「社会・全般」 2013年8月のニュース一覧

2013年8月31日(土) 09:00 [社会・全般]

60万円を4福祉団体に寄付/10RUN実行委員会

寄付を贈った高校生と福祉団体の皆さん=30日、宮古青年会議所会館

寄付を贈った高校生と福祉団体の皆さん=30日、宮古青年会議所会館

 宮古島の高校生が中心になって行う陸上リレーのチャリティーイベント「第10回10RUN(ワン・オー・ラン)」の実行委員会(池間将士委員長)が30日、市内の4福祉団体に収益金を寄付した。高校生約150人、一般約30人が参加。5チームが10時間走り続け2000周(800㌔)を走破した。周回数に応じた企業の寄付金総額は約74万円。一部は東日本大震災被災者のために残し、残り60万円を同4団体に寄付した。

(全文を表示…)

2013年8月31日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

特別警報の周知図る/宮古島地方気象台など

市民らにチラシ配布


買い物客に「特別警報」周知のチラシを配布する気象台職員=30日、サンエーショッピングタウン宮古衣料館前

買い物客に「特別警報」周知のチラシを配布する気象台職員=30日、サンエーショッピングタウン宮古衣料館前

 宮古島地方気象台(鈴木和明台長)や県宮古事務所の職員らが30日、気象庁がこの日の午前0時から運用を開始した「特別警報」周知のためのチラシ「命を守るために知ってほしい特別警報」を、市内大型スーパー前で配布した。

(全文を表示…)

2013年8月31日(土) 09:00 [社会・全般]

有効求人倍率0・66倍/宮古7月雇用

「医療・福祉」の求人好調


 宮古公共職業安定所(岩野眞司所長)管内の7月の有効求人倍率は0・66倍で、前年同月比0・13ポイント上昇した。改善は22カ月連続。県全体の0・55倍を0・11ポイント上回った。「宿泊・飲食サービス業(新規求人73人)」、「医療・福祉(同66人)」、「卸・小売業(同35人)」などの求人が、好調だった。岩野所長が30日、7月の管内雇用の動きを発表した。

(全文を表示…)

2013年8月30日(金) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

脅威事案から子ども守れ!/宮古島署と市教委

「ゆいまーる制度」締結/犯罪の未然防止に意欲


締結書に調印した宮城署長(左)と田場教育長職務代行者=29日、宮古島署

締結書に調印した宮城署長(左)と田場教育長職務代行者=29日、宮古島署

 「子どもを犯罪から守る学校ゆいまーる制度」の締結式が29日、宮古島警察署で行われた。宮古島署の宮城英眞署長と市教育委員会の田場秀樹教育部長(教育長職務代行者)が協定書に調印し、県内初となる同制度の締結を行った。

(全文を表示…)

2013年8月30日(金) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

廃校議案の取り下げを

来間自治会など 市教委に要請


来間中を廃校にするための議案を取り下げるよう要請する来間島の住民ら=29日、市役所城辺庁舎

来間中を廃校にするための議案を取り下げるよう要請する来間島の住民ら=29日、市役所城辺庁舎

 来間中学校を廃校にするための議案が来月4日開会予定の宮古島市議会9月定例会に提出されることを受けて、来間自治会など5関係団体は29日、市教育委員会(宮國博委員長)に、同議案を取り下げるよう要請した。同時に71世帯151人分の署名を手渡した。取り下げ要請に対して宮國委員長は「今のところそういう考えはない」と述べた。

(全文を表示…)

2013年8月30日(金) 09:00 [社会・全般]

念願の運転免許取得/みやこ学園の利用者ら

自動車の運転免許取得を報告した手前左から吉濱さん、砂川正和さん、大山さん、砂川将志さん=29日、市役所平良庁舎

自動車の運転免許取得を報告した手前左から吉濱さん、砂川正和さん、大山さん、砂川将志さん=29日、市役所平良庁舎

 「みやこ福祉会」(伊志嶺博司理事長)が運営するみやこ学園の利用者と野菜ランドみやこの従業員4人が29日、市役所平良庁舎に長濱政治副市長を訪ね「頑張って運転免許を取りました」と笑顔いっぱいの報告を行った。

(全文を表示…)

2013年8月29日(木) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

来間中存続で請願書と署名

自治会が市議会に提出


来間中の存続を求める請願書と署名を提出する来間自治会の(左から)砂川葉子さん、砂川三男さん、国仲昭代さん=28日、市役所平良庁舎

来間中の存続を求める請願書と署名を提出する来間自治会の(左から)砂川葉子さん、砂川三男さん、国仲昭代さん=28日、市役所平良庁舎

 来間中学校を廃校にするための議案が4日開会予定の市議会9月定例会に提出されることを受けて、来間自治会(来間得良会長)は28日午後、市議会(平良隆議長)に同校の存続などを求める請願書と自治会内の69世帯(全72世帯)147人分の署名を提出した。

(全文を表示…)

2013年8月28日(水) 09:00 [教育・文化, 社会・全般]

「大成し社会に貢献を」/南秀会

13年度前期奨学金を給付


仲地理事長が3人に奨学金を給付した。写真左から川満校長、仲地理事長、狩俣さん、亀川さん、山口さんと真榮城理事=26日、宮古高校

仲地理事長が3人に奨学金を給付した。写真左から川満校長、仲地理事長、狩俣さん、亀川さん、山口さんと真榮城理事=26日、宮古高校

 2013年度の南秀会(仲地清成理事長)奨学金給付式(前期)が26日、宮古高校(川満健校長)で行われた。奨学金を受けたのは筑波大学人文・文化学部日本文化学類4年の亀川かすみさん、浜松医科大学医学部看護学科3年の山口綾香さんと九州工業大学工学部マテリアル工学科4年の狩俣夏輝さんの3人。狩俣さん以外はそれぞれの保護者が受け取った。

(全文を表示…)

2013年8月28日(水) 09:00 [社会・全般]

溺れていた女性助ける

人命救助功労で感謝状贈る/宮古島署が国分さんに


宮城署長(左)から感謝状を受けた(左から)国分さん、明子さん。右は大泊信千地域課長=27日、宮古島署

宮城署長(左)から感謝状を受けた(左から)国分さん、明子さん。右は大泊信千地域課長=27日、宮古島署

 宮古島署(宮城英眞署長)は27日、大学教員で埼玉県在住の国分貴徳さん(33)を水難事故における人命救助功労者として感謝状を贈った。

(全文を表示…)

2013年8月28日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

生活者目線の「まちづくり」へ/西里大通り商店街

中心市街地再生に向けて/古川氏招き講演会


講演会には西里通りの商店主、地権者、市民が集まり、熱心に古川氏の講話に耳を傾けた=26日夕、平良西里のギャラリーTOMOE

講演会には西里通りの商店主、地権者、市民が集まり、熱心に古川氏の講話に耳を傾けた=26日夕、平良西里のギャラリーTOMOE

 西里大通り商店街振興組合(羽地昇子理事長)主催の「まちづくり講演会」が26日夕、市平良西里のギャラリーTOMEで開催された。「シャッター通り」と化した中心市街地を再生し、全国的にも中心市街地活性化事例として有名な香川県高松丸亀町商店街振興組合理事長の古川康造氏を講師として招き、同商店街が再生に至るまでの経緯や同商店街が行った開発手法などについて講演した。講演会には多くの西里通りの商店主や地権者が集まり、熱心に古川氏の講話に耳を傾けた。古川氏は「商業者目線から生活者目線へ考え方をシフトさせることが重要だ」と述べ、丸亀町商店街の事例を紹介した。

(全文を表示…)

2013年8月27日(火) 09:00 [社会・全般]

まずは早期発見が大事/認知症公開講座

6人のパネラーが意見発表


6人のパネリストがおのおのの立場から認知症について意見を述べた公開講座のディスカッション=24日夕、マティダ市民劇場

6人のパネリストがおのおのの立場から認知症について意見を述べた公開講座のディスカッション=24日夕、マティダ市民劇場

 認知症をテーマにした市民公開講座(主催・認知症家族会みやこなど)が24日、マティダ市民劇場で催され、専門家2人による講演の後、パネリスト6人によるパネルディスカッションが開かれた。介護、医療の分野で日常的に認知症と向き合うパネラーがそれぞれの立場から提言した。早期発見の重要性や発症後には周囲みんなで見守ることの大切さなどを訴えた。

(全文を表示…)

2013年8月25日(日) 09:00 [社会・全般]

伸び率は県内一/申告所得税

e-Taxが奏効/12年度国税収納宮古島税務署


 沖縄国税事務所は23日、2012年度租税収納状況について発表した。同事務所管内すべての租税収納済額は、2604億9800万円で前年度の2589億6700万円に比べて15億3000万円(0・6%)増加し、4年連続の増加となった。一方、宮古島税務署では44億5300万円で前年度の45億4600万円より9300万円(2%)減少したが、これは相続税申告が前年を下回った影響によるもの。宮古島税務署管内では申告所得税が対前年度比で20・3%伸ばしており、県全体の伸び率が5・4%であるのに対し、著しい伸びをみせ県内トップとなった。e-Taxでの確定申告が好調推移したことが奏効した。

(全文を表示…)

2013年8月25日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

子どものアレルギー増加/琉大の知念准教授

エコチル調査で市民講座


子どものアレルギーについて学んだ市民公開講座=24日、平良保健センター

子どものアレルギーについて学んだ市民公開講座=24日、平良保健センター

 「子どもの健康と環境に関する全国調査(通称・エコチル調査)」の関連で24日、2013年度の第1回市民公開講座が平良保健センターで開催された。琉大医学部の知念安紹准教授は「子どものアレルギーのヒソヒソ話」と題して講話。知念准教授は、子どものアレルギーが近年増えた理由は分かっていないとしたものの、「近代的環境で著しく増加した化学物質の暴露が、その後のアレルギー疾患に関与している」との仮説を示した。

(全文を表示…)

2013年8月25日(日) 09:00 [社会・全般]

認知症 周囲の支え重要

専門家招き公開講座/家族会など主催


「認知症、みんなで早期発見するために」とのテーマで開かれた市民公開講座=24日、マティダ市民劇場

「認知症、みんなで早期発見するために」とのテーマで開かれた市民公開講座=24日、マティダ市民劇場

 認知症をテーマにした市民公開講座(主催・認知症家族会みやこなど)が24日、マティダ市民劇場で開かれた。専門家がさまざまな角度から調査・研究された事例などを紹介。認知症は病気であるという認識を持ち、周囲が支えていくことや、予防のためには食事や運動の生活習慣、人との付き合いなどが重要だと訴えた。

(全文を表示…)

2013年8月24日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

交通安全功労で高江洲さんら/県警察本部

宮古から7個人、1団体表彰


交通功労者表彰式に出席した宮古島地区の受賞者と宮里敏男交通安全協会長(前列中)=23日、那覇市のパシフィックホテル沖縄

交通功労者表彰式に出席した宮古島地区の受賞者と宮里敏男交通安全協会長(前列中)=23日、那覇市のパシフィックホテル沖縄

 【那覇支社】県警察本部(笠原俊彦本部長)と県交通安全協会連合会(比嘉良雄会長)主催の「2013年度交通安全功労者等表彰式」が23日、那覇市のパシフィックホテル沖縄で催され、宮古島市など県内各地区から個人137人、33団体に表彰状や感謝状が贈られた。

(全文を表示…)

2013年8月21日(水) 09:00 [社会・全般]

迅速な消火活動たたえる/市消防本部

大番運送に感謝状


消火活動に協力したとして感謝状を受けた大番運送の寄川代表(左から2人目)と前泊さん(中央)=20日、宮古島市消防本部

消火活動に協力したとして感謝状を受けた大番運送の寄川代表(左から2人目)と前泊さん(中央)=20日、宮古島市消防本部

 宮古島市消防本部(来間克消防長)は20日、建物火災において消火活動を行い延焼防止に努めたとして大番運送(寄川信一代表)に感謝状を贈呈した。来間消防長は「皆さんの迅速な対応と協力で被害の軽減が図られた」と感謝した。

(全文を表示…)

2013年8月19日(月) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

育成功労者らを表彰/市老人クラブ平良支部大会

世代間交流推進を宣言


前泊支部長(右)から賞状を受け取る老人クラブ育成功労者たち=18日、マティダ市民劇場

前泊支部長(右)から賞状を受け取る老人クラブ育成功労者たち=18日、マティダ市民劇場

 第8回宮古島市老人クラブ連合会平良支部(前泊達雄支部長)クラブ大会が18日、マティダ市民劇場で開かれた。老人クラブ育成功労者や優良クラブ、作品展最優秀賞受賞者の表彰が行われたほか、高齢者が参画する社会づくりと世代間交流推進などの実践を誓う大会宣言が採択された。

(全文を表示…)

2013年8月17日(土) 09:00 [社会・全般]

「押しつけの暴挙」/来間中廃止問題

来間住民 市教委に抗議


5団体の連名による抗議文が宮國委員長(右)に手渡された=16日、市役所城辺庁舎

5団体の連名による抗議文が宮國委員長(右)に手渡された=16日、市役所城辺庁舎

 市教育委員会(宮國博委員長)が来間中学校の廃校に向けた具体的な取り組みに着手したことを受け、来間地区の住民は16日、市役所城辺庁舎を訪れ宮国委員長に対して「地域住民を完全に無視した一方的な押し付けの暴挙」と市教委の姿勢を糾弾するとともに抗議文を提出した。

(全文を表示…)

2013年8月16日(金) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

特殊詐欺被害の防止へ/かぎすま推進協

周知啓蒙でチラシ配布


特殊詐欺被害防止のチラシを配布する関係者ら=15日、沖縄銀行宮古支店

特殊詐欺被害防止のチラシを配布する関係者ら=15日、沖縄銀行宮古支店

 年金支給日の15日、宮古島署(宮城英眞署長)や県宮古事務所、宮古島地区防犯協会などで構成する「宮古かぎすま安全なまちづくり推進協議会」(会長・下地敏彦市長)が沖縄銀行、琉球銀行の両宮古支店でチラシを配布し、銀行を訪れる人たちに特殊詐欺被害防止広報啓発を行った。

(全文を表示…)

2013年8月16日(金) 09:00 [社会・全般]

来間中学校が廃校へ/学校規模適正化

9月議会に審議依頼/市教委定例会
地元住民から反発の声


中学校が廃校となれば名称は「来間小学校」となる=15日、来間小中学校

中学校が廃校となれば名称は「来間小学校」となる=15日、来間小中学校

 学校規模適正化に伴う学校統廃合計画がいよいよ動き出した。15日に行われた市教育委員会(宮國博教育委員長)の第5回定例会で、下地敏彦市長に対し来間中学校の廃校に向けた「市立学校設置条例の一部を改正する条例」を市議会の9月定例会に議案提出を依頼することを全会一致で決定した。議案が9月議会で可決し、同中学校の廃止が決定されれば校区審議会で校区の変更手続きが取られ、新年度から下地中学校に組み入れられる見込みとなっている。一方で来間地区では今月30日に住民説明会が予定されており、今回の決定を聞いた住民からは強い反発の声も上がっている。

(全文を表示…)

2013年8月15日(木) 09:00 [社会・全般]

小中校の耐震化率92%/宮古島市

全国、県平均上回る
未整備施設の早期改修へ/市教委


 文部科学省はこのほど、全国の公立小中学校の校舎や体育館などの耐震化率(4月1日現在)を発表した。耐震化率の全国平均は88・9%で、前年より4・1%上昇した。県内小中学校の耐震化率は80・5%で、前年より2・5ポイント上がったが、全国耐震化率の順位では40位という結果だった。一方、宮古島市の耐震化率は全国平均、県平均を上回る92%に達しており、県内市町村では13位との結果だった。だが、震度6強以上で倒壊する危険性のある校舎、屋体、園舎が計15施設あり、早期の改修整備が求められている。

(全文を表示…)

2013年8月14日(水) 09:00 [社会・全般]

車の保有台数4万4392台/宮古地区13年3月末

軽自動車全体の66%/自家用は一家に1.7台


 宮古地区における2013年3月末現在の自動車保有台数は4万3538台で、前年同期と比べ854台(1・9%)増えたことが沖縄総合事務局宮古運輸事務所のまとめで分かった。軽自動車が、全体の66%を占めた。自家用が4万3695台、事業用が697台。自家用の1台当たり人口は、1・3人。1世帯当たり1・7台保有している。

(全文を表示…)

2013年8月14日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

特定・集団健診始まる/「健康長寿取り戻そう」

市が積極受診呼び掛け/10月4日まで


朝早くから地域の住民が訪れ各健診項目を受診した=13日、七原公民館

朝早くから地域の住民が訪れ各健診項目を受診した=13日、七原公民館

 特定健診制度の2013年度集団健診(保健センター、公民館で実施)が13日、平良地区を皮切りに始まった。七原公民館で行われ、午前8時30分の受付開始から多くの住民が訪れ、血圧測定や血液、尿検査などの健診項目を受診した。最近公表された2011年度の市の特定健診結果は男女ともすべての健診項目で県平均を上回り、市国民健康保険課はこうした状況を危惧し「10月まで各地区で集団健診を実施するので積極的に受診するとともに自分の健康管理に努めてほしい」と呼び掛けた。

(全文を表示…)

2013年8月13日(火) 09:00 [教育・文化, 社会・全般]

市職員採用に新規高卒枠を/高校生派遣補助も

学校長会が市長に要請


下地市長に要請内容を説明する川満校長(左から2人目)ら県立学校長会のメンバーと根間会長(同3人目)=12日、市長室

下地市長に要請内容を説明する川満校長(左から2人目)ら県立学校長会のメンバーと根間会長(同3人目)=12日、市長室

 宮古地区県立学校長会(会長・川満健宮古高校校長)と宮古地区県立学校PTA連合会(会長・根間康雄宮古高校PTA会長)は12日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、学校長会は市職員採用試験への新規高校卒業者枠の新設を、PTA連合会は選手派遣補助金交付事業の対象を高校生まで拡充することを要請した。

(全文を表示…)

2013年8月13日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

先島初の支援販売機設置/沖縄コカコーラ

乳がん患者の会「まんま宮古」/売上げの一部寄付


宮古地区初設置となったピンクリボン活動を支えることを目的とした支援販売機と、「まんま宮古」のメンバー=和工ショールーム前

宮古地区初設置となったピンクリボン活動を支えることを目的とした支援販売機と、「まんま宮古」のメンバー=和工ショールーム前

 宮古島市公設市場駐車場向かいの和工ショールーム前にピンクリボンのロゴが描かれた自動販売機が5月17日から設置されている。この販売機は沖縄コカコーラボトリングが乳がん患者会の「ピンクリボン活動」を支えることを目的に設置した支援販売機で、県内10番目で、先島地区では今回が初設置となった。売上げの一部が乳がん患者会「まんま宮古」のピンクリボン活動に対して寄付される。

(全文を表示…)

2013年8月10日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

平均寿命 県内ワースト/宮古島市の男性

78歳、5年前より短命に/女性は86・2歳で37位


平均寿命の公表に伴い、広く市民に健康管理を呼び掛ける生活環境部の平良哲則部長(左)と健康増進課の石垣和郎課長=9日、市役所平良庁舎

平均寿命の公表に伴い、広く市民に健康管理を呼び掛ける生活環境部の平良哲則部長(左)と健康増進課の石垣和郎課長=9日、市役所平良庁舎

 宮古島市の男性の平均寿命が78歳で、県内で最も短いことが厚生労働省がまとめた「市町村別生命表」で分かった。女性は86・2歳と男性より長寿だが、県内37位と最下位から2番目に短い平均寿命だった。市生活環境部は「市民一人一人の意識が問われている」と危機感を示し、特定健診等の受診に伴う効果的な健康管理の実践を促している。

(全文を表示…)

2013年8月9日(金) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

改修工事が始まる/アツママ御嶽神殿

友利さんら善意の寄進


倒壊寸前だったアツママ御嶽神殿の改修工事がはじまった=7日、平良西里

倒壊寸前だったアツママ御嶽神殿の改修工事がはじまった=7日、平良西里

 学問の神として信仰されているアツママ御嶽(平良西里)の老朽化した神殿の改修工事が7日、はじまった。同御嶽を管理している平良豪浩さんの呼び掛けで、友利敏子さん(沖縄空輸社長)らの善意が寄せられ、倒壊寸前だった神殿の修復工事に着手した。平良さんは「期成委員会を立ち上げ、拝所など御嶽全体の改修工事を行いたい」と話し、御嶽近隣の東、栄、出口、羽立の四カ字自治会の住民に対し改修費用などの協力を求めていきたい考えだ。

(全文を表示…)

2013年8月7日(水) 09:00 [社会・全般]

5カ国から9人が来島/大洋州水道事業研修

市長表敬、中高生と交流も


下地市長(中央手前)を表敬訪問した研修生たち=6日、市役所平良庁舎

下地市長(中央手前)を表敬訪問した研修生たち=6日、市役所平良庁舎

 県企業局主催の「2013年度大洋州島しょにおける水資源管理・水道事業運営」研修のため来島している5カ国9人の研修生が6日午前、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を表敬訪問。同日午後からは市中央公民館で地元の中高校生と交流会を行った。

(全文を表示…)

2013年8月6日(火) 09:00 [社会・全般]

先嶋建設の黒島社長表彰/那覇産業保安監督事務所長

鉱山保安の確保に功労


篠川所長(後列)から那覇産業保安監督事務所長表彰を受けた黒島社長(前列右)と妻・末子さん(前列左)=5日、那覇第2地方合同庁舎

篠川所長(後列)から那覇産業保安監督事務所長表彰を受けた黒島社長(前列右)と妻・末子さん(前列左)=5日、那覇第2地方合同庁舎

 【那覇支社】2013年度那覇地方鉱山保安表彰式が5日、那覇第2合同庁舎で行われ、保安責任者や保安従事者として鉱山保安の確保に功労のあった先嶋建設・先嶋鉱山の黒島正夫社長ら個人3人が、那覇産業保安監督事務所長表彰を受けた。

(全文を表示…)

2013年8月4日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

がん検診受診率が大幅減少/宮古島市12年度

肺、胃、大腸とも過去最低


 ここ数年、宮古島市のがん検診の受診率が大幅に減少するとともに減少傾向に歯止めがかかっていない。2012年度は肺がん、胃がん、大腸がんの3検診とも過去最低を更新。市福祉部健康増進課では積極的な受診を呼び掛けた上で「がん検診やがんという病気に対する意識が希薄になっている感じがする。また、検診で再検査となっても検査をしないケースも多い」と話し、健康に対する意識の高揚を呼び掛けている。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    平成29年6月1日現在

    宮古島市 53,993 人
    26,943 人
    27,050人
    世帯数 26,146軒
    多良間村 1,189 人
    641 人
    548 人
    世帯数 531 軒
  • 天気


  •  

    2013年8月
    « 7月   9月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2