「行雲流水」 2013年10月のニュース一覧

2013年10月31日(木) 09:00 [行雲流水]

「トリクルダウン効果」(行雲流水)

 大企業や富裕層に対する支援策を行うことで経済活動は活性化し大企業や富裕層が得た利益は次第に低所得層に流れ落ちて国民全体の利益になるという経済理論

(全文を表示…)

2013年10月29日(火) 09:00 [行雲流水]

「ふるさと」(行雲流水)

 「兎追いしかの山/小鮒釣りしかの川/夢は今もめぐりて/忘れがたき故郷」。日本人はこの歌が大好きである。兎を追ったことがなくても、小鮒を釣ったことがなくても、それは子どもの頃の故郷の懐かしさを想起させて心にしみる

(全文を表示…)

2013年10月26日(土) 09:00 [行雲流水]

「懸念される地下水」(行雲流水)

 精肉店、鮮魚店、スーパーには元の姿を想像することすらできないほどに人の手が入った肉や魚がならぶ。魚は自分で捌く煩わしさと楽しみはあるが、肉はそうはいかない。店先のものを手軽に買う

(全文を表示…)

2013年10月24日(木) 09:00 [行雲流水]

「スポーツマンシップ」(行雲流水)

 スポーツの秋だ。まつりの秋でもある。まつりの楽しさは、一体感や共感から生まれる。〝踊るあほうに見るあほう〟と揶揄されるほどだ。まつりにもいろいろあり、オリンピックは世界最大の〝スポーツの祭典〟だ

(全文を表示…)

2013年10月22日(火) 09:00 [行雲流水]

「世界食料デー」(行雲流水)

 毎年、10月16日は世界の食料問題を考える日として国連が制定した「世界食料デー」である。世界の一人一人が協力しあい、最も重要な基本的人権である「すべての人に食糧を」を現実のものにし、世界に広がる栄養不良、飢餓、極度の貧困を解決していくことを目的にしている

(全文を表示…)

2013年10月19日(土) 09:00 [行雲流水]

「ミフクラギ」(行雲流水)

 通勤途中にある道路の街路樹に毛虫が大量発生し、枝が切られたことがあった。友人は毛虫の立場で「木の下を通るときは傘を差せばいいではないか」と話したが、苦笑せざるを得なかった。しかし、切られた木を見て「何という乱暴な切り方だ」と心がふさいだ。見慣れた風景が一変したのだ

(全文を表示…)

2013年10月17日(木) 09:00 [行雲流水]

「ストーカー」(行雲流水)

 去る8日東京都三鷹市で高校3年(18歳)の女子生徒が刺殺された。続報を含めメディアが連日大きく報じてきた殺人事件である。亡くなった女子高生は明るい性格で学業成績はトップクラス。英語が得意で米国留学(ホームステイ)も経験している

(全文を表示…)

2013年10月12日(土) 09:00 [行雲流水]

「うらやま」(行雲流水)

 平良中学校のうらやまが消えた。小学3年生の孫にそう話しかけると「公園になるんだって」と返事が返ってきた。「公園、…」言葉が出ない。「やま」を削り窪地を埋めての公園とは? この子が思い描く公園はどんな公園だろう、行政はどのような公園を予定しているのだろうか

(全文を表示…)

2013年10月10日(木) 09:00 [行雲流水]

「地域の課題」(行雲流水)

 市町村合併から8年。「もう8年」か「まだ8年しかたっていない」か、受け止め方はさまざまだ。合併に伴う意識改革は一朝一夕にはできないようだ

(全文を表示…)

2013年10月8日(火) 09:00 [行雲流水]

「サシバ」(行雲流水)

 きょうは寒露の入り。例年、この頃から秋の風物詩サシバが飛来する。しかし、今年は台風の影響が心配される。サシバは大陸や日本列島の各地で繁殖、愛知県の伊良湖岬を通って鹿児島県の佐多岬に集結、気象条件のいい日に南下、フィリピン等の越冬地に向かう。その途中、宮古島で羽を休める

(全文を表示…)

2013年10月5日(土) 09:00 [行雲流水]

「ゆり」(行雲流水)

 子どものころ、実家がユリを栽培していた。球根を出荷することから、栄養分を回すため、金にならない花は取り除かれた。花にはまったく興味の無かった両親で、作業はというと雑草を除去するかのごとく無造作だった。子どもごころにも「きれいに咲いたのに、もったいないな」と思ったものだ

(全文を表示…)

2013年10月3日(木) 09:00 [行雲流水]

「主権国家日本」(行雲流水)

 国民の負託を受けて政界に進出した者が国民の要請を真摯に受けとめることは当然の責務である。まして国政に参与する為政者ならば負託した自国民の要請を第一義的に尊重しその実現に誠心誠意努めるべきである

(全文を表示…)

2013年10月1日(火) 09:00 [行雲流水]

「知の逆転」(行雲流水)

 「知」の巨人たちの言葉は刺激的で、大方は常識的なものの見方や感じ方を逆転させて、真実に迫ってみせる。『知の逆転』(NHK出版新書)には文明論でピューリッツァー賞を受賞したダイアモンドや遺伝子の二重らせん構造を解明したワトソン、アメリカの覇権主義を厳しく批判する言語学者のチョムスキーたちの、独創的な調査・研究と深い思索に裏打ちされた言葉が、専門分野だけでなく、政治や経済、教育や文化、情報化社会の未来等について語られている

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成29年8月1日現在

    宮古島市 54,077 人
    27,003 人
    27,074 人
    世帯数 26,244軒
    多良間村 1,180 人
    636 人
    544 人
    世帯数 529 軒
  • 天気


  •  

    2013年10月
    « 9月   11月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2