2013年9月19日のニュース一覧

2013年9月19日(木) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

韓国から観光チャーター便

ゴルフツアー客ら177人/観光協会ら盛大に歓迎


地元の歓迎を受けるツアー客=18日、宮古空港

地元の歓迎を受けるツアー客=18日、宮古空港

 宮古島でゴルフや観光を楽しもうと、韓国からのツアー客177人を乗せたアシアナ航空のチャーター便が18日、宮古空港に到着した。宮古島観光協会(豊見山健児会長)や沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)の関係者がハングル文字で「歓迎アシアナ航空チャーター便」と書かれた横断幕を掲げて歓迎した。ツアー客は宮古の「おもてなし」に笑顔で応えた。

(全文を表示…)

2013年9月19日(木) 09:00 [イベント]

35チーム327人が出場/「カギマナフラin宮古島」

市長が概要発表/根間地区で前夜祭も開催


 21日に城辺友利のインギャーで開催される「カギマナフラin宮古島2013」を前に大会長の下地敏彦市長が18日、市役所平良庁舎で会見を開き大会の概要を発表するとともに市民に対して「このイベントを多くの市民が楽しんでくれればうれしい」と呼び掛けた。大会には21団体から35チーム、327人が出場する。

(全文を表示…)

2013年9月19日(木) 09:00 [地域・暮らし]

最優秀賞に松原さん(久松中1年)

少年の深夜はいかい防止ポスター宮古地区審査会


最優秀賞に選ばれた松原好花さんの作品

最優秀賞に選ばれた松原好花さんの作品

 2013年度「少年の深夜はいかい防止ポスター宮古地区審査会」(主催・宮古島署)が17日、同署で行われ審査の結果、入選8作品を決定した。そのうち最優秀賞には松原好花さん(久松中1年)、優秀賞に嘉手川彩音さん(平良中2年)、優良賞に大野萌夏さん(同)の作品が選ばれた。3作品は11月に県警本部で開催される中央審査会で審査される。

(全文を表示…)

2013年9月19日(木) 09:00 [地域・暮らし]

台湾から恩師の家族訪問

松川さんの子らと涙の対面/高雄市に住む戴さん
「70年来の思いかなう」


前列左から戴さん、松川さんの長女真栄田さん、次女金城絹恵さん、三男勝行さん、羅さん=日、宮古空港

前列左から戴さん、松川さんの長女真栄田さん、次女金城絹恵さん、三男勝行さん、羅さん=日、宮古空港

 台湾高雄市岡山区に住む医師の戴文凱さん(79)が18日、幼いころ勉強を教わった恩師松川浩さんの家族を訪ねて来島した。空港では松川さんの長女真栄田昭子さん(85)=下地川満=らが出迎えて花束を贈呈。戴さんと真栄田さんは、涙をぽろぽろと流す感激の対面となった。戴さんは「先生の家族に会えてうれしい。70年来の思いがかなった」と感無量の様子。真栄田さんは「涙があふれるばかり。戴さんの温かい気持ちには感謝と感激の思いでいっぱい」と語った。

(全文を表示…)

2013年9月19日(木) 09:00 [社会・全般]

かん水タンク、久米島へ/宮古トラック組合

干ばつ支援で2基貸与


 久米島で長引いている干ばつの対策に役立ててもらおうと、宮古地区トラック事業協同組合が10㌧かん水タンクの貸与を始めた。久米島にはない10㌧トラック用かん水タンク2基は13日に海路運搬され、16日から久米島のサトウキビ畑でフル稼働している。久米島製糖はトラック組合の対応に感謝。同組合の奥濱貞夫理事長は「苦しい時はお互いさまだ」と話している。

(全文を表示…)

2013年9月19日(木) 09:00 [政治・行政]

スカイ継続就航に意欲/市議会一般質問

職員、市民に利用呼び掛け/搭乗率向上の取り組みへ


一般質問で答弁する下地市長=18日、市議会議場

一般質問で答弁する下地市長=18日、市議会議場

 18日に行われた宮古島市議会(平良隆議長)9月定例会の一般質問で、下地敏彦市長は搭乗率の低迷が続き4、5月の2カ月間運休となったスカイマーク社の継続就航に向け、搭乗率向上に向けた各種取り組みを展開する方針を示した上で、同社が宮古路線の継続就航について意欲を示していることを報告した。嘉手納学氏の質問に答えた。

(全文を表示…)

2013年9月19日(木) 09:00 [行雲流水]

「9月」(行雲流水)

 9月の異名(旧暦名)には菊開月・菊咲き月・紅葉月・菊月などいろいろあるが一般的には「長月」が定着している。語源は夜が長い月を意味する〝夜長月〟の夜が抜けて「長月」に転じたと言う

(全文を表示…)

2013年9月19日(木) 09:00 [お母さんと一緒]

僕はキョウリュウジャー

▽下里 誠太朗くん(2つ)
▽お母さん・美樹さん


下里 誠太朗くん(2つ)お母さん・美樹さん

下里 誠太朗くん(2つ)お母さん・美樹さん

 誠太朗くんは昨年4月に保育園に入園した。当時は先生に抱っこの状態だったが、現在は園庭を走り回ったり、友だちとじゃれあったりと動きが活発になってきた。加えて「最近言葉が増えてきまして、それにつれて主張するようになってきました」とお母さんの美樹さん。

(全文を表示…)