2013年8月のニュース一覧

2013年8月21日(水) 09:00 [社会・全般]

迅速な消火活動たたえる/市消防本部

大番運送に感謝状


消火活動に協力したとして感謝状を受けた大番運送の寄川代表(左から2人目)と前泊さん(中央)=20日、宮古島市消防本部

消火活動に協力したとして感謝状を受けた大番運送の寄川代表(左から2人目)と前泊さん(中央)=20日、宮古島市消防本部

 宮古島市消防本部(来間克消防長)は20日、建物火災において消火活動を行い延焼防止に努めたとして大番運送(寄川信一代表)に感謝状を贈呈した。来間消防長は「皆さんの迅速な対応と協力で被害の軽減が図られた」と感謝した。

(全文を表示…)

2013年8月21日(水) 09:00 [地域・暮らし]

綾道(砂川・友利コース)が観光客らに人気

地図手に歴史散策/元島や上比屋山が身近に


 宮古島市教育委員会が選定した城辺の綾道(砂川・友利コース)が脚光を浴び始めている。イラストをふんだんに使った綾道マップが話題を集めており、主に子どもたちの歴史・文化活動などに役立てられている。観光客もマップを使って友利元島遺跡や上比屋山遺跡、金志川豊見親屋敷跡遺跡などを巡る歴史散策を楽しんでいるという。綾道マップは市役所各庁舎や市中央公民館で無料配布されている。

(全文を表示…)

2013年8月21日(水) 09:00 [地域・暮らし]

きょう全便欠航/海の離島便

大潮で高波・高潮に注意を


20日夕方の便からの欠航で閑散とする平良港ターミナル。右上は21日終日欠航を知らせる貼り紙=20日、平良港ターミナル

20日夕方の便からの欠航で閑散とする平良港ターミナル。右上は21日終日欠航を知らせる貼り紙=20日、平良港ターミナル

 台風12号は、発達しながら進路を北西に変え、21日には宮古島に最接近する見込み。風速25㍍以上の暴風域に入る恐れがある。宮古本島と周辺離島を結ぶ船便は全便欠航し、利用客約1000人の足に影響が出ると予想されている。

(全文を表示…)

2013年8月21日(水) 09:00 [地域・暮らし]

全域で干ばつ解消へ/宮古島地方

19、20日にまとまった雨/農家、台風の雨に期待


まとまった雨で道路に水たまりができた=20日、平良

まとまった雨で道路に水たまりができた=20日、平良

 宮古島地方に19日から20日にかけて、台風12号の影響でまとまった雨が降った。宮古島の北部や伊良部、多良間の干ばつは解消。宮古島の城辺や上野、下地でも緩和された。21日朝に最接近する台風は大雨を降らすとみられ、同日にも宮古全域で干ばつ解消となりそうだ。

(全文を表示…)

2013年8月20日(火) 17:56 [【特集】イベント・行事, 特集]

親子で工作 楽しいね/ふれあい手作り広場 本社主催

第26回親子ふれあい手作り広場(主催・宮古毎日新聞社、協賛・メイクマン)が18日、メイクマン宮古店で行われ、参加親子がカンカラ三線作りやしっくい、手染め、木工工作などに挑戦した。会場には174組の親子が訪れ、工作を通して夏休みの思い出をつくった。広場の様子を写真で紹介する。

しっくい面シーサー作りに挑戦する子どもたち。お母さんと協力しながら慎重に作業を進めた=18日、メイクマン宮古店

しっくい面シーサー作りに挑戦する子どもたち。お母さんと協力しながら慎重に作業を進めた=18日、メイクマン宮古店


「切る作業はまかせて!」お父さんの前で木材をカット

「切る作業はまかせて!」お父さんの前で木材をカット


三線作りをする親子。表情は真剣そのもの

三線作りをする親子。表情は真剣そのもの


クッキー缶に穴を開ける作業に挑戦する児童。お母さんたちは「頑張れ!」と声援

クッキー缶に穴を開ける作業に挑戦する児童。お母さんたちは「頑張れ!」と声援


宝箱づくりで金づちとくぎを使用。助言を受けながら作業を進める

宝箱づくりで金づちとくぎを使用。助言を受けながら作業を進める


親子共同で木材をカット。夏休みの楽しい思い出をつくった

親子共同で木材をカット。夏休みの楽しい思い出をつくった


午前の部に86組、午後の部に88組の親子が参加し会場は終日にぎわった

午前の部に86組、午後の部に88組の親子が参加し会場は終日にぎわった

アクリル工作で作ったピンボールで遊ぶ子どもたち

アクリル工作で作ったピンボールで遊ぶ子どもたち



好天恵まれプレー満喫

2013年8月20日(火) 17:49 [【特集】イベント・行事, 特集]

伸びやかに独創的に/第32回全宮古書道展

第32回全宮古書道展(主催・書心会、宮古毎日新聞社)が16日、市中央公民館大ホールで開幕した。子どもたちの伸び伸びとした書や一般、高齢者の独創的な作品1000点余りを一堂に展示。初日から子や孫たちの力作を見ようと家族連れらが詰め掛けにぎわいを見せた。

第32回全宮古書道展(主催・書心会、宮古毎日新聞社)が16日、市中央公民館大ホールで開幕した。子どもたちの伸び伸びとした書や一般、高齢者の独創的な作品1000点余りを一堂に展示。初日から子や孫たちの力作を見ようと家族連れらが詰め掛けにぎわいを見せた。

子どもたちが伸び伸びと書いた作品が参観者の目を引き付けている=18日、市中央公民館


年齢を感じさせない力強い書が展示されている「高齢者の部」コーナー

年齢を感じさせない力強い書が展示されている「高齢者の部」コーナー


宮国政哉君は自分の入賞作品を指差して笑顔いっぱい

宮国政哉君は自分の入賞作品を指差して笑顔いっぱい


独創的な作品が見る人の目を楽しませている

独創的な作品が見る人の目を楽しませている

最高齢者90歳、仲本勇光さんの作品「千文字」の一部

最高齢者90歳、仲本勇光さんの作品「千文字」の一部


宮古特別支援学校の卒業生らによる個性豊かな書

宮古特別支援学校の卒業生らによる個性豊かな書


子どもからお年寄りまでの作品1000点余を展示

子どもからお年寄りまでの作品1000点余を展示

 



好天恵まれプレー満喫

2013年8月20日(火) 09:00 [環境・エコ]

環境整備専門委が発足/海中公園のサンゴ礁

委員長に土屋誠琉大教授


被害を受けたサンゴ礁を視察する関係者ら=19日、市海中公園

被害を受けたサンゴ礁を視察する関係者ら=19日、市海中公園

 狩俣西海岸で2010年度に始まった市海中公園工事の際に工事現場に設置した汚濁防止膜が破損し、濁水の流出で一部のサンゴが死滅・破損したことを受け、同公園環境整備専門委員会が19日、発足し、市役所平良庁舎で初めての委員会が開かれた。委員長に琉球大学教授の土屋誠さんが就任した。今後、サンゴの被害を受けた現場では、市海業センターで養殖中のサンゴを移植・移設し、多種類のサンゴ資源を再生する方針。

(全文を表示…)

2013年8月20日(火) 09:00 [地域・暮らし]

手を合わせ先祖供養/旧盆の「ンカイ」

一族の健康願う/家族の絆再確認


先祖の霊に手を合わせ一族の健康を願った=19日、平良の狩俣行雄さん宅

先祖の霊に手を合わせ一族の健康を願った=19日、平良の狩俣行雄さん宅

 旧盆(ストゥガツ)初日は、先祖の霊を後世から迎える「ンカイ(迎え)」。宮古各地では「ンカイ」の19日、台風12号が接近する中で墓や家の門前で線香をたき、先祖を迎える風景が見られた。ヤームトゥ(本家)などでは仏壇にご馳走が供えられ、家族や親族が後生(あの世)から迎えた先祖の霊に手を合わせ一族の子孫繁栄と無病息災を願った。旧盆は3日続き2日目は「ナカビ」。3日目は「ウフイユー」と称し、夜遅くに神様を送る。

(全文を表示…)

2013年8月20日(火) 09:00 [地域・暮らし]

旧盆送り日に最接近/台風12号

勢力強め先島諸島へ


 気象庁によると台風第12号は、19日18時現在、沖縄の南、北緯20度0分、東経128度10分の位置にあり、ゆっくりとした速度で北北東に向かって進んでいる。中心気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18㍍、最大瞬間風速は25㍍。中心から南側170㌔、北側110㌔の範囲で15㍍以上の強い風が吹いている。次第に勢力を強めながら先島諸島に向かうものとみられる。

(全文を表示…)

2013年8月20日(火) 09:00 [産業・経済]

キビ夏植え始まる/2014-15年産

夏休みの孫ら手伝う


2節苗を植え付ける益田さんの孫たち=19日、城辺福中

2節苗を植え付ける益田さんの孫たち=19日、城辺福中

 2014-15年産サトウキビの夏植えが、始まっている。城辺福中の益田高明さんの畑では19日午前、孫らも手伝うにぎやかな作業光景が見られた。2節苗を畝間に落とし、足で土をかぶせる昔ながらの光景だ。

(全文を表示…)

2013年8月20日(火) 09:00 [産業・経済]

子牛1頭46万9000円/8月肉用牛競り

全国的不足で高値水準


 JAおきなわ宮古家畜市場の2013年8月期競りの子牛平均価格は46万9599円と、前月比では1万8269円下げたものの、40万円台の高値水準となった。全国的な子牛不足が、価格を押し上げているという。

(全文を表示…)

2013年8月20日(火) 09:00 [政治・行政]

市議選 32人が立候補予定/新人は9人名乗り

告示まで2カ月 現職21人、元職2人


 任期満了に伴う市議会議員選挙は10月20日の告示まで2カ月となった。定数26議席に、現在までに新人9人を含む現職、元職合わせて32人が立候補を予定している。水面下では地縁、血縁を中心に支持固めがなされており、親せきらが多数集まる旧盆中には、さらなる集票固めが行われそうだ。

(全文を表示…)

2013年8月20日(火) 09:00 [行雲流水]

「オリバー・ストーン」(行雲流水)

 ベトナム戦争の最前線を舞台に、地獄のような戦場と、兵士たちの赤裸々な姿を映画「プラトーン」に描いて、アカデミー賞・作品賞を受賞したオリバー・ストーン氏が、第2次世界大戦から今日までのアメリカの現代史を鋭く問い直すドキュメンタリー作品を発表、アメリカ人の歴史認識を大きく揺さぶっている

(全文を表示…)

2013年8月19日(月) 09:00 [イベント]

親子で工作に挑戦/本社主催手作り広場

カンカラ三線など/夏休みの楽しい思い出に


親子で工作に挑戦し夏休みの楽しい思い出をつくった=18日、メイクマン宮古店

親子で工作に挑戦し夏休みの楽しい思い出をつくった=18日、メイクマン宮古店

 第26回親子ふれあい手作り広場(主催・宮古毎日新聞社、協賛・メイクマン)が18日、メイクマン宮古店で行われた。午前、午後の部に合わせて174組の親子が参加し、カンカラ三線やしっくい、手染め、木工工作などに挑戦して夏休みの楽しい思い出をつくった。

(全文を表示…)

2013年8月19日(月) 09:00 [環境・エコ]

大賞にふれあいの里/漂着物アートコン表彰式

海と陸、灯台立体的に


表彰を受けた入賞者の皆さん=18日、宮古島海中公園

表彰を受けた入賞者の皆さん=18日、宮古島海中公園

 第11回漂着物アートコンクール(主催・海洋調査研究会)の表彰式が18日、宮古島海中公園で行われた。最高賞の大賞に選ばれたふれあいの里(作品「海」)に同研究会の池間隆守会長から賞状と副賞が贈られた。そのほか全入賞者にも賞状が手渡された。

(全文を表示…)

2013年8月19日(月) 09:00 [地域・暮らし]

きょう旧盆「ンカイ」

買い物客でスーパー混雑/空港は帰省ラッシュ


旧盆準備の買い物客でにぎわう店内=18日、マックスバリュ宮古南店

旧盆準備の買い物客でにぎわう店内=18日、マックスバリュ宮古南店

 きょう19日から先祖の霊を迎えて供養する年中行事の旧盆が始まる。宮古では「ストゥガツ」と呼ばれ、旧暦の7月13~15日の3日間行う。旧盆入りを前日に控えた18日、市内の大型スーパーでは仏壇に供える果物や料理の材料を買う人たちで混雑した。また、宮古空港には、親族とともに故郷で旧盆を過ごそうと大勢の里帰り客が降り立った。

(全文を表示…)

2013年8月19日(月) 09:00 [教育・文化]

市場に若いパワー/高校生カフェ「んまがぬ家」

波及効果も徐々に/もうすぐ開店1カ月


カフェ「んまがぬ家」を営業する宮総実高の4人。右端が店長の伊佐由紀佳さん=17日、宮古島公設市場内

カフェ「んまがぬ家」を営業する宮総実高の4人。右端が店長の伊佐由紀佳さん=17日、宮古島公設市場内

 宮古島公設市場内に開店した県内初の高校生が営業するカフェ「んまがぬ家」が21日で1カ月を迎える。開店してから日が浅く、知名度は今ひとつだが、地域の人や観光客に宮古の特産品を使った商品を買ってもらおうと日々奮闘している。周囲の人たちも「若いパワーで市場内が活気づいている」と温かく見守っている。


 同店は、三重県多気町にある高校生レストラン「まごの店」を参考に7月21日にオープンした。


 宮古総合実業高校の4人が仕入れから調理、接客、販売、コスト管理まですべてを担当している。


 メニューは、宮古そばを使った「温・冷麺セット」、宮古島産の紫いもを利用した揚げ菓子「みゃ~くんチュロとむらさき丸」


 最近ではリピーターも増え、おやつにと買っていく人や、近くの商店街の人たちが出前を頼んだりするようになった。


 仕込みに時間がかかり、肝心の調理に集中できないなどさまざまな失敗はあったが、そこは高校生の体力とチームワークで乗り切った。


 店長の伊佐由紀佳さん(3年)は「笑顔での接客や丁寧な言葉遣いを心掛けている。将来は動物に関わる仕事に就きたい。ここで学んだ知識が生かせれば」と話した。


 市場内に店を構える人たちも温かく見守っている。


 与那覇政江さんは「カフェでそばを買った人が私の店で『ジューシー』を買うなど、波及効果が出ている」と語った。


 同店を管理、運営する「ティダヌファ」の担当者、伊佐明子さんは「高校生の時からビジネス感覚が養え、将来を見据えることができる」と教育実習施設としての役割を強調。「宮古の資源に目を向ければ、地元に愛着を抱き島を愛する人に育っていくはず」と期待を込めた。


 働く高校生は「修業の場」と捉えることから無給。営業日は土、日と祝日。営業時間は午前10時から商品が売り切れるまで。


 同店では高校生のスタッフを募集している。問い合わせは宮古島地域雇用創造協議会(電話79・5288)まで。

2013年8月19日(月) 09:00 [地域・暮らし, 環境・エコ]

親子で海のレジャー満喫/青少年の家主催

カヤック、水上バイク体験


シーカヤックを楽しむ参加者たち=18日、高野漁港西の浜

シーカヤックを楽しむ参加者たち=18日、高野漁港西の浜

 県立宮古青少年の家主催の親子シーカヤック、水上バイク試乗体験が18日、高野漁港西の浜で開かれた。市民や観光客など15家族14人が参加。夏の強い日差しが降り注ぐ中、参加者たちは宮古島の美しい海でマリンレジャーを親子で楽しんだ。

(全文を表示…)

2013年8月19日(月) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

育成功労者らを表彰/市老人クラブ平良支部大会

世代間交流推進を宣言


前泊支部長(右)から賞状を受け取る老人クラブ育成功労者たち=18日、マティダ市民劇場

前泊支部長(右)から賞状を受け取る老人クラブ育成功労者たち=18日、マティダ市民劇場

 第8回宮古島市老人クラブ連合会平良支部(前泊達雄支部長)クラブ大会が18日、マティダ市民劇場で開かれた。老人クラブ育成功労者や優良クラブ、作品展最優秀賞受賞者の表彰が行われたほか、高齢者が参画する社会づくりと世代間交流推進などの実践を誓う大会宣言が採択された。

(全文を表示…)

2013年8月18日(日) 09:10 [教育・文化]

お茶の作法学ぶ/下地公民館講座

児童6人に修了証書


こども茶道講座を修了した子どもたち。前列左は平良宗幸さん=17日、下地公民館

こども茶道講座を修了した子どもたち。前列左は平良宗幸さん=17日、下地公民館

 下地公民館の「こども茶道講座」が17日、同館で開かれた。5日間受講した子どもたちが、これまで学んできたお茶の作法をお母さんたちに披露した。講座はこの日で修了し、児童6人に修了証書が手渡された。

(全文を表示…)

2013年8月18日(日) 09:08 [教育・文化]

言葉の壁を乗り越えて/下地中

台湾国際交流で報告会


台湾での体験交流を発表した生徒たち=16日、下地中学校

台湾での体験交流を発表した生徒たち=16日、下地中学校

 下地中学校(宮國勝也校長)で16日、第13回台湾国際交流報告会があった。1~3年生10人が、それぞれ「台湾交流を終えて」と題して発表し、言葉の壁を乗り越えた交流を振り返って強調した。

(全文を表示…)

2013年8月18日(日) 09:00 [ニュースウィークリー]

8月11日~8月17日

ニュースウィークリー
8月11日~8月17日


夏に乾杯会場熱気/オリオンビアフェスト

 恒例行事となった「夏の風物詩」オリオンビアフェスト2013in宮古が10日夕、平良の前福多目的運動場で開催された。突然の雨で開催が心配されたが、開演までには雨も上がり予定通りの開催となった。訪れた大勢の市民や観客らは冷たいビールを片手に、舞台で繰り広げられる熱気あふれるライブを満喫した。(8月11日掲載)

(全文を表示…)

2013年8月18日(日) 09:00 [日曜訪問]

砂川 史香さん(26歳)/学芸員

島に根ざす歴史文化の紹介を


砂川 史香さん

砂川 史香さん

 「先史時代、私たちの先祖はどんな人たちで、どんな暮らしをしていたか興味があった」と話し、大学では考古学を専攻、現在、宮古島市総合博物館で学芸員を務める。「県内では珍しい総合博物館なので、歴史、民俗、自然科学、美術工芸など全般を扱うことで知らないことがたくさんあり、逆に学ばなくてはならないことが多い」と真摯。現在、第25回企画展「美ぎ布~苧麻糸が繋ぐ伝統の技」が進行中、この日は行政チャンネルに紹介するため、自ら宮古上布の古布を着て企画展をアピールする。

(全文を表示…)

2013年8月18日(日) 09:00 [美ぎ島net]

少年リーダーたち研修でたくましく/「子ども会」

行政と育成会が後押し


研修会では、4つのグループに分かれ夕食の献立作り=6日、宮古青少年の家

研修会では、4つのグループに分かれ夕食の献立作り=6日、宮古青少年の家

 7月22日にスタートした夏休みも終盤。真っ黒に日焼けした子どもたちは、そろそろ疲れも出始め、気になるのは宿題のこと。残り2週間がラストスパートとなる。40日間を思い思いに過ごす夏休み。ひと頃と違って選択肢の多い日常で、親や地域にとっては気を使う季節でもあり、宮古島市子ども会育成協議会(奈良俊一郎会長)では、集落単位で活動する子ども会の活動に期待をかける。現在41の単子連があり、それぞれの活動で親子、地域のつながりを再確認する。

(全文を表示…)

2013年8月18日(日) 09:00 [地域・暮らし]

里帰り、きょうピーク/旧盆

Uターンは22、23日/航空4社宮古発は全便満席


土産を手に空港に到着した帰省客ら=17日、宮古空港

土産を手に空港に到着した帰省客ら=17日、宮古空港

 旧盆の迎え日を2日後に控えた17日、宮古空港到着ロビーには土産を手に、里帰りする人たちの姿が見られた。帰省のピークはきょう18日で、日本トランスオーシャン航空(JTA)、琉球エアーコミューター(RAC)、全日空(ANA)とスカイマーク(SKY)の宮古空港着の便は、いずれもほぼ満席となっている。

(全文を表示…)

2013年8月18日(日) 09:00 [地域・暮らし]

子どもたちを守ろう/多良間村

夏休み保護者集会開く


子どもたちの飲酒・喫煙を許さないことなどを誓った保護者集会=15日、多良間小学校

子どもたちの飲酒・喫煙を許さないことなどを誓った保護者集会=15日、多良間小学校

 【多良間】多良間小学校で15日、合同保護者集会が開かれた。子どもたちの飲酒や喫煙、深夜はいかいなどを許さないとする大会宣言を確認し、「島の宝」である子どもたちの未来に責任を持ち、連帯・協力していくことを誓った。

(全文を表示…)

2013年8月18日(日) 09:00 [産業・経済]

レンタカーフル稼働/宮古地区

夏休み、新・旧盆重なり


ずらりと並ぶ「わ」ナンバーのレンタカー=17日、砂山ビーチ駐車場

ずらりと並ぶ「わ」ナンバーのレンタカー=17日、砂山ビーチ駐車場

 市内のレンタカーが、先週からフル稼働している。夏休みの家族観光に、新・旧盆の里帰りが重なった。OTSレンタカー宮古空港前店では、約200台が休む間もなくフル回転。予約は、旧盆明けの22日まで埋まっている。

(全文を表示…)

2013年8月18日(日) 09:00 [イベント]

「希望」胸に2000周/10RUN

高校生ら170人、連続10時間/震災被災者支援で力走


10時間走を達成し、跳び上がってゴールする生徒たち。喜びを全身で表現した=17日、市陸上競技場

10時間走を達成し、跳び上がってゴールする生徒たち。喜びを全身で表現した=17日、市陸上競技場

 高校生がリレー方式で10時間走り続けるチャリティーフェスタ「10RUN(ワン・オー・ラン)2013」が17日、市陸上競技場で行われた。今年は3高校の生徒計140人に加え、飛び入りの市民約30人も力走し、午前9時から午後7時までの10時間で計2000周走った。周回数に応じて協賛企業の約70社から寄せられる募金は後日、東日本大震災の被災者や島内の福祉施設に寄付する。

(全文を表示…)

2013年8月17日(土) 09:00 [産業・経済]

若い力で畜産振興を/宮古和牛改良組合

会員25人で青年部設立


事業計画などを承認した設立総会=15日、機械化営農センター

事業計画などを承認した設立総会=15日、機械化営農センター

 宮古和牛改良組合青年部の設立総会が15日、宮古地区機械化営農センターで開かれ、初代部会長に島尻誠さんを選出したほか、規約、2013年度の事業計画などを全員一致で承認した。

(全文を表示…)

2013年8月17日(土) 09:00 [イベント]

バイオリニスト木野氏ら出演/青少年国際音楽祭

25日にプレコンサート

 

会見で多数の来場を呼び掛ける天野委員長(右)と下地市長(中央)、砂川副会長=16日、市長室

会見で多数の来場を呼び掛ける天野委員長(右)と下地市長(中央)、砂川副会長=16日、市長室

 世界的バイオリニスト・イヴリー・ギトリス氏の出演が決まっている2014年夏開催の「みやこじま青少年国際音楽祭」のプレコンサートが25日午後7時から、マティダ市民劇場で開催。ギトリス氏に師事したバイオリニストの木野雅之氏と宮古島市ジュニアオーケストラが共演する。同音楽祭実行委員会の天野誠委員長らは16日、市役所平良庁舎で会見を開き、多数の来場を呼び掛けた。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和2年12月1日現在

    宮古島市 55,032 人
    27,825 人
    27,207 人
    世帯数 28,388 軒
    多良間村 1,103人
    602 人
    501 人
    世帯数 520 軒
  • 天気


  •  

    2013年8月
    « 7月   9月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2