しと心地よい海風が吹く中、会場には大勢の親子連れや観光客らが訪れ、島全体の生活を支える平良港の役割をあらためて実感するとともに海の恵みにも感謝しながら多彩なイベントを楽しんだ。

(全文を表示…)

2013年7月16日(火) 09:00 [行雲流水]

「極端の不安」(行雲流水)

 「極端」には大方無理がある


▼20世紀はじめの世界の人口は約15億人であった。それが今では60億を超えている。100年で約4倍に増えた。状況をこのまま続けることは不可能で、当然人類は今までとは変わった発想で世界を運営せざるを得ない

(全文を表示…)

2013年7月16日(火) 09:00 [イベント]

3000個を無料試食/マンゴーまつり

地元や観光客どっと/消費拡大、ブランド化推進


マンゴーが無料で試食できるコーナーには親子連れや観光客らが列を作った=14日、市熱帯植物園

マンゴーが無料で試食できるコーナーには親子連れや観光客らが列を作った=14日、市熱帯植物園

 第4回マンゴーまつり(主催・同実行委員会)が14日、市熱帯植物園で開かれた。マンゴー3000個を無料で振る舞う試食コーナーやマンゴーかき氷早食い競争などが行われ、多くの市民や観光客らでにぎわいを見せた。

(全文を表示…)

2013年7月16日(火) 09:00 [産業・経済]

高良副知事が台風被害視察

キビほ場など訪れ状況把握


高良副知事(右)らは、夏植えと株出しのキビが倒れた被害畑などを視察した=15日、城辺

高良副知事(右)らは、夏植えと株出しのキビが倒れた被害畑などを視察した=15日、城辺

 台風7号による農作物被害状況の把握のため、高良倉吉副知事が15日午後、来島した。被害が最も大きかったサトウキビほ場を視察後、高良副知事は「被害データだけを見るのと、被害現場を見るのとは大きな違いがある。私も南大東島でサトウキビを作った経験があり、倒れた夏植えと株出しのキビを見て、ショックを受けた」と述べた上で「各部局と横断的な対応策を考え、宮古で農業がしっかりできるように県としてバックアップしたい」と意欲を示した。

(全文を表示…)

2013年7月16日(火) 09:00 [イベント]

最優秀にグットクロップ/マンゴーコンテスト

糖度や果肉色など審査


マンゴーコンテストで入賞した皆さん。前列中央が最優秀賞のグットクロップ宮古島=14日、市熱帯植物園

マンゴーコンテストで入賞した皆さん。前列中央が最優秀賞のグットクロップ宮古島=14日、市熱帯植物園

 第4回マンゴーまつり関連行事のマンゴーコンテストの表彰式が14日、同まつり会場の市熱帯植物園で行われた。最優秀賞にはグットクロップ宮古島(平良松原、伊良部朋聡代表)が選ばれ、主催者から賞状が手渡された。8月に東京で開催される「世田谷まつり」に招待され、宮古島産マンゴーをPRすることになっている。

(全文を表示…)

2013年7月14日(日) 09:00 [社会・全般]

きょう「かたつむり」公演/下地改善セ

自立目指す障害者描く


来島した「かたつむり」と出迎えた実行委員などのメンバーたち=13日、宮古空港

来島した「かたつむり」と出迎えた実行委員などのメンバーたち=13日、宮古空港

 東京・国立市で障害者の自立支援を行う「ライフステーション・ワンステップかたつむり」(橋本江津子代表)はきょう14日、下地農村環境改善センターで「井上晴菜・体験劇『はるなが宮古島(まち)にやってきた』」(主催・「ワンステップかたつむりin宮古島公演」実行委員会)を上演する。メンバーらは13日午前に宮古入り。空港では実行委員会のメンバーや関係者たちが出迎えた。

(全文を表示…)

2013年7月14日(日) 09:00 [産業・経済]

台風7号 キビ被害1億5600万円/宮古島

梢頭部折損など多く/収穫期マンゴーは870万円


除塩のため各地でスプリンクラーがフル稼働した=13日、下地川満のサトウキビ畑

除塩のため各地でスプリンクラーがフル稼働した=13日、下地川満のサトウキビ畑

 宮古島市は13日、台風7号の接近に伴う農作物等の被害状況(速報)を発表した。全体の農作物被害は1億8600万円、このうち基幹作物のサトウキビで1億5600万円の被害が発生している。梢頭部の折損と葉の裂傷が多かった。懸念は塩害で、同日は除塩のためのスプリンクラーが各地でフル稼働した。収穫期にあるマンゴーでは少なくとも870万円の被害が発生している。一部で果実の落下等が見られた。

(全文を表示…)

2013年7月14日(日) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

宮古のマンゴーおいしいよ

観光客にプレゼント/きょう開催のまつりPR


宮古島産マンゴーを受け取る東京直行便での来島者たち=13日、宮古空港

宮古島産マンゴーを受け取る東京直行便での来島者たち=13日、宮古空港

 きょう14日に市熱帯植物園で開催される「第4回マンゴーまつり」と、今が旬のマンゴーを観光客にPRしようと市は13日、宮古空港到着ロビーで、東京からの直行便での来島者150人全員を対象にサプライズで宮古島産マンゴー1個をプレゼント。併せてまつりのチラシなども配布し、当日の来場を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2013年7月14日(日) 09:00 [社会・全般]

団体総合で上位入賞/宮古珠算学校

沖縄珠算選手権大会


珠算の県大会で入賞を果たした児童・生徒の皆さん=13日、宮古珠算学校

珠算の県大会で入賞を果たした児童・生徒の皆さん=13日、宮古珠算学校

 今月7日に糸満市で開催された第48回全沖縄珠算選手権大会で、宮古珠算学校(譜久村藤枝代表)が中学生の部団体総合で2位に入り、小学4年生以下と5・6年の部の団体でも3位に入るなど優秀な成績を修めた。

(全文を表示…)

2013年7月14日(日) 09:00 [美ぎ島net]

90年前ネフスキーの見た宮古/ネフスキー研究者の4泊5日の旅

加藤九祚氏・田中水絵氏 宮古路を歩く


ネフスキーの碑の前で加藤先生と田中さん

ネフスキーの碑の前で加藤先生と田中さん

 今から90年前、1920年代に宮古島に三度も通ったロシアの東洋学者がいた。名をニコライ・A・ネフスキー(1892-1937)という。島の言葉や歌謡、暮らしなどの民俗を調査し当時の言語(方言)を数多く解読してメモに残した。帰国後も宮古研究を続けたが、祖国では社会主義革命が勃発し大混乱に陥っていた。その中で彼は日本のスパイとして銃殺刑に遭う。彼の研究は闇に葬られた形になったが、その後、発見された論文や書簡類によって、1996年ごろから業績に光が当たり始める。今回、宮古島を訪れた加藤九祚氏(人類学者)と田中水絵氏(ロシア研究)の来島は、10年前から宮古島でネフスキーの遺産を発展的に研究する文化人類学博士エフゲニー・S・バクシェエフ氏(後にエフさん)と会うことがねらいだった。

(全文を表示…)

2013年7月14日(日) 09:00 [地域・暮らし]

フェリー全便欠航/台風余波

宮古発着 空の便ほぼ平常に


運航再開で手荷物検査をする利用客=13日、宮古空港

運航再開で手荷物検査をする利用客=13日、宮古空港

 強い台風7号の余波で13日、宮古島と周辺離島を結ぶフェリーは全便欠航した。14日の運航については宮古フェリー、はやて海運、大神海運、多良間海運の各社は天候の状況によって判断するとしている。

(全文を表示…)