2013年8月11日のニュース一覧

2013年8月11日(日) 09:00 [産業・経済]

キビ農家自主かん水に懸命/水タンク積み畑往復

ジェットポンプを使ってかん水する農家=10日、城辺新城

ジェットポンプを使ってかん水する農家=10日、城辺新城

 干ばつ被害が進む中、サトウキビ農家は10日、自主かん水に追われた。自家用軽トラックに0・5㌧タンクを載せて畑と給水所の間をせわしく往復。朝から晩まで通い1日に15台分、かける人もいるという。

(全文を表示…)

2013年8月11日(日) 09:00 [美ぎ島net]

「笑顔」の交流始まる/福島の保養チーム来島

5泊6日の旅に宮古島満喫/「うむい宮古島保養プロジェクト満月」実行委員会


 東日本大震災と原発事故で甚大な被害を受けた福島の親子を保養のために宮古島に招く計画を立ち上げた同実行委員会(下地昌伸実行委員長)は、7月24日夕、初めての保養チームを迎えた。福島県二本松市を中心に8家族35人が5泊6日のホームステイなどでゆったりとした時間を過ごし多くの市民と触れあった。滞在中、晴天に恵まれ、家族は海で泳いだり、月夜を楽しんだり、ライブや夏祭りに招待されるなど初めての体験に、島の生活や風景を満喫した。29日、帰りの空港ロビーでは真っ赤に日焼けした親子が顔をそろえ、見送りに来た島の人たちとの別れを惜しんでいた。

(全文を表示…)

2013年8月11日(日) 09:00 [ニュースウィークリー]

8月4日~8月10日

ニュースウィークリー
8月4日~8月10日


西城学区の砂川さん/婦人の主張大会で最優秀

 第46回婦人の主張大会が3日、下地農村環境改善センターで開かれた。西城、平良第一、福嶺の学区婦人会から3人が出場。それぞれの考えを発表した結果、「小さな一歩から得た宝物」をテーマに語った西城学区婦人会の砂川カズ子さんが最優秀賞に輝いた。(8月4日掲載)

(全文を表示…)

2013年8月11日(日) 09:00 [地域・暮らし]

B型肝炎 高い宮古の陽性率/11年度検査分

全国平均の10倍/宮古福祉保健所 検査呼びかける


 「沈黙の臓器」肝臓。宮古では酒の席でも肝臓の数値はよく話題に上がる。そんな宮古島市市民の肝臓に関する気になるデータがある。B型肝炎ウイルスの陽性率で毎年全国平均、県平均を大きく上回る数値が上がっている。その理由について宮古福祉保健所は「なぜ宮古地区の陽性率がこんなに高いのかについて明確な理由はまだ分かっていないが実態として高いのでぜひ、検査を受けてほしい」と呼び掛けた。

(全文を表示…)

2013年8月11日(日) 09:00 [イベント]

夏に乾杯 会場熱気/オリオンビアフェスト

ライブステージに酔う


冷えたビールを片手にライブステージを満喫する来場者ら=10日、前福多目的広場

冷えたビールを片手にライブステージを満喫する来場者ら=10日、前福多目的広場

 恒例行事となった「夏の風物詩」オリオンビアフェスト2013in宮古(主催・オリオンビール、オリオンビール宮古地区代理店会)が10日夕、平良の前福多目的運動場で開催された。突然の雨で開催が心配されたが、開演までには雨も上がり予定通りの開催となった。訪れた大勢の市民や観客らは冷たいビールを片手に、舞台で繰り広げられる熱気あふれるライブを満喫した。同フェストは今年で31回目になる。

(全文を表示…)

2013年8月11日(日) 09:00 [政治・行政]

岸壁の耐震化図る/佐良浜漁港

漁船が安心して係留へ


急ピッチで進められている岸壁改良工事=7日、佐良浜漁港

急ピッチで進められている岸壁改良工事=7日、佐良浜漁港

 県宮古農林水産振興センター(前田幹男所長)が発注した佐良浜漁港岸壁改良工事が急ピッチで進められている。災害に強い耐震化の岸壁として注目されている。1億1162万円(国9割、県1割の負担)を投じ年内完成の予定。

(全文を表示…)

2013年8月11日(日) 09:00 [地域・暮らし]

局地的に激しい雨/宮古島地方

平良で1時間に32㍉/伊良部、城辺の一部でも降水


平良で1時間に32㍉の雨を観測し一部道路は冠水した=10日、平良西仲宗根

平良で1時間に32㍉の雨を観測し一部道路は冠水した=10日、平良西仲宗根

 宮古島地方に10日、局地的な雨が降った。同日午後、平良下里では1時間に32・5㍉の降水量を観測し、伊良部島でも同等の雨が降ったものとみられる。城辺の吉田でもまとまった雨が降った。この雨で平良の鏡原、荷川取、添道、伊良部島、城辺など一部地域のサトウキビの干ばつ被害が軽減されそうだ。一方で同じ平良地区でも池間や狩俣での降水はなし。下地や上野、城辺の大部分でも雨は降らなかった。

(全文を表示…)

2013年8月11日(日) 09:00 [地域・暮らし]

「まもる君・まる子ちゃん」設置/東平安名崎入口

写真撮影用パネル 第1号は伊藤さん家族


パネルの穴に顔を埋め記念撮影第1号となった伊藤純平君(右)と姉の桃香さん=10日、城辺東平安名崎入

パネルの穴に顔を埋め記念撮影第1号となった伊藤純平君(右)と姉の桃香さん=10日、城辺東平安名崎入

 宮古島署(宮城英眞署長)と宮古島地区交通安全協会(宮里敏男会長)は10日、城辺東平安名崎入口に「宮古島まもる君・まる子ちゃん」写真撮影用パネルを初めて設置した。セレモニーで、宮城署長と宮里会長がパネルの穴に顔を埋め、飲酒運転根絶と交通事故ゼロを訴えた。同じく顔を埋め記念撮影第一号となったのは、東京都から観光で訪れていた伊藤要さん(41)と妻、小学5年で娘の桃香さん(10)、同3年で息子の純平君(8)の4人だった。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年8月1日現在

    宮古島市 54,111 人
    27,053 人
    27,038 人
    世帯数 26,689 軒
    多良間村 1,176 人
    631 人
    545 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2013年8月
    « 7月   9月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2