2013年9月11日のニュース一覧

2013年9月11日(水) 09:00 [がんずううやき]

仲間 惇さん(81歳)(平良字前里出身)

母の生きた百歳まで


仲間 惇さん

仲間 惇さん

 健康について仲間さんは「特別なことはないが、朝は5時に起きて1時間ほど歩いています。昼は畑で草取りくらいかな、食事もおかわりはしたことない」と言うが、「風邪も引いたことはない」とがんずうだ。

(全文を表示…)

2013年9月11日(水) 09:00 [スポーツ]

4月20日開催へ/第30回トライ大会

総会で正式決定/第1回競技委員会
 

 第30回という節目を迎える来年の全日本トライアスロン宮古島大会の第1回競技委員会(本村博昭委員長)が9日夜、市役所平良庁舎で開かれた。大会日程について、4月13日、同20日、同27日の3案を検討した結果、20日開催とする方針を決定。日程は今月19日に開催される大会実行委員会総会に提案され、承認を受け正式決定となる。

(全文を表示…)

2013年9月11日(水) 09:00 [地域・暮らし]

福島から避難生活2年半/伊東治好さん

木造大工職人の本領発揮/弟子の育成に強い意欲


太い木材の木組が強い構造であることを説明する伊東さん=10日、平良盛加

太い木材の木組が強い構造であることを説明する伊東さん=10日、平良盛加

 伊東治好さん(47)は宮古島に来る前、原発事故を起こした福島第一原子力発電所から約100㌔離れた福島県二本松市に住んでいた。東日本大震災から3日後の2011年3月14日、原子炉建屋が水素爆発で崩落。伊東さんと妻、子ども3人の一家5人は同15日、放射能を避けるため福島を離れ、翌16日義姉の住む宮古島にたどり着いた。それから2年半。現在は太陽建設(吉本光吉社長)に勤め、木造大工職人の本領を発揮している。

(全文を表示…)

2013年9月11日(水) 09:00 [産業・経済]

仲原ダム高水対策工事進む/伊良部地区排水事業

地下水位上昇を未然防止/立坑工事今月20日に完了


仲原地下ダムの水位上昇を未然に防ぎ排水悪化の懸念を解消する目的で行われているトンネル仮設立坑工事=10日、城辺長間地内

仲原地下ダムの水位上昇を未然に防ぎ排水悪化の懸念を解消する目的で行われているトンネル仮設立坑工事=10日、城辺長間地内

 内閣府沖縄総合事務局宮古伊良部農業水利事業所では2020年度に供用開始予定の国営かんがい排水事業(地下ダム)の伊良部地区排水のための事業を09年度に着手し現在、城辺仲原地区に、その主要水源の一つである地下ダム(仲原地下ダム)を建設中だ。新規に建設する同地下ダムは総事業費523億円をかけて堤長2350㍍のダムを建設しているが、同ダムの地下水位が上がることを未然に防止する目的で、昨年10月に城辺長間で「仲原地下ダム高水対策トンネル仮設立坑工事」を開始した。今月20日に同立坑工事は竣工する。

(全文を表示…)

2013年9月11日(水) 09:00 [政治・行政]

障害福祉、支援金10億円見込む/宮古島市

サービス拡充顕著に/利用者の選択幅広がる


 宮古島市における障害福祉サービスの拡充が顕著に表れ始めている。支援を受けながら働くことができる就労継続支援施設や、障害者が一緒に暮らすグループホームは増加の一途で、利用者の選択の幅が広がっている。各サービスの充実に伴って増加する自立支援給付金は10億円(2013年度)に達する見通しだ。

(全文を表示…)

2013年9月11日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

友だちに安全な水を

アジア友の会に募金託す/みつば保育園


募金を託した子どもたちと関係者ら=10日、平良西里郵便局

募金を託した子どもたちと関係者ら=10日、平良西里郵便局

 アジアに井戸を贈る運動を展開しているみつば保育園(島尻末子園長)の園児代表の7人が10日、平良西里郵便局(与那覇寛信局長)を訪ね、家庭に設置した募金箱で集めた善意の募金3万4905円を「アジア協会アジア友の会」に振り込むよう託した。直ちに振り込まれた。

(全文を表示…)

2013年9月11日(水) 09:00 [産業・経済]

株出増産をアピール/サトウキビ

管理機使用方法を実演


大勢のオペレーターが参加した実演会=10日、下地洲鎌

大勢のオペレーターが参加した実演会=10日、下地洲鎌

 宮古地区さとうきび技術員会(平良正彦会長)は10日、下地洲鎌の畑でサトウキビ株出管理機の実演会を開催した。株そろえなど同時に5種類の作業を行える高性能機。株出栽培が急増する中、同機を駆使した管理徹底によるキビ増産をアピールした。

(全文を表示…)