2013年9月7日のニュース一覧

2013年9月7日(土) 09:00 [政治・行政]

小中学校の給食用牛乳「加工乳」に切り替え/宮古島市

生乳確保困難に/2学期から実施、伝達不足も


一般会計補正予算案など当局提出の議案を審査する文教社会委員会=6日、市役所平良庁舎

一般会計補正予算案など当局提出の議案を審査する文教社会委員会=6日、市役所平良庁舎

 宮古島市立の全36小中学校の学校給食用牛乳が2学期から「加工乳」となっている。島内で必要な生乳を確保できないことが要因。県教育委員会によると、学校給食における加工乳は全県でも宮古島市のみ。市教育委員会は学校を通じて加工乳に切り替えたことを保護者に伝達しているが、行き届いていない地域もある。生乳100%の牛乳がいつ再開されるのかは未定だ。

(全文を表示…)

2013年9月7日(土) 09:00 [地域・暮らし]

市伝統工芸館が起工/宮古上布の振興寄与

来年3月に供用開始


安全祈願でくわ入れを行う長濱副市長(手前右)ら=6日、上野地区野原

安全祈願でくわ入れを行う長濱副市長(手前右)ら=6日、上野地区野原

 宮古島市(下地敏彦市長)は6日、上野字野原で「宮古島市伝統工芸館」の起工式を行った。宮古織物事業組合理事長の長濱政治副市長をはじめ工事関係者が工期中の無事故・無災害を願った。

(全文を表示…)

2013年9月7日(土) 09:00 [産業・経済]

前年比9倍の91㌧/JA取り扱いマンゴー

あたらす市場出荷で躍進/過去最高を更新


今年のマンゴーはJAの取り扱い高が大幅に増えた(資料写真)

今年のマンゴーはJAの取り扱い高が大幅に増えた(資料写真)

 JAおきなわ宮古地区営農振興センターが取り扱った2013年産マンゴーの出荷量は約91㌧(速報値)と、大不作だった前年(9・8㌧)の約9倍に増えた。過去最高を記録した11年産の33㌧と比べても2・7倍とこれを大幅に更新。従来の市場出荷に加えて、今年から「あたらす市場」に共同選別マンゴーを出したことが実績を躍進させた。販売額は、約1億1100万円に上った。

(全文を表示…)

2013年9月7日(土) 09:00 [地域・暮らし]

紫芋の加工品を試食/友利の婦人会

「なりやまあやぐ」向け開発


友利の住民や役場職員らが参加した試食会=6日、城辺公民館

友利の住民や役場職員らが参加した試食会=6日、城辺公民館

 紫色が鮮やかな「芋もちや」や「芋団子」「芋ゼリー」「芋ぜんざい」「芋のかき揚げ」が6日、試食会のテーブルにずらりと並んだ。城辺友利のなりやま婦人会(西原昌枝代表)が、「なりやまあやぐまつり」(22日、インギャー)での販売に向け開発した自慢の品だ。試食会は住民や役所職員を招いて城辺公民館で開き、味や出来映えに対する反応を探った。
 試食後、参加者一人一人が感想を述べた。

(全文を表示…)

2013年9月7日(土) 09:00 [産業・経済]

来夏、豪華探検船が寄港/米シルバーシー・クルーズ

副社長が事前視察/市、観光協と意見交換


豪華クルーズ探検船の宮古島寄港に向けて意見聴取する米シルバーシー・クルーズ社のメタ副社長(手前左)=6日、市平良庁舎応接室

豪華クルーズ探検船の宮古島寄港に向けて意見聴取する米シルバーシー・クルーズ社のメタ副社長(手前左)=6日、市平良庁舎応接室

 米国で世界周遊のクルーズ船事業を展開するシルバーシー・クルーズ社副社長のダリウス・メタ氏が6日、宮古島市を訪れ、同社がクルーズ船の寄港を計画している平良港湾のなどの状況を視察した。同社は来年3月に豪華客船シルバー・シャドー(2万8000㌧級・乗客数約400人)を沖縄に寄港させるが、宮古には豪華探検船(6130㌧級・乗客約125人)を来年8、9月ごろに寄港させるとしている。メタ氏は市内の港湾視察後、市平良庁舎を訪れ、長濱政治副市長、宮古島観光協会の豊見山健児会長らと意見交換した。

(全文を表示…)

2013年9月7日(土) 09:00 [環境・エコ]

野鳥の「オアシス」回復/大野山林内

人工池の水位戻る


降雨で安定した水位が戻った人工池=5日、平良大野山林

降雨で安定した水位が戻った人工池=5日、平良大野山林

 平良大野山林内で野鳥の水飲み場として利用されている人工池(通称龍の池)は台風12号などによる降雨で安定的な水位が保たれ、野鳥が飛来するようになった。同池は7月の少雨傾向で干上がっていたことから、市みどり推進課(西原武則課長)が応急措置として水を注入していた。

(全文を表示…)