「環境・エコ」 2013年10月のニュース一覧

2013年10月30日(水) 09:05 [環境・エコ]

5年ぶり3万羽超え/宮古野鳥の会13年サシバ調査

1日で2万羽飛来も


 宮古野鳥の会(仲地邦博会長)と県自然保護課は29日、2013年のサシバ飛来数調査結果を発表した。調査は伊良部島と平良久松で8~21日まで実施し、期間中に3万1833羽を観察した。飛来数が3万羽を超えたのは08年以来5年ぶり。今回の飛来傾向では13日に伊良部で1日に2万1343羽を観測したことが特徴的だった。

(全文を表示…)

2013年10月23日(水) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 環境・エコ, 産業・経済]

新ごみ処理施設着工/敷地造成始まる

関係者集い地鎮祭


下地市長(左)らがくわ入れの儀式を行い工事の安全を祈願した=22日、平良西仲宗根

下地市長(左)らがくわ入れの儀式を行い工事の安全を祈願した=22日、平良西仲宗根


長年の懸案事項だった新ごみ処理施設の敷地造成工事が22日、現施設=平良西仲宗根=に隣接する建設用地で始まった。敷地面積は2万6300平方㍍と、現施設5000平方㍍の5・26倍。新焼却施設は敷地造成と設計を終え次第、工事に入り、2015年度の供用開始を目指す。

(全文を表示…)

2013年10月4日(金) 09:00 [環境・エコ]

外来種の分布情報提供を/市総合博物館

パンフ配布し協力求める/環境省那覇自然事務所が作成


会見で外来種パンフレットについて説明する下里館長(右)と砂川学芸員=3日、市総合博物館

会見で外来種パンフレットについて説明する下里館長(右)と砂川学芸員=3日、市総合博物館

 宮古島市総合博物館(下里典子館長)は3日、会見を開き、環境省那覇自然環境事務所が作成したパンフレット「宮古諸島の外来種」(A4版、10ページ)を市内の小中学校や希望する市民に配布するとともに、宮古諸島での外来種分布情報を収集していくことを発表。市民に情報提供の協力を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2013年10月3日(木) 09:00 [教育・文化, 環境・エコ]

「中継地の環境大切」

サシバ保護集会開く/伊良部中


サシバ保護を誓い合う生徒たち=2日、伊良部中学校体育館

サシバ保護を誓い合う生徒たち=2日、伊良部中学校体育館

 北から渡り鳥のサシバ(タカ科)の群れが伊良部島などに飛来する季節を迎え、伊良部中学校(平良善信校長)は2日、サシバ保護集会を開いた。生徒68人は、国際保護鳥サシバを守っていくことを誓い合った。

(全文を表示…)

2013年10月2日(水) 09:08 [環境・エコ]

低炭素社会へ大きな一歩/EMS実証事業スタート

効率的なエネルギー利用へ/市平良庁舎で開始式


電力消費量を画像で「見える化」した大型テレビを除幕する関係者=1日、市平良庁舎

電力消費量を画像で「見える化」した大型テレビを除幕する関係者=1日、市平良庁舎

 宮古島市全島エネルギーマネジメントシステム(EMS、通称・すまエコプロジェクト)実証事業の開始式が1日、市平良庁舎1階のロビーで、下地敏彦市長ら関係者が出席し行われた。「すまエコプロジェクト」は、家庭や事業所の電力消費量を、インターネットのタブレット型端末を使って即時に画面で見られるように「見える化」し、全島の電力需要の傾向を把握する。これにより省エネや再生可能エネルギーの最適消費を実現するためのシステム構築をする。同実証実験がスタートしたことで、効率的なエネルギー利用と低炭素社会に向けて市は大きな一歩を踏み出した。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年10月1日現在

    宮古島市 54,752 人
    27,579 人
    27,173 人
    世帯数 27,740 軒
    多良間村 1,126 人
    602 人
    524 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2013年10月
    « 9月   11月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2