「」 2013年9月のニュース一覧

2013年9月2日(月) 09:00 [イベント, スポーツ]

喜友名・砂川(Aクラス)組が初優勝/本社杯レディースバドミントン

31組62人が熱戦


Aクラスを制した砂川侑里美(左)と喜友名ゆかり=1日、市総合体育館

Aクラスを制した砂川侑里美(左)と喜友名ゆかり=1日、市総合体育館

 第12回宮古毎日新聞杯レディースバドミントン大会(主催・宮古毎日新聞社、主管・宮古レディースバドミントン連盟)が1日、宮古島市総合体育館で行われた。個人戦ダブルス4種目に計31組62人が出場して熱戦を展開。競技の結果、Aクラスは喜友名ゆかり・砂川侑里美組が初優勝を決めた。Bは新城勝子・砂川正子組、Cは米田洋子・本永洋子組、Dは坂口智佳子・中島真美組がそれぞれ制した。

(全文を表示…)

2013年9月2日(月) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

ロケット作りに挑戦/伊良部公民館

夏休み最後の物作り教室


母と一緒に参加した上里幸太郎君=1日、市伊良部公民館

母と一緒に参加した上里幸太郎君=1日、市伊良部公民館

 工作で子どもたちの豊かな情緒を養おうと、市伊良部公民館は1日、夏休み物作り教室を開いた。親子連れらがペットボトルでロケット作りに挑戦。子どもたちは、オリジナルのロケットを完成させ、「やった」と歓声を上げていた。

(全文を表示…)

2013年9月2日(月) 09:00 [地域・暮らし]

伊良皆村長の活躍に期待/在沖多良間郷友会など4団体

多くの郷友参加し激励会


幼い頃の守姉(子守役)だった池宮城光子さん(右)から花束贈呈される伊良皆氏(左)=8月31日、那覇市のサザンプラザ海邦

幼い頃の守姉(子守役)だった池宮城光子さん(右)から花束贈呈される伊良皆氏(左)=8月31日、那覇市のサザンプラザ海邦

 【那覇支社】7月に第29代多良間村長に就任した伊良皆光夫氏らの激励交流会(共催・在沖多良間郷友会など4団体)が8月31日、那覇市のサザンプラザ海邦で開かれ約150人の在沖郷友の知人や親戚、同期生らが参加した。交流会には同郷の浦添市、那覇市の両市議会で現・前副議長の亀川雅裕氏と翁長俊英氏も主賓として出席した。

(全文を表示…)

2013年9月2日(月) 09:00 [教育・文化, 社会・全般]

個人で歴史資料館開設

珍しい古い写真など展示/元教諭の小禄さんが布干堂に


昔の布干堂周辺の様子を説明する小禄さん=1日、歴史資料館「布干堂」

昔の布干堂周辺の様子を説明する小禄さん=1日、歴史資料館「布干堂」

 宮古郷土史研究会員で元高校教諭の小禄恵良さんが、長年準備を進めてきた歴史資料館「布干堂(ヌヌドー)」が1日、平良下里の同地に開館した。宮古の歴史や民謡のことなどが、パネルに収めた昔の写真や地図、文献などを通して一目で分かるように展示。小禄さんは「足元を見つめて、宮古を好きになってもらえれば幸い。散策の折り、気軽に立ち寄って」と呼び掛けている。

(全文を表示…)

2013年9月2日(月) 09:00 [社会・全般]

廃校の流れ食い止めたい/来間中統廃合計画

来間住民らが抗議、署名運動


「ガンバロウ三唱」で廃校議案の取り下げの実現に決意を新たにする参加者たち=1日、市役所平良庁舎前

「ガンバロウ三唱」で廃校議案の取り下げの実現に決意を新たにする参加者たち=1日、市役所平良庁舎前

 市教育委員会が廃校の方針を決定し、市議会に廃校のための議案提出が予定されている来間中学校の存続を求めている来間地域の住民らが1日、市役所平良庁舎前で「同意なき学校統廃合に反対する抗議活動」と「議案の取り下げを求める署名運動」を行った。小学校統廃合の方針が示されている宮原地区などの住民らも参加。地域との合意なく進める教育委員会の手法を批判するとともに、廃校議案取り下げに向け一致団結して頑張ることを確認した。

(全文を表示…)

2013年9月1日(日) 09:06 [地域・暮らし]

笑いで防犯活動の輪拡大へ

「ウムヤス・ウムッシ芸能祭」大盛況



寸劇で会場を沸かせた「ポリス楽笑劇団」=31日、マティダ市民劇場

寸劇で会場を沸かせた「ポリス楽笑劇団」=31日、マティダ市民劇場

 宮古島地区防犯協会主催の「ウムヤス・ウムッシ芸能祭」が31日、マティダ市民劇場で行われた。協会の各支部や舞踊研究所、婦人会、警察など17団体が出演して舞踊、生バンド、寸劇、ダンスなどを披露。ユニークかつ多彩なプログラムに会場は大盛況だった。

(全文を表示…)

2013年9月1日(日) 09:05 [社会・全般]

国際福祉機器展に出品へ/久貝さんの「ハミミールR」

太ももの筋力低下を防止



国際福祉機器展に出品される「ハミミールR」

国際福祉機器展に出品される「ハミミールR」

 久貝義肢の久貝多千男代表が考案した変形性膝関節のリハビリ用具「ハミミールR」が、9月18~20日に東京ビッグサイトで開催される「第40回国際福祉機器展H・C・R・2013」に出品される。痛みを伴う変形性膝関節(O脚など)の原因とされる太ももの筋力低下を防止する用具。国際展を通して、ハミミールRの良さを、世界に発信する。

(全文を表示…)

2013年9月1日(日) 09:04 [社会・全般]

飲酒運転根絶へ協力訴え/交通安全母の会

飲食店巡りステッカー配布


飲食店の客にステッカーなどを配布して飲酒運転根絶を呼び掛けた=8月30日、郷土料理千客萬来

飲食店の客にステッカーなどを配布して飲酒運転根絶を呼び掛けた=8月30日、郷土料理千客萬来

 県交通安全母の会宮古支部(島尻清子支部長)や宮古島署員らが8月30日、2013年度県内一斉交通安全活動の出発式を、市内の大型スーパー前で行った。この活動はこの日県下一斉に実施された。同宮古支部は出発式で家族の力で飲酒運転させない、しない、交通ルールを順守するなどの宣言書を読み上げ、決意を新たにした。

(全文を表示…)

2013年9月1日(日) 09:03 [教育・文化]

あす市教委で再協議/住民、議案取り下げ迫る

議論かみ合わず説明会騒然/来間中廃校議案


教育委員会の対応を批判し、議案の取り下げを要求する来間地区の地域住民ら=8月30日夜、来間島離島振興センター

教育委員会の対応を批判し、議案の取り下げを要求する来間地区の地域住民ら=8月30日夜、来間島離島振興センター

 4日から開会する宮古島市議会9月定例会に新年度から廃校とする条例改正案の提出が予定されている来間中学校についての市教育委員会(宮國博教育委員長)による地域説明会が8月30日夜、来間島離島振興センターで開かれた。地域との合意なしに議案提出を行わないよう求める住民と、「議会を見守りたい」とする委員との間で議論はかみ合わず、説明会を打ち切って帰ろうとする委員らの車を住民が取り囲むなど一時騒然となったが、代表による話し合いの結果、2日に委員会を開催して住民要求について協議し、その結果を3日または4日に住民側へ説明することで事態を収拾させた。

(全文を表示…)

2013年9月1日(日) 09:02 [地域・暮らし]

慈雨で畑に緑戻る

サトウキビ回復、農家安心


写真上は干ばつ被害を受け枯れかかったサトウキビ=8月13日、写真下は台風12号の恵みの雨で緑が戻ったサトウキビ=31日、上野

写真上は干ばつ被害を受け枯れかかったサトウキビ=8月13日、写真下は台風12号の恵みの雨で緑が戻ったサトウキビ=31日、上野

 宮古島地方は台風12号の雨(21日)で干ばつが解消し、枯れかかっていたサトウキビは生き返った。茶色の目立つ写真(上)のキビは今月13日の状態。恵みの雨から10日たった31日には、緑が回復した=写真(下)。2枚の写真は同じ位置から撮ったもので、バックには千代田カントリークラブ(上野)のネットが見える。

(全文を表示…)

2013年9月1日(日) 09:00 [産業・経済]

掘削作業始まる/天然ガス試掘調査

相当量の埋蔵に期待/市長「振興の起爆剤に」



掘削する機械の開始ボタンを押す(左から)根本社長、能登部長、下地産業振興統括監、下地市長、下地会頭=31日、城辺保良

掘削する機械の開始ボタンを押す(左から)根本社長、能登部長、下地産業振興統括監、下地市長、下地会頭=31日、城辺保良

 県が宮古島市で実施している天然ガス試掘調査に伴う掘削作業が31日、城辺保良の「城辺ぱり鉱山宮古R-1号井」で始まった。開坑式が掘削現場であり、国や県、宮古島市のほか関係団体の代表が参加し、掘削作業の開始を祝った。宮古島では過去の調査で「相当量」の天然ガスの埋蔵が推定されており、多面的な活用が期待されている。下地敏彦市長は「経済の起爆剤にして宮古島の活性化を図りたい」と意欲を示した。

(全文を表示…)

2013年9月1日(日) 09:00 [ニュースウィークリー]

8月25日~8月31日

ニュースウィークリー
8月25日~8月31日


ライブ演奏に観客ら沸く/「ダンケフェスト」

 うえのドイツ文化村の夏休み恒例イベント「ダンケフェスト2013」が24日、同施設野外ステージで開かれた。ドイツ生ビールの早飲み大会が行われたほか、「スターライトコンサート」には県出身バンドのパーシャクラブが出演。熱いライブ演奏で真夏の夜の祭りを盛り上げた。(8月24日掲載)

(全文を表示…)