2013年11月のニュース一覧

2013年11月30日(土) 09:00 [産業・経済]

クルマエビを初出荷/宮古島漁協

本土市場へ170㌔/今期24㌧余 売上1億円超見込む


参加者らは万歳三唱で安全輸送と高値取引に期待を込めた=29日、宮古島漁協経営の高野車海老養殖場

参加者らは万歳三唱で安全輸送と高値取引に期待を込めた=29日、宮古島漁協経営の高野車海老養殖場

 東京都、大阪府、愛知県、高知県の公設市場への上場に向け、宮古島漁協(粟國雅博組合長)は29日、自営の高野車海老養殖場で生産されたクルマエビ170㌔を初出荷した。きょう30日早朝に開かれる競り市に上場される。

(全文を表示…)

2013年11月30日(土) 09:00 [環境・エコ]

観光・交流促進など柱/次期環境モデル都市策定委

行動計画策定へ/委員長に琉大の堤教授


委員会では今後の取り組みなどについて意見を交わした=29日、市平良庁舎

委員会では今後の取り組みなどについて意見を交わした=29日、市平良庁舎

 次期環境モデル都市行動計画策定委員会の第1回委員会が29日、市平良庁舎で行われた。各委員の紹介の後、委員長に琉球大学工学部の堤純一郎教授が選ばれた。2009年3月に策定された宮古島市環境モデル都市の前期行動計画が最終年度を迎えるため、今後5年間の次期行動計画の策定を行う。

(全文を表示…)

2013年11月30日(土) 09:00 [社会・全般]

庁舎を花いっぱいに/市役所上野職員

インパチェンス4000本植える


花苗を植える職員たち=29日、市役所上野庁舎

花苗を植える職員たち=29日、市役所上野庁舎

 市役所上野庁舎の全職員から集めた募金を花苗購入費などに充てている「花と緑の上野庁舎づくり」活動で29日、職員らがインパチェンスの苗4000本を庁舎前庭などに植えた。花の色は白、赤、ピンク、薄いピンク、オレンジ、薄紫の6種類。1月下旬ごろ満開する。

(全文を表示…)

2013年11月30日(土) 09:00 [政治・行政]

追認求め議案上程へ

市議会12月定例会 来月4日開会


12月定例会に提案する議案について当局が議員に提案理由を説明した全員協議会=29日、市役所平良庁舎

12月定例会に提案する議案について当局が議員に提案理由を説明した全員協議会=29日、市役所平良庁舎

 宮古島市議会の議会運営委員会(棚原芳樹委員長)が29日、市役所平良庁舎で開かれ、市議会12月定例会の期日を12月4日から18日までの15日間とすることを決めた。

(全文を表示…)

2013年11月30日(土) 09:00 [社会・全般]

電気工事で優秀賞/九州技能競技

友利剛さんが市長に報告


下地市長(右から2人目)に報告した友利剛さん(同3人目)、川満理事長(左端)、友利代表(右端)=29日、市役所平良庁舎

下地市長(右から2人目)に報告した友利剛さん(同3人目)、川満理事長(左端)、友利代表(右端)=29日、市役所平良庁舎

 第47回全九州技能競技大会(電気工事)がこのほど福岡県で開かれ、3位優秀賞に選ばれた三和電気社員、友利剛さん(34)=平良出身=が29日、宮古電気工事業協同組合理事長の川満盛長さんと三和電気代表の友利勇栄さんとともに市役所平良庁舎を訪れ、下地敏彦市長に報告した。下地市長は「優秀賞受賞はすごい。おめでとう。多くの人に刺激を与える」とたたえ、さらなる活躍に期待を寄せた。

(全文を表示…)

2013年11月30日(土) 09:00 [産業・経済]

イネヨトウ800㌶で防除へ

伊良部・下地島 キビの育つ全地域


フェロモンによるイネヨトウ防除事業が説明された=28日、宮古製糖伊良部工場

フェロモンによるイネヨトウ防除事業が説明された=28日、宮古製糖伊良部工場

 県農林水産部は、サトウキビの茎を食い荒らすイネヨトウやカンシャシンクイハマキなどメイチュウ類のフェロモン防除を来年3月、伊良部と下地島で大々的に行う。面積は797㌶とかなり広く、キビが育つすべての畑が対象になる。県は作業が地域ぐるみとなるため28日、伊良部で説明会を開き関係機関の職員や農家代表に事業への協力を求めた。

(全文を表示…)

2013年11月30日(土) 09:00 [行雲流水]

「映画館」(行雲流水)

 映画館で初めて見た映画は「ママいつまでも生きてね」だった。将来はプロ野球選手を夢見る少年が、がんに冒されながらも家族愛に包まれて必死に生きる姿を描いたものだが、最後はタイトルと同じ言葉を残して亡くなってしまう。当時小学3、4年生だったと思うが琉映館で母親に連れられて見た。満席の館内ですすり泣く声とおえつが耳に残っている


▼中学生のころはバスで1時間揺られ、まいなみ劇場で菅原文太主演の「トラック野郎」や梅宮辰夫主演の「不良番長」を見た。階段式の急な客席は独特な雰囲気があり、大人たちに混じってスクリーンにくぎ付けとなった


▼高校生のときにはブルース・リーに夢中になった。土曜日の国映館は学生服姿が目立ち、切符を買うのが遅れると立ち見か、割増料金を払って2階席へ行かなければならなかった

▼あれから30年余。社会人となってからは日々の仕事に追われ、最近映画館に行ったのはいつなのかも思い出せないほど足が遠のいた。全国的にみてもレンタルビデオやDVDの普及などで映画館から客足が遠ざかる状況が続いている


▼特に地方の映画館は深刻だ。映画人口の減少や新設備に追いつけず閉館に追い込まれている。島唯一の映画館「シネマパニック宮古島」も同様だ。ピーク時(2006年)は年間1万8630人だった入場者数も今年は10月までに4231人と過去最低で推移しているという


▼あす12月1日は「映画の日」。久々に映画館に足を運ぼうと思い、新聞を開くと12月6日まで臨時休館という。映画館の再建を図るための充電期間と聞いてほっとしたが、忘れかけていた映画館の存在が大きく感じられた。(地)

2013年11月29日(金) 09:00 [はばたけあすの顔]

元気で刺激いっぱい/南幼稚園1組

男子18人、女子12人


南幼稚園1組

南幼稚園1組

 南幼稚園(屋嘉比 邦昭園長)1組は元気いっぱい。入園半年でとても成長したらしい。担任の久貝仁美先生は「お互いが刺激となって競争意識が出てきました。自主的に練習したり、自分で遊びをつくったり、主張も強くなってきました。またお弁当も自分たちで食べたり、集中力、体力もついてきました」と語る。

(全文を表示…)

2013年11月29日(金) 09:00 [地域・暮らし]

130人が余興楽しむ/市社協城辺支所

一人暮らし高齢者を激励


余興を楽しむ高齢者の皆さん=28日、市社協城辺支所

余興を楽しむ高齢者の皆さん=28日、市社協城辺支所

 宮古島市社会福祉協議会城辺支所が主催する城辺地区一人暮らし高齢者激励会が28日午後、同支所で開かれた。一人暮らし高齢者約130人が参加して多彩な余興を楽しんだ。

(全文を表示…)

2013年11月29日(金) 09:00 [社会・全般]

次の百年へ第一歩/多良間村制施行百周年

記念碑除幕し決意新た


伊良皆村長ら関係者が除幕した村制施行百周年記念碑=28日、多良間村役場前

伊良皆村長ら関係者が除幕した村制施行百周年記念碑=28日、多良間村役場前

 【多良間】多良間村(伊良皆光夫村長)は村制施行百周年を記念した記念碑を同村役場前に建立した。除幕式を28日に行い、伊良皆村長らが村民や関係者にお披露目した。

(全文を表示…)

2013年11月29日(金) 09:00 [社会・全般]

村制施行百周年を祝う/多良間村

さらに飛躍と未来宣言/村発展に尽力35人表彰


村制施行百周年を記念し村政発展に尽力した35人に伊良皆村長が感謝状や表彰状を手渡した。写真は善行表彰・スポーツ功労を受ける空手家の豊見城あずささん=28日、多良間小体育館

村制施行百周年を記念し村政発展に尽力した35人に伊良皆村長が感謝状や表彰状を手渡した。写真は善行表彰・スポーツ功労を受ける空手家の豊見城あずささん=28日、多良間小体育館

 【多良間】多良間村(伊良皆光夫村長)は28日、村制施行百周年記念式典・祝賀会を同小体育館で開いた。児童代表が「多良間村に誇りを持ち大きく羽ばたく」と未来宣言。伊良皆村長は「村民総参加の村づくりを進めることが多良間村の飛躍になる」と式辞を述べた。村政発展などに貢献した35人を表彰したたえた。


 式典には島内外から約500人が出席。前日の島内パレードなど関連イベントも盛りだくさんで、村内は終始祝賀ムードに包まれた。


 伊良皆村長はまず、1913(大正2)年4月1日に当時の平良村から分村し、村制を施行したことを紹介し大正、昭和、平成と激動の時代を生き抜き、多良間村の礎を築いた先人たちをたたえた。


 現在の同村の発展や課題を示した上で「この百周年を節目として、さらに次の120周年、150周年、200周年と発展していくことを祈念する」と述べた。


 同村議会の森山実夫議長は祝辞で「村の発展に向け、未来の多良間村づくりへ頑張っていきたい」と決意を示した。


 来賓として招かれた仲井真弘多知事(代読・安里肇県宮古事務所長)、下地敏彦美ぎ島美しゃ市町村会長・宮古島市長(代読・長濱政治副市長)、下地幹郎前国務大臣がそれぞれ祝辞を述べた。


 多良間村と姉妹市村を結んでいる岩手県宮古市の山本正徳市長は、宮古の商船が多良間に漂着し島民から手厚い看護を受けたことや、東日本大震災ではいち早く義援金を贈ったり支援の輪が広がったことに感謝の気持ちを表すとともに「今も復興に向けて頑張っている。これからもさまざまな交流を通して両市村が発展していければ」とあいさつした。


 多良間小6年の羽地美野さんは「現在の多良間村を築き上げた先人たちの英知と多大な努力を今一度改めて認識しなければいけない」と呼び掛け。「多良間村に誇りを持ち、多良間村の美しい自然、素晴らしい伝統と文化を守り、次の百年に向け惜しみない努力と無限の可能性を発揮し、大きく羽ばたくことを誓う」と未来へ向けて宣言した。


 式典後は、同会場で祝賀会を開催。各団体などから祝賀にふさわしい伝統芸能などが披露され大いに盛り上がった。

2013年11月29日(金) 09:00 [がんずううやき]

川田 英二さん(84歳)(上野字野原)

畜産で悠々自適


川田 英二さん

川田 英二さん

 上野字野原の田園の一角に川田さんの牛舎がある。現在「牛を8頭飼っている。貧農の出で、昔の苦労はひと口では言い表せないね。運良く質の良い種牛との出合いがあって、それからだね暮らしが良くなったのは。種付けで一財産つくりました」と語る川田さん。


 牛舎に隣接する畑には奥さんのシゲさんと長男の姿が。それを横目に川田さんは「平和はいいね。戦争では多くの友人、知人が亡くなった。がんずうで残っているのは私一人くらいかな」と語る。


 朝は6時に起き、ゆっくり朝食を済ませた後、牛舎に向かう。そして「夕方にはグラウンドゴルフを楽しんでいる。喫煙はやらない。酒も付き合い程度。食事は何でも、昔を思えば何でもおいしい」と川田さん。牛舎で過ごす日々が健康の源らしい。島外や県外に住む子や孫たちを訪ねるのが一番の楽しみというシゲさんが「お父さんはがんずうで、百歳まで生きるんじゃない」と言い、二人笑った。
 子4人、孫12人、ひ孫8人。


1929(昭和4)年8月15日生まれ

2013年11月29日(金) 09:00 [地域・暮らし]

商店街の特色打ち出せ/西里通りの振興模索

商業活性化アドバイザー 土肥さんが地域振興で講演


講演を熱心に聞く参加者ら=27日、花ギャラリーTOMOE

講演を熱心に聞く参加者ら=27日、花ギャラリーTOMOE

 「西里大通りみらいづくり~全国の事例から学ぶ実践的事業手法の提案~」と題した講演会(主催・西里大通り商店街振興組合)が27日、花ギャラリーTOMOEで行われた。中心市街地商業活性化アドバイザーの土肥健夫さんを講師に迎え、西里大通り商店街の活性化や地域振興などについて学んだ。

(全文を表示…)

2013年11月29日(金) 09:00 [産業・経済]

改良技術の成果競う/和牛改良組合

4支部が子牛共進会


優良子牛が一堂に集い審査を受けた平良支部の12月期子牛共進会=28日、JAおきなわ宮古家畜市場

優良子牛が一堂に集い審査を受けた平良支部の12月期子牛共進会=28日、JAおきなわ宮古家畜市場

 宮古和牛改良組合の平良、城辺、下地、上野の各支部は28日までに、JAおきなわ宮古家畜市場で12月期子牛共進会を開いた。農家が手塩に掛けて育てた雌子牛が出品され、それぞれ厳しい審査を受けた。城辺支部では上区の池間久則さん所有の「きょうこ」号など6頭が優等賞に輝いた。

(全文を表示…)

2013年11月29日(金) 09:00 [産業・経済]

「6次産業は地域に貢献」

あいあいファーム 伊志嶺代表が講演


講演に熱心に聞き入る参加者ら=28日、県宮古合同庁舎

講演に熱心に聞き入る参加者ら=28日、県宮古合同庁舎

 宮古農林水産振興センター(前田幹男所長)主催のアグリチャレンジ6次産業化支援講演会が28日、県宮古合同庁舎で開かれた。市内の農産加工起業者や6次産業化に関心のある農家、行政関係者らが参加。講師に今帰仁村にある農事組合法人あいあいファーム社長の伊志嶺勲さん(59)=城辺新城出身=が招かれ「あいあいファーム6次産業の取り組み」と題して講演した。伊志嶺さんは「地域社会への貢献」を強調した上で「新たな商品を製造、販売することで、付加価値を高め利益を生産農家に還元する」などと述べた。

(全文を表示…)

2013年11月28日(木) 09:00 [社会・全般]

グスク時代初期の建物跡発見/ミヌズマ遺跡

骨のそろった人骨も出土


11~12世紀のものと想定される住居跡

11~12世紀のものと想定される住居跡

 平良松原の圃場整備工事に伴い発掘調査中のミヌズマ遺跡から、グスク時代初期(11~12世紀)の遺構とみられる建物跡が出土した。柱穴跡から出た中国産の焼き物などが同年代を裏付けた。全身の骨格がほぼそろった人骨も発見された。現場説明をした市教育委員会生涯学習課の久貝弥嗣さんは「宮古の建物の変遷や当時の人の骨格形態を知る上で、貴重な資料になる」と話した。

(全文を表示…)

2013年11月28日(木) 09:00 [ペン遊・ペン楽]

「宮古島産黒豆」/國仲洋子

2013.11.28 ペン遊ペン楽


 年齢のせいか、食事の内容に気をつけるようになった。職場健診では、平均値より高いまたは低い値が出ると再検査を促す文書が送られてくる。マスコミでも生活習慣病や健康に関する特集が少なくない。高齢化社会に生きる私たちは、どこを向いても健康でいることを求められる窮屈ながらも有り難い時代の住人なのだ。

(全文を表示…)

2013年11月28日(木) 09:00 [地域・暮らし]

九州、広島の郷友と交流

下地市長、真栄城議長 ふるさとまつりに参加


九州ふるさとまつりで乾杯の音頭を取る真栄城議長(右)=24日、福岡ガーデンパレス

九州ふるさとまつりで乾杯の音頭を取る真栄城議長(右)=24日、福岡ガーデンパレス

 広島宮古ふるさとまつりが23日、アークホテル広島(広島市)で、九州宮古ふるさとまつりが24日、福岡ガーデンパレス(福岡市)で開かれた。両会場で約160人が参加し、ふるさと談議を楽しんだ。

(全文を表示…)

2013年11月28日(木) 09:00 [お母さんと一緒]

言葉の壁を超えて

▽パニヨン 純一郎くん(3つ)
▽お母さん・和美さん


パニヨン 純一郎くん(3つ)お母さん・和美さん

パニヨン 純一郎くん(3つ)お母さん・和美さん

 純一郎くんのお父さんはアメリカ大陸で生まれ、お母さんは日本の南の小さな宮古島で生まれ育った。そんな環境の大きく異なる二人が出会い、そして純一郎くんが生まれた。

(全文を表示…)

2013年11月28日(木) 09:00 [教育・文化]

功労賞で下地さん表彰/県文化協会賞授賞式

奨励賞与儀さん、団体賞は久田さん


2013年度県文化協会賞授賞式で表彰された久田多嘉子さん(左)と下地徹さん(中央)、与儀一夫さん(右)=26日、豊見城市中央公民館

2013年度県文化協会賞授賞式で表彰された久田多嘉子さん(左)と下地徹さん(中央)、与儀一夫さん(右)=26日、豊見城市中央公民館

 【那覇支社】2013年度県文化協会賞授賞式が26日、豊見城市中央公民館で行われ、県内の23市町村の文化協会から地域の文化芸能活動に貢献した54個人(功労賞、奨励賞各27人)・19団体が表彰され、宮里友三会長から一人一人に賞状が手渡された。宮古島市文化協会からは功労賞に下地徹さん(74)、奨励賞に与儀一夫さん(76)、団体賞に久田多嘉子舞踊研究所が表彰された。

(全文を表示…)

2013年11月28日(木) 09:00 [社会・全般]

教育振興に役立てて

宮古市が300万円寄付/多良間村制百周年記念で
姉妹市村の交流さらに


児童生徒たちの教育に役立ててほしいと寄付金の目録を手渡す山本市長(左から4人目)と受け取った伊良皆村長(同3人目)=27日、多良間村役場村長室

児童生徒たちの教育に役立ててほしいと寄付金の目録を手渡す山本市長(左から4人目)と受け取った伊良皆村長(同3人目)=27日、多良間村役場村長室

 【多良間】岩手県宮古市の山本正徳市長は27日、多良間村に寄付金を贈呈した。寄付金は300万円で、同村の村制施行百周年を記念し児童生徒の教育振興に役立ててほしいとの願いを込めた。同市と同村は商船の遭難、看護が取り持つ縁で姉妹市村となっている。山本市長は「乗員の救助や大震災の復旧支援などで私たちに勇気を与えた」と述べ、さらなる交流発展に期待した。

(全文を表示…)

2013年11月28日(木) 09:00 [社会・全般]

納税の意義、役割を再確認/税を考えるつどい

貢献団体・個人を表彰/絵はがき、作文入賞の生徒らも


納税意識の高揚に尽力した関係団体・個人および税に関する作文などで入選した児童生徒=27日、ホテル共和

納税意識の高揚に尽力した関係団体・個人および税に関する作文などで入選した児童生徒=27日、ホテル共和

 2013年度「税を考えるつどい」(主催・税を考える宮古島連絡会)が27日午後、市内のホテルで開かれた。租税教室および酒類行政への貢献、e-Taxの利用促進など納税意識の高揚に尽力した関係団体と個人を表彰し、その功績をたたえた。税に関する絵はがきや作文で入選した児童生徒も表彰した。沖縄国税事務所の青木公治次長は消費税法改正を中心に講演。参加者が税の意義と役割を再確認した。

(全文を表示…)

2013年11月28日(木) 09:00 [行雲流水]

「社会保障制度改革プログラム」(行雲流水)

 安倍政権は政府の社会保障制度改革国民会議が報告した子育て・医療・介護・年金など社会保障4分野に関する改革提言を受け「社会保障制度改革プログラム」と銘打った法案を今国会に提出した

(全文を表示…)

2013年11月28日(木) 09:00 [社会・全般]

300人参加しパレード/きょう式典・祝賀会

多良間村制施行百年を祝う


多くの村民らが参加して行われた村制施行百周年記念パレード=27日、多良間村内

多くの村民らが参加して行われた村制施行百周年記念パレード=27日、多良間村内

 【多良間】多良間村(伊良皆光夫村長)は27日、村制百周年を記念したパレードを村内の主要道路で実施した。村民や各職場、各団体などから約300人が参加。同村の歴史を振り返りながらさらに発展するよう胸に刻み歩を進めた。同日夜は前夜祭も行い、石垣市出身の従兄弟ユニット「きいやま商店」のライブなどでにぎわった。28日は多良間小学校体育館で記念式典と祝賀会を開く。

(全文を表示…)

2013年11月27日(水) 09:00 [人生雑感]

心の平安は、幸せな人生を築くために不可欠な要素である

沖縄国際大学名誉教授 福里盛雄


1 心の平安とは、心のどんな状態を言うのでしょうか。


 広辞林によると、心の平安とは、心が無事で穏やかなこと、と説明されています。
 確かに、私たちは物事が自分の願い通りに無事に運んでいるときは、心は満足し、心は穏やかになり、人は平安を感じます。
 しかし、私たちの毎日の生活には、多くの問題課題が発生し、私たちの生活の一寸先にどんな問題が起きるか予測できないのです。そのために、私たちの心は揺れ動き、心は不安に陥り、私たちは心の平安を失ってしまいます。夜の睡眠も十分に取れなくなるのです。

(全文を表示…)

2013年11月27日(水) 09:00 [産業・経済]

エタノール産業確立へ/宮古島市

キビ利活用戦略会議立ち上げ


サトウキビの利活用を検討する戦略会議が発足した=26日、宮古島商工会議所

サトウキビの利活用を検討する戦略会議が発足した=26日、宮古島商工会議所

 宮古島市は26日、サトウキビから製造するバイオエタノールを使った産業の確立を目指し、「宮古島サトウキビ利活用戦略会議」を立ち上げた。同日開いた第1回会議でりゅうせきや日本アルコール産業などの民間企業ほか、宮古島の商工会議所、観光協会、青年会議所など経済界の代表に委嘱状を交付した。

(全文を表示…)

2013年11月27日(水) 09:00 [政治・行政]

議会承認経ず契約発注/白鳥地区基幹水利工事

県の検査で発覚/市、追認議案提出へ


 2011年度に市が発注した公共工事で、市議会の議決に付さなければならない工事を市議会を経ずに契約発注していたことが26日、明らかとなった。同工事は市伊良部白鳥地内で行われた農山漁村活性化プロジェクト支援交付金事業の「白鳥地区基幹水利工事」で、予定価格が議会承認を経なければならない1億5000万円を越えていたにも関わらず、落札額が同額を下回っていたことなどの理由から議会への提出を怠った。10月30日に県が行った市町村振興資金検査で同事実が発覚。市は同日、当時の関係職員3人を「訓告」の処分とし、来る12月定例会に「追認議案」として同事業を改めて提出する方針だ。

(全文を表示…)

2013年11月27日(水) 09:00 [社会・全般]

管理型公園墓地を建設/県メモリアル整備協会

平良松原に550基/駐車場、休憩所、トイレなど完備


 県メモリアル整備協会(屋宜由章会長)は26日、市平良松原長原に宮古島では初となる管理型公園墓地「宮古島メモリアルパーク」を建設すると発表した。開発面積は1万410平方㍍で、同開発敷地内に550基の墳墓を建設する予定だ。今月22日付で市の開発許可承認を受け、同23日に建設工事に着手した。同公園墓地は島内に散在する個人墓地の移転および集約化を図るものとして機能させ、来年5月の開園を目指している。

(全文を表示…)

2013年11月27日(水) 09:00 [産業・経済]

「子供の遊び場少ない」/ロシア観光視察団指摘

観光関係者と意見交換


ロシア観光視察団は積極的に意見を述べた=26日、宮古島東急リゾート

ロシア観光視察団は積極的に意見を述べた=26日、宮古島東急リゾート

 社団法人レジャー・スポーツダイビング産業協会(東京都、河野洋平会長)の招待で滞在中のロシア観光視察団5人は26日、下地のホテルで宮古島観光協会などの関係者らと意見を交換した。視察団からは「子供の遊び場が少ない」「宮古までの航空運賃や宿泊費は安くできないか」「ロシア人にはゴルフや野球は人気がない」などと指摘し「食べ物はおいしくて問題はない」「ダイビングポイントは素晴らしい」と高く評価した。

(全文を表示…)

2013年11月27日(水) 09:00 [産業・経済]

1772万円の黒字計上/コーラル社14期決算

資金繰りは依然厳しく


第14期の決算報告などを承認した総会=26日、市役所下地庁舎

第14期の決算報告などを承認した総会=26日、市役所下地庁舎

 宮古島市などが出資する第3セクター、コーラルベジタブル社(社長・下地敏彦市長)の第14期定時株主総会が26日、市役所下地庁舎で開催され、第14期(2012年9月1日~13年8月31日)決算報告を承認した。単年度決算は1772万円の黒字を計上。市の補助金3000万円を未払い給与や原料代の支払いなど必要経費に充てたことが収支をプラスにした。1億1618万円だった累積赤字は9846万円に債務超過は3196万円にそれぞれ圧縮された。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年9月1日現在

    宮古島市 54,764 人
    27,606 人
    27,158 人
    世帯数 27,737 軒
    多良間村 1,131 人
    604 人
    527 人
    世帯数 517 軒
  • 天気


  •  

    2013年11月
    « 10月   12月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2